【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【質を追求】完璧主義者に向いてる仕事一覧+就くための方法を解説!オススメの職業は?

突然ですが、自分、完璧主義者なんですよ。

何事も細部までこだわり、完璧に仕上げないと気が済まない。

言い換えると「細かいところに気を配る」「高い基準を持っている」「妥協しない」ってやつ?

嫌いな人種は、手を抜く人やテキトーな人。

こんな性格だと「細かすぎる」「融通が利かない」「仕事が遅い」とか言われるけど、知ったことではない。

だってそうでしょ?

失敗やミスは無能な証だし、細部までこだわった品質の高いものこそがプロの仕事の証。

逆に妥協したり品質の悪いものを作ることは恥ずべき行為だと思うんですよ。

世の連中は言うんすわ。

「完璧主義者は仕事ができない」って。

でも、私の考えは逆です。

「完璧を目指さないで妥協するお前らの方が仕事ができない」てね。

そんな私ですが、過去、妥協の塊のような信念もこだわりもない連中だらけの会社を辞め、完璧を追求できる会社へ転職しました。

そういう職場に入れば完璧主義は強みになりますし、周りが妥協主義者ばかりだと欠点にしかなりません。

やっぱり、自分に合った仕事を選ぶべきだ」って思いましたね。

この記事では、そんな私が徹底的に調べ上げた「完璧主義者に向いてる職業」を紹介していきます。

ぜひ、完璧主義者の諸君らも、自分の強みを活かしてガンガン年収を上げられる職場を目指してほしい。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

完璧主義者の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

完璧主義者は高い基準を持ち、自己の価値をその達成度によって測定する傾向があります。では、完璧主義の特性がどのように挑戦を実現するのか、その原因と結果について調査します。

自他ともに過度なプレッシャーやストレスを与えがち

完璧主義者はよく自己や他人に対して高い期待を抱きます。

この期待はモチベーションをあげるが、達成できなかった際に、自分自身だけでなく周囲の人々にも過度なプレッシャーやストレスを与えがちです。また、常に最高の結果を求めるため、ミスや失敗を許容しません。

このような姿勢は、職場や対人関係に長期的に不安や不満をもたらし、さらに心身の健康問題にも悪影響を与える可能性があります。

細部へのこだわりが仕事の生産性を下げる要因となる

完璧主義者は細部へのこだわりが強く、一つ一つのタスクに時間とエネルギーを費やします。しかし、このような姿勢は仕事全体の生産性を下げる要因とも言えます。

細かい点までこだわりすぎて全体像を見失い、無駄なことや利益につながらない作業にこだわることで、チーム全体の作業の効率性と生産性が低下し、効率的な進行ができなくなることがあります。

臨機応変さや柔軟性に欠けることがある

完璧主義者は、計画通りに進まない状況や予期せぬ変化に対して臨機応変に対応することが苦手です。彼らは自分の考えや方法を固執し、柔軟性に欠ける傾向があります。このような特徴は仕事でのチームワークやプロジェクトの進行に支障をきたす可能性があります。

自由な発想や創造性を妨げることがある

完璧主義者は失敗を恐れ、自分自身の信じた基準を守ることに必死になりがちです。

このような不足な事態に柔軟に対応できない「臆病者」とも言える態度は、創造的な発想や革新的なアプローチを妨げる可能性があります。

完璧主義者に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の基準は色々とありますが「才能を発揮できる仕事」「今までの経験が活かせる仕事」などが該当します。

そのためには、まずは自分の「才能や適性」「性格的な強みや長所」を知っておく必要があります。

完璧主義者には、以下のような隠れた才能や適性があると言えます。

▼完璧主義者が持つ意外な適性

  • 細部にこだわる
    高い品質を維持する、精度の高い仕事をする、ミスを見抜く、反省と改善を重ねる、責任感がある、理想を追求する
  • 形式を重んじる
    スケジュールを守る、ルールや規則に従順、決まりに反する者を見抜く

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、完璧主義者に向いてる仕事を紹介します。

品質管理・品質保証に関する仕事

品質管理・品質保証に関わる仕事は、製品やサービスの品質チェックや改善活動が中心です。完璧主義者は細部まで見逃さず、高度な精度と正確さが求められます。

  • 品質検査員:製造工程や完成した製品の品質チェックを行い、問題点を見つける役割です。
  • 自動車製造工:自動車の組み立てや検査作業を通じて、品質管理に貢献します。
  • セキュリティエンジニア:セキュリティシステムの設計や監視、改善などを行い、安全性と信頼性を確保します。
  • 航空整備士:航空機の点検・整備作業において、高い品質基準を守ります。
  • メカトロニクス技術者:機械と電子制御技術の統合に関わり、製品の品質向上に貢献します。

これらの仕事に就くことで得られるメリットは、自己満足感や達成感があります。完璧主義者は細部まで気配りし、高い精度で仕事ができるため、信頼される存在となります。また、正確さや細かさが求められるため、自身の能力を存分に発揮することができます。

監査・コンプライアンス

法規制や内部規則を遵守し、その確認や監視を行う職種です。

  • 内部監査員
  • セキュリティコンサルタント
  • コンプライアンスオフィサー
  • 法務スタッフ
  • リスク管理者

完璧主義者は、ルールやガイドラインの徹底的な遵守や、それに関する詳細な調査能力が求められるこの分野で、その能力を発揮します。

創造的な職業における品質チェック

クリエイティブな作品やコンテンツを制作する中で、その完成度を追求する職種です。

  • 編集者
  • 映画監督
  • DTPオペレーター
  • グラフィックデザイナー
  • サウンドエンジニア

細部への注意力と高い品質を求める姿勢は、これらの職種での作品作りの中で、最上級の出来を追求するために不可欠です。

高度な技術力を要する仕事

一般の人々が難解と感じる、高いスキルや専門知識を必要とする職種です。

  • 時計技術者
  • 造船技術者
  • CADオペレーター
  • 機械技術者
  • ロボット技術者

これらの仕事では、細部に渡る技術の習得や応用が必要とされるため、完璧主義者の高い目標設定やこだわりが大きな強みとなります。

緻密な作業を要求される仕事

手間と時間を惜しまず、高い集中力で取り組む必要がある職種です。

  • 精密機械技術者
  • 宝石研磨師
  • 医療機器技術者
  • 電子回路技術者
  • 光学技術者

完璧主義者の持つ忍耐力や、一つ一つの作業に対する緻密さが、これらの仕事での成功の鍵となります。

情報管理・情報セキュリティに関する仕事

情報の保護や管理、そしてそのセキュリティを確保するための職種です。

  • データベース管理者
  • サイバーセキュリティアナリスト
  • セキュリティエンジニア
  • 情報セキュリティマネージャー
  • システムアドミニストレータ

細かい設定や監視、修正作業が要求されるこの分野で、完璧主義者の丁寧で徹底的な作業姿勢は大きな武器となります。

設計・開発を中心とした仕事

新しいものを生み出すための設計や開発に携わる職種です。

  • 建築家
  • インダストリアルデザイナー
  • ソフトウェア開発者
  • UI/UXデザイナー
  • 土木技術者

完成度の高いプロジェクトを追求する完璧主義者の特性は、この分野で新しい価値を生み出す原動力となります。

教育・指導に関する仕事

知識や技術の伝達、そしてその品質の確保を目的とする職種です。

  • 教育カウンセラー
  • 教育コーディネーター
  • トレーナー
  • 研修プランナー
  • 教材開発者

正確で緻密な情報提供や、高い品質の教育プログラムの提供が求められるこの分野で、完璧主義者の能力は極めて価値のあるものとなります。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

完璧主義者が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事を見極める

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を見極めましょう。

▼完璧主義者に向いてない仕事の例

  • 一つ一つの結果よりもスピードが重視される仕事
    例:ファストフード店のクルー、日刊新聞記者、コールセンターのオペレーター、工場のライン作業者、配達員
    向いてない理由:一つ一つの仕事に時間をかけて細部までこだわるより、効率が重視されるため。業務改善やクオリティ向上はもっと上の仕事。
  • 常に変動や変化が求められる環境の仕事
    例:イベントプロデューサー、TV放送のディレクター、PRエージェント、広告のクリエイター、ファッション業界のデザイナー
    向いてない理由:流行や変化が激しく、考えたアイデアが白紙に戻ったり、納期からクオリティを妥協する必要があるため
  • 作業の完璧さよりも大局的な視野や人間関係が重要な仕事
    例:営業職、HRや人事関連の業務、チームリーダーやマネージャー、社会福祉士、教育者や教師
    向いてない理由:対人関係が主な仕事では、相手の不完全さにイライラするとストレス過多になり、相手との関係もこじれかねないため

こういった「向いてない可能性の高い業界や職業」と「向いてないと言える理由や根拠」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/扱ってる商品やサービスなど

様々な情報から判断しましょう

正確さや緻密さを求められる仕事を選ぶ

完璧主義な性質を存分に活かしたいなら、正確さや精密さを求められる仕事を選びましょう。
誰もが完璧に到達できるわけではありませんが、完璧を目指して日々仕事に取り組んでいる人や企業は存在します。

このページで挙げた仕事の中でも、とくに精密機器の製造に関わる仕事は正確さや精密さを追求していくことに価値のある仕事なので、向いてる人にはとことん向いてる可能性が高いです。

精密機器でなくても、品質管理が重要となる製造業全般は完璧主義であることが有利に働きやすいはずですので、関連する職種・業種の求人をこまめにチェックしておくといいでしょう。

改善や品質向上を担う仕事を行う

完璧主義者は、より良い品質を追求する一方で、既に世にある物に多くの欠点を見出す傾向があります。欠点を見つける能力は一般的に嫌われがちですが、新たな改善策を可能性を生み出せる能力でもあります。ですので、完璧主義な性格ならすでに世にある物の改善や向上を目指す仕事に就くのもいいでしょう。

具体的には、開発者や企画者、コンサルタントなどになりますが、改善案を採用してもらえるような立場になるにはそれなりの実績や経験が必要になる点には注意しましょう。

また、ライターやデザイナーなどのクリエイティブ系の職業であれば「ディレクター」「プランナー」が改善案の提示や最終チェックを行うことになるので、自分の性質を活かせる上の立場を目指してキャリア形成していくといいでしょう。

これまでに身につけた専門知識や技術を活かしやすい仕事を選ぶ

完璧主義者に向いてる仕事の多くは専門知識や技術が必要です。
そのため、これまで身につけた知識や技術を整理して把握し、活かしやすい仕事を選ぶことも重要になります。

たとえば工業校に通った経歴があるなら、関連する職種や業種を選んだ方がこれまで学んだことを活かせる可能性は上がります。

これが0から完全未経験職へ就くことになると応用できる幅も少なくなり、これまで学んだ自分の常識を捨てないといけないこともあるため、完璧主義者にとっては苦痛となるかもしれません。

完璧主義は言わば「これまで自分が人生を通して培ってきた偏見や先入観にこだわる」ことでもあります。それが強みやモチベーションになることもありますが、まったくの未経験分野では足枷になることも多いため、過去の自分の経歴や習得スキルを把握することは欠かせないでしょう。

資格習得や職業訓練を経た上での転職ルートも考えておく

当ページで紹介した仕事の中には、事前に勉強して資格を取得しておいたり職業訓練で技術習得をした方が就職しやすい仕事も多めです。

とくに技術系の仕事は職業訓練などを行った上で就職した方が良い条件の求人に受かりやすい傾向があります。逆に、一般的なビジネススキルやコミュニケーションスキルが求められる仕事の場合は資格取得は必須ではないこともあるため、先に就職を見つけた方がいいこともあります。

これに関しては、業界や仕事の通例や人材状況、教育や研修制度の充実具合でも大幅に変わってくるので、社会人向けの技術習得支援が充実しているかどうか調べておいたり、未経験可能人材向けに研修も行っている求人を重点的に探してみるといいでしょう。

マニュアルやルールなどの決まり事のしっかりした会社を選ぶ

社内制度が明文化されている企業を選ぶのも完璧主義者が自分に合った仕事を見つけ出すコツでしょう。
これは会社の規模が大きければ大きいほどしっかりしている傾向にあります。

具体的には、

  • 求人情報に福利厚生(社保完備)の明記はあるか?
  • 休暇制度はしっかり用意されているか?
  • 上場済みの企業か?
  • 入社前にしっかり雇用契約書を提示しているか?

などの要素がしっかりしているほど、社内制度が明確だとわかってきます。
完璧主義者の中でも「決まりごとをしっかり守る」「判断に迷った際は決め事や原則に従って動く」ことに安心感を覚えるのであれば、しっかりとした基準や原則の存在する会社で働く方が快適なはずです。

個人プレイが許されやすい職種や会社を選ぶ

多くの仕事はチームワークや分業で為されるものであり、完璧主義者にとっては息苦しく感じることもあるかもしれません。
自分のやり方や主義を貫くのであれば、個人プレイの許されやすい職種や会社を選ぶ必要が出てきます。
ただ何度も紹介している通り、実績や経験のないうちは個人プレイが許される状況は少ないので、下積み期間は耐えることも重要なことはお忘れなく。
いずれにせよ、自分の中の理想や完璧を追求するには、最終的に仕組みやルールを作る側になるほかないでしょう。

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました