穏やかな人に向いてる仕事11選

穏やかな性格の人には多くの職業がありますが、彼らがよく占める職業はいくつかあります。ここでは、穏やかな性格の人が楽しめる11種類の仕事をご紹介します。

穏やかな性格を受け入れる仕事はたくさんあります。もともと魅力的ではない、活発ではないという人には、今回紹介するような職業がぴったりです。これらの仕事を参考にして、自分なりの仕事を見つけてください。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

穏やかな人に向いてる仕事【解説付き】

穏やかな人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 医療従事者
  • 心理カウンセラー
  • セラピスト
  • 大学教員
  • 料理人
  • 葬儀スタッフ
  • 神主
  • 巫女
  • 宮内庁職員
  • 農業従事者
  • 造園師

コミュニケーションスキルのいる仕事の中でもとくに「人を落ち着かせることを求められる仕事」は高い適性が発揮できるはずです。それぞれの職業について、穏やかな人に向いてる理由を解説していきますので、自分に合ったものを見つけ出してみてください。

医療従事者

心理カウンセラー

心理カウンセラーは適応障害で苦しんでいる人や、不登校や出社拒否、家庭内暴力や職場の人間関係の問題などで悩んでる人たちの心を癒やし、精神的自立を助ける仕事です。

心理テストなどで心理や性格を判定したり、心理療法を実施して心の健康回復を支援するなど、相談の内容や対象者によって、さまざまなカウンセリングを施します。さらに、相談者の言動や行動を細かく観察しながら、その回復や解決の糸口を探します。

主に活動する場所は、病院の精神科や児童相談所、心身障害児施設などになります。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラーのうちいずれかの資格を持っていると良いでしょう。

セラピスト

大学教員

大学教員は大学や短大で専門分野を学生に指導しながら、自らの専門分野の研究を進めて論文にまとめ、学会などに発表するのが仕事です。学生に教えるということと共に、自分の専門分野の研究とその発表も大きな比重を占めており、自らの実績として評価の対象となります。

大学教員になるには、大学院に進学して専門課程 を修了したあと、博士課程を経て大学の助手になる道が一般的です。その後、研究や論文の実績が認められることで、助教から講師、准教授、教授と地位が上がっていきます。ただ、近年は少子化の影響を受けて、大学自体が減少傾向にあり、大学教員のポストも減り続けており、博士号を取っても大学教員として残ることは難しくなっています。

料理人

料理人や調理師、シェフも、おいしさの追求はもちろんのこと、それに加えて食品の栄養に関する幅広い知識と調理法についての高い技術を持っていなければなりません。また、料理をつくるだけでなく、衛生管理や防火に関しての知識もしっかりと身に付ける必要があります。

料理人や調理師を目指すには、まずは調理の専門学校で基礎を学びましょう。高校卒業後、1年以上の専門学校や短大を卒業、あるいは調理科のある高校を卒業すると登録申請だけで調理師免許を取得できます。必須ではありませんが国家資格である調理師免許を持っていると就職の際に有利となるでしょう。また、調理員として2年以上の経験を積むと、調理技術技能センターか各都道府県が実施する調理師試験を受験することができるようになります。

葬祭スタッフ

葬祭ディレクターとは、葬儀の企画から費用の見積もりから、会場の手配や設営、儀式の運営や司会進行などを行なう。葬儀ディレクターあるいは葬祭コーディネーターとも呼ばれています。

具体的な仕事の内容は、遺体を自宅や葬儀会場に搬送し、棺に納めて通夜の準備をする。次に喪主や遺族の希望を聞きながら、葬儀の日時や場所、規模や宗派、予算などを決定し、会場の手配と設営、僧侶や神父などとの打ち合わせなどを行ないます。

さらに、四十九日法要や香典返しの手配、喪中ハガキの作成を行なったり、仏壇や墓地の相談にも対応します。また、社会保険や生命保険などの相談や手続き代行など、死後の手続き全般にまで、その業務範囲は広がっています。

近年は葬儀スタイルの多様化により、宗教性のない「お別れの会」など、これまでの形式にはとらわれないケースも増加しているため、葬祭ディレクターは故人や遺族の心情を理解した上で、いっそう細やかな対応が求められています。

関連職業として、「納棺師」や「エンバーマー」がある。「納棺師」は納棺の作業を行なうのが仕事で「エンバーマー」は遺体に保全や修復を施し、感染症を防いだり、化粧をしたりすることが仕事です。どちらの仕事もその境界はほとんどなく、上記の葬祭ディレクターの仕事と兼務するケースも多いです。

葬祭ディレクターになるには、葬儀社や仏具店に入社するのが最も一般的ですが、現在は葬祭ディレクターを養成するために、葬祭ディレクター技能審査協会が認定校修了者(見込み含む)および実務経験者を対象に、厚生労働省認定の葬祭ディレクター技能審査(1・2級)を実施しています。また、葬祭の知識が学べる専門学校が増えており、そこではフラワーデザインや衛生学も受講できるため、葬祭ディレクターとなるのに役立つことでしょう。

神主

神主は神社を管理し、社殿や境内を清浄に保ち、また自身の心身を清らかにして神に奉仕します。ときには祭りを執り行ない、人々の願いを神に奏上する役目を担うのが仕事です。

神主は神職と同じ意味で用いられることが多いですが、何人かの神職が奉仕する神社には、一般的に宮司と呼ばれる総責任者がいます。神職は宗教者であるので、何よりも確固たる信仰心が必要で、一生を神に奉仕するという強い意思がなければなりません。

日本全国には約8万8000社以上もの神社があるといわれているが、そのうち神主が常駐しているのは約2万社程度だという。なかには古い歴史を持つ神社も多く、近年のパワースポットブームで神社が観光地化しており、若い女性や外国人の観光客も多くなっています。

神職に就くには神社の後を継ぐ人が圧倒的に多いですが、一般の人が資格を取り、神職に就くケースも増えてきています。なかには女性が神職に就くケースもあります。
神職に就くには、神を祀るための心と作法を身に付ける必要があり、さらに『古事記』や『日本書紀』などの古典に関する教養も必要となります。さらには、神社を管理し、運営するための法律の理解も求められます。

奉職(就職)するためには、まず、都内にある國學院大学や三重県の皇學館大学といった神道系の大学、または神職養成機関に入学し、在学中に必要な学科目を履修して、なおかつ神社での実習も修了しましょう。卒業時に資格を取得することができます。また、難易度は高いが、神社本庁が主催する検定試験を受験し、合格したのち神社で所定の実習を修了後、資格取得の申請する方法もあります。資格取得の詳細については、神社本庁へ問い合わせしてみましょう。奉職(就職)については、主に神社からの求人が元となります。

巫女

神職を補佐しながら、舞の奉納、御札や御守の頒布などを行なうのが巫女の仕事です。社殿の周りや境内の清掃など、神社の清浄を保つことにより、自身も清め、神に奉仕します。
巫女になるために、とくに資格は必要ではありません。求人があるかどうか、神社に直接問い合わせてみましょう。10代~20代後半の未婚女性が採用されることが多いです。また、近年は非常勤または年末年始などの繁忙期だけ、アルバイト(助勤)として巫女を募集する神社も多いようです。特定の大学への入学や資格は必要ないが、奉職(就職)を希望する神社の歴史については学んでおくべきでしょう。訪れる人々に文化を伝えるのも大切な役目といえます。

農業従事者

農業従事者とは、その名の通り農業に従事して働く人を指します。
仕事内容は、作物の栽培から出荷を行ない、場合によっては自分自身で販売をしたり、販売先を開拓営業することもあります。

宮内庁職員

造園師

植木の剪定や、害虫から草木を守るための消毒、成長を促すための移植や肥料管理など、庭を最適な状態に維持するための手入れを行なうのが造園師の仕事です。庭師や植木職人として個人で開業している人から、大きな造園業者の従業員までさまざまで、個人や小規模な造園業者は個人宅の庭、大規模の造園会社では公園や遊園地など公共施設を手がけることが多い。

造園師になるには、造園技能士の資格である各都道府県の職業能力開発協会が実施している「造園技能検定試験」に合格すると良いでしょう。また、造園施工管理技士になるには、全国建設研修センターが実施している「造園施工管理技術検定試験」に合格することが必要となっています。

穏やかな人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました