上司が嫌いという理由の転職はあり?なし?上司が原因で退職するなら知っておきたいこととは?

転職アドバイザーのヒビキと申します。

みなさまは、転職で最も多い理由はなんだかご存知でしょうか?

多くの方は「キャリアアップ」「自己実現」「年収アップ」「理想の働き方」という、前向きな理由が多いと思われていることでしょう。

しかし、実は違うんです。

それらの前向きな転職の理由というのは、実はほとんどが「建前」なんです

実のところを言うと、転職の主な理由は「職場の人間関係」が原因です。

さらに言えば「上司と合わない」「上司が指導してくれない」「上司が魅力的でない」など…。

上司が理由で仕事を辞める人が9割以上です。

部下や後輩なら、ある程度は自分でどうにかできますが、上司はどうしようもありませんからね。

まともな判断力がある人なら「こんな上司と仕事していても、この先いいことはない!」と思って、こっそり辞める準備をしているんです。

「もうちょっと頑張ってみよう…」
「辞めたら”逃げ”だと思われるから…」
「上司を見返すために努力しよう…」

…なんて無理に頑張っている人もいるでしょうが、やめておきましょう。

あなたは、好きでもない恋人のために必死に頑張れるのですか?

それと同じことです。

会社とはまず、上司のために働くものです。

好きでもない上司のために頑張ってみても、ただただ辛いだけですよ。

スポンサーリンク

社会人の将来は職場の上司で99%左右されます

社会人の将来は、職場の上司の良し悪しで99%が左右されます。

つまり、ルーレットやパチンコと同じような「運ゲー」です。

日本はタテ割り社会ですので「年上を敬え」だの言っていますが、実際は尊敬できないクズ教師やクソ親がたくさんいるように、上司も必ずしも尊敬する必要はないのです。

上司は「人を育てるのが仕事」です

日本の企業では、組織としてしっかり完成されたシステムに則って経営されています。

現場で経験を積み、エスカレーター式に管理職へと上がって、後進を育成していくことになるのです。

社会人上がりたての方や、現場での仕事が多い方にはまだ想像できないでしょうが、上司は部下をしっかり育て上げるのが仕事です。

しかしながら、そのことに気づけず、いつまで経っても新人時代の目線で仕事しているバカな上司や管理職も実に多いのです。

その結果、部下をうつ病や過労死に追い込む上司まで出てきますからね。

部下に気持ちいい環境でメキメキ働いてもらい、いち早く企業の戦力として活躍してもらうことこそ、管理職に求められる能力なんです。

この上司の下では自分は成長できない…」と感じていたら、部下は辞めてもいいのです。

それは、部下をしっかり育成できずに、辞めさせたいと感じさせるクソ上司の責任でしかありませんから。

上司が社会人として”正しい”とは限らない

また、大人や社会人は必ずしも”正しい”とは限りません。

しかし、プライドだけいっちょ前の上司に限って「自分は絶対的に正しい」と思い込んでいるものです。

そういった上司は融通が利かず、決して自分に間違いがあっても認めようとはしません。

そんな上司の下で働いていても、苦しい状態が延々と続くだけです。

上司は「選べる」という事実

「上司は選ぶな!」「仕事は選ぶな!」と大人たちは言いますが、それは大ウソです。

だまされてはいけません。

ところで、一つ思い返してください。

あなたが今の職場に勤める際、書類選考や面接などを通して「選ばれた」はずですね。

そうなんです。

企業側も思いっきり部下を選んでるクセして、都合のいい時だけ「選ぶな」なんて言ってんじゃねーよ!

…という話です。

企業の求人情報を見まくればわかりますが、しょせんは企業も理想論ばかりで人材を求めているのです。

上司は納得の行くまで、思いっきり選んでもいいんです。

「この人達となら働きたい!」という職場が見つかるまで、妥協せずに転職先を探しましょう。

「職場の人間関係は入れ替わるもの」という事実

職場の人間関係とは、定期的に入れ替わるものです。

人の出入りの激しいブラック企業では、そもそも人材の使い捨てが前提ですので、人が入っては辞めての繰り返しです。

また、大企業では人材を育成するために、色々な部署や人間と仕事させることで、組織での適応力を育てていきます。

何も仕事に限った話でなく、学校の席替えやクラス替えから、恋人と付き合って別れたり、あるいは家族から離れて自立…と、人間関係は定期的に入れ替えるべきなのです。

ですので、企業ではそもそも「一定数、人材が離れていくことは当たり前」だという前提で経営されているわけです。

あなたが仕事を辞めるのは「自然なこと」です

あなたが仕事を辞めるのは、企業からしても「ごく自然なこと」でしかありません。

簡単に言えば、あなたがクソ上司の下で働いているのであれば、クソ上司の圧力に耐えられるかストレスチェックしているだけなのです。

あるいは、クソ上司が部下の育成が初めてなのであれば、実験台として使われているだけです。店のレジ打ちなどで研修生の実験に付き合わされ、時間を奪われてしまうこともありますが、それと同じことです。

職場の上司とウマが合わずに、仕事で悩んでいるのであれば、それは「運が悪かった」程度のことでしかないのです。

あなたが仕事を辞めていっても、半年も経てば「そんな人もいたね」「そんなこともあったね」程度の、どーでもいい出来事となって風化していきます。

「上司が原因で仕事を辞める」なんて、その程度なんです。

最後には同じレベルの人間だけが残ります

また、企業には「社風」というものが存在し、同じような思考のや価値観の人間が残り続けることになります。

学校時代、同じような趣味や価値観、家庭環境で育った人間がグループを作ってたようなもんです。

頭の良い人と悪い人では価値観は合いませんし、レベルも違います。なので、進学校に通って有名大学に通う人もいれば、地元の高校を出て地元で就職するような人と別れていくわけです。

これと同じことで、会社でも社風や職場のレベルに合わない人は、自然と離れていくように出来ているわけです。

人間、そんなに強くありませんから、無理なものに合わせて生き続けるのは難しいですよね。

ですので、無理なく職場に合わせられる人だけが、最後まで残り続けることが出来るわけです。

上司が理由で会社を辞める前にすべきこと

このように、上司が理由で会社を辞めることは、ごく自然で当たり前のことなのです。

「仕事は嫌でも続けろ!」
「上司が嫌でも合わせろ!」
「そんなんで辞めたらどこでも続かねえぞ!」

…なんていうのは、人材教育の出来ていないクソ上司や会社側の都合のいい言い訳でしかないのです。

…とはいえ、衝動的に無計画に辞めて「やっぱり辞めなければ良かった…」と思っても、一度やめた職場に復帰するのはまず無理ですので、辞める前に「本当に辞めるべきか?」としっかり考えましょう。

上司と腹を割って話してみよう

愛想のない上司や気の利かない上司でも、腹を割って話してみると、実はいい人で想像以上に部下のこと考えていた…なんてこともあります。

完璧超人が弱みを見せると愛着が湧くように、意外と上司にも人間らしい悩みがあるかもしれません。

そう言ったことがわかると、かえって上司との絆は一層強いものとなるかもしれません。

頼られて嬉しくない上司はいませんので、一度腹を割って頼ってみるといいでしょう。

上司の上司に相談してみよう

上司の人間性がクソすぎて話にならない場合は、さらに上の上司と接点を持って、相談してみるのも手です。

上司が上に媚びるのが上手くて、下には厳しいだけのクズであれば、上司の態度が改まる可能性があります。

しかし、実際は上もわかっててクソ上司の横暴を放置していることも多いので、相談してもどうにもならないことも多いです。

その場合、どうあがいてもクソ上司が態度を改めることはないので、さっさと会社に見切りをつけましょう。

それでもダメなら、転職先を決めてから辞めよう

上司が理由で会社を辞めるのであれば、次の転職先を見つけて計画的にやめましょう。

たまに「辞めるわけないだろ」と油断しきって、いざ部下が離れようとなると演技がましく無く上司や、開き直って威圧してくる上司もいますからね。

そうなった際に「やっぱり辞めるのやめます」なんて言ってしまっては、一生都合のいい部下としてこき使われ続けるだけです。

絶対に辞めてやるんだ!」という強い意志を会社に示すためにも、先に転職先から内定をもらっておきましょう。

転職先が決まっておけば、今の職場がくだらなく見えてきますよ。

上司が理由で転職する際の注意

最大のポイントは「いかに次の転職先を探すか?」という問題ですね。

バカ正直に転職先に「今の職場の上司が嫌いなので…」と言ってしまっては、採用される確率は低くなります。

しかし、心配する必要はありません。

社会人が仕事を辞める理由のほとんどは「上司がクソだから」です。

転職アドバイザーや転職先も、それはわかっています。

就活で「金のために働きたい」という本音が通らないように、転職でも前職を辞める建前が必要になるわけです。

「上司が原因で辞めた」という転職理由を前向きな動機にしよう

「上司が原因で辞めた」と言ってしまっては、人の好き嫌いがある人間だと疑われてしまいますが、それを前向きな動機に変えることは十分可能です。

「上司と腹を割って話してみましたが、どうしてもウマが合わず、考えも違い、この先この職場で成長していくことはできないと判断し、転職を決意しました」
「上の部署にかけあって見ましたが、上司の人格に問題があることは把握していたようで、この会社で働き続けるのは無理だと判断しました」

…と、行動を起こしてどうにもならなかったことをアピールしたり、上司への冷静な分析を動機に変えることができれば、前向きな理由に変わります。

退職理由は「一身上の都合により~」でOKです

退職理由は「一身上の都合により~」でOKです。

失業保険の受けられる「家族の都合」「会社の都合」以外であれば、理由がなんであれ「一身上の都合~」として処理されるため、なんでも一緒です。

まあ、どうしてもクソ上司に一発言っておきたいなら、暴力沙汰にならないようにハッキリ不満をぶつけておくのもありです。

しかし、辞めると決めた以上は、何も言わずに平然と去っていくほうが大人の対応と言えますし、転職先が決まっていれば心に余裕も出来るので、わざわざ自分からケンカの火種を巻く必要もないでしょう。

立つ鳥跡を濁さず、ですからね。

転職エージェントを有効活用して、転職先を決めておこう

しかしながら、転職活動初心者が「上司が理由で転職」することは、それなりに難易度が高いものとなります。

転職先としても「上司と馴染めない人材はリスクが高い」と判断する可能性が高いですからね。

さらに言うと、転職活動は新卒時の就職活動と違い、他人のサポートも受けられず、その上で適性も問われます。

それに加えて「また嫌な上司と仕事することになったら…」という不安が残るので、なかなか転職活動も上手く行かなくなることでしょう。

そこでオススメしたいのが「転職エージェント」というサービスを使用して、転職のサポートを受けるという方法です。

転職エージェントでは、担当のアドバイザーが無料で転職のサポートを行ってくれるため、転職初心者はぜひとも利用しておくべきです。

カウンセリングを経て、自分の適性にあった職場を紹介してくれるため、ミスマッチの少ない本当に自分に向いている天職と出会いやすくなります。非公開求人も多数取り扱っており、年収や待遇も上がりやすいです。

また「社風」「先輩の人間関係」についても事前に教えてもらえるため、クソ上司の下で働くリスクもかなり下がると言えますね。

会社で気持ちよく働けるかどうかは、職場の上司で99%決まります。

クソ上司にうんざりして辞めたいと考えている方は、一度転職エージェントでしっかり相談してみて、次の転職先を見つけながら自分の将来について考えてみてください。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム上司
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました