ニートに「軍師」や「参謀」が向かない理由。軍師に対する勘違いを解き明かそう

よく「ニートだけど軍師的な仕事してもいいかな(キリッ」という言葉を聞きますね。

軍師。結構じゃないですか。

なればいいじゃないですか。

しかし、ひとつだけ考えてみましょう。

本当に軍師に向いている人間なら、

どんな汚い手を使ってでも、出世の席を勝ちとりゃいいじゃねーか!

…ちゅー話ですね。

「敵を騙すなら味方から」という言葉もある通り、バイトでも正社員でもいいので、相手を騙して会社の軍師的な立ち位置を奪い取れない人間が、いきなり軍師として抜擢されるのは夢のまた夢です。

「軍師」や「参謀」は経験の塊であるという事実

歴史上の「軍師」や「参謀」は、とくに頭のいい・起点の利く独創的なアイデアで活躍した逸話がよく好まれますね。

とくに三国志の諸葛亮や、戦国時代の竹中半兵衛などがそうですね。

関連:竹中半兵衛が語る、ニートが軍師(コンサルタント)になるための方法!知識全振りで行くべし!

ひとつ言っておきましょう。

あの手の逸話は、ラノベオレTUEEEEEE系の作り話・誇張話だから。

古来より、あの手の「オレtueeee」系のエピソードは、民衆の心を掴んで止まなかったんです。

実際には、後世に名を残す軍師タイプの偉人も、下積み時代の苦労があって、そこを乗り越えて軍師として成り上がったと考えるのが筋です。

最近の「オレTUEEE」「努力より才能」という風潮の創作物からもわかりますが、私たちは才能のある人間の痛快な活躍劇が大好きなんですよね。

創作物ではなくとも、スポーツ選手の活躍もメディアが誇張して、さも努力も苦労もなく天才として突如出てきたように演出しますが、必ずどこかで努力や苦労してきたはずですからね。

軍師・参謀タイプの偉人が、安定して活躍できて今も世の中に名を残したのは、今までの経験の上に、あのような劇的な活躍や戦略があったと見てもいいでしょう。

「セオリー」「基本」「常套手段」といった、ルール通りにできない人間が、ルールの裏をかくなんてことは、難しいはずですからね。

「結果」だけ見るのではなく、過程を想像することこそ、社会人に求められる能力です。

ニートのずる賢さは軍師向き?

とはいえ、ニートには「ずる賢さ」という一点だけ見れば、軍師の資質は秘めていると言えますね。

「働いたら負け」というのは、現代の日本においては実に賢い選択肢です。

親や実家の資産も、資本主義社会においては自分のステータスなのですからね。

そして、資本主義社会は成長しないこともまた、選択肢としてありなのです。

そういった資本主義の本質を理解し、ニートという生き方を選んでいるのであれば、ニートには軍師の資質があると言えるでしょう。

軍師に必要なのは「最小の労力で最大の戦果を出す」という、機転や発想力です。

アルバイトで真面目に努力してしょぼい給料で働くぐらいなら、たしかにニートの方がマシですからね。

もっとも、これは「アルバイトで真面目に努力して働く」という前提が間違っていますけどね。

本当にずる賢いなら「仕事でも楽して働く」と考えるべきです。

そこの前提が間違っているからこそ、ニートは軍師タイプとして成功できないわけです。

まずは、ずる賢さを仕事で活かすことを前向きに考えましょう。

ニートの「功名心のなさ」は軍師向き

また、軍師タイプの偉人の特徴としては「恥がない」「功名心がない」という特徴もありますよね。

汚い戦法を狡猾に提案できる割に、主君や盟友には絶対の信頼を置かれているのは、よくよく考えると面白いですよね。

かの竹中半兵衛は、思いっきり織田信長を騙して、黒田官兵衛の息子の処刑命令を誤魔化した逸話もあります。

それを聞いた信長も「あやつめ、やりおるわ」と笑って許したそうです。

こうして見ると、ニートの「功名心のなさ」「野望の低さ」というのは、実に軍師向きと言えるでしょう。

実際、汚い考えやえげつない戦法を行える社員は、常識的に考えれば上司や部下からも疑われるわけですが、軍師タイプの人間はなぜだか全幅の信頼を寄せられている人物が多いですね。

これも一重に「頭の良さ=ずる賢さ」を自分の出世のためでなく、主君のために使うことができるからと言えるでしょう。

つまり、ニートは企業から信頼される人間になれば、ずる賢さを会社のために存分に発揮できる資質を秘めていると言える訳ですね。

出世することや野望があること、あるいは競争心のある人間が日本社会では評価される傾向があります。

しかし、それも転職の盛んな現代社会では「裏切るリスク」にも変わるので、必ずしもいいこととは言えません。

ニートはむしろ、野望のなさや競争心の低さを活かし、まずは企業の信頼を勝ち取って、ずる賢さを活かせる立場まで上り詰めることで「軍師」的な立ち位置を掴み取ることを意識するべきでしょう。

ニートが「軍師タイプ」の仕事に就くためには?

ニートが軍師タイプの仕事をするためには、まずはコツコツ努力して企業からの信頼を勝ち取らなければ話になりません。

日本の企業では、高学歴の大学生でも管理職・アドバイザークラスの仕事をいきなり任せられることなんてありませんからね。

経験がなければ、スタートラインにすら立てないのです。

軍師的な仕事であれば、知識を仕事にできる「弁護士」「コンサルタント」など、色々な選択肢があります。

ただし、資格の要る弁護士はともかく、コンサルタントも一定以上の業界勤務経歴がなければ、信用されません。逆に実務経験や資格などの信用があれば、口から出まかせ適当なことを言っても、ある程度は信用されます。

まあ、世の中そんなもんなんです。

「何が正しいか」ではなく「誰の言ったことが正しいか」なんです。

どんなに軍師のような奇抜で勝てるアイデアを出しても「ニート」という肩書き一つで、まったく見向きもされなくなるのです。

ですので、とにかく社会経験を積んで、軍師的立ち位置を探していくべきです。

まあ、どんな会社や職場でも知識や発想力豊富な「軍師」的な人間が、上司に意見して重宝されることはよくありますので、とりあえず働いて自分の能力や可能性を試してみるといいですよ。

軍師タイプのニートはプロのアドバイザーからオススメの就職先を紹介してもらおう!

軍師タイプのニートの方は、就職支援サービスなどでプロのアドバイスをしっかり聞いておいておくことをオススメします。

そもそも、就職支援サービスなどで働いているアドバイザー・コンサルタント自体が”軍師”的な仕事ですので、軍師向きのニートなら相性バッチリですからね。

学歴の高さや、頭の良さ、あるいは発想力などが仕事で活かされるのは、社会人として一定の経験を積んだ後からです。

まずは、就職アドバイザーからしっかりとしたアドバイスを受け、現状を正しく把握し、自分の出来ることから挑戦していくべきでしょう。

そのためにも、就職支援サービスを利用して、自分を”軍師”に育ててくれる会社を見つけ出しましょう。

関連:竹中半兵衛が語る、ニートが軍師(コンサルタント)になるための方法!知識全振りで行くべし!

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…業界No.1のリクルートの手がける就職支援サービス。求人数が多く、人柄・人間性重視の小さめの企業の紹介が中心。意外な穴場求人と出会えるチャンスなので、必ず利用しておきたい。→就職Shopの解説記事

ハタクティブオススメNo.2…急成長中の人材会社レバレジーズの手がける、20代向けの就職支援サービス。中卒~大学中退者まで対応してくる層が厚く、面談通過率・内定率も高く効率がいい。面談拠点は全国展開。→ハタラクティブのオススメ記事

DYM就職オススメNo.3…若手の就職支援業者として、根強い実績を持つDYMが手がける。効率重視で最短1週間で内定がもらえることも。有名企業とのコネも強く、意外な優良企業と出会えるチャンス。こちらも面談拠点は全国区→DYM就職の解説記事

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ