もう迷わない!自分に向いてる仕事を見つけて転職を成功させるのコツ!

「自分に向いている仕事がわからない…」
「今の仕事が向いているかどうかわからない…」

そうお悩みではないですか?

私も当サイトを手がける過程で、様々な方の悩みを見てきましたが、

「自分が何をしたいかわからない…」
「やりたいことが見つからない」
「今の仕事が向いていない…」
「ここではない、どこかへと…」

…と、仕事と生き方に迷っている人は意外と多く感じております。

そういった方にひとつだけ言えることは、

向いている仕事なんて悩んで悩んで、
行動してみて後悔して、
それでようやく見つかるもの

…なので、考え込んでブログや本を読んでも、見つかるわけがないということです。

ですが、考えたり悩んだ分が全部無駄になるかと言うと、そうでもありません。

当記事では悩める現代人の方々に、本当に自分が向いている仕事を見つけ出すためのヒントや考え方をご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

向いている仕事を見つけ出すためには?

向いている仕事を見つけ出すためには、以下の3点が重要です。

  • 自分に向いていない仕事を知っておく
  • 適職診断を複数使っておく
  • 自分の性格や価値観を理解しておく

とくに自分の欠点・弱点を知っておく意味でも「向いていない仕事」を抑えておけば、すぐに辞めたくなる仕事や毎日出社するのが苦痛に感じるような仕事は避けられるはずです。

また「仕事自体は好きだけど、周りの人間関係や労働環境が合っていない」場合は、会社や人間関係に原因があり、仕事自体には適性があるかもしれません。

ですので、まずは「仕事自体が合っていないのか?職場環境が合っていないのか?」を見極めておきましょう。

向いていない仕事を知っておく

向いている仕事を見つけ出すためには、まずは自分に向いていない仕事を知っておくことです。

今している仕事が向いていないと感じているのであれば、それだけで「向いていない仕事がわかった」と、向いている仕事にたどり着けるきっかけになるのです。

ただし、向いていない仕事を判断する時の注意点として、以下のことは考えておきたいです。

  • 今の仕事のどの部分が向いていないと感じているか?
  • 職場の人間関係が原因で仕事自体が嫌いになっている可能性
  • 誰かに「向いていないよ」と言われて、自信を失くしている可能性→向いていないと言われた場合の対処法

ここを見誤ると「仕事自体には適性があるのに向いていないと思い込む」という状態になり、

たとえば、私は小売・接客業経験があるのですが、物を売るために戦略を考えることは向いている反面で、自分が戦略を考えられないでただ売ったり、接客をするだけの立場には向いていないと感じていました。

ですので、今の仕事が向いていないと思うのであれば、具体的に業務内容のどの部分が向いていないと感じるかは、しっかり言語化できるようにしておきましょう。

ちなみに「ミイダス」という登録制の転職サイトでは、本格的な適正チェックで向いていない仕事が診断できるのでオススメです。

ちなみに、私は公務員が圧倒的に向いていないという結果が出ております。

これも理由としては「上からの指示に忠実に従うだけの仕事にストレスを感じる」「問題や課題が見えているのに、解決できないまま放置するのがストレス」と、ハッキリと説明できます。

適職診断を使う

向いている仕事を見つけ出すためには、適職診断を使うのも意外と効果的です。

適職診断は、統計学や心理学をベースとしているため、それなりに当たるように出来ているので、試しに使っておくといいでしょう。

ただし、適職診断を使う際の注意点としては、

  • いくつもの適職診断を使っておく
  • ひとつの適職診断ツールだけをアテにしすぎない
  • 人材会社や適性診断ツール開発会社の適職診断を
  • 適職と診断された職種の内容や実態をしっかり調べる
  • 適職が自分の経歴で転職可能なものかどうか冷静に見極める

…などの要素は頭に入れておきたいです。

たとえば、私の場合は多くの適職診断で「企画(マーケッター)」「金融系(アナリスト)」などが結果に出るのですが、大卒エリートでなければ間口のない職種でもあるので、正攻法での転職活動ではまず受かりません。

オススメの適職診断は「グッドポイント診断(リクナビNEXT)」「ミイダス適正チェック」の2つです。

とくにミイダス診断チェックは、自分に合った職種が細かく表示されるので、必ず使っておきたいです。

どちらも転職サイトとして、求人探しと同時に活用できるので、これから向いている仕事を探したい方は登録しておくといいでしょう。

その他の適職診断ツールは、以下の記事でもご紹介しております。

自分の性格や価値観を理解しておく

向いている仕事を見つけ出すためには、自身の性格や価値観を把握しておくことも大事です。

前述の通り、仕事内容自体は向いているのに、会社の人間関係や社風が合わない場合は、仕事が合っていないのではなく、職場環境が合っていないと言えます。

そうした時に「〇〇職向いていない…」と思って他の職種へ転職した場合に「実は前の職種の方が向いていたんじゃ…?」と、再度辞めたくなる可能性が出てきます。

ですので、自分の性格や価値観をしっかりと把握しておき、向いている・向いていないの判断基準として「仕事内容自体に原因があるのか?それとも職場の人間関係や環境に原因があるのか?」はしっかりと見極めておきましょう。

向いている仕事を探すなら転職エージェントを活用しておこう

向いている仕事を探し出したい方は、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントでは、プロのアドバイザーが気軽な相談に乗ってくれ、自分に合った求人を紹介してくれ、転職先が決まるまで完全無料で利用できます。

転職エージェントと関わる中で、意外な自分の強みや適性や、今まで知ることのなかった天職と出会える可能性が増えるので、使っておくだけ損はありません。

私も積極的エージェントを使ったり、あるいは人材会社の中の人と話す機会を頂いていますが、その過程で自分に向いている仕事を見つけ出すための様々なきっかけが得られることに気づきました。

タイトルとURLをコピーしました