男尊女卑の会社の特徴。女が活躍できない職場の対処法とは?

「女性の活躍できる社会を!」
「男女共同参画社会!」

…なーんて、言われて久しいですが、未だに女性は社会的に活躍しにくいですよね。

育児に対する無理解な政策や会社。
男尊女卑のはびこる職場。
どこにでもいるセクハラ上司。
そして、圧倒的な男女の年収差。

女性はどんなに頑張っても、活躍できないのが日本社会の現状です。

しかし、そんな情勢の中でも、女性が自己実現をしながら男性並みの収入を得ている職場があるのも事実です。ですが、そういった職場に就けずに、頑張るだけ頑張っても報われない女性が多いのもまた、事実です。

そういった企業では、頑張ってもどこぞの大手広告代理店のように、報われないどころか過労死まで追い込まれることすらありますからね。

報われない努力ほど、悲しいものはありません。

そこで今回は、女性が頑張っても報われない会社の特徴を紹介します。

男尊女卑の古くさい会社

男尊女卑の根付いている古くさい会社では、いくら頑張って結果を出している女性でも、残念ながら出世のチャンスはありません。

とくに、バブル期にエスカレーター式に楽に出世した中高年が管理職を担う企業では、未だに男尊女卑・亭主関白の発想が色濃く残っており、女性社員をキャバ嬢程度にしか思っていません。そのため「女子力がない」「髪がボサボサ」「化粧が雑」など、セクハラまがいのことを平然と言ってきます。

とくに、バブル期の大企業は受付嬢や事務職を「看板娘」「職場の華」といった学生感覚で、可愛さ目当に雇っていた実情があります。

大手TV局の女子アナの採用の実情を見ていてもわかりますが、古くさい企業ほど、女性の内面や能力でなく、外見にこだわるものなのです。

上層部が男性ばかりの企業

また、上層部が男性ばかりの職場も、必然的に男尊女卑の思想が根強いので、女性のキャリアアップのチャンスは限りなく低いでしょう。

単純にポスト争いになった際に、男性の上司は男性の方を評価するに決まっているからです。

また、周囲の評判という問題もあります。

男はプライドが高い生き物ですから「女上司に従いたくない」という、男尊女卑の思想が無意識に働いて、正当に評価しない職場も未だに多いです。

社内を見渡してみて、女性の上司や管理職などが少ない企業でしたら、女性のキャリアアップは見込めないと言えるでしょう。

育児休暇制度がしっかりしていない

また、バブル期の中高年は「女性は結婚したら退職して専業主婦になるもの」という、古くさい考えに未だに縛られています。

そういった考えが前提にあるため、社内の育児休暇の取り組みも非常に消極的です。

育児休暇については法律で定められているため、便宜上手続きはできますが、暗に「やめろ」「迷惑なんだけど」と示唆してくる職場の例も、かなり多いですからね。

社風や社内制度で育児休暇がしっかりとれない会社は「女性に活躍させる気がない」と言っているようなものです。

結婚して退職する女性が多い

また、当然ながら、育児休暇がしっかりとれない会社は、必然的に結婚・育児で退職する女性が多くなります。

育児休暇の実情については、実際に自分が育児するまではわからないものですので、社内の先輩の女性の動向や、育児休暇の実績についてしっかり調べておくとよいです。

職場に独身男性が多い

また、職場に独身男性が多い場合も注意が必要です。

独身男性=主婦や育児の苦労がわからないということですからね。

最近は晩婚化・恋愛に消極的な男性も増えていますが、そういう男性は風俗通いなどが趣味になっていて、女心に対して無理解です。

あなたの仕事の成果や頑張りも、不当に評価している可能性があります。

昇給ペースが遅い

昇給ペースが遅い会社も注意が必要です。

「女性だからこの程度でいいだろう」と、不当に差別している証拠です。

男というものは、心の底では女性を見下していますので、職場の上司や上の人事が、不当に評価している可能性もあります。

もし、あなたが自分の頑張りや成果に対して、昇給が少ないと感じるなら、今後も同じようなペースが続くことでしょう。

女性のキャリアアップできる職場を探そう

いかがでしたか?

この記事であげた特徴に心当たりがあるなら、今すぐ転職について考えるべきです。

頑張っても頑張っても、どうせ報われない職場で働くハメになります。

さらに言うと、今回あげたような特徴のある職場は「女なんて若くて可愛いければ誰でもいい」という、男尊女卑の発想があるため、歳を重ねる毎に不当な評価が強くなってきます。

女性が転職するならば、若い内に正当に評価される職場に就くべきです。

女性がキャリアアップを目指せる職場を見つけるためには、転職エージェントを利用するといいでしょう。

転職エージェントは担当に相談して、適性を診断した上で最適な職場を紹介してもらえます。

女性の担当エージェントも多数在籍し、込み入った性差問題についての相談もできるため、女性が本当に働きやすい職場も見つけやすいです。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ