人間不信な人に向いてる仕事11選

人を信じられず、他人を苦々しく思っている人もいます。しかし、彼らには楽しめる仕事がいくつかあります。非友好的な人は、違法な会社では働けない。どんな人でも、自分の特性を理解し、非社会的であってもそれを利用するだけで、最適な仕事を見つけられる可能性があるのです。ここでは、人を信じず、自分の道を進むことが好きな人に向いている仕事だけを紹介します。自分を理解して、理想の仕事を見つけましょう。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

人間不信に向いてる仕事【解説付き】

人間不信に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 税理士
  • 検察官
  • 裁判官
  • 麻薬取締官
  • 公正取引委員会職員
  • ドッグトレーナー
  • 自然観察指導員
  • 校正者
  • セキュリティエンジニア
  • 暗号技術者
  • 探偵

人間不信であることを強みにするなら「他人を疑う仕事」が向いてると言えますし、人間自体を相手にしたくないのであれば「自然や物を相手にする仕事」が向いてるはずです。

税理士

検察官

検察官は、窃盗、傷害などの刑事事件において、罪を犯したとさ れる人を裁判所に起訴するかどうかを決定するのが仕事である。検 察官は、警察が捜査した事件を受理し、証拠や証言を確認したり、 被疑者から話を聞くなどして、本当に犯人かどうかを判断する。検 察事務官と一緒に犯罪を調べることもある。そして最終的に起訴す る(裁判を起こす)かどうかを決定する。その後、裁判で、犯人が 有罪と決まった場合は、刑務所に入れる手続きや、罰金などを納め させる手続きを取るのも検察官の役割である。
まずは司法試験の突破を目指そう。試験に合格後、司法修 習を終えて、検察官になる。
一般的には法科大学院で学び、司法試験を受ける。合格後、司法 修習を終え、法務省の面接等を経てから、検察官になる。

裁判官

争いごとがあった場合に、法律に従って解決し、法律を破って罪 を犯した人には、法律に沿って刑罰を与えなければならない。その 役割を担うのが裁判官である。裁判官は、刑事裁判の場合であれば、 検察官・弁護人・被告人の話をよく聞き、提出された証拠をよく見 ながら、被告人に罰を与えるかどうか、さらには、どのくらい重い 罰を与えるかを決める。
2009年から裁判員制度が始まった。国民に裁判員として刑事 裁判に参加してもらい、被告人が有罪かどうか、有罪の場合はどの ような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらう制度であり、裁判 員もまた、重大な責任を負うこととなった。
まずは司法試験の突破を目指そう。試験合格後、司法修習 生として学ぶ。
裁判官になるには、弁護士や検察官と同様に、司法試験に合格し なければならない。まずは法科大学院で学び、司法試験の受験資格 を得よう。司法試験に合格すれば、その後、司法修習生として司法 を修習し、判事補として経験を積んだのち、判事として一人前の裁 判官になることができる。

麻薬取締官

公正取引委員会職員

公正取引委員会では、独占禁止法を運用することにより、自由な 経済活動が公正に行なわれるように、企業の違反行為に目を光らせ、 消費者の利益を守っている。公正取引委員会職員は、独占禁止法に 違反する行為を迅速に取り締まり、厳正な措置をとる。また、独占 禁止法に違反する疑いがある企業を調査し、違反のあった企業に対 しては、その行為をやめるように命令したりもする。 「市場の番人」とも称され、自由な競争を守る仕事は、正義感の強 い人に向いている。
国家公務員採用試験の総合職、一般職のいずれかに合格し て、公正取引委員会への就職を目指そう。
公正取引委員会の職員になるには、基本的に国家公務員採用試験 に合格し、公正取引委員会に採用される必要がある。

ドッグトレーナー

犬を訓練したり、しつけするドッグトレーナーという職業です。
ペットとして犬を飼う人が増えるにつれて、その需要が増えています。
ペットとして飼い始めたのはいいものの、トイレのしつけ、吠え癖・噛み癖、その他の問題行動で困っている飼い主は少なくありません。
そのため、飼い主に人間社会で共存していくためのマナーを教えるという仕事の需要が増えているわけです。
トレーニングは、犬を預かって行うこともあれば、家庭に出向いて行うこともあります。
より専門性の高いドッグトレーナーとして、家庭犬のトレーナーではなく「警察犬訓練士」「災害救助犬訓練士」「 盲導犬訓練士」「 聴導犬訓練士」「 介助犬訓練士」「 セラピードッグ訓練士」など、職業犬の訓練士という仕事も存在します。

自然観察指導員(ネイチャーガイド)

世界規模で自然環境の維持・保護の大切さが叫ばれている。同時 に、多くの人々が自然との触れ合いを楽しめるレジャーを求めて行 なう自然散策ツアー(エコツアー)なども盛んになっている。
こうした自然散策ツアーに同行し、草木などの解説をはじめ、生 態系の仕組み、自然との付き合い方などを指導・案内するのがネイ チャーガイドの役割だ。
ネイチャーガイドは、OWS が実施するネイチャーガイド養成コ ースを受講すれば取得できる認定資格だ。OWS は、The Oceanic Wildlife Society の頭文字をとってつけた名前で、日本語でい うと、「海洋野生生物協会」ということになる。
ネイチャーガイド資格取得者は、自然保護団体のスタッフとして 活動したり、旅行会社のガイドとしての仕事をしているほか、ボラ ンティアとして活躍している人も多い。
また、ネイチャーガイドの中には自然保護協会が認定する自然観 察指導員として地域に根ざした自然観察会を開催している人もいる。 自然観察会は、観察と体験を通して、自然を保護する心を育て、自 然にやさしい生活の実践を促していくことを目的としている。日本 自然保護協会では自然観察指導員のための講習会を実施しているの で、チェックしてみるとよいだろう。
野外教育、自然科学などを学び、「ネイチャーガイド」や「自 然観察指導員」の資格を取得しよう。

校正者

出版物が世の中に出る前に文字の間違いや内容の疑問点、書体、 デザインの組み方などをチェックするのが校正者の仕事だ。近年は パソコンによるデータ入稿が主流になり、内容を吟味する「校閲」 の要素が重視されるようになっている。「校正記号」と呼ばれる専 用の記号を赤字で入れ、編集者に校正結果を伝える。豊富な知識に 加え、限られた時間内で作業をする集中力と注意力が必要な職業だ。
マスコミ関連の専門学校で校正・編集に関して学ぼう。通 不信教育や夜間のクラスで学習する方法もある。
マスコミ関連の専門学校で、編集や校正記号、印刷の知識を覚え よう。また、校正者としての技能を認定する資格があり、通信教育 や夜間のクラスで学習することも可能だ。

セキュリティエンジニア

暗号技術者

インターネットでやり取りするデータの内容を他人にはわからな くするために暗号化する技術を開発しているのが暗号技術者だ。一 方で、暗号解読の技術も日々進化しており、それを犯罪に利用する 者もいる。暗号技術者と犯罪との戦いは日夜続けられている。
大学や企業の研究室に入る必要がある。情報処理安全確保 へ 支援士の資格を取得するとよいだろう。
大学や企業の研究室に入り、専門的なネットワーク・セキュリテ ィの知識を身に付けておくべきだ。インターネット関連会社などで、 セキュリティ部門の仕事に就き、そこから暗号技術者へとスキルア ップしていくというのも1つの手だ。資格には、情報処理安全確保 支援士などがある。今後もより多くの優秀な人材が求められている だけに、将来性のある分野である。

探偵

人間不信な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました