理屈っぽい人に向いてる仕事14選【頭が良い人向けの専門的な仕事がオススメ】

理屈っぽい人にとって、この世には感情的な人や感覚的に仕事している人が多いと感じ、ストレスを抱えて悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中には理屈っぽい人が持つ論理的に筋道立てて物事を進める能力を活かせる仕事は実にたくさん存在します。たとえば、慢性的に人手が足りないと言われているIT業界で働いたり、税理士や弁護士などの士業に就くには、高い論理性や理屈を理解する能力が必要とされます。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、理屈っぽい人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

理屈っぽい性格の人の特徴とは?

頭が良い・文系・学歴がある

理屈っぽい女性は、基本的に頭が良い傾向があります。教養や知識があるからこそ、理屈っぽくなってしまうのです。

理屈っぽいとは「言語化」が上手い、あるいはロジカルシンキングが得意とも言い換えられますね。言動や感情に「なぜ、なに、どのように」という、順序や論理が伴わなければ、納得できないわけです。

無意識に口答えしてしまう

理屈っぽい女性は「なぜ?」を求めてしまうため、無意識に口答えをしてしまうこともしばしばあります。

本人は「なぜ?」と真面目に聞いたつもりが、相手側からすれば「素直に言うことを聞かない」と思われてしまうわけですね。

また、無駄に知識がある分「そんなことわかっている」という態度で話を聞くこともあり、相手に「こいつしっかり話し聞いていないな」と誤解させてしまうこともあります。

男性から好かれにくい

理屈っぽい女性は、男性から好かれにくい傾向にあります。

男性は無意識に女性を見下しているため、理屈っぽい女性は小賢しく思えるからです。

女性はバカでも、愛嬌だけでどうにかやっていけますからね。

男性に「自分をバカだと思わせる」ことに抵抗のある理屈っぽい女性は、男性からすれば「厄介」に思われるわけです。

同姓とは会話が合わない

理屈っぽい女性は同姓とも話が合わないことが多いです。

というのも、女性は「理屈よりも感情」「論理よりも共感」を会話に求めるからです。

女子高生が意味不明な会話で盛り上がっていますが、理屈も論理もあったもんじゃない、とんでもな内容で会話が成立する、アレですね。

また、女性は人間関係の愚痴が大好きなので、理屈っぽい女性からすれば「そんなに嫌いなら、ハッキリ言えば?」とバカバカしく思えることもあります。

その結果、同姓との世間話に馴染めず、孤立しやすくなるのです。

理屈っぽい女性に向いている仕事とは?

理屈っぽい人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 秘書
  • WEBデザイナー
  • システムエンジニア
  • ライター
  • バイヤー
  • 金融営業
  • 保険外交員
  • 行政書士
  • 司法書士
  • キャリアコンサルタント
  • データアナリスト
  • ITコンサルタント
  • 経営コンサルタント
  • 国税専門官

理屈っぽい性格を活かすなら、論理的な説明や考え方の求められるコンサルタントや士業全般は向いている可能性が高いです。また、順序立った説明が要されるWEBデザイナーやIT関連の仕事とも相性がいいはずです。

それぞれの職種の特性や自分の性質をよく理解した上でキャリアを選べば、自分の個性を活かせるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

秘書

秘書の仕事は、経営者や政治家、病院の院長と言った日々忙しい立場の人が職務に専念できるように、さまざまな仕事を引き受けることです。具体的には、

  • メールや郵便物をチェック
  • スケジュール確認および調整
  • 来客の取次や応接
  • 電話対応や郵便物の発送

など、秘書の仕事内容は実に幅広いです。

秘書となるのに必要な資質は「事務処理能力」「スケジュール管理能力」「ビジネスマナーや言葉使い、電話対応能力」などの一般的なビジネススキルはもちろん、「英語力」もあると活躍の幅が広がることでしょう。

秘書になるには、一般企業や業界団体に就職後、適性を認められて秘書課に配属されるケースが多めです。秘書としてのスキルを知る目安としては、実務技能検定協会が実施する文部科学省認定の「秘書検定」や日本秘書協会が行なう「CBS (国際秘書)検定」などがあり、これらで良い成績が取れたならば秘書として働くために有利となるでしょう。

事務処理やスケジュール管理で論理的思考や数学的思考が必要になったり、電話応対で理屈だった話し方を求められる場面が必要となるため、理屈っぽい人に向いている職業といえるでしょう。

WEBコーダー

WEBコーダーとは、WEBサイトの構造や使いやすさ、見やすさやアクセスしやすさをも考慮して、デザイン後にWEBサイトがきちんと表示されたり更新されるように設計するプログラマー的な技術者の仕事を指します。

WEBディレクターやWEBデザイナーが作った設計書通りにプログラミングコードを書いていく作業が多いため、誰かの指示通りに仕事を進めたいと感じている方に向いてる仕事といえるでしょう。

WEBコーダーの仕事は論理的に筋道を立てて考える場面が多いため、理屈っぽいと思われる人にも向いている職業といえるでしょう。

システムエンジニア

システムエンジニアは「SE」とも呼ばれ、顧客の要求に応じて目的に合ったコンピューターシステムを設計するのが主な仕事です。開発プロセスのスケジュール管理やマネジメントにあたることはもちろん、納品後の保守管理のマネジメントなどを引き受けることもあります。

システムエンジニアになるには、理工・情報処理系の専門コースのある大学や専門学校で学んだ後、ソフトウェア会社やコンピューターメーカーなどに就職します。なかにはプログラマーを経てからシステムエンジニアになる人もいるようです。

コンピューターシステムの設計は論理的に筋道を立てて考えるため、理屈っぽい人にも向いている職業といえるでしょう。

ライター

ライターとはその名の通り、文章や原稿を書くことで収入を得る仕事のことです。
元々は出版社や新聞社の編集から依頼を受けて原稿作成することが大半でしたが、近年ではインターネット上で公開する記事の原稿制作を行う「WEBライター」の仕事も増えています。

ライターになるには文章さえ書ければ特殊なスキルは必要ありませんが、何らかの専門的な知識や経験があった方が報酬単価の高い依頼を受けやすくなることは間違いありません。

専門ライターには、以下のような種類があります。

美容ライター美容に関する情報(スキンケアやメイクなど)を取材し執筆する。掲載の場は、女性雑誌をはじめ、化粧品会社のPR媒体、ウェブ媒体の美容コラムなど。
料理ライター行列のできるレストランや隠れた名店など、話題の店を訪ねて試食し、記事にまとめるのが料理ライターの仕事。料理研究家のつくったレシピを読者にわかりやすくリライトするという作業も行なう。
テクニカルライターコンピューターやOA機器をはじめとした各種電気製品につきものの精密なマニュアルや取扱説明書のほか、カタログや点検マニ ュアルなどを執筆するのがテクニカルライターの仕事。さまざまな製品の仕事をこなすためには、製品や技術に関する幅広い知識が必要になる。
トラベルライタートラベルライターは、旅をする人のためにその土地の情報を取材し、記事にまとめて提供する。観光スポットや宿泊施設、名所旧跡やグルメ情報など、紹介する記事はさまざま。
スポーツライター新聞、雑誌、本、ホームページ等にスポーツの記事を書く職業。スポーツが対象となるのでプロ・アマを問わずスポーツ経験があると取材に役立つ。
メディカルライター専門用語が理解できる医療従事者や製薬 業界向けに、薬事申請や研究推進、研究成果発表を目的とする文書を作成する。高い専門知識が必要で、規定の形式や表現、 論理構造を用いることも求められる。
健康ライター健康に関する情報を取材し執筆する。 掲載の場は、健康雑誌をはじめ、医薬品会社のPR媒体、ウェブ媒体の健康コラムなど、幅広い。
サイエンスライター難解な科学や技術の研究の成果を専門外の人にでも読めるように分かりやすく解説するライター。科学ジャーナリス トともいう。

ライターとして生計を立てたいなら、出版社などからフリーで仕事を請け負う手もありますが、最近では「クラウドワークス」などのクラウドソーシングを活用して、未経験からWEBライターの仕事に挑戦することもできます。

バイヤー

バイヤーとは、商社や百貨店、チェーンストアや小売店などに実際の店舗に並ぶまでに流通業界から商品の仕入れを行う人のことを広く指します。

消費者のニーズに合った商品を選択して買い付けを行なったり、商品が店頭に並んでからも消費者の反応を見るために売り場に立つこともあります。買い付けを行なうだけでなく、商品知識や市場を読む力を活かして広告やマーケティング、製品開発に携わることもあります。

バイヤーになるためには特別な資格は必要ないため、誰にでもチャンスはある仕事だと言えます。まずは商社や百貨店などに就職し、販売や商品開発、広告などの部門で業務をこなしてからバイヤーとして配属されるコースを目指すといいでしょう。

バイヤーに必要な資質には「商品の質を見極める洞察力」「取引先と渡り合える商人としての高い交渉力」「海外との取引の際に求められる英語力」になります。

論理的な思考で売れるものを見極めるため、理屈っぽいと思われる人にも向いている職業といえるでしょう。

金融営業

銀行で働く銀行マンや証券会社で働く証券マン、あるいは保険会社で働く保険マンなど、いわゆる金融業界で働く人は、広く金融マンと呼ばれています。いずれも特別な資格が必要な職業ではありません。

従来、文系の経済学部商学部、法学部の出身者が多かったのですが、業務の国際化が進んでいる金融業界では、語学力を重視するようになっていたり、ITやコンピュータの普及とともに、必要なプログラムを組めるだけの能力を持った理系の人材の需要増えています。

今や世界はいわゆるグローバル化で24時間、365日、リアルタイムで結びついており、そのなかでも金融業界は経済を主導する工場となっています。とくに欧米の先進国は金融が国を支える柱となっており、日本も後を追っています。そういう意味でも仕事は大変ですが、それだけ働きがいがあるとも言えます。

感覚的にできる仕事ではなく、論理的思考が必要となるため、理屈っぽいと思われる人にも向いている職業だといえるでしょう。

生命保険外交員

生命保険外交員の仕事は、店頭または個人の家庭や企業を訪問して所属先で扱っている保険商品を紹介し勧誘して、契約してもらえることになれば契約の代理から契約後のサポートまで長期間にわたって幅広く顧客への対応を行ないます。

契約後のサポートも多様で、保険料の支払い相談や契約内容変更の手続き、また顧客のライフステージの変化などで契約内容が最善でなくなった場合には別のプランを紹介するなど、つねに顧客と密にコミュニケーションを取り続ける必要があります。

生命保険外交員に求められるスキルや資質は、

・残業や休日出勤にも耐えられる精神力や基礎体力
・基礎的なビジネスコミュニケーション能力
・誰かの役に立つことに意義を見い出せる献身性や使命感
・顧客の感情や要望を読み取る力
・保険制度や保険商品をより深く知るための理解力
・保険商材について顧客に説明できるプレゼン能力

などになります。

生命保険外交員になるための学歴や経歴はとくにありませんが、保険会社に入社後、基礎研修を受けたあとに「一般社団法人 生命保険協会」が実施する業界共通試験のひとつ「一般課程試験」に合格しておく必要があります。

複雑な契約内容を筋道を立てて説明するため、理屈っぽいと思われる人にも向いている職業だといえるでしょう。

行政書士

各省庁や都道府県庁、市・区役所や町・村役場、警察署といった官公署に提出する書類の作成には細かい決まりがあります。行政書士は法人や個人に代わり、このような書類を作成し提出手続きをするのが仕事です。たとえば「権利義務に関する書類」について、その作成と相談も行ないます。具体的には、遺産分割協議書、贈与や売買、交換や消費貸借、賃貸借や委任、寄託や和解などの各種契約書があります。

行政書士になるには、行政書士試験研究センターが実施する行政書士試験に合格する必要があります。または弁護士の資格を有する人や弁理士の資格を有する人、公認会計士の資格を有する人や税理士の資格を有する人、国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間、あるいは行政法人または特定地方独立行政法人の役員または職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して17年以上(高卒の場合は20年以上)の人も行政書士になることができます。

複雑な書類を作成するには高い論理性思考を持っている必要があるため、理屈っぽいと思われる人に向いている職業といえるでしょう。

司法書士

司法書士とは日常生活で起こりうるさまざまなトラブルの解決に向けたアドバイスを提供する「くらしの法律家」です。登記や供託の手続きを代理で行なったり、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成したりします。また、法務大臣から認定を受けた者 は、簡易裁判所で行なわれる民事裁判などにおいて当事者の代理人となることができるほか、家庭裁判所から選任される成年後見人・不在者財産管理人・破産管財人などの業務もできます。

司法書士になるには、法務省が実施する司法書士試験を受ける必要があります。司法書士試験合格後、「日本司法書士会連合会」に登録し、事務所を置く管轄内の司法書士会に所属して初めて司法書士になれます。

法律に基づいて問題解決をするには高い論理性思考を持っている必要があるため、理屈っぽいと思われる人に向いている職業といえるでしょう。

データアナリスト

企業の依頼に基づいて、市場動向などに表われる統計や各種データの数字を読み解き、マーケティングや経営アドバイスを行なうのがデータアナリストの仕事です。

各種データの相関関係やパターンから有益な情報を発見するコンサルタントとしての思考が求められます。また、企画の立案から実施に向けた調整まで、幅広い仕事がこなせる人物がデータアナリストに求められる資質です。

学歴や性別などは問われませんが「データマイニング(膨大な量のデータから、経営やマーケティングに必要な傾向や相関関係、パターンなどを導き出す分析方法)」や「テキストマイニング(文字列を対象にさまざまな手法で有用なデータのみを抽出する分析方法)」といった、データ処理の際に使われる専用ソフトの使用経験があった方が有利です。

筋道を立ててデータを分析する論理性思考を持っている必要があるため、理屈っぽいと思われる人にも向いている職業だといえるでしょう。

ITコンサルタント

インターネットコンサルタントはクライアントの要望に応じ、インターネットを使ったビジネスを技術面からサポートするだけでなく、事業の成功に必要な戦略を顧客とともに練るのが主な仕事です。ITコンサルタントやテクニカルコンサルタント、ウェブプロデューサーとも呼ばれており、企画の立案のほか、業績の見通しを予測して業務の内容の見直しを提案することもあります。

情報系や理数系の大学を卒業した後は、ITコンサルティング会社やコンピューターシス テム会社、ウェブ制作会社、ウェブ系の広告代理店などに就職するのが一般的です。始めはシステムエンジニア(SE)としての経験を積んだのち、ITコンサルタントとして活躍することができます。

事業戦略を考えるには論理的思考が必須なため、理屈っぽいと思われる人に向いている職業だといえるでしょう。

経営コンサルタント

経営コンサルタントの主な仕事内容は、経営改善を依頼された企業や組織の経営実態を調査して問題を診断し、その具体的な改善方法をアドバイスすることです。経営の総合的なアドバイスを求められることもあれば、営業や財務の強化、生産効率の向上、経営情報の整備、原価管理、労務、税金対策などの個別の分野に限って依頼を受けるケースもあります。

コンサルティングの仕事は基本的に資格がなくてもできますが、中小企業診断士や公認会計士、税理士や行政書士、弁護士や司法書士、ファイナンシャルプランナーなどが経営コンサルを名乗って得意ジャンルの相談に乗ってることも多いようです。また、経営コンサルの募集の際には、経営学修士や商学修士などが条件とされたり優遇されたりすることもあるので、まずは大学の経営学部や商学部などへ進学し、大学院で修士課程を修了しておくといいでしょう。

事業経営の問題を解決するには論理的思考が必須なため、理屈っぽいと思われる人に向いている職業だといえるでしょう。

国税専門官

国税専門官は、税金に関する調査や指導を行ないます。具体的には、個人や企業が適正に税金を申告してるかどうかを調査したり、未納となっている税金の催促や財産差し押さえなどの滞納処分を行なったり、脱税を見つけ検察官に告発することが仕事です。

国税専門官試験の受験資格は、21歳以上30歳未満の者、または21歳未満で大学を卒業した者、あるいは受験年度に卒業見込みの者などとなっています。国税専門官は会計学や商法の専門知識が必要となるため、大学の法学部出身者が多いようです。採用されると税務大学で約3ヶ月間、税務職員としての基礎を習得する専門官基礎研修を受けたのち、各国税局に配属されます。

調査には筋道を立てた考えかたが必要なため、理屈っぽいと思われる人に向いている職業だといえるでしょう。

理屈っぽい女性に向いていない仕事とは?

販売店店員

理屈っぽい女性は、販売店店員には向いていません。

なぜなら、お客さんの知りたい情報に対して、理屈っぽく説明してしまい、相手の意向を無視してしまいがちだからです。

ひどい場合には、無意識に相手を小バカにした言動をしてしまうため、クレームなどの問題に発展してしまうこと事態にもつながります。

関連:接客業に向いていない人の特徴。接客が苦手ならどうするべき?

関連:クレーマーは人を選ぶ!クレームを受けやすい人の特徴と対応方法

事務職

意外に思われるかもしれませんが、事務職は理屈っぽい女性にはあまり向いていません

なぜなら、事務職の雑務の多くは「無駄」だからです。

いちいち「ここはこうした方がいいのでは?」「この業務する必要あるんですか?」なんて考えていては、事務作業が追いつきません。

事務職は女性ばかりの職場が多く、理屈っぽい女は同姓感での”和”を乱すこともありますからね。

デスクワークの代表である事務職ですが、実は理屈っぽい女性には不向きな仕事でもあったのです。

理屈っぽい人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました