仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

転職先は「上司や社長」を理由に選んでもOK【ワンマン社長についていけない、引退しない社長など】

転職アドバイザー
元転職アドバイザーのヒビキです

「転職は”上司”や”社長”を理由にしてはいけない」
「仕事で付き合う人間は選んではいけない」
「誰とでも上手く打ち解けて付き合わないといけない」

なぜか日本ではこういった「誰とでも仲良く!」という意見が多いですが、今どき小学生でも「付き合う友人は選ぶべき」と見抜けているほど、あからさまなウソですね。

それは仕事でも同様、嫌な人間とは距離を置くなり、転職して関係を絶ってしまうのも全然あり

関連:転職で人間関係をリセットするのはあり?なし?元アドバイザーが本音を語る

というのも、仕事は「誰と一緒に仕事するのか?」「誰のもとで働くのか?」ですべてが決まるからです。

今回は「上司や経営者を理由に転職していい理由」を紹介していきます。

仕事のパフォーマンスや将来性は「上司・経営者」で決まる

正直な話、仕事が上手くいくかどうかは「直属の上司」や「経営者」で決まると言っても過言ではありません。

日大のラグビー不祥事の件でも「威圧的な監督とそれに従うしかない選手たち」という構図が明らかになりましたね。

出典元:日大選手ら声明文「監督・コーチに盲目的に従ってきた」|朝日新聞デジタル

この件からもわかるとおり、縦割り組織の日本では上司や経営者の影響力があまりに大き過ぎるのです。

しかも、会社は採用で人を選ぶ割に、部下には上司を選ばせてくれないのですから、こんなに理不尽なことはありません。

「誰とでも上手くやれ」「人を選ぶな」と言う人もいますが、それはあくまで理想論でしかありません。

人間である以上、相性は必ず存在します。

言ってしまえば「一緒に働く上司や経営者を選ぶな」というのは「結婚相手や付き合う恋人を選ぶな」と言っているようなものであり、あまりに理不尽すぎる考え方です。

そして、仕事では単に好き嫌いの問題だけでなく、上司や経営者との相性がモロに仕事のパフォーマンスに影響を及ぼします

極端な例え話をしましょうか。

プロ野球球団の監督をただの野球マニアが担当してしまえば、確実に弱小チームとして負けてしまいますし、プロ野球選手も「あいつは口だけでわかってねえな」と思ってしまうものです。

それぐらい「誰のもとで働くのか?」は仕事で重要なのです。

そして残念ながら、日本の組織は年功序列・タテ割り組織で「無能でも出世出来る」という欠点があるため、そういった「素人レベルの上司や経営者」もたくさんいるのが現実なんです。

関連:無能な上司の特徴。無能な管理職が減らない組織構造と有能な部下が潰れる理由とは?

リクルートも「上司・経営者」が理由の転職者が多いと公表している

注目すべきは、あのリクルートも暗に「上司や経営者が理由で転職してもいい」と示唆しているところです。

その証拠に「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」を手がけるリクルートキャリアにて「転職のきっかけは”配属先の上司”や”経営者”」を理由に挙げている人が多いという調査結果も出ています。

画像出典:転職決定者1200名に聞いた「入社を決める際に、誰から影響を受けたか」 転職の決め手は「人事」より「配属先の上司」-「リクルートエージェント」 転職決定者アンケート集計結果- | プレスリリース | リクルートキャリア – Recruit Career

逆説的に言えば、それだけ「今の会社の上司や経営者の不満がある」と思って、転職を考える人が多いということ。

つまりそれぐらい、上司や経営者との相性を理由に転職する人は珍しくもなく、当たり前だと言えるわけですね。

上司や経営者と相性が悪いなら転職しよう!

以上、転職者の多くが「上司や経営者を理由に転職している」という、紛れもない事実をお伝えしてきました。

社会を知れば知るほど「仕事や人生は上司や経営者、周りの人間関係で決まる」とわかってきます。

「人のせいにして転職するのはよくない…」と考えられがちですが、社員は経営者や上司の影響で昇給も評価も給料も変わるのですから、むしろ上司や経営者が気に食わないなら思い切って辞めてしまう方が自分のためなのです。

関連:人のせいにして仕事辞めるのはあり?誰かのせいにして生きるのはかしこい処世術だと知っておこう!

今まで「上司や経営者を理由に転職してはいけないな…」「自分の力が足りないからダメなんだ…」と思い込んでいた方は、ぜひ自信を持って上司や経営者をダシにして転職を成功させてください。

関連:転職で裏切り者扱いされるのが怖い方へ。仕事を辞める退職を背信行為と思われないためにしておくべきこととは?

上司や経営者が理由なら転職エージェントの利用推奨

上司や経営者が原因で転職したい場合は、転職エージェントの活用を強く推奨します。

なぜなら、上司や経営者を理由に転職するのは、紛れもない”裏切り行為”に値するから。

法律上は転職活動はなんら問題のない行為ですが、会社との信頼や自分の立ち位置を考えると、バレずに隠密に行いたいものですよね。

…とはいえ、一人で転職活動をすると味方もいなく不安になりがちなので、転職エージェントでキャリアアドバイザーのサポートを受けておくべきでしょう。

転職エージェントはプライバシーに配慮して個室対応してもらえるので、今の会社にバレる心配はありません。転職活動の登録メールアドレスを分けておくなどして、情報管理をしっかりとしておくと、さらに安全に転職活動できます。

また転職エージェントでは、紹介先企業の社風や経営者の人柄、あるいは上司や先輩の人間関係も事前に教えてくれるので、今の会社のような上司や経営者と出くわす可能性も下げられます。

転職内定後の手続きやアフターフォローも行ってくれるので、転職もスムーズに進めやすいです。

転職エージェントは完全無料で利用でき、相談だけでも対応してくれますので、転職活動に興味があるなら余裕のある今のうちに登録しておくといいですよ。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ