【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

INTJ(建築家型)に向いてる仕事を厳選紹介!才能を活かせる職業の条件とは?

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「INTJ」の性格傾向について、当ブログで扱っている「転職情報」「キャリア」を交えての考察・解説していきます。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

INTJに向いてるオススメの仕事は?【向いてる理由から就職するコツまで】

INTJは、先々の見通しや、ものごとや組織の全体像について明確なビジョンを持ち、自分のアイデアを実現しようとします。全体的な枠組みや仕組みを独自に考えて、自ら課した目標達成に臨みます。ものごとを熟知することを重視し、それに関して、自分や他者がベストを尽くすことを望みます。混乱、無秩序、非効率なことをとくに嫌うため、向いてる仕事とそうでない仕事が極端に分かれる性格だと言えるでしょう。

MBTIのいざない」ではINTJが惹かれやすい職業として「戦略プランナー」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「小学校教諭」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「長期的なインパクトのある問題解決を好む」とされています。

上記のINTJの特性を踏まえた上で、向いてると言える仕事の例は以下の通りです。

  • ファイナンシャル・プランナー
  • 国際開発コンサルタント
  • ITコンサルタント
  • 経営コンサルタント
  • 弁護士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 都市設計家
  • 医者
  • 医療コンサルタント
  • 大工
  • システムエンジニア
  • システムコンサルタント
  • マルチメディアプランナー
  • ゲームプランナー
  • 中小企業診断士
  • 評論家

大きく分けると、INTJは「プランナー」「コンサルタント」「士業」に高い適性があると言えます。これらの資格は高度な資格や専門知識、また、業界経験が必要となることも多いため、しっかりとしたキャリアプランを練った上で未経験からでも就職しやすい職業を選ぶことも大事になってきます。

プランナー

MBTIのいざない」にて、INTJの惹かれやすい職業として「戦略プランナー」が紹介されている通り、戦略から計画までを考え、他者に指示を与える「プランナー」の仕事全般にINTJは向いてると言えるでしょう。

プランナーの主な役割は、調査や分析した情報をもとに、売上げアップなどの目標を達成するための計画を具体的に練っていくことです。目標達成に高い意欲を持ち計画を練ることが得意なINTJにとっては、まさに天職と言えるでしょう。

プランナーの役割や実際の業務内容は多岐に渡り、会社や業界によっては「ディレクター」「マネージャー」と呼ばれることもあるので、求人を探す場合は「プランナー」以外のキーワードも探しておくとプランナー相当の仕事が見つけやすいはずです。

また、会社単位で言えば「広告代理店」「マーケティング支援会社」「企画/イベント支援会社」などが会社全体でプランナー相当の仕事を請け負っていることもあるので、会社単位でプランナーの仕事が任されそうな求人を見つけてみるのもいいでしょう。

以下、プランナーの具体的な職業例をご紹介していきます。

マルチメディアプランナー

マルチメディアプランナーとは、映像や音などを組み合わせ、クリエイティブな作品を制作する仕事のことです。近年ではIT化に伴い、ゲームやビジュアル、音楽、CGなどのコンピュータを使った制作を指すことも多めです。

プランナーのポジションともなると、スケジュール管理から、クリエイターや取引先との調整まで担当し、クリエイターとしてのスキル以上に、総合的なビジネススキルも求められます。
クリエイターとしての経験がそこそこありながらも計画性があって全体を見渡せるプロデューサー・ディレクターとしての目線を持つINTJにとっては向いてる仕事の一つでしょう。

マルチメディアプランナーになるには、制作会社や出版会社、広告代理店に就職するのが一般的ですが、中にはフリーランスでも活躍する者もいます。

ゲームプランナー

ゲームソフトを企画して、企画が通れば開発の人間に企画の内容を伝え、プログラム言語を用いて試作品を完成させ、商品化していくのがゲームプランナーの仕事です。ゲームクリエーター、ゲームデザイナーとも呼ばれれています。

ゲームプランナーの多くは、任天堂やSONYなどの大手企業(プラットフォーマー)が構築したシステムで動くソフトを開発する「セカンドパーティー」と呼ばれる会社(ゲーム開発専門企業)に勤務しており、どんなゲームソフトをつくるのかという企画段階から関わっていきます。

ゲームクリエーターになるには、理工系の大学や ITソフトウェア関連の専門学校、ゲームクリエーターを養成する専門学校などでプログラミングの基礎を学ぶことで、ゲームメーカーやソフトウェア開発会社に就職しています。

論理的思考が強いINTJはプログラミングにも適性があり、計画性もあるの、ゲームプランナーとして大成できる素養は十分だと言えるでしょう。

CMプランナー

テレビコマーシャル(CM)の企画を考えるのが CMプランナー の仕事です。CMをどんな構成にするのか考えることはもちろん、CMに使う曲やCMコピーなどの選定にも関わることもありますし、CMに登場する人物のキャスティ ングを行なうこともあります。

CMプランナーは制作現場のトップに立つ存在で、CMディレクターを兼ねることもあります。商品やサービスを宣伝するため、15秒間、あるいは30秒間という限られた時間の中で、視聴者に対してインパクトの強いメッセージを伝える必要があります。

CMプランナーになるには、CM制作会社や広告代理店のクリエイティブ(制作)部門に就職 し、キャリアを積みながらCM プランナーを目指すのが一般的です。マスコミ に関連する講座を開いている養成機関などで、CMプランナーに関する基礎知識を学んでおくのも1つの手段でしょう。CMプランナーになってからも、常に何が人々を惹きつけるのかを考える力が求められるため、高い向上心や野心を持つINTJにとっては天職になり得るかもしれません。

ツアープランナー

旅行の企画・開発にあたるのがツアープランナーの仕事です。高価格の豪華客船による世界クルーズから、格安航空券を組み合わせた 廉価なツアーまで、さまざまな商品をつくり上げなければなりませんが、まさに旅行会社スタッフとしての醍醐味が味わえる仕事だと言えるでしょう。

ツアープランナーになるのには、まず旅行会社に就職するのが先決です。実務を通してスキルアップしてからツアープランナーへキャリアアップしていきます。資格は必要ありませんが、ほとんどの人がツアーコンダクターの実務経験を積んだのち「総合旅行業務取扱管理者」や「国内旅行業務取扱管理者」「旅程管理主任者(ツアーコンダクター)」の資格を取得しています。

地図から最適な経路を導き出したり、予算から比較してコストパフォーマンスに優れるプランニングを考えることが得意なINTJであれば、ツアープランナーも天職になり得るかもしれません。

ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、顧客に関するあらゆるデータを収集・分析し、顧客のライフプラン上の目標を達成するために、貯畜計画、投資計画、保障 (保険)対策、相続対策などトータルな資産設計を行い、その実行を手助けする専門家のことを指します。

たとえば金融商品・投資信託・株の買い方、不動産、退職金の運用の方法、老後の資金設計など、顧客の人生設計や財産に合わせて一番相応しいプランをアドバイスするのがファイナンシャル・プランナーの役目です。主に銀行や生保損保、証券を中心とした金融機関にはじまり、不動産やノンバンク、流通系の企業、また最近では、税理士・会計事務所や保険代理店などでも活躍しています。

ファイナンシャル・プランナー自体には資格なしでも就職できますが、「ファイナンシャル・プランニング (FP)技能士1~3級」などの資格を取っておくとより有利にキャリアを築けるはずです。

分析能力が高く戦略立案にも優れ計画性もあるINTJにとっては、ファイナンシャル・プランナーも天職になり得る仕事の一つだと言えるでしょう。

コンサルタント

INTJは仕事のモチベーションとして「長期的なインパクトのある問題解決を好む」傾向にあるので、企業のパートナーとして問題解決に取り組めるコンサルタントも天職になり得る可能性が高いです。

一重に「コンサルタント」と言っても様々な分野や業界にコンサルタントが存在し、中には「コンサルタント専門の会社(例:キーエンス、マッキンゼーなど)」も存在します。また、独立してフリーランスで働くコンサルタントや、いくつかの企業に役員として所属するコンサルタントもいるなど、その働き方は多種多様です。

なお、コンサルタント業界は平均年収1000万以上の高給の仕事としても知られており、その分、高いビジネススキルや基礎的な知識・教養や専門性も求められ、現代における「頭脳労働の最高峰」の一つと言っても過言ではないでしょう。知力に自信のあるINTJであれば、コンサルタントとしてのキャリア形成を考えてみるのもいいでしょう。

以下、コンサルタントの具体的な職種についてご紹介していきます。

経営コンサルタント

経営コンサルタントの主な仕事内容は、経営改善を依頼された企業や組織の経営実態を調査して問題を診断し、その具体的な改善方法をアドバイスすることです。経営の総合的なアドバイスを求められることもあれば、営業や財務の強化、生産効率の向上、経営情報の整備、原価管理、労務、税金対策などの個別の分野に限って依頼を受けるケースもあります。

経営コンサルティングの仕事は基本的に資格がなくてもできますが「中小企業診断士」「公認会計士」「税理士」「行政書士」「弁護士」「司法書士」「ファイナンシャル・プランナー」などが「経営コンサルタント」を名乗って得意ジャンルの相談に乗ってることも多めです。また、経営コンサルタントの募集がある場合などには、経営学修士、商学修士などが条件とされたり優遇されたりすることもあるので、大学院で修士課程を修了しておくとより活躍の幅が広がります。加えて国際化の進む中、米国の大学で学んで経営学修士(MBA:Master of Business Administration)の資格を取得して経営コンサルティングを行っている人も少なくはありません。

経営コンサルタントになるには、上記に紹介した専門資格や学歴を取得してから独立開業しながら経営コンサルティングをしていく道もあれば、コンサルティング専門会社にリサーチャーやアナリストとして入社して下積みしていく道も考えられます。

どのルートも高い頭脳や目的達成意識が要されますが、頭脳労働に自信があるINTJであれば、挑戦してみる価値のある適職の一つだと言えるでしょう。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・ アドバイスを行なう専門家のことです。企業経営者をはじめ、商店街や自治体の商工会議所から再開発などの相談を持ちかけられることもあります。 まさに、町の中小企業のオーナーと一対一の信頼関係を築くことが求められる仕事です。金融機関などに勤務する人も多いが、独立開業し てより密接な関係を築いて業務に携わる人も少なくありません。

中小企業診断士になるためには、中小企業診断協会が実施する第 1次試験、第2次試験に合格したのち、実務補習を修了するか、診 断実務に従事する必要があります。1次試験は経営に関する幅広い基礎 知識を、2次では実務能力を認定するための応用力や思考力などを検定します。1次試験合格後、養成課程へ進む方法もあります。

経営コンサルタント同様、知力に自信があり、自分で道を切り開く高い向上心を持つINTJにとっては、資格取得段階から挑戦し甲斐のある仕事が中企業診断士だと言えるでしょう。

国際開発コンサルタント

開発途上国などに対するODA(政府開発援助)事業を行う際、途上国政府と日本政府の間に立ち、高度な専門技術と経験からプロジェクトに対するアドバイス提案を行ない、中立的な立場で援助プランを推進していくのが国際開発コンサルの仕事です。

世界のさまざまな現場で活躍する国際開発コンサルとになるには、海外開発援助に携わる官公庁や国際協力機構(JICA)などの事業に参画する民間の海外開発コンサルタント企業に入社する方法があります。そうした企業に採用される人は、土木や建築、農業、電気など、開発に必要な専門的知識を大学院で学んだ人や、JICAなどの援助実施機関での業務経験者がほとんどです。外国でスムーズに意思疎通ができるだけの語学力も求められます。

該当する学歴・職歴がある場合、経営コンサルタントとはまた違ったスキルが求められるという意味で、これもINTJにとっては天職になり得る一つの仕事かもしれません。

ITコンサルタント

ビジネスで効率よくITを活用するために、様々な課題を見つけ出し、それを具体的に解決していく方法をアドバイスする職業がITコンサルタントです。
独自のコンサルティングテクニックやITの専門知識などを活用して、企業の意識改善・コスト削減などを行うことで企業の利益を最大限に追求していきます。

ITコンサルタントになるには、コンピューター系の大学や専門学校でITの基礎を学んでから、ITコンサルティング会社やコンピューターシステム会社などへ入社し、システム設計や開発、運用に携わるシステムエンジニアを経てコンサルタントに昇格するケースが一般的です。

プログラマー・SE系の経歴を持つINTJであれば、ITコンサルタントを目指すのも手でしょう。

医療コンサルタント

医療コンサルタントとは、病院経営者を顧客として地域医療へのサポー トやサービスの立ち上げ、効率的な医業経営を提案する外部アドバイザーのことです。病院経営者と言えば多くが医者に該当しますが、医者だからと言って必ずしも経営に関して詳しいわけでもありませんし、何より、経営に関して労力を割く時間がない医者も少なくはありません。そういった医者の経営に関するサポートを行うのが、医療コンサルタントの役割なわけです。

医療コンサルタントになるには専門資格は必要ありませんが、良質な医療コンサルタン トを育成するための「医業経営コンサルタン ト」という民間資格が存在し、認定試験後論文の提出や継続研修の履修が必須とされています。実態としては医療機関に従事した経験のある人が目指す場合が多めですが、コンサルタントを名乗る悪徳業者の横行でこの職種の評判が上がっていないの現状もある点には注意。

合理性のカタマリのようなINTJにとっては医者も医療コンサルタントも適性が高い職種の一つではありますが、現実的になるための難易度の高さも考えた上で、冷静になるべきかどうか見極めることも大事でしょう。

システムコンサルタント

システムコンサルタントは、「IT化を進めたいと思っているが どのようにすればいいかわからない」「IT投資を効率よく進めたいがやり方を知らない」といった企業経営者の要望に応え、経営に役立つ ITの導入をアドバイスし支援するのが仕事です。クライア ント(顧客)の経営状態を分析し、クライアントの要望に合わせた情報システムを企画し、設計を行なう仕事だけに経営者の視点で考えるビジネスセンスが求められます。システムエンジニアが技術的な分野を担当するのに対し、どちらかといえばビジネスや経営戦略に関する支援をする立場がシステムコンサルタントで「ITコ ーディネーター」と呼ばれることもあります。

ITに特化した経営戦略の立案や、システム化による経営の効率化を提案し、必要なシステムを設計し、その設計図をもとに、自らITプロジェクトマネージャーとなり、システムエンジニアやプログラマーなどで編成されるプロジェクトチームを発足させてシステ ムを構築していくこともあります。クライアントのビジネス環境や問題点を分析し、論理的に整理・構築する能力が問われます。また、企業の経営者と接することも多いので、経済や法律などの知識・情報も 必要です。
技術が急速に進歩していく中で、マネジメントやコーディネートの重要性はむしろ増しています。AI(人工知能)にはできない調整能力が求められる仕事ともいえるでしょう。

システムコンサルタントになるには、IT・ソフトウェア関連の企業に就職し、システムエンジニアとして経験を積むのが一般的です。IT・ソフトウェア関連の企業に就職し、システムエンジニア、IT プロジェクトマネージャーなどとしての経験を積んだのち、クライアント折衝の経験を経てシステムコンサルタントに昇格するケースが多めです。システムコンサルタントになるには情報処理技術者試験のレベル4(最高)である「ITストラテジスト」「システムアーキテクト」「プロジェクトマネージャ」「ネットワークスペシャリスト」「データベーススペシャリスト」「エンベデッドシステムスペシャリスト」「ITサービスマネージャ」「システム監査技術者」「情報安全処理確保支援士」を取得しておくと有利です。

INTJ(建築家型)に向いていない仕事は?

MBTI公式著書「MBTIのいざない」ではINTJが惹かれない職業として「小学校教諭」が紹介されています。

INTJは達成意欲が高くベストを自他ともに求める傾向にあるため「小学校教師」「中学校教師」「保育士」などの、意欲が高くない人を相手にする仕事は苦手だと考えられるでしょう。同様の理由で、解決よりも共感の求められる「カウンセラー」「臨床心理士」なども向いてない可能性が高いです。

また、非効率で無駄の多い慣習を嫌う傾向にあり自立心も高いため、慣習的で協調性の求められる「地方公務員」「自衛官」「警察官」なども不向きかもしれません。

INTJの高い達成意欲や問題解決能力は、組織によっては持て余すこともあるため、それぞれの職種や組織風土をよく理解した上で向いてない仕事を見極めましょう。

向いてる仕事が見つかる転職サービス

向いてる仕事に就くためには何から始めればいい?
適職を調べてもその仕事に就く方法がわからない…
適職診断をしても行動できずに終わる…

そう悩んでいる人にオススメしたいのが転職サービスでプロに相談するという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索したり
診断ツールを使えばいいのでは?

このように考えている人も多いでしょうが、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人は「診断ツールに入力した回答」「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴」で決まる仕組みになっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。

ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」「本当に向いてる仕事を見つけたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

とくにこのページを熱心に読んでいる「向いてる仕事を見つけたい」という人にとっては、今での職歴から選ばれた求人情報しか得られないということは、自分の選択肢を無意識のうちに狭めてしまう結果となります。

そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

そうでなくても「とにかく仕事に就ければいい」という動機だけでなく「自分の適性を発揮できる職業に就きたい」という願望を満たすためには、自己分析を徹底的にやらないといけません。

自己分析は、診断ツールを使うだけでは「自分一人の思考」にとらわれがちなので、より精度の高い診断にはプロのアドバイスを受ける必要があります。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本当に向いてる仕事に就いて活躍したい」「もっと自分に向いてる仕事を知りたい」と思った方は、ぜひ転職サービスを利用してプロに相談してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

自己分析を進めるにあたって、適職診断や読書だけに頼ると問題となるのが「他者からの評価やフィードバックが得られない」という問題です。また、転職エージェント系のサービスでは、簡単なヒアリングや求人紹介は行ってくれる反面で、自己分析に関するサポートは求職者側で行わないといけないのが現状です。

ですので、本格的に自己分析を行ってより適性を深く理解して、今後のキャリアをより良いものにしたいなら「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスの利用を推奨します。

キャリアコーチング系のサービスでは、

  • 心理学などの専門知識をもとにより深い自己分析を行ってくれる
  • 長期的な視野で将来を見据えたキャリアプランを練ってくれる
  • 適職の見つけ方や企業選びの知見が身につく

など、総じて言えば「自分自身が自分の力で最適なキャリアを選べるようになる状態」を目指すサービスだと考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

キャリコーチングを受けることで
数ある転職情報や求人に惑わされず

自分の軸でキャリア選択ができる

基礎的な能力が身につきます

文中でも何度も強調している通り、本当に向いてる仕事を見つけ出すのは至難の業です。

一方で、転職が当たり前となりつつ現代社会においては、自分自身で適職を見つけ出して転職を成功させる能力を身につけておくことは「一生物のスキル」ともなるとも言えます。

なお、キャリアコーチング系サービスは転職エージェント系サービスと異なり、本格的に利用する際は有料であることが大半ですが、初回の相談は無料で受けられることも多いため、適職選びで悩んでいるなら試しに活用してみる価値はあるでしょう。

弊サイトでオススメしているキャリアコーチング系サービスは「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、心理学などの専門知識をベースにした体系的なアプローチによって、利用者個人個人に合わせたサポートを行い、本当に自分に向いてる仕事を見つけ出したり、先行きの不透明なこの時代において「迷わないキャリアの軸」「将来性の高いキャリア計画」を設定するサポートを行ってくれます。

それってやる意味や価値は

本当にあるんですか?

このように疑問を抱かれている方も多いかも知れませんが、前述の通り、転職活動を始める前に自己分析を深く行い仕事選びの基準を固めれば固めるほど、その後のキャリアで失敗する確率を下げられ適職に出会いやすくなります。

一方で、自己分析不十分のまま転職活動を始めると、向いてない仕事や合わない会社に入社してしまうリスクが高まったり、転職エージェントに提案されるがままに応募するだけになり自分の意志や本音を見失う結果にもなりかねません。

ですので、とくに自分の適性を発揮できる仕事や本当にやりたい仕事に就きたいと感じているなら、転職エージェントや転職サイトで求人探しを行う前に、キャリアコーチングにて徹底して自己分析を行う…という順序で転職活動を進めることを推奨します。

なお、ポジウィルキャリアは初回の相談(カウンセリング)は無料で、LINE登録からの相談も受け付けています。

キャリアコーチングというサービス形態自体がまだまだ広く浸透していないため馴染みのない読者の方も多いかもしれませんが、今後、主流となる転職方法の1つとなるポテンシャルのあるサービスですので、適職探しで悩んでいる方はこの機会にぜひお試しください。

20代なら経歴問わずに就職可能
「UZUZ(ウズウズ)」

向いてる仕事を見つけてる方の中でも「職歴が浅い」「スキルがない」などの理由で、良い求人が見つからないと感じてる方にオススメなのが「UZUZ(ウズウズ)」です。

UZUZは20代向けの就職~転職を専門にサポートしており、相談相手となるキャリアアドバイザーの多くも既卒・第二新卒経験者を経験済みなので、親身な対応に期待できます。

UZUZは以下のような方に

最もオススメできます

▼ウズウズはこんな人にオススメ

  • 20代で未経験職に就きたい
  • 就職しないまま卒業してしまった「既卒
  • 新卒3年以内に辞めたい「第二新卒
  • 経歴に自信がない(中退、大卒未満、早期退職経験あり、正社員歴なし)
  • 向いてる仕事以前に、仕事に就くための基礎経験が浅い
  • 転職サイトやエージェントに登録しても良い求人を紹介してもらえない
  • フリーター期間やニート期間が長く職歴に空白期間がある
  • ブラック企業を避けて長く働ける会社に就きたい
  • 同年代の似たような境遇を持つプロにしたい

逆に以下のような人は

UZUZよりも
他のサービスの方がオススメです

▼こんな人はUZUZ以外がオススメ

  • 30代以上で職歴がある
  • 今までの経歴を活かしたい
  • 年収を上げたい
  • スキルアップして転職の幅を広げたい
  • 時間をかけてでも向いてる仕事を見つけたい

20代で「そもそも就職方法がわからない…」「求人情報から企業がブラックかどうか判断できない…」といったことに悩んでいるなら、UZUZに相談してみた方がスムーズに自分に合った仕事が見つけられます。

UZUZに相談してみる
【無料・登録1分】

スキルアップしてIT/WEB系へ転職
「WorX(ワークス)」

自分に向いてる仕事が見つかったとしても、スキルや経験がなければ適職に就けないことも多々あります。

ですので「これだ!」と思える職業を見つけたら、その仕事に就くために必要なスキルや資格などを把握しておきましょう。

興味のある仕事は見つけたけど
何から学べばいいかすら

わからないかも…

もし、読者がこのようにお悩みなら、適職診断を行った上でその仕事に就くための道筋を示したりスキルアップ支援も行ってくれる「Worx(ワークス)」を紹介します。

Worx(ワークス)は、異業種転職を実現する次世代型転職エージェントで、初回相談後に適職診断を受けた上で、自分に向いてる仕事に就くためのスキルアップ支援講座も用意してもらえるため、業界分析やスキルアップを行った上で無理のない異業種転職が可能となります。

また、Worx(ワークス)で紹介する職業には、IT/WEB系など将来性が高く、需要の高いIT系スキルと知識も身につくため、今のキャリアから抜け出したい人には大きな可能性があると言えます。

WorXなら半年~1年ほどの

余裕を持った転職計画となるため

適職探しをしている人にピッタリです

Worx(ワークス)では、スキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、とくにIT/WEB系の職種に興味がある人はこの機会に相談してみるといいでしょう。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました