レベルの高い人にオススメの仕事!高みを目指すならこれぐらいの仕事はこなせて当然!

今の仕事に満足していますか?

レベルの低い、誰でも出来るような地味ぃ〜な仕事に疲れ切っていませんか?

もしそうであれば、今の会社を辞めることを前向きに考えましょう。

仕事が変われば、あなたのレベルはワンランクアップします。

今回は、レベルの高い人がみんな目指している、ハイクラスの仕事を紹介します。

関連:震えるような高みを目指すなら利用しておくべき転職エージェントベスト3!ハイレベルな転職サポートで高年収を目指せ!

関連:己の生まれた意味と出会える転職エージェント5選!天職と出会いたければコレだっ!

レベルの高い人に向いている仕事

大企業役員クラス

まず、国内で一般的なエリートコースを歩むなら、大企業役員クラスは目指すべきでしょう。

役員報酬は年数千万クラス+株価と、まさに富裕層に仲間入りできるレベルのものです。

当然ながら、大企業役員クラスになるための道のりはかなり険しく、大企業勤めの社員の中でも”選ばれし者”のみが奪い取れる席です。

この記事にたどり着いたレベルの高い方なら、役員クラスは常に意識しているはずでしょう。

商社勤め

サラリーマンの金字塔はやはり「商社勤め」でしょう。

商社と言えば、20代で年収1000万円は当たり前の世界ですからね。

海外勤務で、身の回りの世話係を雇うという、もはや”プチ社長状態”の立ち位置を任せられるほど、レベルの高い人間が就く仕事です。

当然、ハイレベルでの外国語の習得、ビジネスにおける高い交渉力、そしてハイレベルでの高い教養と知識、理解力の求められる仕事でもあります。

本当にレベルの高い方なら、商社勤めも視野に入れておきましょう。

金融業・生命保険

レベルの高い人は、金融業・生命保険などの「金回りのいい業界」もオススメですよ。

年収3000万クラスも珍しくなく、経済・お金に関する知識も、かなり高レベルなものが求められます。

また、富裕層を顧客にしなければいけない仕事でもあり、億単位の取引も当たり前ですので、責任感や精神力も求められる仕事ですね。

レベルの高い方であれば、億単位を扱う仕事がふさわしいでしょう。

IT業界

古風な企業よりも、革新的な技術やアイデアに飛んだ人は、IT業界がオススメでしょう。

IT業界には、レベルの高い人が多数います。

年収もかのビル・ゲイツなどを始め、天文学レベルに稼ぐやり手経営者が数多くいる業界です。

またIT系企業はベンチャー企業も多く、本当にレベルの高い人はゼロからビジネスを成功させることも可能ですね。

大企業の安定コースよりも、自分の才能や技術で稼ぐ自信があるなら、IT業界で働く選択肢を考えておくべきでしょう。

外資系企業

さらなる高みを目指すなら、外資系企業への転職を視野に入れておきましょう。

日本の企業で働くなんて、やっぱりレベル低いですからね。

大企業でも過労死が発生する程度ですから、底が知れています。

一方で、外資系企業は超人気企業Googleを始め、世界に影響力を持ち、合理的かつ効率的、かつ成果主義で柔軟な働き方が可能です。

難点は、外資系は英語力がほぼ必須という点ですね。

レベルの高い人は英語はペラペラ喋れるはずですので、TOEICハイスコアぐらいは当たり前でしょうけど。

レベルの低い仕事、いつまで続けんの?

いかがでしたか?

レベルの高い仕事を求めている人は、これぐらいは当たり前の転職先候補として考えているはずですので、あまり参考にはならなかったと思います。

逆に今まで意識してなかった人は、まだまだレベルが足りていないので、さらに上を目指せるようにキャリアプランニングを練り直しましょう。

向いている仕事・向いていない仕事

向いている仕事と出会いたいなら「転職エージェント」を使っておこう!

「今の仕事が本当に自分に向いているかわからない…」
「もっと自分に向いている仕事に就きたい…」
「やり甲斐や自己実現のためにキャリアプランを練り直したい…」

このように「今の仕事は本当に自分に向いているのか?」とお悩みの方は「転職エージェント」でプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメしますよ。

転職エージェントは、言わば”仕事選びのプロ”

本当にあなたに合った転職先を代わりに見つけてくれます。

転職エージェントで自分の可能性に気づき、転職を決意する人も最近ではかなり増えています。

そして転職エージェントは完全無料で利用できます

これは紹介先企業がすべての費用を負担しているため、転職希望者は一切費用がかからないからです。

相談するだけオトクなので、今の仕事が向いていないと感じている方は、試しに相談してみるといいですよ。

就活生の方はこちら→就活生が意外と知らない就活サービス!自分に合った就職先を見つけるなら絶対にチェックしておこう!

初心者にオススメの転職エージェントは「DODA」

 

初めての転職を考えるのであれば「DODA(デューダ)」は絶対に登録しておきましょう。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で、安定した実績もあります。

その上、どんな経歴でも登録拒否されることもないので、今の仕事に自信のない人でも安心して利用できます。

満足度も業界No.1なので、DODAを使っておけばまず間違いありません。

登録求人数も5万件以上と多いのですが、その8割以上の優良求人は非公開求人であり適性のある人でなければ紹介してもらえません。

そのため、転職サイトやハローワークでは出会えないような、自分に向いている天職とも出会うチャンスも生まれます。

また、企業実態の調査も行っているので、ブラック企業を紹介されることもありません。

DODAの登録は「会員登録→職務経歴→確認」と入力していく必要がありますが、自己アピールなどの入力は一切ないので、5分もあればすぐに終わります。

後日、面談の日程についての連絡があるので、プロのキャリアアドバイザーに相談して、自分の向いている仕事を紹介してもらいましょう。

ただし、時期によってはキャリアカウンセリングを受けられないこともあります。

ですので、余裕があればプロフィールや職務経歴を充実させておき、エージェント側からアプローチしてもらえる様にしておくと確実ですよ。

登録しておくだけチャンスの生まれる「リクナビNEXT」

エージェント制ではありませんが、登録しておくだけで優良企業からスカウトメールの届く「リクナビNEXT」も無料で登録できるのでこの機会に利用しておくといいですよ。

リクルートには転職に関するノウハウと圧倒的情報量があるので、自分に本当に向いている求人が自動で送られてきます。

またリクナビNEXTでは「グッドポイント診断」というクオリティの高い自己分析ツールが用意されており、これを使っておくとより自分に合った企業と出会いやすくなりますよ。診断結果は企業側からも確認できるので、より相性のいい会社からスカウトメールが届く確率も高くなります。

リクナビNEXTは無料で登録でき、個人情報の入力もすぐに終わるので今すぐ登録しておきましょう。

転職者の8割以上が使っているので、使っておくだけ他よりも有利に転職活動が進みます。

また、リクナビNEXTは他社エージェントからのヘッドハンティングの場としても使われており、思いがけないエージェントからも面談確約のオファーが届くこともあります

オファーを受けやすくするには、職務経歴書やリクナビNEXTの利用履歴を充実させる必要もあるので、転職に興味があるならガンガンリクナビNEXTを使っておきましょう。

その他の転職エージェント

「DODA」「リクナビNEXT」以外にも、国内には多数の転職エージェントがありますが、それぞれに特徴や強みがあるので転職に興味があるならいくつか併用しておきましょう。

すべて無料で利用できます。

・国内主要転職エージェント

パソナキャリア
…公共事業・地方事業などの社会貢献意識の強い人向け利益よりも仕事のやり甲斐重視の転職エージェント。対応が非常に丁寧。→パソナキャリアの詳細はこちら

マイナビエージェント
20代~30代の若手向けエージェント。ベンチャー気質が強く、とくにIT系の紹介に強みを持つ。→マイナビエージェントの詳細はこちら

メイテックネクスト
…製造系エンジニア向け特化の転職エージェント。ものづくりエンジニアは必ず利用しておきたい→メイテックネクストの詳細はこちら

JACリクルートメント
外資系・海外転職・グローバル大企業などハイクラス転職特化のエージェント。求められる経歴は高くなるが、その分高年収の仕事の紹介が多い。→JACリクルートメントの詳細はこちら

DYM就職
既卒・第二新卒・フリーターなど経歴にネックのある人向けのエージェント。他のエージェントで、登録や面談を拒否された場合はここがオススメ。→DYM就職の詳細はこちら

・その他の転職エージェントは以下の記事をチェック!

 →国内の主要エージェントの比較記事はこちら

 →外資系運営エージェントの紹介はこちら

 →業界向け特化の転職エージェントの紹介はこちら

それぞれのエージェントの特徴と強み、あるいは運営方針や社風があるので、本当に自分に向いている仕事にこだわりたい方はなるべく多めに利用しておくといいでしょう。

関連コンテンツ