完璧主義な人に向いてる仕事11選【ものづくりや組み立て作業が天職】

世の中にはたくさんの完璧主義者がいます。ご存知のように、完璧主義者は、ほとんどの仕事が自分の最高基準を満たしていないと考える傾向があります。そのため、自分に合った仕事を見つけるのは難しいと感じています。しかし、完璧主義者が有利になる会社はたくさんあります。自分に合った仕事に就くためには、自分の性質を理解し、自分の能力を最大限に発揮できる会社を見つけることが大切です。この記事では、完璧主義者のあなたにぴったりのポジションをいくつか用意しました。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

完璧主義な人に向いてるオススメの仕事

完璧主義者は、完璧を目指さない人よりも、より多くの仕事をこなすことに長けていることが多い。しかし、完璧主義者は自分の好きな仕事を見つけるのは難しいでしょう。完璧主義者が活躍できる素晴らしい会社はたくさんありますので、いくつか例を挙げてみましょう。

  • DTPオペレーター
  • CADオペレーター
  • セキュリティエンジニア
  • 編集者
  • 自動車製造工
  • 航空整備士
  • 造船技術者
  • 時計製造工
  • メカトロニクス技術者
  • 映画監督
  • 伝統工芸職人

それぞれ、職種内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

DTPオペレーター

DTPとはデスクトップ・パブ リッシングの略で、DTPオペレーターの仕事は、雑誌や新聞、ポスターやカタログ、折り込みチラシなどを印刷するためのデータを、パソコン上で作成することです。デザイナーが作成した基本フォーマットをもとに、「InDesign」 や「Illustrator」といった専用ソフトを使いながら、文章や写真、イラストを配置していきます。

デザインやレイアウトに興味がある人はDTPオペレーターに向いているでしょう。パソコ ンの専門学校や短大、大学で学んだ後、印刷会社に就職するのが一般的です。DTPの技術を高めて経験を積めば独立の道もあります。

CADオペレーター

設計技師やデザイナーが制作した設計図をCAD(コンピューター支援設計)と呼ばれる製図ソフトを使って、パソコン上で清書するのがCADオペレーターの仕事です。主な就職先は建設会社やCAD専門会社などになります。

CADオペレーターには製図技術やCADソフト使用スキルを求められるため、中央職業能力開発協会が実施するCADトレース技能審査を受験して資格を取得しておきましょう。または職業訓練校のCADコースなどでスキルを習得してから就職先を探すといいでしょう。

セキュリティエンジニア

ITシステムにおけるセキュリティの重要性は日ごとに増しています。コンピューターウィルスやハッキング、不正アクセスなどのサイバー攻撃によって、企業から機密情報などが盗まれる事件が後を絶たない現在、セキュリティエンジニアはこうした事件を防ぐため、クライアント(顧客)の要望を聞きながら、ウェブサイトをはじめとする企業内のITシステムのセキュリティを強化すべく、システムの設計と構築を行ないます。

システムの導入後は、企業と情報交換しながら脆弱性がないかどうかを検査しながら監視しています。情報産業のなかでもっともプログラミングの知識が必須となります。日々新たなサイバー攻撃の手法が考え出されているため、技術を高めることはもちろん、日頃からIT業界の動向を観察し、新しい脅威に対抗していかなければなりません。

セキュリティエンジニアは、サイバー攻撃を未然に防ぐように働くだけでなく、コンサルタント的な業務を求められることもあります。情報セキュリティ会社に就職して幅広い知識を吸収しておきましょう。できれば情報処理安全確保支援士の資格も取っておくと良いでしょう。

編集者

編集者が扱う出版物としては、辞書や絵本、文芸書、趣味や実用書、漫画や大衆誌、専門誌や写真集などがある。企画が通れば、作家やライター、漫画家に原稿を依頼し、でき上がった作品を取りまとめ、印刷所に印刷してもらうために原稿をまとめたデータの入稿手続きや校正作業を行なうのが仕事です。

書籍の制作も今ではすっかりIT化が進んでおり、作家やライターのほとんどはパソコンで原稿を書くようになっているため、編集者もパソコンのワープロ機能を使いこなせなければなりません。また、誌面をデザインし、レイアウトする作業もパソコン上で行なうDTP(Desktop publishing) 作業と呼ばれており、理解が必要となります。くわえて、紙媒体としての出版のほか電子出版も増えており、それに対応する知識や能力が必要となります。多くの読者に読まれる本をつくるという点では編集者の本質に変わりはありませんが、時代とともに求められるスキルは変わりつつあります。

編集者になるには、出版社や編集プロダクションに入社しましょう。企業によっては、ライターを兼任し、自分で取材をして原稿を書く場合もあります。経験を積んだ後、フリーランスの編集者として働く人も多くいます。

自動車製造工

1台につき2万点以上といわれる部品を組み立てて自動車を完成させていくのが自動車製造工の仕事です。

自動車製造工の仕事は「マニュアルに沿って車を組み立てていく」という性質があるため、物事がハッキリしていなければ気が済まない完璧主義者にとっては天職だと感じるかもしれません。

専門学校などで自動車の基本的な構造や関連する技術についての知識を学んでおけば就職に有利ですが、大手自動車メーカーが出している期間工の求人であれば、未経験・年齢不問で働けることもあります。

航空整備士

航空整備士とは、航空機の安全運航のために必要な保守点検などを行なう専門の技術者のことです。多数の乗客を運ぶ航空機は、ひとたび事故が起きれば取り返しのつかないことになってしまうため、機体の整備を担当する航空整備士の責任は重大となります。近年では航空会社が専門の航空機整備会社に機体の整備を委託しているケースが多いようです。

航空整備士になるためには、国土交通大臣指定の航空従事者養成施設で学び、国家資格を取得するのが早道といえるでしょう。航空機の安全を担う航空整備士には確かな知識と技術が求められ、第一線で働くためには国家資格が必要となります。国土交通大臣指定の航空従事者養成施設に認定されている専門学校で学べば、二等航空整備士の資格を得ることができ、学校によっては、さらに上位の一等航空整備士の取得が可能なコースも設けられているようです。

造船技術者

客船や貨物船、漁船といった船舶を設計したり、造船の作業が工程どおりに進められるように現場の指導や監督を行なうのが造船技術者の仕事です。発注主と相談して使用目的や要望に沿った基本プランを作成し、決定されたプランをもとに各パートを担当する技術者が船の構造、あるいは設備などについて設計を進めていきます。

造船に関する教育コースが設けられている大学(大阪大学・ 九州大学・東海大学・東京大学など)で専門知識を学んで、造船会社へ就職を目指しましょう。そのほか、工業高校や高専などで電気工学や機械工学などを学び、造船会社への就職を目指すこともできます。

時計技術者

時計技術者は、最も身近な精密機械ともいえる時計の製造や修理を行なうのが仕事です。時計技術者には、部材から時計を組み立てる時計製造工と時計のメンテナンスや修理を行なう時計修理工の二種類があります。いずれも一人前の技術者となるためには、時計に関する高度な知識と豊富な経験に裏打ちされた確かな技術力が必要です。

時計修理工もまた、職人的な技術力が求められるため、専門学校などで技術を習得した上で、時計製造工は製造会社などに就職したり、時計職人のもとに弟子入りしたり、現場で各工程を経験しながら技術と知識を学ぶ必要があります。
また、各都道府県の職業能力開発協会が実施する国家試験の時計修理技能士の資格を取得しておくと、メーカーなどへ就職する際に有利となるでしょう。

メカトロニクス技術者

メカニック(機械)とエレクトロニクス(電気・電子工学)の技術を活用し、産業分野において電子制御を利用する工業製品を製造したりメンテナンスしたりするのがメカトロニクス技術者の仕事です。技術の進歩によってメカトロニクスの技術が使われる分野は広がっており、産業用ロボットをはじめ、マイクロコンピューターを内蔵した炊飯器や洗濯機などの各種家電製品、電子制御されるエンジンなどの開発に携わっています。このため、機械分野と電気・電子分野に関する高度で幅広い知識と技術が求められます。

メカトロニクス技術者となるために必須となる資格はとくにありませんが、大学や専門学校などで機械・電子・情報機器関係の学科を学んでおきましょう。

映画監督

映画制作において現場作業のすべての指揮をとるのが映画監督の仕事です。映画監督は、題材や脚本、セットや大道具、小道具や衣装、ロケーションや役者の演技にいたるまで、すべての決定権を持ちます。

近年では実写映画だけでなく、アニメ映画作品の需要も増加しており、『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督や『君の名は』の新海誠監督など、アニメ映画監督として活躍する有名監督も注目されています。

映画監督になるにはさまざまなケースがあり、一般的なルートは存在しません。映画会社や映像制作会社に入社してテレビや映画の撮影の現場でアシスタントとして経験を積んでから映画監督となるパターンや自分で小さな映画を撮ってコンテストに入選するなどして名声を高めていくパターンなどがあるようです。

完璧主義者が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは完璧主義者が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

正確さや緻密さを求められる仕事を選ぶ

完璧主義な性質を存分に活かしたいなら、正確さや精密さを求められる仕事を選びましょう。
誰もが完璧に到達できるわけではありませんが、完璧を目指して日々仕事に取り組んでいる人や企業は存在します。

このページで挙げた仕事の中でも、とくに精密機器の製造に関わる仕事は正確さや精密さを追求していくことに価値のある仕事なので、向いてる人にはとことん向いてる可能性が高いです。

精密機器でなくても、品質管理が重要となる製造業全般は完璧主義であることが有利に働きやすいはずですので、関連する職種・業種の求人をこまめにチェックしておくといいでしょう。

改善や品質向上を担う仕事を行う

完璧主義者は、より良い品質を追求する一方で、既に世にある物に多くの欠点を見出す傾向があります。欠点を見つける能力は一般的に嫌われがちですが、新たな改善策を可能性を生み出せる能力でもあります。ですので、完璧主義な性格ならすでに世にある物の改善や向上を目指す仕事に就くのもいいでしょう。

具体的には、開発者や企画者、コンサルタントなどになりますが、改善案を採用してもらえるような立場になるにはそれなりの実績や経験が必要になる点には注意しましょう。

また、ライターやデザイナーなどのクリエイティブ系の職業であれば「ディレクター」「プランナー」が改善案の提示や最終チェックを行うことになるので、自分の性質を活かせる上の立場を目指してキャリア形成していくといいでしょう。

これまでに身につけた専門知識や技術を活かしやすい仕事を選ぶ

完璧主義者に向いてる仕事の多くは専門知識や技術が必要です。
そのため、これまで身につけた知識や技術を整理して把握し、活かしやすい仕事を選ぶことも重要になります。

たとえば工業校に通った経歴があるなら、関連する職種や業種を選んだ方がこれまで学んだことを活かせる可能性は上がります。

これが0から完全未経験職へ就くことになると応用できる幅も少なくなり、これまで学んだ自分の常識を捨てないといけないこともあるため、完璧主義者にとっては苦痛となるかもしれません。

完璧主義は言わば「これまで自分が人生を通して培ってきた偏見や先入観にこだわる」ことでもあります。それが強みやモチベーションになることもありますが、まったくの未経験分野では足枷になることも多いため、過去の自分の経歴や習得スキルを把握することは欠かせないでしょう。

資格習得や職業訓練を経た上での転職ルートも考えておく

当ページで紹介した仕事の中には、事前に勉強して資格を取得しておいたり職業訓練で技術習得をした方が就職しやすい仕事も多めです。

とくに技術系の仕事は職業訓練などを行った上で就職した方が良い条件の求人に受かりやすい傾向があります。逆に、一般的なビジネススキルやコミュニケーションスキルが求められる仕事の場合は資格取得は必須ではないこともあるため、先に就職を見つけた方がいいこともあります。

これに関しては、業界や仕事の通例や人材状況、教育や研修制度の充実具合でも大幅に変わってくるので、社会人向けの技術習得支援が充実しているかどうか調べておいたり、未経験可能人材向けに研修も行っている求人を重点的に探してみるといいでしょう。

マニュアルやルールなどの決まり事のしっかりした会社を選ぶ

社内制度が明文化されている企業を選ぶのも完璧主義者が自分に合った仕事を見つけ出すコツでしょう。
これは会社の規模が大きければ大きいほどしっかりしている傾向にあります。

具体的には、

  • 求人情報に福利厚生(社保完備)の明記はあるか?
  • 休暇制度はしっかり用意されているか?
  • 上場済みの企業か?
  • 入社前にしっかり雇用契約書を提示しているか?

などの要素がしっかりしているほど、社内制度が明確だとわかってきます。
完璧主義者の中でも「決まりごとをしっかり守る」「判断に迷った際は決め事や原則に従って動く」ことに安心感を覚えるのであれば、しっかりとした基準や原則の存在する会社で働く方が快適なはずです。

個人プレイが許されやすい職種や会社を選ぶ

多くの仕事はチームワークや分業で為されるものであり、完璧主義者にとっては息苦しく感じることもあるかもしれません。
自分のやり方や主義を貫くのであれば、個人プレイの許されやすい職種や会社を選ぶ必要が出てきます。
ただ何度も紹介している通り、実績や経験のないうちは個人プレイが許される状況は少ないので、下積み期間は耐えることも重要なことはお忘れなく。
いずれにせよ、自分の中の理想や完璧を追求するには、最終的に仕組みやルールを作る側になるほかないでしょう。

完璧主義者に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました