仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

簡単!女性上司との上手い付き合い方。職場の女上司は口説くつもりで接しろ!

社会人男性
職場の女性上司が気難しすぎて病みそう…

最近では優秀な女性は管理職として部下を指導する立場に立つことも多く、職場の女性上司に振り回されている男性も増えています。

しかしながら、男女には明確に脳の作りや仕事に対する感覚が違うところがあるので、時に強いストレスを感じることもあるでしょう。

そんな気難しい女性上司と、円滑に仕事で付き合いたい方もいるはずです。

結論から言いましょう。

女性上司は口説くつもりで全力で接しろ!

仕事は恋愛じゃねえんだぞ!」「ババアなんて口説けるかよ!」という反論はごもっともですが、ぶっちゃけ女性上司は口説くつもりで接したほうが色々楽です。

何も本当に口説いて惚れさせろと言っているのではなく、女性上司に「この子私のことわかってくれてる!」という状態にさせてしまえば、楽に接することが出来るので、気難しいヤンキーこじらせた男性のクソ上司よりかは何倍も楽です。

そこで今回は「女性上司を口説くつもりで仕事でうまく付き合う方法」をご紹介していきます。

女性上司の「感情」と「論理」は男性とは違う

よく「女性は感情的に動く生き物」と言われていますが、仕事においてもそれは例外ではありません。

しかしながら、女性として上司に就くような女性は、当然ながら論理的な考えも出来て、仕事においても優秀な人材であることは間違いないということは忘れてはなりません。

むしろ、論理性においての完璧主義っぷりや正確性で言えば、男性以上と言ってもいいでしょう。

しかし、こと人間関係においては感情的な判断をしやすいのが女性の特徴と言っても間違いはないでしょう。

  • 仕事における徹底した論理性・完璧主義
  • 対人関係における感情的判断

この2つをしっかり抑えていくことこそが、女性上司と上手く接していく際のポイントと言えます。

女性上司は敵か味方かで判断することを知っておこう

女性は「敵か味方か」で対人関係を判断します。

人によって度合いや尺度は違いますが、大まかな基準で言えば「敵・味方」「好き・嫌い」という感情的な基準で対人関係を考えています。

よく「生理的に無理」「感じ悪い」という感じで女性校生が愚痴ってたりしますが、割と女性の対人関係での判断基準はそんなものです。

言っていることが正しくても、感じの悪い医者であれば「あの人信用できない」と言いますし、逆に人当たりがいい詐欺師やDV男には女性はあっさり騙されてしまいます。

そのため、一度女性上司に「敵」と思われてしまうと、非常に厄介なことになってしまいます。

ですので、まずは女性上司の複雑な心を見抜き「私はあなたの敵ではない」ということを、しっかりと態度で示していくことが大切です。

女性上司からすれば、一番恐れているのは「男性の部下から、女性として格下に見られる」ことなのですからね。どんなに気強そうに見える女性上司であっても、深層心理には必ずと行っていいほど「男性に対するコンプレックス」を抱えているものです。

女性上司は細かいことを気にする

女性はとにかく、細かいことを気にする生き物です。

正直、男性からすれば「それ、仕事と関係ねえだろ…」的なことも、いちいち指摘します。

ビジネスに関わる身だしなみやマナーはともかく、整理整頓や仕事に関する細かい指示もしてくることが多いです。しかし、ここで「仕事と関係ないですよね?」と論破するよりも、女性上司に従うフリをして改善しておくと心象もよくなります。

よく口うるさい主婦が、旦那のだらしないところを指摘してガミガミ言っているところを想像すればわかりやすいでしょう。

女性としては、無意識に気になって指摘している面もあるので「指摘してくれてありがとうございます!気づきませんでした!〇〇さんは、細かいところまで見ていらっしゃるんですね!」ぐらい、大げさにお世辞を言っておきましょう。

女性上司は完璧主義傾向が強い

女性上司は、とにかく完璧主義傾向が強いです。

完璧主義は、あまり仕事では好かれない性質なのですが、これも適材適所で完璧を求められる仕事もあります。

関連:完璧主義者が仕事で嫌われる理由と改善方法。完璧主義思考を捨てるための考え方。

完璧主義と言っても、女性上司の頭のなかでの完璧と、部下が求めている完璧は必ずしも違います。

女性上司と上手く付き合うためにも、まずは女性上司の仕事に対する「完璧主義」「こだわり」の部分をしっかりと知っておくといいでしょう。

しかし、女性の悪い癖で「仕事と直接関係ないところまで完璧にこだわる」という部分ももあるので、その場合は女性上司は肯定しつつも、しっかり受け流す術も大切です。

仕事に関する指示が「感情」か「論理」かを見極めよう

女性上司は、時に仕事に感情的な判断を持ち込みます。

そのため、たまに因果関係が無茶苦茶な指示や叱責を行ってきます。

その場合、一度女性上司を落ち着かせて、話の指示を整理するなどして対処すると効果的です。

普段は論理性のある女性上司が、業務内容の指示にまで感情的なことを持ち込みだしたら、十中八九何かしらの心理的負荷が発生していると考えられるので、まずは落ち着いて女性上司の悩みを聞き出すのも効果的です。

女性上司の心理的な悩みを探り出すことで、女性上司の指示をそのまま聞くよりも、根本的な問題を解決できる業務をこなした方が効率よく片付けられることもありますからね。

ヒステリックを起こした時こそ、部下の器量が試される

女性の悪しき習性「ヒステリック」というものは、どんな女性でも起こすものです。

もし、女性上司がヒステリックを起こしたのであれば、その時こそ部下の頼もしさを見せつけるチャンスです。

「オレは頼れる部下だ」
「あなたがピンチになった時は、オレが全力でフォローしますよ」
「そんなことは私がやるので、一度落ち着いて後ろでドンと構えてください」

…という感じで、頼れる男を演じましょう。少女漫画の執事をイメージしてみればわかりやすいですね。

ガキっぽさを出して母性本能をくすぐれ!

ある程度女性上司と親しくなったら、あえてガキっぽさを出して、母性本能をくすぐってしまうのも手ですね。

なんだかんだで、女性は社会的にはまだまだ不遇ですので、気を許した格下の男性には世話をしたくなってしまうものです。

女性上司としては「部下を育ててる快感」を得られるので、仕事と関係ない所で子供っぽさを演出できる男性は愛嬌を感じてしまうものです。

逆に完璧すぎて仕事の出来る男であっては、女性上司にかえって不安を感じさせる危険もあるので、適度にダメ男・ガキっぽさを演出しましょう。

女性上司と上手く付き合えれば社内評価も上がる?

女性上司と上手く付き合えれば、仕事における対人関係構築能力は間違いなく上がります。

まだまだ、女性の社会進出が上手く行っていない社会情勢ですからね。

その中で女性を差別せずに、それでいて女性の特性を知った上で上手く折り合いをつけて接することが出来ることは、間違いなく社会人としてプラスの能力として評価されます。

ただし、まだまだ男性優位の社会ですので、男性上司の下で働いていたほうが社会人として得る能力も大きい…というのも実情かもしれません。

男尊女卑がまだ色強く残る社会で「女性上司とも上手く折り合いをつけてきた対人関係能力がある」ことを強みにするのか、あるいは「若いうちに男性上司の下でバリバリ働いて経験を積む」のか。

今後のキャリアプランや、自分の特性を踏まえた上で、立ち回り方を一度考え直してみましょう。

女性上司と付き合うのがキツイと感じたら転職を考えよう

とはいえ、男性にとっては「女性上司と付き合うのは生理的に無理」という方もいることでしょう。

実際、男尊女卑思想のある中高年世代も「女性社員に偉そうにされるのは無理」と考えている人が多いので、性差的な感情は悪いこととも言い切れません。

もし女性上司と付き合い続けるのが難しいと感じるのであれば、前向きに転職を考えてみましょう。

転職エージェントに相談し、男性上司の下で働くことを目指そう

どうしても女性上司と付き合っていくことが無理だと感じたら、転職エージェントに相談して他の職場を見つけることをオススメします。

転職エージェントでは、性差や職場の人間関係などが原因で辞める場合もしっかりカウンセリングしてくれる上、職場にバレないようにプライバシーはしっかり配慮してくれます。

なかなか他人には言いにくい、男尊女卑的な相談も聞いてもらえるので、一度相談してみるのもいいでしょう。

実際、男女の性差は非常にデリケートな問題で、多くの企業も頭を悩ませている問題です。

会社側としても、女性の管理職の扱いや性差意識への現実的対応については、まだまだ発展途上なのです。

ですので、女性上司と付き合っていくことが無理だと感じるのであれば、男性の多い他の職場で働いたほうがお互いのためだと言えるでしょう。

女性上司と付き合い続けるのがどうしても無理だと感じている方は、一度転職エージェントでしっかり相談し、今後のキャリアプランを見直してみましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。