女性が社会的に成功できない理由。女性の生態は仕事で成功するには不向きだった

女は仕事の出来ない無能ばかりです。

これは感情論や差別でなく、客観的な事実です。

たまに「そんなことない!女性も出来る!」と言い訳している方もいますが、

それなら結果出してみろや!

…というのが、男性側の本音ですね。

事実、女性の平均年収は低く、結婚に逃げる女性も多いです。

また、女性というと同性嫌悪・派閥争い・足の引っ張り合いが常です。

お互いを高め合うという発想がないため、足の引っ張り合いの多い職場に勤めると、まず出世も成長もできません。

そして、女性の凶悪な習性「私は悪くない」という自己正当化も、仕事に置いて反省する際には、邪魔になりやすい習性ですね。

男性側からすれば「男女平等の社会をめざしたい」というのは本音なのですが、それを実現するには明らかに女性の性質はレベルが低すぎるのです。

女性は自分の否を認めない生き物

まず、冒頭に挙げたような正論を読んで「イラッ」と来ている女性は、無能です。

女性の多くは、感情論的否定で正論を認めようとはしません。

とくに指摘が正しく、女性本人が認めたくない現実ほど、ヒステリックに苛立つ性質を持ちます。

これは仕事においては致命的欠陥です。

謙虚で成長性のある人材は、自分の認めたくないような弱点も、真摯に見つめて克服していけます。

ところが、女性は遺伝的に「罪悪感を感じたくない生き物」ですので、他人を叩いて周りと共感して自己正当化し合ったり、あるいは男性に共感的な物言いを求める傾向にあります。

論理的で知的でハッキリした物言いの出来るインテリ男性よりも、見た目もコミュ力もあるけど性関係にだらしない男がモテることからしても、いかに世の多くの女性が「人を見る目=正しい相手を見極める能力」がないか、わかることでしょう。

女性は自分の過ちを正しく受け入れられないため、いつまで経っても仕事で成長することができない人が多くなるのです。

女性は感情的な考え方しかできない

世の多くの女性は、感情的な考えしかできないので、仕事が出来ずに出世できません。

人の話をしっかり理解できないのです。

たとえば、医者の説明などがそうですね。

医者は理系人間が多いので、理路整然と淡々と説明する人も多いですが、言っていることがまともで的確なほど、女性は「感じ悪い!」と感情論的な否定を行います。

逆に、男性であれば「この人はしっかり説明してくれるので信用できる」と、好感を覚えます。

何も、これは医者に限ったことではなく、仕事全般に言えますね。

男性は仕事では、問題解決にあたって論理的かつ合理的な判断を行います。

ところが、女性は感情的かつ経験則的判断を行うので、総じてトラブルへの対処能力や、新しい業務への適応力が低いです。

女性は感情的考えと論理的考えを切り分けられない

また、仕事の出来ない女性は感情と論理を切り離すことができません。

良くも悪くも、感情を切り離した判断が女性は出来ないのです。

「この人は好きで信用できるから従う」
「この人は嫌いだから絶対に従わない」

…と、幼稚な感情論で仕事をするため、時に重大な判断ミスをするわけです。

ひどい場合は、感情と理屈をごっちゃ混ぜし、現場を乱すこともあります。

たとえば、根拠もなく「〇〇が〇〇をしたから悪い」という言い分ですね。

なまじ、変に理屈が混ざっているため、男性側からすれば正当性のある言い分に感じます。

ところが、元を正していくと、ただ個人の主義・主張を貫くための、感情論でしかないのです。

素直に「私は〇〇が嫌いだから、○○のせいにしたい」と言えばいいものを、自分が罪をおっ被らないために、こういった狡猾な言い訳をするのです。まるで、泣けば男子を悪者にして許してもらえた、小学生時代から何一つ成長していませんね。

とくに「感情論に理屈を混ぜ込む」という狡猾な手法は、高学歴な女性が好む方法で、高学歴文系女子が嫌われる最大の原因と言えますね。

女性は節約=貧乏思考で、資本主義には向かない

仕事の出来ない女性は代々「家計を節約=稼ぐ発想がない」という金銭感覚を身に着けているため、とくに商売センスがなく、営利企業ではまったく役に立ちません。

たまに、1円安い商品を買いに行くために隣町まで買い物に行って交通費で赤字というバカな主婦もいますが、目先の利益しか計算できないため、中長期的かつ総合的な計算ができないわけです。

こういった女性が家計を管理すると、家はデフレスパイラル思考に陥って、貧乏になっていきます。

仕事では言わずもがなですね。素直に予算を出せば効率のいい仕事も、ケチケチ思考でくだらない業務を増やす方向に考えますからね。

女性は孤独に弱いため、意志を貫けない

女性は共感を大事にする生き物ですが、それは孤独が怖いからです。

他人に反対されたり、職場で孤立することを恐れ、意志を貫くことができません。

そのため、経営者になって独立したり、会社の意向に逆らって自分の流儀を貫くこともできません。

そのため、女性社員はイエスマン・八方美人ばかりになり、判断力や責任力の要される仕事は任されにくくなるわけです。

女性は出世欲がなく、足を引っ張るのが好き

また、女性は同性同士の叩き合い・落とし合いが大好きで、他人の足を引っ張り合う生き物です。

職場内での陰湿な愚痴を見ていれば、一目瞭然ですね。

また、旦那の悪いところを指摘して、いいところを褒めて伸ばすということもできません。

優秀なマネジメントは、人のやる気を煽って成長させることが出来ますが、仕事の出来ない女性にはそれができません。旦那相手にもそれが出来ないため、いつまで経っても家計をケチる貧乏思考から抜け出せません。

女性は弱さを武器にする狡猾な生き物

女性は、仕事で出世できないため、ついには自分の弱さを主張するフェミニズム的主張で、自らの正当性を主張するようになりました。

フェミニズム利権は、現代女性の悪い癖であり、日本の社会発展を阻害する悪です。

これは、日本社会の足を引っ張るだけでしかなく、レベルの低い女性に合わせて社会のレベルが下がることを意味しますからね。

「女性だから評価されない」のではなく「女性に無能が多いから評価されない」という事実に気づかかなければ、いつまで経っても状況は変わらないでしょう。

もっとも、因果関係を考えられないバカな女性は、いつまで経ってもこの事実に気づかないでしょうけどね。

女性が社会で成功するには高度な生存戦略が必要

このように、女性が仕事が出来ずに出世できない理由には、単に「女性だから」という差別ではなく、単に「女性に無能なバカが多いから」という正当な理由があるからです。

こういった事実に気づいて仕事の出来る女性は、しっかり出世できる機会が与えられているにも関わらず、実際には評価されないで結婚に逃げる女性が多い時点で、いかに無能な女性が多いかおわかりになられることでしょう。

女性が社会進出するには、こういった現実と真摯に向き合って、女性ならではのビジネスを展開していく必要があります。

いつまでも男のやる気を奪って足を引っ張るだけしか能のない女性は、社会からも必要とされず、「子育て」や「愛情」を仕事の出来ない言い訳にし続ける貧乏生活から抜け出せません。

子育てなんて、動物でも出来ますからねw

そういった現実もしっかり踏まえなければ、女性は辛い思いをし続ける時代に逆戻りしていきますよ。