レベルの高い人仕事の特徴!高みを目指すならこれぐらいの企業には勤めるべき!

今の仕事に満足していますか?

レベルの低い、誰でも出来るような地味ぃ〜な仕事に疲れ切っていませんか?

もしそうであれば、今の会社を辞めることを前向きに考えましょう。

仕事が変われば、あなたのレベルはワンランクアップします。

今回は、レベルの高い人がみんな目指している、ハイクラスの仕事を紹介します。

関連:震えるような高みを目指すなら利用しておくべき転職エージェントベスト3!ハイレベルな転職サポートで高年収を目指せ!

関連:働く意味と出会える転職エージェント5選!生きる意味を知って仕事に意義を見出したいなら転職するしかないッ!

スポンサーリンク

レベルの高い人に向いている仕事

大企業役員クラス

まず、国内で一般的なエリートコースを歩むなら、大企業役員クラスは目指すべきでしょう。

役員報酬は年数千万クラス+株価と、まさに富裕層に仲間入りできるレベルのものです。

当然ながら、大企業役員クラスになるための道のりはかなり険しく、大企業勤めの社員の中でも”選ばれし者”のみが奪い取れる席です。

この記事にたどり着いたレベルの高い方なら、役員クラスは常に意識しているはずでしょう。

商社勤め

サラリーマンの金字塔はやはり「商社勤め」でしょう。

商社と言えば、20代で年収1000万円は当たり前の世界ですからね。

海外勤務で、身の回りの世話係を雇うという、もはや”プチ社長状態”の立ち位置を任せられるほど、レベルの高い人間が就く仕事です。

当然、ハイレベルでの外国語の習得、ビジネスにおける高い交渉力、そしてハイレベルでの高い教養と知識、理解力の求められる仕事でもあります。

本当にレベルの高い方なら、商社勤めも視野に入れておきましょう。

金融業・生命保険

レベルの高い人は、金融業・生命保険などの「金回りのいい業界」もオススメですよ。

年収3000万クラスも珍しくなく、経済・お金に関する知識も、かなり高レベルなものが求められます。

また、富裕層を顧客にしなければいけない仕事でもあり、億単位の取引も当たり前ですので、責任感や精神力も求められる仕事ですね。

レベルの高い方であれば、億単位を扱う仕事がふさわしいでしょう。

IT業界

古風な企業よりも、革新的な技術やアイデアに飛んだ人は、IT業界がオススメでしょう。

IT業界には、レベルの高い人が多数います。

年収もかのビル・ゲイツなどを始め、天文学レベルに稼ぐやり手経営者が数多くいる業界です。

またIT系企業はベンチャー企業も多く、本当にレベルの高い人はゼロからビジネスを成功させることも可能ですね。

大企業の安定コースよりも、自分の才能や技術で稼ぐ自信があるなら、IT業界で働く選択肢を考えておくべきでしょう。

外資系企業

さらなる高みを目指すなら、外資系企業への転職を視野に入れておきましょう。

日本の企業で働くなんて、やっぱりレベル低いですからね。

大企業でも過労死が発生する程度ですから、底が知れています。

一方で、外資系企業は超人気企業Googleを始め、世界に影響力を持ち、合理的かつ効率的、かつ成果主義で柔軟な働き方が可能です。

難点は、外資系は英語力がほぼ必須という点ですね。

レベルの高い人は英語はペラペラ喋れるはずですので、TOEICハイスコアぐらいは当たり前でしょうけど。

レベルの低い仕事、いつまで続けんの?

いかがでしたか?

レベルの高い仕事を求めている人は、これぐらいは当たり前の転職先候補として考えているはずですので、あまり参考にはならなかったと思います。

逆に今まで意識してなかった人は、まだまだレベルが足りていないので、さらに上を目指せるようにキャリアプランニングを練り直しましょう。

タイトルとURLをコピーしました