繊細な人に向いてる仕事12選【職人、鑑定士など繊細さが活きる仕事選びを!】

繊細な人にとっては、繊細さにこだわれない雑な仕事や配慮や気づかいが欠けている人が多いと感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中には繊細な性格を活かせる仕事はたくさんあります。たとえば、細かな味の違いを追求するパティシエや和菓子職人、繊細で匠の技を追求していく職人、精神面での細かな機微に敏感である必要のある巫女など、繊細がゆえに才能が開花するかもしれない職業も数多くあるのです。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、繊細な人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

繊細な人に向いてる仕事【解説付き】

繊細な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • パティシエ
  • 和菓子職人
  • イラストレーター
  • 伝統工芸職人
  • 美術修復家
  • ファッションデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • 化粧品調香師
  • 巫女
  • 美術品鑑定士
  • 宝石鑑定士
  • 児童相談員

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

パティシエ

パティシエとは、ケーキや洋菓子をつくる職人のことです。優れた味覚と手先の器用さ、芸術的なセンスが求められます。主な活躍の場は、洋菓子店やホテル、レストランのパティスリー部門などです。

パティシエになるには、調理師専門学校で調理全般と製菓について学んでおきましょう。「製菓衛生師」や「菓子製造技能士」などの資格を取得しておくと就職や独立に有利になります。

味はもちろんのこと、見た目も美しいお菓子を創造していくため、繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

和菓子職人

和菓子のなかには工場で大量生産できるものもありますが、伝統的な手作業で生産している和菓子店も多いです。

和菓子職人は、伝統を受け継ぐ技術と知識が求められる職業で、同時に新しい商品を生み出す豊かな想像力、繊細な技術、芸術性、茶道や華道の素養も磨いておくといいでしょう。

和菓子職人になるには、製菓学校などの専門学校で基礎を勉強してから、和菓子の製造店に就職し、修業を積みながら腕を磨きます。「菓子製造技能士」の資格を取得しておけば就職に有利です。

雅な日本の伝統文化を継承しつつ、新たな和菓子を創造していくため、繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

イラストレーター

イラストレーターとは、本や雑誌、カタログや図鑑などの印刷物のほかに、ウェブなど電子媒体に掲載するイラストを描く職業です。発注者の依頼内容を十分理解した上で、それに応じて上手く描き分けられる柔軟なテクニックが必要とされます。

また、最近ではコンピューターの技術も必要となってきています。紙の上に描いた絵をコンピューターに取り込み、色づけはコンピューター上で行なうこともあるし、最初からコンピューター上でイラスト作成を依頼されるケースも増えてきているからです。

イラストレーターとして活動している人の多くがフリーランスですが、そのほか、編集プロダクションや広告制作会社、デザイン会社やイラストレーター事務所、あるいはウェブ制作プロダクションなどに社員や契約社員として就職している人もいます。どちらにせよ、作品を持ち込んで、作風や人柄を理解してもらうプレゼン能力が必要となりますし、共同作業ができる能力も必須となります。学歴や資格は問われない一方、収入は決して安定している職業とはいえません。

自由な発想や洗練さを求められる仕事なので、繊細な人にも向いている職業だといえるでしょう。

伝統工芸職人

日本には世界に誇る数々の伝統工芸品があり、その数は1200を超えると言われており、その伝統工芸品を製作するのが伝統工芸職人の主な仕事となります。

2021年1月現在、国(経済産業大臣)の指定を受けた伝統工芸品は236品目あり、その分類は「織物(38品目)」「染色品(13品目)」「その他の繊維製品(5品目)」「陶磁器(32品目)」「漆器(23品目)」「木工品・竹工品(32品目)」「金工品(16品目)」「仏壇・仏具(17品目)」「和紙(9品目)」「文具(10品目)」「石工品(4品目)」「貴石細工(2品目)」「人形・こけし(10品目)」「その他の工芸品(22品目)」「工芸材料・工芸用具(3品目)]と分かれています。

これらの伝統工芸品は「伝産法」という法律でも保護されており、文化保護のため国から支援金が出ていることもあるため、後進育成のために若手を雇っていることもあります。

伝統工芸品になるために特別なスキルや学歴・経歴は必要とされませんが、一人前になるまでに長い修行期間(場合によっては10年以上)が必要となるため、強い熱意や根気が大事になることは言うまでもありません。

もし、伝統工芸職人に興味があるなら、下記の経済産業省運営の伝統工芸品に関するページから気になる伝統工芸品を探してみて、関連する業者に直接問い合わせ採用を行っているかどうか確認してみるといいでしょう。

参考リンクhttps://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/nichiyo-densan/index.html

美術修復家

美術修復家とは、絵画や彫刻、工芸作品などの美術品の修復を専門に行なう職業です。破損や消失などのトラブルが生じた美術品や、年代が古くて劣化したり、傷みが生じている美術品の価値を損なわないように、特別な技術を用いて丁寧に美しく修復するのが仕事です。扱うジャンルは、日本画、油絵、彫刻、工芸品、建造物など幅広く、歴史的にも文化的にも重要な仕事です。

美術修復家になるには、活躍している美術修復家のもとへ弟子入りして修業を積むというのが一般的な方法ですが、。保存修復課程のある美術系の大学へ進学して基礎を学び、美術館や博物館などに就職して経験を積むという方法もあります。
重要な価値のある美術品を修復することに興味がある繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

ファッションデザイナー

服飾商品において、コンセプトからイメージまでを企画し、ディテールや素材、柄などをデザインするのがファッションデザイナーの仕事です。ファッションデザイナーは企業デザイナーと個人デザイナーのふたつに大きくわかれます。

企業デザイナーは、所属する企業の経営方針や販売面での利益までを考えながらデザインします。たとえば、女性向け、男性向け、子ども向けといった消費者のニーズをとらえ、ファッションの流行を予測し、デザイン画を起こします。どのような布地を使うか、色や柄はどうするかなど、より具体的なイメージをデッサン画に描きます。描いたデザイン画を元に型紙を製図するパタンナーに対して、デザインのコンセプトを具体的に伝え、裁断や仮縫いなどにも立ち会い、自分のイメージどおりに仕上がっているかどうかをチェックします。専門的なスタッフとともに何度も修正を加えながらサンプルを完成させ、大量に売り出すための服をデザインしていくのです。個人デザイナーは、自らのブランドを立ち上げ、自由な発想でデザインしていきます。両者とも手先の器用さはもちろん、創造性も重要視される仕事です。

ファッションの流行に敏感に反応する繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーとは、アパレルやインテリア用品、雑貨などの繊維製品をデザインしたりアドバイスする人のことで、テキスタイルアドバイザーとも呼ばれます。布地や織物の色、模様、図柄といったデザイン業務のほか、繊維の撚りかたも考案するのが仕事で、布地全般の幅広い知識と色彩感覚のほか、布地にかかるコストや市場を意識して、商品を開発する能力が必要となります。主な活躍の場は、アパレルメーカーやデパートの素材部門、素材メーカーなどになります。

テキスタイルデザイナーになるには、テキスタイルデザイン科があるデザイン系専門学校で学んだ後、アパレルメーカーやデパートに就職します。資格はとくに必要とされませんが、「日本衣料管理協会」が実施・認定する「衣料管理士 (テキスタイルアドバイザー)」の資格を取得していると就職に有利です。

布に興味があり、色彩感覚に優れた繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

化粧品調香師

化粧品調香師は、化粧品や香水など、さまざまな製品に使われる 香料をつくり出す香りの専門家です。パフューマーとも呼ばれており、製品のコンセプトに合わせて、数々の香りのなかから最適な香りを選び出し、調合していくのが基本的な仕事となります。

主な活躍の場は香料会社や化粧品会社、アロマ関連のショップなどになりますが、国内では募集求人が少なく、化粧品調香師として就職するのは狭き門となっています。

パフューマーになるためには、まずは調香師養成を専門とする養成学校で香料について学びましょう。調香師には必要資格がないため、調香師養成校で知識と実践的なスキルを習得した後、香料会社への入社を目指します。

良い香りを作り出す嗅覚に優れた繊細な人にも向いている職業だといえるでしょう。

巫女

神職を補佐しながら、舞の奉納、御札や御守の頒布などを行なうのが巫女の仕事です。社殿の周りや境内の清掃など、神社の清浄を保つことにより、自身も清め、神に奉仕します。

巫女になるために、とくに資格は必要ではありません。求人があるかどうか、神社に直接問い合わせてみましょう。10代~20代後半の未婚女性が採用されることが多いです。また、近年は非常勤または年末年始などの繁忙期だけ、アルバイト(助勤)として巫女を募集する神社も多くあります。特定の大学への入学や資格は必要ありませんが、奉職(就職)を希望する神社の歴史については学んでおくべきでしょう。訪れる人々に文化を伝えるのも巫女としての大切な役目といえます。

日本の伝統を重視しながら、人の心の機微を察することができる繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

美術品鑑定士

絵画や書画、陶磁器、骨董などの美術品が本物かどうかを見分け、その時代の相場に合った価値を判断し、商品として売れそうな美術品を見抜くのが美術品鑑定士の仕事です。
美術品鑑定士になるには国家資格制度などはなく、美術館や画廊、古美術商などで働くか、自分で店を経営するのが一般的です。美術品に関する知識やその歴史的背景といった幅広い見識、さらには経験と実績から生まれる美術品を見る鑑識眼も必要となります。

美術品をじっくり細部まで鑑定して価値を見極めるセンスのある、繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

宝石鑑定士

宝石鑑定士は、宝石を一粒ずつ厳密に調査し、世界に共通する基準をもとに等級を決めて鑑定書を作成するのが仕事です。宝石が本物かどうかを鑑定し、詳しい調査結果を鑑定書に記入するため、宝石の素材や質、大きさや色などを判定する専門技術と知識が求められます。主な職場は宝石販売店、宝石鑑定機関、輸入代理店、デパートの宝石売場などになります。

宝石のほとんどは外国から入ってきますが、そのなかには何世代にもわたって受け継がれてきたものも存在します。その価値を正しく鑑定するには、宝石を巡る背景や歴史まで知っておく必要があります。

宝石鑑定士になるには、日本の宝石店に勤めながら経験を積んでいく方法もありますが、宝石との縁が深い国々の宝石学校で学んで資格を取得する人も多いです。世界各国でも通用する資格として有名なのは「アメリカ宝石学会 (GIA)」が実施する教育プログラムを修了した者に与えられる「 GG (グラジュエイトジェモロジスト)」という資格で、宝石学のスペシャリストとしての訓練を受け、宝石の知識、ビジネスのノウハウ、鑑別技術を習得した者として世界的に認められています。

宝石にまつわる歴史や背景に興味がある繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

児童相談員

児童相談員は、18歳未満の子どもを相談援助の対象とする児童相談所で働くケースワーカーです。問題を抱える親子に深く関わって、子どもたちを健全な育成に導く大切な役割を担っています。学校やほかの児童福祉施設、福祉事務所などの関係機関と連携を図るのも、児童相談員の重要な仕事です。

児童相談員になるには、まず児童福祉司の任用資格を取得、公務員試験の合格を目指しましょう。大学や大学院の心理学系の 学科・専攻の卒業が採用条件になっていたり、「児童福祉司」の任用資格が必要とされることも多いです。

子どもの健全な育成を願う、繊細な人に向いている職業といえるでしょう。

繊細な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に、自分に向いている仕事が見つかる転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました