女性が活躍できない職場の特徴。キャリアアップを目指す社会人女性が頑張っても報われない企業とは?

「女性の活躍できる社会を!」
「男女共同参画社会!」

…なーんて、言われて久しいですが、未だに女性は社会的に活躍しにくいですよね。

育児に対する無理解な政策や会社。
男尊女卑のはびこる職場。
どこにでもいるセクハラ上司。
そして、圧倒的な男女の年収差。

女性はどんなに頑張っても、活躍できないのが日本社会の現状です。

しかし、そんな情勢の中でも、女性が自己実現をしながら男性並みの収入を得ている職場があるのも事実です。ですが、そういった職場に就けずに、頑張るだけ頑張っても報われない女性が多いのもまた、事実です。

そういった企業では、頑張ってもどこぞの大手広告代理店のように、報われないどころか過労死まで追い込まれることすらありますからね。

報われない努力ほど、悲しいものはありません。

そこで今回は、女性が頑張っても報われない会社の特徴を紹介します。

男尊女卑の古くさい会社

男尊女卑の根付いている古くさい会社では、いくら頑張って結果を出している女性でも、残念ながら出世のチャンスはありません。

とくに、バブル期にエスカレーター式に楽に出世した中高年が管理職を担う企業では、未だに男尊女卑・亭主関白の発想が色濃く残っており、女性社員をキャバ嬢程度にしか思っていません。そのため「女子力がない」「髪がボサボサ」「化粧が雑」など、セクハラまがいのことを平然と言ってきます。

とくに、バブル期の大企業は受付嬢や事務職を「看板娘」「職場の華」といった学生感覚で、可愛さ目当に雇っていた実情があります。

大手TV局の女子アナの採用の実情を見ていてもわかりますが、古くさい企業ほど、女性の内面や能力でなく、外見にこだわるものなのです。

上層部が男性ばかりの企業

また、上層部が男性ばかりの職場も、必然的に男尊女卑の思想が根強いので、女性のキャリアアップのチャンスは限りなく低いでしょう。

単純にポスト争いになった際に、男性の上司は男性の方を評価するに決まっているからです。

また、周囲の評判という問題もあります。

男はプライドが高い生き物ですから「女上司に従いたくない」という、男尊女卑の思想が無意識に働いて、正当に評価しない職場も未だに多いです。

社内を見渡してみて、女性の上司や管理職などが少ない企業でしたら、女性のキャリアアップは見込めないと言えるでしょう。

育児休暇制度がしっかりしていない

また、バブル期の中高年は「女性は結婚したら退職して専業主婦になるもの」という、古くさい考えに未だに縛られています。

そういった考えが前提にあるため、社内の育児休暇の取り組みも非常に消極的です。

育児休暇については法律で定められているため、便宜上手続きはできますが、暗に「やめろ」「迷惑なんだけど」と示唆してくる職場の例も、かなり多いですからね。

社風や社内制度で育児休暇がしっかりとれない会社は「女性に活躍させる気がない」と言っているようなものです。

結婚して退職する女性が多い

また、当然ながら、育児休暇がしっかりとれない会社は、必然的に結婚・育児で退職する女性が多くなります。

育児休暇の実情については、実際に自分が育児するまではわからないものですので、社内の先輩の女性の動向や、育児休暇の実績についてしっかり調べておくとよいです。

職場に独身男性が多い

また、職場に独身男性が多い場合も注意が必要です。

独身男性=主婦や育児の苦労がわからないということですからね。

最近は晩婚化・恋愛に消極的な男性も増えていますが、そういう男性は風俗通いなどが趣味になっていて、女心に対して無理解です。

あなたの仕事の成果や頑張りも、不当に評価している可能性があります。

昇給ペースが遅い

昇給ペースが遅い会社も注意が必要です。

「女性だからこの程度でいいだろう」と、不当に差別している証拠です。

男というものは、心の底では女性を見下していますので、職場の上司や上の人事が、不当に評価している可能性もあります。

もし、あなたが自分の頑張りや成果に対して、昇給が少ないと感じるなら、今後も同じようなペースが続くことでしょう。

女性のキャリアアップできる職場を探そう

いかがでしたか?

この記事であげた特徴に心当たりがあるなら、今すぐ転職について考えるべきです。

頑張っても頑張っても、どうせ報われない職場で働くハメになります。

さらに言うと、今回あげたような特徴のある職場は「女なんて若くて可愛いければ誰でもいい」という、男尊女卑の発想があるため、歳を重ねる毎に不当な評価が強くなってきます。

女性が転職するならば、若い内に正当に評価される職場に就くべきです。

女性がキャリアアップを目指せる職場を見つけるためには、転職エージェントを利用するといいでしょう。

転職エージェントは担当に相談して、適性を診断した上で最適な職場を紹介してもらえます。

女性の担当エージェントも多数在籍し、込み入った性差問題についての相談もできるため、女性が本当に働きやすい職場も見つけやすいです。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ