几帳面さが活かせる!細かい人に向いてる仕事16選!

ディテールにこだわる人に向いている仕事は、どんどん増えています。スポーツ選手もその一つですが、テニス選手やピッチャー、ラグビー選手など、細かい部分に気を配ることが求められる仕事は、その分野で重要な役割を果たします。

細かい人はさまざまな分野で働くことができます。ただ、基本的には頭の良い人が細かい仕事を担うことが多いです。例えば、政治家や大学教授、ビジネスマンなど、仕事をしながらも一般の人からはピンとこないような話に裏打ち

細かい人は、コミュニケーションを好む傾向にあります。請求書やメールの読み方などに細心の注意を払うといったことで、細かい人は「細かい」という言葉の通りに仕事が出来ると自負してしまうかもしれません。ですが、他にも探して

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

細かい人に向いてる仕事

細かい人は、多くの仕事において有利に働きます。

  • スポーツ選手
  • タイムキーパー
  • ロケット開発エンジニア
  • 税理士
  • 弁護士
  • 国税専門官
  • ファッションデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • インダストリアルデザイナー
  • 栄養士
  • 麻薬取締官
  • 行政書士
  • テクニカルイラストレーター
  • 大工
  • 測量士
  • 秘書

細かい人に向いている職業として考えられるのはスポーツ選手です。プロフェッショナルなスポーツであればいくらでもありますが、タイムキーパーやラグビー選手なども細かいことをする必要があります。

タイムキーパー

テレビ番組の撮影の際、とくに生放送の場合、撮影時間と放送進行の時間が早すぎたり遅れたりしないよう、脚本や台本を見ながら時間を計り、管理するのがタイムキーパーの仕事です。アシスタントディレクターやその他スタッフと連携して、番組進行が滞らないように調整します。現場ではタイムキーパーのことを略して「TK」とも呼ばれています。

タイムキーパーになるには、テレビ番組の制作会社に入社しましょう。まずは、先輩タイムキーパーに弟子入りして、アシスタントとして仕事を覚え、独立を目指しましょう。勤務時間が不規則なので体力は必要となりますが、この職業は女性が多く、フリーで働く人も多いようです。経験を積んでいれば、結婚や出産を経て復帰できる仕事でもあります。

ロケット開発エンジニア

ロケット開発エンジニアは、日々進化する航空宇宙工学の知識技術を駆使して、用途に応じたロケットの開発や設計を行なうのが仕事です。日本のロケット開発エンジニアは、主に宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ就職して仕事をしていますが、ロケットの開発に誘っている大学などの研究室に残って研究者となったり、ロケット開発を行なっている民間会社の研究者として開発に携わる者も多いようです。

ロケット開発エンジニアになるためには、早稲田大学の理工学部や工学部の専門の学科で、航空宇宙工学を学ぶことが基本となります。航空宇宙工学とは、流体力学、飛行力学、航空機設計などの学問を用いて、航空機、ロケット、人工衛星、宇宙探査機を設計するための方法を研究開発する学問のことです。

航空宇宙工学を学んだ上で、JAXAへ応募したり、三菱重工業など ロケットを作っている民間企業への就職を目指すというのが一般的です。また、大学の研究室に残って研究を続けて成果を出すことで、JAXAや民間企業から招聘されることもあるようです。

国税専門官

国税専門官は、税金に関する調査や指導を行なうのが仕事で、個人や企業が適正に税金を申告してるかどうかを調査する国税調査官、未納となっている税金の催促や財産差し押さえなどの滞納処分を行う国税徴収官、脱税を見つけ検察官に告発する国税査察官のみっつに分かれています。

国税専門官試験の受験資格は、21歳以上30歳未満の者、または21歳未満で大学を卒業した者、あるいは受験年度に卒業見込みの者などとなっています。会計学や商法の専門知識が必要となるため、国税専門官には大学の法学部出身者が多いようです。国税専門家居として採用されると税務大学で約3ヶ月間、税務職員としての基礎を習得する専門官基礎研修を受けたのち、各国税局に配属されます。

ファッションデザイナー

服飾商品において、コンセプトからイメージまでを企画し、ディテールや素材、柄などをデザインするのがファッションデザイナーの仕事です。ファッションデザイナーは企業デザイナーと個人デザイナーのふたつに大きくわかれます。

企業デザイナーは、所属する企業の経営方針や販売面での利益までを考えながらデザインする。たとえば、女性向け、男性向け、子ども向けといった消費者のニーズをとらえ、ファッションの流行を予測し、デザイン画を起こします。どのような布地を使うか、色や柄はどうするかなど、より具体的なイメージをデッサン画に描きます。描いたデザイン画を元に型紙を製図するパタンナーに対して、デザインのコンセプトを具体的に伝え、裁断や仮縫いなどにも立ち会い、自分のイメージどおりに仕上がっているかどうかをチェックします。専門的なスタッフとともに何度も修正を加えながらサンプルを完成させ、大量に売り出すための服をデザインしていくのです。個人デザイナーは、自らのブランドを立ち上げ、自由な発想でデザインしていきます。両者とも手先の器用さはもちろん、創造性も重要視される仕事です。

ファッションデザイナーになるには、まず、デザインや服飾を専門とする大学や専門学校で基本的な衣服製作技術だけでなく、デザイン理論や表現能力などを学びましょう。卒業後はアパレルメーカーやデザイン事務所、服飾関連会社に就職したのち、パタンナーやアシスタントなどを経て、デザイナーになる場合が多いようです。実績や経験を積んで、自らの名を冠したブランドを持つ個人デザイナーとして独立している人もいます。 独立してブランドを立ち上げるには、コンクールで入賞するなど自らの創造力や表現力を高めてアピールしていく必要があります。

インテリアデザイナー

快適に生活できるように、空間を構築する素材や形、色、そして設備や家具、照明などをデザインするのがインテリアデザイナーの仕事です。居住空間の設計や店舗の施工といった建築家的な仕事から、家具や照明器具のデザインまで、仕事の内容は多岐にわたります。発注内容をもとに、予算や機能を踏まえながらデザインしていきます。仕事内容により、空間デザイナーや住宅設備機器デザイナー、家具デザイナーやリフォームデザイナーと称されることもあります。

インテリアデザイナーになるには、インテリアデザイン関連の大学や専門学校で建築や美術、工学などを学んでおきましょう。主な就職先はインテリアデザイン事務所や住宅メーカー、住宅設備機器メーカーや室内装飾用品メーカーなどになります。日本デザインプランナー協会のインテリアデザイナー認定試験という資格もあるので取っておくと良いでしょう。

インダストリアルデザイナー

クリップやボールペンといった文房具から、時計やスマートフォン、パソコンをはじめとするIT機器、家電製品のほか、ロボットや飛行機といった大型のものまであらゆる工業製品をデザインするのがインダストリアルデザイナー(工業デザイナー)の仕事です。たとえば、自動車の企画や設計士もインダストリアルデザイナーの素養が求められます。

インダストリアルデザイナーの仕事は、まず新製品の企画内容を理解し、それをもとにイメージを膨らませます。そのイメージをスケッチに描き、スケッチを元にクレイと呼ばれる粘土や紙などで立体的な模型にしていきます。そして、ユーザーのニーズを考えながら機能や使いやすさなどの点で不具合がないかをチェックした上で最終モデルを決定し、正確に図面に起こすまでがおおよその流れとなります。いずれにせよ、機能性や安全性、コスト面などあらゆる要素を満たしたデザインが必要とされます。

インダストリアルデザイナーに美的センスは不可欠ですが、単に美しいものをデザインすればいいという仕事ではありません。製品の開発担当者との連携や機能や性能といった製品に対する専門知識が必要であり、機械や人間工学などの知識や造形技術なども求められます。このため工業系の大学や専門学校へ進学してインダストリアルデザインを学ぶ人も多く、産業系専門のデザイン会社やプロダクション、企業のデザイン関連部門ではこういった学歴が有利になっているようです。就職先の企業で経験を積んで、個人事務所を開業している人も多くなっています。最近は各社のブランドイメージを高めようという目的から、製品のデザインを重視する傾向になっており、企業と専属契約をしている個人事務所も存在します。

栄養士

学校や病院、給食センターや社員食堂などに勤務し、栄養バランスの取れた献立を提案し、レシピを作成、調理をするのが栄養士の仕事です。また、栄養が偏っていたり食生活が乱れていたりする人に対して、食生活の改善を指導するなど栄養指導にあたることもあります。ほかには健康食品メーカーやスポーツ関連企業でコンピューターを使って栄養価の計算をしたり、栄養に関する広報や調査を行なったりする人もいます。勤務先は病院や給食施設、保育所や老人ホームのほか、スポーツ施設やエステティックサロン、フィットネスクラブなどのほか、研究施設や食品メーカー、大学や大学院などがあります。高齢社会を迎えて健康への関心が高まっている現在、今後も需要のある職業といえるでしょう。

栄養士になるには、大学の家政学科や生活科学科、または厚生労働大臣指定の栄養専門学校などの栄養士養成施設を卒業することで栄養士の資格を取得できます。就業先は学校や病院などが一般的です。栄養士の資格取得後、1~3年の実務経験を積むと『管理栄養士』の試験を受験できるようになります。管理栄養士の資格は栄養士の上級資格で、栄養士よりさらに専門的な栄養学を学び、国家資格に合格した人に与えられるものです。管理栄養士は傷病者に対して療養のために必要な栄養の指導が行なえるほか、栄養士よりも規模の大きい施設で栄養指導を行なえ、 栄養士に指導することも可能となります。厚生労働省のホームページでは管理栄養士国家試験の概要や栄養士および管理栄養士の養成施設の情報を掲載しています。

麻薬取締官

近年、大麻や違法薬物の使用が大きな社会問題となっていますが、その問題解決に正面から挑んでいるのが麻薬取締官、いわゆる麻薬Gメンです。彼らは厚生労働省の麻薬取締部に所属し、刑事訴訟法に基づく特別司法警察員としての権限を持っており、薬物乱用者や暴力団などの薬物犯罪に関わる捜査や情報収集活動を行なっています。

麻薬取締官になるには、大学で薬学や法学を学んだ後、国家公務員試験一般職試験に合格、または薬剤師の資格を取得した上で厚生労働省麻薬取締部の採用試験に合格しなければなりません。一方、警察庁の薬物銃器対策課も薬物犯罪を取り扱っており、合同捜査をすることもあります。

行政書士

各省庁や都道府県庁、市・区役所や町・村役場、警察署といった官公署に提出する書類の作成には細かい決まりがあります。行政書士は法人や個人に代わり、このような書類を作成し提出手続きをするのが仕事です。たとえば「権利義務に関する書類」について、その作成と相談も行ないます。具体的には、遺産分割協議書、贈与や売買、交換や消費貸借、賃貸借や委任、寄託や和解などの各種契約書があります。

行政書士になるには、行政書士試験研究センターが実施する行政書士試験に合格する必要があります。または弁護士の資格を有する人や弁理士の資格を有する人、公認会計士の資格を有する人や税理士の資格を有する人、国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間が通算して20年以上の人も行政書士になることができます。行政書士として開業するには日本行政書士会連合会への登録が必須となります。

テクニカルイラストレーター

テクニカルイラストとは、工業製品や人体、植物などを、立体的に描いた精密なイラストのことで、家電製品などの取扱説明書に描かれている部品の説明図やプラモデルの組立説明図などが挙げられます。テクニカルイラストレーターは、CAD(コンピューター支援設計)などを使ってイラストを描くのが仕事で、対象物の構造や特性を正確かつわかりやすく表現することが求められます。

テクニカルイラストレーターになるには、各都道府県の職業能力開発協会が実施する国家検定資格の『テクニカルイラストレーション技能士』を取得すると就職などに有利となるため、専門学校などで資格検定のために学んでおきましょう。現在はどのような分野もデジタル化が進んでおり、CADを使うケースが増えているため、デザインや描画のセンスだけでなくCADプログラムやコンピューターの知識も必要となります。就職先は電機メーカーのデザイン室や技術資料作成の部署、取扱説明書の制作を行なっている会社などがあります。

大工

大工は、家屋をはじめとした木造の建物の建築や修理を行なう職人です。設計図に従って材料を仕入れ、それらを加工し、木造の建物を作り上げていきます。図面の不備があったり、施主の要望があったりした場合には、現場で臨機応変に修正を加えたりもする。木造建築の専門家としての知識と技術が求められるとともに、体力も必要となります。高い技術を持つ大工は『棟梁』と呼ばれ、建築現場全体を束ねる立場になるため、統率力も身に付けなくてはなりません。

大工になるには専門学校や職業訓練校で学ぶか、棟梁の下に弟子入りする方法があります。建築会社や工務店などへ就職して技術を磨き、独立して建築会社や工務店を営む人もいます。資格は、各都道府県の職業能力開発協会が実施する『建築大工技能士1~3級』があります。

測量士

測量士とは、土地の位置や高さ、長さや面積を正確に測る測量を行なう専門技術者のことです。建物の建造はもちろん、上下水道整備や道路建設、大きなものでは区画整理や都市計画まで、正確な測量によってつくられた図面を基礎として計画が進められています。正確な測量を行なうためには専門的な測量技術が必要となります。

測量士になるためには、国土交通省の国土地理院が実施している測量士試験に合格し、登録することが必要ですが、大学などで測量に関する科目を修めて卒業したあと、建築会社や測量専門会社に就職し、一定期間の実務経験を積んだ場合は無試験で資格が取得できます。資格を持っていれば、自ら測量事務所を構えて独立することも可能です。

秘書

企業経営者や政治家、病院の院長などが職務に専念できるように、さまざまな仕事を引き受けるのが秘書の仕事です。基本的には上司よりも早く出勤し、メールや郵便物をチェックして、出勤してきた上司に報告します。また、上司のスケジュールを確認して調整するのも秘書の仕事です。そのほかにも来客の取次や応接、電話対応や郵便物の発送など、仕事の内容は実に幅広くなっています。事務処理の能力とスケジュールの管理能力、接遇 のマナーや言葉使い、電話対応能力のほか、外資系の企業では英語力も求められます。

企業や団体に就職後、適性を認められて秘書課に配属されるケースが多いようです。秘書のスキルを知る目安としては、実務技能検定協会が実施する文部科学省認定の『秘書検定』や日本秘書協会が行なう『CBS (国際秘書)検定』などがあり、これらで良い成績が取れたならば就職するのに有利となるでしょう。

参考リンク一般社団法人日本秘書協会

細かい人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは細かい人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

細部へのこだわりが評価される仕事を選ぶ

世の中には「細かいことにこだわるよりは行動量が重視される仕事」と「細かいことにこだわって品質向上を目指す仕事」の両方が存在します。

ですので、仕事の役割や会社の規模によっては細かいこだわりが評価されないこともあるので、仕事選びや会社選びは慎重にすべきでしょう。

たとえば、ベンチャーや中小規模の会社であればクオリティよりは行動量が求められやすい傾向にありますが、大きめの規模の中小企業であれば品質管理やクオリティの維持が求められるため、細部へのこだわりが評価されやすくなります。

ですので、仕事内容や会社の役割などを事前に調べて理解しておき、細かいことにこだわることが評価につながりやすいかどうかを事前に確認しておくといいでしょう。

職人気質でも大丈夫!こだわりが強い人に向いてる仕事15選!
職人気質な性格(神経質、こだわりの強い人)に向いてる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?当記事では性格傾向/適職診断などの理論をベースに、職人気質な人に向いてる仕事をご紹介していきます。

企画・開発よりは品質管理・向上の仕事を選ぶ

サービスや新規事業立ち上げのために「数打てば当たる」となりやすい企画・開発職よりは、品質管理・チェックなどが主となる仕事の方が細かい人には向いてると言えます。

わかりやすく言えば「新しい物を生み出すよりは、既にある物の保守管理・改良」という仕事の方が向いているということです。

幸いにも、世の中には「既にある物を保守管理したり改良する仕事」が大半なので、これは細かい人にとっては喜ばしいことです。

細かいことに気づく人に向いてる仕事16選
整理整頓が得意な人は、他の人が見落としている細かい部分に気づくことがあります。そのため、自分の性格に合った仕事を見つけるのに苦労することもあります。実際には、自分の性格にぴったり合った仕事はたくさんあります。自分に合った仕事を探す際には、自...

ルールや規則の遂行を役割とする仕事を選ぶ

ルール・規則・マニュアルと言った「仕事上の決まり」がしっかりした仕事や業界を選ぶことも、細かい人が向いてる仕事を見つけ出すコツです。

一般的に、会社の運営年数が長く会社の規模が大きければ大きいほど、社内でのルールや規則がしっかりしていく傾向にあります。

逆に、会社の運営年数が短いベンチャー企業や従業員の少ない中小企業は自由な反面、ルールや規則がしっかりしていないので細かい人にとってはストレス多く感じるかもしれません。

会社は「法律」のような明確ルールを基準に動くことが多いため、その道の専門知識を活かす「税理士」「弁護士」「社労士」などの士業を目指すのもいいでしょう。

緻密な計算や設計が必要とされる仕事では高い適性が発揮しやすい

世の中には、感性や経験・勘よりも緻密な計算や設計が必要とされる仕事も存在します。
たとえば、建築関連の仕事は測量から設計書を作る過程で、細かいことを計算して仕事を進めていく能力が必要になります。
また、世間一般では「センス(感性)」でどうにかしていると思われる「デザイナー」の仕事全般も、実際は計算と設計をしっかり行った上で進めることが大半です。
そういった「世間の職業イメージと実際の仕事内容のギャップ」も理解しながら、細かい作業が大事になる仕事を見つけ出してみるといいでしょう。

神経質な人に向いてる仕事9選
ストレスの多い労働条件の仕事はたくさんありますが、神経質な人には向いていません。たとえば、接客業をしていると、お客様とのやり取りが必要な時は、時には相手を落ち着かせることも必要ですよね。 緊張したり、不安になったりするのは当然のことで...

細かい人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました