【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

障害者施設を辞めたい人向けの全知識。グループホームを退職する時のポイントは?

「障害者施設の仕事がきつい…辛い…」
「障害者施設を辞めたい…」

障害者施設とは、障害者の方々が生活や就労を支援するために設置された施設です。

障害者施設には、大きく分けて「入所施設」と「通所施設」の2種類があります。

  • 入所施設:障害者の方が24時間365日、生活を送ることができる施設です。入所施設では、食事や排泄、入浴などの日常生活の介護や、就労支援、レクリエーションなどのサービスを提供しています。
  • 通所施設:障害者の方が日中のみ、施設に通所してサービスを利用する施設です。通所施設では、作業活動、日中活動、集団活動などのサービスを提供しています。

また、実際に勤務する施設の正式名称としては、以下の呼称が一般的です。

  • 障害者支援施設(グループホーム、就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労移行支援、自立訓練(生活訓練)、自立訓練(職業訓練))
  • 児童発達支援センター
  • 放課後等デイサービス
  • 特別支援学校(肢体不自由、知的障害、自閉症、情緒障害、言語障害、難聴、視覚障害)
  • 養護学校

一方で、俗称であったり、運営団体・組織が用いる呼称によっては、

  • 障がい者福祉施設
  • 障がい者ケア施設
  • 障がい者センター
  • 障がい者生活支援施設
  • 障がい者リハビリテーションセンター
  • 障がい者グループホーム

などと呼ばれることもあります。

これらの障害者施設は、障害者の方々が自立した生活を送るために重要な役割を果たしており、社会的価値は高い一方で、福祉職特有の辛さやきつさもあり、辞めたいと悩む人も数多くいます。

そこで当記事では、障害者施設を辞めたいと悩む人に向けて、仕事でとくに辛いと感じる部分から辞めたい時の転職先まで、まとめて知りたい情報をお届けしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

障害者施設勤務の辛い部分やきついと感じる瞬間

障害者施設で働くことは、社会的に貢献できるやりがいのある仕事ですが、同時に厳しい面や辛さも存在します。この項目では、障害者施設で働く人たちが日常的に直面する辛い部分やきついと感じる瞬間について探っていきます。

不規則な勤務体制

障害者福祉施設での仕事は、夜勤や二交代制を含む激務な勤務体制が特徴的です。

まず、夜勤は障害者のケアや緊急時の対応を行うために必要な勤務形態です。夜間は利用者の介護や安全確保が求められるため、職員が24時間体制で施設に常駐する必要があります。夜勤勤務は睡眠不足や生活リズムの乱れといった健康面の負担を伴い、職員の身体的・精神的なストレスが増大する要因となります。

また、二交代制も一般的な勤務形態であり、職員が日中と夜間のシフトを交代で担当します。これにより施設が24時間運営されることで、利用者への支援やケアが継続されます。しかし、二交代制は生活リズムの不安定さを招き、睡眠や食事の時間が乱れることがあります。職員は日中勤務と夜間勤務を切り替えるため、十分な休息を取ることが難しく、体力の低下や疲労感が蓄積されることもあります。

これらの勤務体制によって生じる生活リズムの不安定さは、職員の身体的・精神的な健康に悪影響を及ぼす可能性があります。睡眠不足や疲労は業務の遂行に支障をきたし、集中力や判断力の低下を引き起こすこともあります。また、生活のリズムが不規則になることで、職員自身の生活の充実度やプライベートな時間の確保も困難になるかもしれません。

理想と現実のギャップに苛まれる

障害者施設に就職した動機として、

「過去に障害者と関わった原体験がきっかけでその道を志した」
「障害者の方々のために貢献できる立派な職業だから」

といった理想や理念を抱いている場合、障害者施設の過酷な現実にギャップを感じることがあります。

たとえば、平気で施設利用者に差別的な言動を行う上司や先輩の存在であったり、施設利用者の家族からの過剰な要求やクレームに心が痛むといった事態です。

施設利用者とのコミュニケーションの難しさ

障害者福祉施設で働く職員にとって、施設利用者とのコミュニケーションは重要な課題です。障害の種類や程度によって、利用者のコミュニケーション能力や特性は異なるため、職員はそれぞれの利用者に適切な対応を行う必要があります。

一つの課題は、言語障害を抱える利用者とのコミュニケーションです。一部の利用者は言葉でのコミュニケーションが困難であり、代替手段や非言語的なコミュニケーション方法が求められます。職員は身振りや表情、視覚的な手がかりなどを活用しながら、利用者との意思疎通を図る必要があります。

また、認知機能の低下がある利用者とのコミュニケーションも難しい場合があります。記憶力や判断力の低下によって、職員が伝えた情報を理解し続けることが困難になることがあります。職員は繰り返し説明したり、分かりやすい言葉や手がかりを使って情報を伝える工夫が必要です。

さらに、行動や感情の制御が難しい利用者とのコミュニケーションも挑戦的な課題です。一部の利用者は自己表現や感情のコントロールが困難であり、怒りや不安といった感情を適切に表現することができません。職員は利用者の気持ちを読み取りながら、適切なサポートやアプローチを行う必要があります。

以上のように、施設利用者とのコミュニケーションは多様な課題を伴います。職員は個別の利用者のニーズや特性に敏感に対応し、コミュニケーションの障壁を乗り越える努力が求められます。

閉鎖的な職場での人間関係に悩まされる

職場での人間関係のストレスはどのような職種や会社でもあるものですが、障害者施設の場合、閉鎖的な社内環境に起因する問題が発生しやすいです。

障害者福祉施設での職場は、閉鎖的な雰囲気や独特の人間関係が存在することがあります。その中で、以下のような悩みや問題が生じることがあります。

  1. 施設利用者の陰口や悪口: 職場内での利用者に対する陰口や悪口が広がることがあります。これは、ストレスや疲労からくる発言や、利用者に対する理解不足から生じる場合もあります。しかし、それは利用者の尊厳を傷つける行為であり、職員同士の信頼関係を損なうものです。
  2. 新人イビリ: 新しく入ってきた職員へのイジメや嫌がらせが行われることがあります。これは閉鎖的な職場環境や上下関係の強さから生じるものであり、特にヒエラルキーの上位に立つ職員が新人をいじめることがあります。これはチームワークや職場の雰囲気に悪影響を与えます。
  3. 立場の違いによる確執やいざこざ: 職場内には施設長や看護師など、異なる立場の職員が存在します。それぞれが自身の職務や責任を果たすために行動する中で、意見の対立や確執が生じることがあります。これは職場全体の雰囲気や協調性に影響を与える可能性があります。

これらの問題は、閉鎖的な職場文化や上下関係の強さ、コミュニケーション不足などが要因となって生じる場合があります。職場内の人間関係が悪化すると、ストレスや不満がたまり、働く意欲や職場満足度が低下する可能性があります。

倫理観に欠けた職員の言動や職場環境に心が病む

障害者福祉施設で働く職員には、過酷な環境で働くうちに倫理観が欠けていくのか、時に信じられない言動を行う場合があります。

たとえば、施設利用者である障害者を見下し差別するような言動を平然と行うといった行為です。これは障害者福祉施設とは名ばかりの悲惨な職場環境です。

「障害者を見下すためにここに入ったの?」
「障害者はモノと思って仕事しないと長く続かないよ?」

私が直面した障害者差別は、職員たちの陰口や冷たい言葉でした。驚くべきことに、彼らは障害者を見下すために施設に入ったのではないかと私に向かって言い放ちました。私はその非難に反論しましたが、彼らは冷笑的な態度で「障害者はモノと思って仕事しないと精神病む」とまで言い放つのです。

末期状態の職場環境では施設利用者の虐待につながる事例も…

しかし、これはまだ序の口です。

最悪の場合、障害者の耳が聞こえないことをいいことに、罵声を浴びせたり、粗暴な態度で接したりする職員も存在します。さらに、職場内でも障害者に対する悪口が絶え間なく飛び交い、私は正気を保つのが難しくなりました。

こんな異常な職員たちが福祉施設で働いている現実に直面すると、私たちの心は病んでいきます。障害者の尊厳を守るべき場でありながら、そこには人間性の欠落と人権の軽視が蔓延しているのです。

一般的に、閉鎖的な環境や狭い人間関係の中で人としての尊厳や自由が奪われるような生活が続くと、人はその鬱憤や加虐性を弱い者に向けがちです。

たとえば、恋人同士ではDV(ドメスティックバイオレンス)に発展したり、周りから支援や理解が得られない家庭環境のストレスから子供への虐待につながったり、歴史的に見れば共産主義国や社会主義国での大量虐殺など、その例は枚挙にいとまがありません。

その最たる例は、戦後最大の殺人事件となった、あの「相模原障害者施設殺傷事件」という痛ましい事件でしょう。

相模原障害者施設殺傷事件とは?

相模原障害者施設殺傷事件は、2016年(平成28年)7月26日未明、神奈川県相模原市緑区千木良476番地にある、神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に、犯行当時26歳の元施設職員の男Aが侵入し刃物で19人を刺殺、26人に重軽傷を負わせた大量殺人事件である。第二次世界大戦後の日本で発生した殺人事件としては犠牲者の数が最も多く、戦後最悪の大量殺人事件として日本社会に衝撃を与えた。

引用元:相模原障害者施設殺傷事件|Wikipedia

この例は極端であるとしても、日夜、ニュースになる福祉職従事者の利用者虐待の報道などを踏まえると、こういったストレス解消のための虐待行為が障害者施設で密かに行われている可能性はないとは言い切れません。

障害者福祉施設は、利用者の生活支援や安全な環境の提供を目的としています。

しかし、職員たちが過酷な労働条件やストレスにさらされ、精神的な疲弊を抱えている場合、その負の影響が施設利用者にも及ぶことがあります。

職員たちが心身の疲弊を抱えると、利用者との適切なコミュニケーションや配慮が行われなくなります。倫理観の欠如やストレスのはけ口として、利用者への暴力や虐待行為が起こることもあります。

これらの状況に直面すると、私たちは精神的な苦痛を抱えることになります。自分の倫理観とのギャップ、理念との衝突によって心が傷つき、心の健康を脅かされるのです。

障害者福祉施設で働く職員たちの中には、倫理観の欠如や差別的な態度を持つ人々が存在していることを知ると、職場での心の健康を守ることが非常に困難であると感じるでしょう。このような状況下で働くことは、私たちが抱える重い悲壮な現実なのです。

障害者支援員の将来性は?無理に働き続けた末路はどうなる?

辛いと感じる仕事を辞めるかどうかを判断するポイントに「その仕事の将来性は?」「将来、高い年収や安定した働き方が実現できるか?」といった要素もあります。

無理に向いてない仕事で働き続けてもしんどい状態が続きますし、たとえ高年収の仕事や世間体のいい仕事でも、精神的に安定して働き続けられるかどうかは、別に考えなければなりません。

また、昨今では内閣府の提唱する「人材の流動性」が示すように「転職が当たり前のキャリア」の時代となっています。

そのため、自分の所属する業界の将来性の高さや、働くことで身についたスキルや経歴が転職市場でも評価されるかも知っておく必要があります。

介護職自体の需要は高いが平均年収や労働環境はワースト状態

障害者支援員の仕事は、現代社会において高い需要があります。しかし、その一方で、平均年収や労働環境は非常に厳しい状況にあります。多くの支援員は長時間労働や過重な業務負担に直面し、身体的・精神的な負荷がかかります。これは介護職全体の問題であり、改善が求められています。

障害者支援員の将来性は、需要の高さから一定の安定性を持っていますが、労働環境や給与・待遇面の課題が依然として存在します。支援員が無理に働き続けた場合、身体的・精神的な健康への影響や働く意欲の低下などの末路が待ち受ける可能性があります。より良い労働条件や働き方の改善が求められ、施設の運営や社会全体の支援体制の充実が重要です。

安定性や給与・待遇面は施設の財源や運営状況による

障害者支援員の安定性や給与・待遇面は、所属する施設の財源や運営状況によって大きく左右されます。一部の施設では賃金や福利厚生が充実している場合もありますが、多くの場合は資金不足や予算制約により、給与や待遇が十分でない現状があります。そのため、支援員自身が経済的な不安や不満を抱えることも少なくありません。

半年間の休養期間

私はあの事件を契機に、職場を辞めることにしました。

実家暮らしなので生活には困りませんでしたし、今まで忙しかった分、これからについてしっかり考えてみるために、半年間思い切って休むことにしました。

あの事件のその後の動向を見守りながら、改めて障害者と社会の在り方について、自分なりに考えをまとめて、今後どう生きていくか考えるための、有意義な休養期間となりました。

転職エージェントで込み入った相談をしました

その後、私は接客業でアルバイトする傍らで、転職エージェントという転職支援サービスで転職先を紹介してもらうことにしました。

最初はハローワークや大手求人サイトで職を探していたのですが、前職での不信感から、どこの求人も信用できない状態に陥っていたからです。

そこで転職エージェントというサービスを知って、思い切って専門家に私の心情を話し、自分に向いた仕事を紹介してもらおうと考えました。

転職エージェントではプライバシーにも配慮されていますので、前職の不満や事情なども落ち着いて話すことができ、担当の方も私の意図をくんだ上で仕事先を紹介してもらえました。もともと、障害者支援にも力を入れている転職支援サービスでしたので、私の社会と障害者の在り方についての考えに共感してもらえ、真摯な対応をして頂けました。

障害者支援に関わる仕事に転職しました

その後、何度も相談やアドバイスを経て、私は障害者の社会支援に関する民間事業から内定を頂くことになりました。

決め手は前職での過酷な職務経験と、そこで培った障害者と社会の在り方についての持論とのことでした。

勤め先の民間事業も、障害者の社会支援の理想と現実に常に悩み続けて挑戦している会社で、まさに「企業と同じ悩みを持つ人材」として、私は高く評価して頂けました。

業務内容は多岐に渡り、障害者に就職支援の提案や、障害者施設の業務改善に向けた事業アイデアなど、今まで障害者の社会支援について向き合ってきた私だからこそ、続けられる仕事だと自負しています。

もっとも、障害者自身と触れ合う機会が少なくなってしまったため、たまにボランティア活動などに参加したり、あるいはボランティア自体を企画・提案して、決して事業側の独善で終わらないようにも勤めています。

障害者福祉施設の異常な環境で働いている方へ

最後に、転職を成功させた私から、同じ悩みを持っている方へアドバイスです。

あの事件にも代表されるように「障害者にも社会支援を!」と言っていても、理想と現実のギャップは著しいものがあり、現場では過酷な労働に精神を病む人も多いのが実情です。

残念ながら、理想や想いだけでは、障害者を助けることは難しいのです。

何も障害者と関わる現場で仕事し続けるだけが、すべてではありません。

少しずつ、社会の仕組みを変えたり、障害者でも活躍できる機会を作っていく道もあるのです。

また、障害者福祉施設のような過酷な現場で働き、障害者が嫌いになってしまっている人も、あの事件の加害者のような過激な発想になる前に、一度他の仕事に就くことを考えてみてください。

日本では健常者でも格差が進んでいますが、やはり理想だけでは平等は実現できませんし、その理想の下には、過酷で残酷な現場があるんです。

あの事件のような悲しい出来事を二度と起こさないためにも、自分の能力を活かして社会貢献できる、自分に合った仕事を探しましょう。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

以上のように、「障害者施設を辞めたい」という悩みに対し、一概に「これをすべき」という正解はなく、それぞれの状況に合わせて最適な行動を取捨選択する必要があります。つまり、多くのことを考えて計画的に行動する必要があるのです。

それを在職中の考える余裕がないうちに行うのは、かなりハードだと言えるです。

そこでオススメしたいのが、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法です。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました