樹木医になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

樹木医は公園や神社などに植えられている樹木や神木、天然記念物に指定されているような巨木から、個人の庭園にある小さな庭木まで、あらゆる木の診療と治療を行う
樹木医を名乗れるのは、日本緑化センターの研修を受け、登録した人だけだ
樹木医には、現存する樹木の治療だけでなく、後継の樹木を育成していくという役目もある
そのため、極意を職業とするには専門知識だけではなく、樹木に関する7年以上の実務経験が必要不可欠となる
樹木医となる前に、樹木医補認定試験を受けるという手もある
こちらは、樹木医が実施する樹木の保護・育成・管理事業や活動を補佐する役割を担うが、日本緑化センターが認定した大学や専門学校を卒業した者が受験でき、認定・登録されれば、実務経験年数が7年から1年に短縮される
同センターのホームページに登録大学・専門学校が紹介されているのでチェックしてみるといいだろう

タイトルとURLをコピーしました