ニートに「軍師」や「参謀」が向かない理由。軍師に対する勘違いを解き明かそう

よく「ニートだけど軍師的な仕事してもいいかな(キリッ」という言葉を聞きますね。

軍師。結構じゃないですか。

なればいいじゃないですか。

しかし、ひとつだけ考えてみましょう。

本当に軍師に向いている人間なら、

どんな汚い手を使ってでも、出世の席を勝ちとりゃいいじゃねーか!

…ちゅー話ですね。

「敵を騙すなら味方から」という言葉もある通り、バイトでも正社員でもいいので、相手を騙して会社の軍師的な立ち位置を奪い取れない人間が、いきなり軍師として抜擢されるのは夢のまた夢です。

「軍師」や「参謀」は経験の塊であるという事実

歴史上の「軍師」や「参謀」は、とくに頭のいい・起点の利く独創的なアイデアで活躍した逸話がよく好まれますね。

とくに三国志の諸葛亮や、戦国時代の竹中半兵衛などがそうですね。

関連:竹中半兵衛が語る、ニートが軍師(コンサルタント)になるための方法!知識全振りで行くべし!

ひとつ言っておきましょう。

あの手の逸話は、ラノベオレTUEEEEEE系の作り話・誇張話だから。

古来より、あの手の「オレtueeee」系のエピソードは、民衆の心を掴んで止まなかったんです。

実際には、後世に名を残す軍師タイプの偉人も、下積み時代の苦労があって、そこを乗り越えて軍師として成り上がったと考えるのが筋です。

最近の「オレTUEEE」「努力より才能」という風潮の創作物からもわかりますが、私たちは才能のある人間の痛快な活躍劇が大好きなんですよね。

創作物ではなくとも、スポーツ選手の活躍もメディアが誇張して、さも努力も苦労もなく天才として突如出てきたように演出しますが、必ずどこかで努力や苦労してきたはずですからね。

軍師・参謀タイプの偉人が、安定して活躍できて今も世の中に名を残したのは、今までの経験の上に、あのような劇的な活躍や戦略があったと見てもいいでしょう。

「セオリー」「基本」「常套手段」といった、ルール通りにできない人間が、ルールの裏をかくなんてことは、難しいはずですからね。

「結果」だけ見るのではなく、過程を想像することこそ、社会人に求められる能力です。

ニートのずる賢さは軍師向き?

とはいえ、ニートには「ずる賢さ」という一点だけ見れば、軍師の資質は秘めていると言えますね。

「働いたら負け」というのは、現代の日本においては実に賢い選択肢です。

親や実家の資産も、資本主義社会においては自分のステータスなのですからね。

そして、資本主義社会は成長しないこともまた、選択肢としてありなのです。

そういった資本主義の本質を理解し、ニートという生き方を選んでいるのであれば、ニートには軍師の資質があると言えるでしょう。

軍師に必要なのは「最小の労力で最大の戦果を出す」という、機転や発想力です。

アルバイトで真面目に努力してしょぼい給料で働くぐらいなら、たしかにニートの方がマシですからね。

もっとも、これは「アルバイトで真面目に努力して働く」という前提が間違っていますけどね。

本当にずる賢いなら「仕事でも楽して働く」と考えるべきです。

そこの前提が間違っているからこそ、ニートは軍師タイプとして成功できないわけです。

まずは、ずる賢さを仕事で活かすことを前向きに考えましょう。

ニートの「功名心のなさ」は軍師向き

また、軍師タイプの偉人の特徴としては「恥がない」「功名心がない」という特徴もありますよね。

汚い戦法を狡猾に提案できる割に、主君や盟友には絶対の信頼を置かれているのは、よくよく考えると面白いですよね。

かの竹中半兵衛は、思いっきり織田信長を騙して、黒田官兵衛の息子の処刑命令を誤魔化した逸話もあります。

それを聞いた信長も「あやつめ、やりおるわ」と笑って許したそうです。

こうして見ると、ニートの「功名心のなさ」「野望の低さ」というのは、実に軍師向きと言えるでしょう。

実際、汚い考えやえげつない戦法を行える社員は、常識的に考えれば上司や部下からも疑われるわけですが、軍師タイプの人間はなぜだか全幅の信頼を寄せられている人物が多いですね。

これも一重に「頭の良さ=ずる賢さ」を自分の出世のためでなく、主君のために使うことができるからと言えるでしょう。

つまり、ニートは企業から信頼される人間になれば、ずる賢さを会社のために存分に発揮できる資質を秘めていると言える訳ですね。

出世することや野望があること、あるいは競争心のある人間が日本社会では評価される傾向があります。

しかし、それも転職の盛んな現代社会では「裏切るリスク」にも変わるので、必ずしもいいこととは言えません。

ニートはむしろ、野望のなさや競争心の低さを活かし、まずは企業の信頼を勝ち取って、ずる賢さを活かせる立場まで上り詰めることで「軍師」的な立ち位置を掴み取ることを意識するべきでしょう。

ニートが「軍師タイプ」の仕事に就くためには?

ニートが軍師タイプの仕事をするためには、まずはコツコツ努力して企業からの信頼を勝ち取らなければ話になりません。

日本の企業では、高学歴の大学生でも管理職・アドバイザークラスの仕事をいきなり任せられることなんてありませんからね。

経験がなければ、スタートラインにすら立てないのです。

軍師的な仕事であれば、知識を仕事にできる「弁護士」「コンサルタント」など、色々な選択肢があります。

ただし、資格の要る弁護士はともかく、コンサルタントも一定以上の業界勤務経歴がなければ、信用されません。逆に実務経験や資格などの信用があれば、口から出まかせ適当なことを言っても、ある程度は信用されます。

まあ、世の中そんなもんなんです。

「何が正しいか」ではなく「誰の言ったことが正しいか」なんです。

どんなに軍師のような奇抜で勝てるアイデアを出しても「ニート」という肩書き一つで、まったく見向きもされなくなるのです。

ですので、とにかく社会経験を積んで、軍師的立ち位置を探していくべきです。

まあ、どんな会社や職場でも知識や発想力豊富な「軍師」的な人間が、上司に意見して重宝されることはよくありますので、とりあえず働いて自分の能力や可能性を試してみるといいですよ。

軍師タイプのニートはプロのアドバイザーからオススメの就職先を紹介してもらおう!

軍師タイプのニートの方は、就職支援サービスなどでプロのアドバイスをしっかり聞いておいておくことをオススメします。

そもそも、就職支援サービスなどで働いているアドバイザー・コンサルタント自体が”軍師”的な仕事ですので、軍師向きのニートなら相性バッチリですからね。

学歴の高さや、頭の良さ、あるいは発想力などが仕事で活かされるのは、社会人として一定の経験を積んだ後からです。

まずは、就職アドバイザーからしっかりとしたアドバイスを受け、現状を正しく把握し、自分の出来ることから挑戦していくべきでしょう。

そのためにも、就職支援サービスを利用して、自分を”軍師”に育ててくれる会社を見つけ出しましょう。

関連:竹中半兵衛が語る、ニートが軍師(コンサルタント)になるための方法!知識全振りで行くべし!

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ