頭の回転が遅い人に向いてる仕事22選を徹底解説!

頭の回転が遅い人にとって、この世には頭の回転の速さやとっさの機転が必要な仕事が多く感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中には頭の回転が遅い人でもこなせる仕事はたくさんあります。たとえば、ものづくり職人や農業などの仕事はそこまで頭の回転が速くなくても勤まりますし、インストラクターのような自分の経験や知識を他人に教える仕事は今までの蓄積や準備が大事な仕事なので、とっさの機転はそこまで求められません。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、頭の回転が遅い人にも向いてるかもしれない適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

頭の回転が遅い人に向いてる仕事

頭の回転が遅い人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 画家
  • イラストレーター
  • 伝統工芸作家
  • 造園師
  • グラウンドキーパー
  • 漁師
  • 司書
  • インストラクター
  • 美容師
  • ネイリスト
  • 料理人
  • ソムリエ
  • 僧侶
  • 翻訳者
  • 介護福祉士
  • 自衛官
  • ボディガード
  • 塗装工
  • 鳶職人
  • 左官
  • ガス点検スタッフ
  • 伝統工芸職人

思考速度が遅い人でもそうでない人でも、誰もが思考速度の速い人を求めている仕事の分野がたくさんあることがわかると思います。一見、就職活動がうまくいかないように見えるかもしれませんが、実は、思考速度が遅い人にも非常に機能的な仕事があるのです。自分に合った仕事を見つけるには、自分の特徴を理解し、それを活かせる職場を見つけることが大切です。今回は、頭の回転が速くなくてもできる仕事をいくつかご紹介します。

頭の回転が遅く、理屈っぽいところも強いため、仕事を選ぶ場合は「楽しめること」を見極める必要があります。なぜなら、仕事が楽しくなければ働かないからです。少し高校生並の成績になるのも仕方がありません。

世の中には、頭の回転が速い人を必要とする仕事がたくさんあります。頭の回転が遅い人は、仕事に就くのは難しいと思うかもしれません。しかし、ゆっくり考える人にもできる仕事はたくさんあります。自分の性格に合った仕事、自分の強みを活かせる仕事を見つけるためには、自分の性格を理解し、適切な職場を見つけることが不可欠です。今回は、ゆっくり考える人ができる仕事をいくつかご紹介します。

思考力が低い人は、頭の回転が速い仕事をしてしまい、自分のプロフィールに合った仕事が見つからず、キャリアの危機に陥っている人が多いですね。しかし、頭を回転させるのが苦手な人にも仕事のチャンスはあります。つまり、自分の強みを活かして、楽しく働いて生活できる仕事を探せばいいのです。自分の特性を理解し、それに合わせて職場を選ぶことで、どの仕事が自分に合っているのかを知ることはとても簡単です。次の記事では、認知能力の低い人に向いている仕事をいくつか紹介します。

画家

伝統的な浮世絵師に始まり、日本画家、禅画家、洋画家などが存在しており、その技法もバラエティーに富んでいます。また最近では、コンピューターを駆使して作品をつくるデジタルアートの世界で活躍する画家も注目されていますね。

画家は絵画を描くだけでなく、自分の作品を画商を介して売ったり、自ら個展や即売会を開催して販売するなど、ビジネス的な営業能力も必要となります。多くの画家は依頼者 から注文された絵を描いたり、イラストの仕事を請け負っています。また、学校の美術教師やカルチャースクールの講師として生計を立てながら、自作品も描いている人も多くいます。

画家になるには、一度はどこかでデッサンや構成など基礎を学ぶ必要があります。必ずしも美術系大学や専門学校で学ぶ必要はありませんが、日本の著名な画家の経歴を見ると、東京藝術大学など、有名な美術系の大学出身の人が多くを占めているのが現実です。美大の日本画科を卒業した人の進路は、デザイン事務所や学校の美術講師、アニメ制作会社などが多いようです。個人で活動する場合は、美術系の教師や講師などの仕事をしながら、公募展に出品し、そこで評価されることを目指しましょう。入賞して美術団体(画壇)の会員になることから画家を始める人が多いようです。ただ、画家のみで生計を立てられるかどうかは相当な覚悟のいる職業といえるでしょう。

マイペースに物事を進めたいといった頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

イラストレーター

イラストレーターとは、本や雑誌、カタログや図鑑などの印刷物のほかに、ウェブなど電子媒体に掲載するイラストを描く職業です。センスを駆使して得意な技術を生かして描けるのが魅力ですが、仕事として描く場合、発注者の依頼内容を十分理解した上で、それに応じて上手く描き分けられる柔軟なテクニックが必要とされます。

また、最近ではコンピューターの技術も必要とされます。紙の上に描いた絵をコンピューターに取り込み、色づけはコンピューター上で行なうこともあるし、最初からコンピューター上でイラスト作成を依頼されるケースも増えてきています。

イラストレーターとして活動している人の多くがフリーランスですが、そのほか、編集プロダクションや広告制作会社、デザイン会社やイラストレーター事務所、あるいはウェブ制作プロダクションなどに社員や契約社員として就職している人もいます。こうした会社ではほとんどは不定期での採用募集となっています。どちらにせよ、作品を持ち込んで、作風や人柄を理解してもらうプレゼン能力が必要となりますし、共同作業ができる能力も必須となります。また、イラスト創作経験や実績があるとさらに有利といえるでしょう。学歴や資格は問われない一方、収入は決して安定している職業とはいえません。

マイペースに物事を進めたいといった頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

伝統工芸作家

造園師

植木の剪定(せんてい)や、害虫から草木を守るための消毒、成長を促すための移植や肥料管理など、庭を最適な状態に維持するための手入れを行うのが造園師の仕事です。

造園師は「庭師」「植木職人」とも呼ばれ、個人規模の事業から大きな造園会社まで、さまざまな事業形態を持ちます。

造園師になるために取得が義務付けられた資格はありませんが、造園に関する国家資格である「造園技能士」や「造園施工管理技士」を持っていると就職に有利になります。

植物の手入れに興味がある人であれば、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

グラウンドキーパー

野球場やサッカー場のグランド整備を仕事をしている人たちのことをグラウンドキーパーといいます。また、 ゴルフ場やサッカー場などで主に芝生のメンテナンスをする人はグリーンキーパーとも呼ばれています。グラウンドに使う特別な土の調達や天然芝の育成管理したり、人工芝の保護管理したりと、選手が全力でプレーできるように、常にグランドを万全の状態に維持するのがグラウンドキーパーの仕事です。

グラウンドの整備は民間の造園会社などに委託していることが大半を占めているため、グラウンドキーパーになるには、球場や競技場を運営と管理をしている会社や球団など自治体に委託先を教えてもらい、採用状況を問い合わせてみるといいでしょう。

ある程度マニュアル化された業務なので、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

漁師

漁師は、漁船を運転して漁場を選定し、魚をとるのが仕事です。このうち、魚をとる作業を中心に行なう人のことを漁船甲板員と呼ばれています。季節や海域、採る魚により、漁船の大きさや漁法は異なります。「遠洋漁業」ではカツオの一本釣りなど、「沖合漁業」では底引き網漁、「沿岸漁業」では定置網漁などが行なわれています。

・「遠洋漁業」はカツオやマグロなどを獲るために世界中の海をめぐり、数ヶ月、あるいは1年もの長期におよぶこともあります。
・「沖合漁業」は日本近海を主な漁場とし、航海の期間は日帰りから、数週間の操業で、狙う魚によってさまざまです。
・「沿岸漁業」は基本的に日帰りの操業となり、漁業協同組合に加入する必要があります。また、一定の漁業実績やその地域の定住義務などの条件があり、日本の漁師の大半が沿岸漁業に携わっています。

漁師になるには、船主に雇われるか、漁業会社等に就職します。学歴や資格は不問ですが、水産高校卒業者が多いようです。船長や機関士を目指すなら、小型船舶操縦士や海技士 (航海、機関)の資格を取得しておきましょう。

ある程度マニュアル化された仕事ではあるため、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

司書

自治体や教育機関などの図書館に勤務し、収蔵されている図書や資料の管理をしたり、図書館の利用者が求めている情報を探すための補助をしたりするのが司書の仕事です。

ジャンル別に書架を整理するなど、利用者が使いやすいように施設を整備したりするほか、図書館でのイベントなどの企画・運営に携わることもあります。

司書の募集要件となることが多いので、まずは文部科学省認定の司書資格を取得しておくといいでしょう。

本が好きで「司書資格」を持っているのであれば、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

インストラクター

インストラクターとは日本語では「指導員」と訳され、その名の通り、他人に何かを教えたり指導することが仕事内容となります。インストラクターと呼ばれる仕事は、以下のように様々なジャンルに存在します。

スポーツスポーツクラブインストラクター
ダンスインストラクター
エアロビクスインストラクター
美容・健康
美容インストラクター
ヨガインストラクター
ピラティスインストラクター
ライフワーク
食育インストラクター
生涯学習インストラクター
ティーインストラクター
レジャー
キャンプインストラクター
アウトドアインストラクター
レクリエーションインストラクター
森林インストラクター
釣りインストラクター
スキューバダイビングインストラクター
ビジネス
OA機器インストラクター
パソコンインストラクター

趣味のインストラクターはもちろん、OA機器インストラクターのような企業相手に活躍するインストラクターもいます。インストラクターになるには、資格取得が必須なものもあれば、知識や経験さえあれば自由に名乗れるものもあるので、興味があるなら詳しい情報を調べてみるといいでしょう。
[改変部分]何かしらの専門的な知識や経験があり、人に教えることに興味があるなら、インストラクターを目指してみることを考えてみるのもいいでしょう。

美容師・理容師

美容師も理容師も、ともに髪を整える職業です。美容師は、パーマや結髪、メイクなどを行ない、容姿を美しくします。一方、理容師は、頭髪の刈り込みや顔そりといった方法で容姿を整えます。美容師と理容師の大きな違いは、カミソリを扱えるかどうかとなっています。働く場所は美容院や理容所をはじめ、結婚式場や化粧品メーカー以外にも、エステティックサロンや高齢者向けの訪問サービス、ビューティーアドバイザー、テレビや雑誌等マスコミ関係のヘアメイク、理容・美容養成施設の講師として活躍している人もいます。

美容師または理容師になるには、国家試験に合格し、免許を取得しなければなりません。まず、厚生労働大臣が指定する養成学校(美容学校・理容学校)を卒業後、国家試験(実技試験と筆記試験)を受けて合格すれば、美容師(理容師)免許を取得できます。

さらに、3年以上の実務経験を積み、各都道府県知事の指定する講習会を修了すれば「管理美容師(理容師)」という資格が得られます。この資格を取得すると、美容院(理容所)の設備衛生管理という業務も行なえるため、独立して店を開くためには必要となります。

自分の技術で人を美しく見せることに興味がある人なら、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

ネイリスト

ネイリストは、爪の手入れから、ネイルアートなどの装飾までを行なう爪専門の技術者です。ネイルアーティストとも呼ばれています。顧客の好みやファッションに合わせて、爪をデザインするほか、指や手のマッサージも行ないます。ネイルサロンや美容院、エステサロンなどが主な職場となっています。業務を通して経験を積み、高い技術力を身に付けて、多数のお客様から指名されるようになれば、将来的に独立開業も可能でしょう。

まずはネイリストを養成する専門学校などで基礎を学びます。資格はとくに必要とはされていませんが、『日本ネイリスト検定試験センター』が主催する『ネイリスト技能検定』を取得しておくと就職の際に有利となるでしょう。

自分の技術で人を美しく見せることに興味がある人なら、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

料理人

料理人や調理師、シェフも美味しさの追求はもちろんのこと、それに加えて食品の栄養に関する幅広い知識と調理法についての高い技術を持っていなければなりません。また、料理をつくるだけでなく、衛生管理や防火に関しての知識もしっかりと身に付ける必要があります。

料理人や調理師になるためにには、まずは調理の専門学校で基礎を学びましょう。高校卒業後、1年以上の専門学校や短大を卒業、あるいは調理科のある高校を卒業すると登録申請だけで調理師免許を取得できます。また、調理員として2年以上の経験を積むと、調理技術技能センターか各都道府県が実施する調理師試験を受験できるようになります。

美味しい料理を作り出す技術とたしかな味覚を持っているのであれば、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

ソムリエ

ワイン全般に関する専門知識を駆使して、客の好みに合わせたワインに関するサービスを行なう専門家を「ソムリエ」、女性の場合は「ソムリエール」と呼びます。活躍の場としては、一流ホテルや高級フランス料理店、イタリア料理店などがあります。ソムリエは客にワインをサービスするだけでなく、ワインリストをつくったり、ワインを仕入れたり、ワインセラー(貯蔵庫)を管理と維持したりもするのが仕事です。ワインと料理の知識に加え、洗練された言葉使い、テーブルマナー、立ち居振る舞いといった総合的な接客マナーも求められます。

ソムリエになるためには、ワインを扱うホテルや高級レストランで働きながら、ワインについての専門知識を身に付けていきましょう。国家資格ではないものの、ワインに関する資格として「日本ソムリエ協会」が実施する「ソムリエ/シニアソムリエ呼称資格認定試験』があり、合格すればその肩書を名乗ることができるようになり、ソムリエとしての活躍に有利となるでしょう。

味覚や嗅覚といった感覚を研ぎ澄ませられるのであれば、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

僧侶

僧侶は寺院の管理や運営のなかで、葬儀や法要などの布教事業をはじめ、墓地の維持管理や塔婆書き、滝修行、言説布教なども行なう。世襲の色合いが濃く、住職の子弟が跡を継ぐ場合が多いですが、事情により、子弟以外の後継者を求めている寺院もあります。

僧侶としてひたむきに学ぶ意欲があり、思いやりの気持ちと地道な努力を惜しまない人が求められる職業です。近年、若手僧侶の中には、仏教の教えを正しく伝えるべく、インターネットなどを使って、さまざまな情報を日本だけでなく世界に対して発信する人も増えています。こういったことも世界と日本の文化をつなぐ大切な活動と言えるでしょう。

僧侶になるには、寺の跡取りとして僧侶になった寺院子弟は多いものの、なかには寺院の出身や寺院関係者ではない人や出家して僧侶になる場合もあります。まず、縁のある寺院で得度(仏門に入る儀式)を受け、その後、僧侶としての籍を登録する。宗派によっては得度の後に相当厳しい修行をする場合もある。寺院のホームページなどで修行僧や研修生を募集していることもあるので、それらに目を通しておくとよいでしょう。

地道に仏教の教えを伝えるべく活動できるなら、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

翻訳者

翻訳者は、海外の小説やエッセイ、伝記から、実用書や技術書、ビジネス文書まで、原文の内容に従って適切な文章に訳していくのが仕事です。世界の名著の魅力を壊すことなく、日本語に翻訳するには高いスキルと努力が必要となります。

翻訳者になるには、通信講座や専門学校などで原文の読解力や日本語の表現力を高めましょう。「日本翻訳協会(JTA)」が公認する「翻訳専門職資格試験」などの資格を取得しておくと仕事を請け負うのに有利となるでしょう。

語学に長けている人であれば、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

介護福祉士

介護福祉士は福祉分野における国家資格のひとつで、介護業界では唯一の国家資格として人気があります。特別養護老人ホームや介護老人保健施設、病院やデイケアセンター、障害福祉サービス事業所など、社会福祉施設など実に幅広いです。

介護福祉士は、ひとりでは生活できない介護が必要なお年寄りや障害者の支援をするのが仕事です。高齢化が進む日本社会を支える存在として、今後ますます活躍が望まれていまする。政府は介護サービス全体の質を向上させるために、『介護の専門的な知識と技術を身に付けている者』として介護福祉士を介護職員の中心的な存在として位置づけています。

介護福祉士になるためには、国家資格である介護福祉士資格を取得する必要があります。厚生労働大臣が指定した介護福祉士養成施設(大学や短大、専門学校など)を卒業して資格を得るか、介護職員として3年間以 上勤務して実務者研修を修了、あるいは福祉系高校を卒業して社会福祉振興試験センターが実施する介護福祉士国家試験に合格するという方法もあります。介護福祉士資格を取得すると、社会福祉施設の介護職員などとして就職する際にも有利になります。

自力では自由に動けない人に対しても思いやりの心を持っているならば、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

自衛官

※大幅添削してOK
自衛官という仕事をご存知の方も多いかと思いますが、公務員として国を守るために日頃から訓練を行ったり海上の警備に励む仕事です。自衛隊は「陸上自衛官」「海上自衛官」「航空自衛官」に分かれ、そのいずれかに配置されることになります。

自衛官の仕事というと難しいイメージがありますが、最近では年齢制限が35歳までとなっており、一般曹候補生としては未経験からでも就職しやすくなっています。また、自衛官は大きな組織で典型的な訓練以外にも後方支援や一般職相当の仕事も大量にあるため、誰でも活躍できるという意味では「頭の回転が遅いと悩んでいる人にもできる仕事」と言えるでしょう。

ただし、寮暮らしの必要があったり、集団生活の中で規則正しい生活を送るなど、最低限の規律を守る必要がある点には注意が必要です。

ボディガード

民間の警備会社などに所属して、政治家や外国の賓客、芸能人やストーカーの被害者など、危険にさらされている人たちの身辺を警護するのがボディガードの仕事です。ただし、警察官とは違い武器の携帯や使用は認められていないので、主として警備対象者が危機に遭遇しないように、知識と技術で危機管理を行なうのが仕事となります。

ボディガードになるには、法人・個人ともに各都道府県の公安委員会の認定が必要となります。養成所などで心構えやセキュリティの基本から、テロ対策、警護理論、警護計画書作成など実践的なレクチャーを受け、専門の会社やボディガード部門を持つ警備会社へ就職するのが一般的です。

体力に自信があり、責任感の強い人なら、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

塗装工

塗装工とは一般には建設塗装工を指すが、ほかにも金属塗装や木工塗装など各種の塗装工が存在します。現在では単に塗装を施すだけでなく、抗菌や抗カビ、脱臭などの付加価値のある作業を行なうことが求められています。

職業訓練校などで学ぶ方法もありますが、技術も知識もゼロのまま会社に入り、現場で覚えていく人も多くいます。資格としては各都道府県の職業能力開発協会が実施している試験に合格すると取得できる『塗装技能士1~3級』があり、選択科目は木工塗装作業、建築塗装作業、金属塗装作業、鋼橋塗装作業、噴霧塗装作業の五つのなかから選びます。必須の資格ではありませんが、就職した後のステップアップとして取得する人が多いです。

ある程度マニュアル化された仕事ではあるため、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

鳶(とび)職人

鳶職人は、建築工事などの現場にいち早く入り、作業に必要な足場を組んだり、機械を取り付けたりする専門職で、鳶工とも呼ばれています。建築工事はもとより、ビルをはじめとする建築物の補修工事などでも鳶職人は必要不可欠であり、常に求められている人材です。高所での作業がほとんどのため、常に危険と隣り合わせの仕事となります。その分、収入はほかの建設作業員と比べてかなり高額となっているようです。

鳶職人になるには、建設事務所や鳶工事務所に就職し、見習い職人として先輩職人の補助作業などをしながら、実地で技能を身に付けていきます。一定のレベルまで技能を覚えたら、鳶職人としての能力を認定する国家資格『とび技能士1~3級』を取得しておきましょう。さらに仕事を得るのにとても有利となります。

身体能力に自信があるなら、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

左官

表面仕上げの美しさなどを考慮しながら、漆喰などを使って壁や床を塗るのが左官の仕事です。建築技術の革新により、以前のような職人技は必要とされなくなりつつありますが、きめの細かい熟練した手作業は日本独特の建築文化として誇れるものです。漆喰などの天然素材は身体にも優しいため、左官の仕事が現在再度見直されてきています。

左官になるには、職人のもとに就職して見習いから仕事をはじめることもできますが、職業訓練校などで基礎的な技能を身に付けるという手もあります。一人前になるまでには5~7年の歳月が必要といわれており、左官の仕事が学べる学校で専門的に勉強する人もいます。各都道府県の職業能力開発協会で「左官技能士」の資格を取っておくと就職に有利でしょう。

近年技術革新のおかけで仕事の難易度がかなり軽減されているので、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

ガス点検スタッフ

一般家屋や事業所などに設置されているガス配給設備や配管から、大きな被害が出る爆発事故を未然に防ぐため、ガス漏れなどの設備の異常を事前に発見することが、ガス点検スタッ フ(ガス器具検査工・漏れ点検員・漏えい検査員)の仕事です。

ガス点検スタッフになるには、ガスの供給を行なっている企業に就職するのが一般的です。 就職後、基礎的な知識や技術についての研修を受け、必要な資格を取得し、各職場へ配属されます。「日本ガス機器検査協会」が実施している消費機器調査員の資格などといった関連資格を取得してスキルアップを図れば、給与などの待遇面で有利となるでしょう。

ある程度マニュアル化された仕事ではあるため、頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

伝統工芸職人

伝統工芸品職人になるために制度化された資格や技術の取得はありませんが、自分が本気で打ち込めるような職人技能にたどり着く自発性は必須です。一生をかけて工芸品作りに打ち込むほどの情熱も必要となるため、覚悟を決めて仕事に臨む必要があります。

2021年1月現在、国(経済産業大臣)の指定を受けた伝統工芸品は236品目あり、分類は以下の通りです。

織物
染織品
その他の繊維製品(紐や刺繍など)
陶磁器
漆器
木工品・竹工品
金工品
仏壇・仏具
和紙
文具
石工品
貴石細工
人形・こけし
工芸材料・工芸用具(金箔など)
その他の工芸品(版画、うちわ、提灯など)

伝統工芸職人になるためには、直接工芸品を作っている団体や職人に連絡して弟子入りするのが一般的ですので、その点について自発性は必要となります。

マイペースに物事を進めたいといった頭の回転が遅いと悩んでいる人にも目指すことができる職業かもしれません。

頭の回転が遅い人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは頭の回転が遅い人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

アドリブ力や急な顧客対応の要される仕事は避ける

営業職や接客業、コンサルタントなどの顧客への個別対応力や機転が要される仕事は、頭の回転が遅い人には不向きです。
これらの仕事は未経験からでも採用されてることが多い一方、成果を出し続けるためには地頭の良さやメンタルの強さも求められます。
頭の回転が遅い人にとって、作業の優先度を決める過程で脳の処理が追いつかず、そこからクレームに繋がるなどのリスクも抱えることとなるため、仕事に慣れないうちは避けておく方がいいでしょう。

人と関わることが中心ではない仕事を選ぶ

頭の回転が遅い人にとって、仕事における対人コミュニケーションそのものが負荷に感じやすいかもしれません。
ですので、人と関わることが苦手なら、人と関わることが少ない仕事を選ぶことも一つの選択肢です。
人と一切関わらない仕事はありませんが、作業に打ち込める仕事や職場環境は存在しますので、以下の記事をヒントに自分に合ったものを見つけ出してみてください。

マルチタスクやソロプレイの必要な職場は避ける

マルチタスクとは、複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行することを指します。
頭の回転が遅い人にとって、要領良く複数の仕事をこなしたり、優先順位を付けることは難しく感じるはずです。
また、個人プレイが中心の営業職・プログラマー・クリエイターと言った仕事も幅広いスキルが求められるため、頭の回転が遅い人には厳しいかもしれません。
ですので、一人ですべての仕事をこなそうとせず、組織の力や職場の人間に頼れる環境で働きましょう。
苦手なことは他人に任せる判断も大切です。

マニュアルのしっかりしている仕事や会社を選ぶ

マニュアルがしっかり用意されている仕事は、頭の回転が遅い人でもミスなく一定以上の成果が出せる仕事の代表例です。
コンビニアルバイトから飲食店の調理、工場勤務などの大量生産・大量消費が前提の仕事であれば、社内マニュアルがしっかりしているため、頭の回転が遅くてもなんとか勤まるはずでしょう。

資格習得や職業訓練を経た上での転職ルートも考えておく

就職・転職を考える際、とくに中途採用枠は即戦力人材や自発的に学べる人材が求められます。
そのため、頭の回転が遅い人にとっては面接を通過できたとしても、就職後の苦労が絶えず、早期離職にもつながってしまう恐れも考えられます。
ですので、事前に勉強して資格を取得しておいたり、職業訓練で技術習得をした上で、就職・転職先を斡旋してもらうのも手です。

頭の回転が遅い人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました