仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

コールセンターがストレスだらけで辞めたい!電話オペレーターがつらいなら早めに転職した方がいい理由

コールセンターの仕事といえば、ストレスが多い割に給料は安いことで有名です。

中には「コールセンターの仕事なんて辞めたい…」と考えている方もいることでしょう。

当記事ではコールセンターがストレスフルな理由と、辞めた方がいい理由についてご紹介していきます。

コールセンターのつらいストレスの原因とは?

理不尽すぎるクレーム対応に精神が病む

コールセンターのつらいストレスの9割は、電話先からの理不尽なクレームが原因と言ってもいいでしょう。

筆者も過去にクレーム対応の仕事をしていましたが、あまりに理不尽すぎる割には得るものが何もないと感じたので、辞めて転職しました。

クレーム対応をしてもストレスが増えるばかりで、自分の利益や社内評価につながることなどなく、一方的に客からボロクソ言われるばかりです。

時には「コールセンターの客をぶっ殺したい!!!」ぐらいにストレスを抱えているのであれば、コールセンターからの転職を考えておいたほうが今後のためでしょう。

自社の商品やサービスを扱っているわけではないので、仕事に自信を持ちにくい

コールセンターの仕事の多くは、自社の商品やサービスを直接扱っているわけではなく、業務委託された会社が、その会社の代わりに問い合わせの対応をする仕組みになっております。

そのため、

  • 自分の会社の商品やサービスを扱っているわけではないので、自信を持って対応しにくい
  • マニュアルだけではわからないことを回答しないといけないこともある
  • 商品・サービスに対するクレームに関しては、コールセンター側では解決できない

…など、構造的に「自分の経験値にならない+自信が身につかない=コールセンターの仕事」となっているわけです。

これが他のクレーム対応もある仕事であれば、

営業→取引先のクレーム対応をしっかりこなせば、かえって信頼が得られる=自分の評価にもつながる

接客業→自店舗で扱っている商品なので、詳しい受け答えも出来る

…という風に、自分の成長を実感できます。

上司や同僚が助けてくれない

これは会社や職場にもよりますが、コールセンターの電話対応は一人で行うため、上司や同僚に助けを求めにくい仕事だと言えます。

中には、

  • 新人研修をしっかりしないまま実践投入する職場
  • 自分が困ってても、上司や同僚が知らんぷりな会社
  • ミスやわからないことがあっても、改善策を示してくれない会社

…など、ひどいコールセンターの会社も、残念ながら存在します。

人間関係が悪くなりやすい

これも社内環境に寄りますが、コールセンターの職場は人間関係が悪くなりやすいです。

その理由としては、

  • クレームで悪意を向けられるため、性格が悪くなる
  • 閉鎖的な職場なので他人の陰口・悪口がはびこりやすい
  • 正社員・派遣社員間で確執や意識の差が生まれやすい

…などの要素が挙げられます。

ノルマに追われる(テレアポ・営業電話の場合)

コールセンターでもとく「テレアポ」「電話営業」の場合、ノルマに追われやすく、うつ病になってしまう人もいるぐらい、過酷な仕事として知られています。

コールセンター関わらず、営業職は辞める人が多い仕事としても知られており、非常にキツイお仕事です。

とくに上記のような要素も合わさると、ノルマのストレスと重なり精神を病むこともありえますので、つらい感じているのであれば、辞めることを前向きに考えておくことも一つの選択肢と言えるでしょう。

コールセンターを辞めたい理由は?

コールセンターの仕事はストレスの割に合わない

コールセンターの仕事がストレスが多いことは、前述した通りです。

そのストレスの割には「給料が低い」「将来性が低い」など、割に合わない仕事でもあります。

読者の方が「一生、コールセンターで食いつないでやる!」という覚悟を持ってコールセンターで働いているのでもなければ、どの道どこかで「こんな仕事続けててもいいのか…?」と不安になっても当然です。

コールセンターの仕事は将来性が低い

コールセンターの仕事は、お世辞にも将来性が高いとは言えません。

それには、以下のような理由があります。

コールセンターの将来性が低い理由

  • 長年勤務しても、昇給することがない
  • コールセンターの業務範囲が派遣会社への委託
  • 問い合わせに関して、電話対応をしない会社も増えている(メール対応など)
  • 取引先と直接関わるわけでもないので、人脈も広がらない
  • 特別なスキルや技術が身につかないので、キャリアの足しにならない

元々、コールセンターの仕事自体が「大手企業が自社でやる必要のない仕事を派遣会社などに委託している」というビジネス形態です。

言いかえると「大企業がやりたくもない仕事を、コールセンターが押しつけられている」とも言えます。

コールセンターの多くの仕事は「価値がない」

コールセンターの多くは「価値がない仕事」だと言えます。

たとえば、コールセンターで働いている読者は、勤務中の電話対応で以下のようなことを考えたことがありませんか?

「いちいち、そんなことで電話してくるなよ…」
「この人、話を長引かせたいだけでしょ?」
「その話、わざわざコールセンター相手にする必要ある?」

私もクレーム対応をしていましたが、一銭の利益にもならない身勝手な客の対応に時間をとられ、非常につらい思いをした経験があります。

別にそれで私がストレスを抱えるだけなのであれば、まだ耐えられます。

しかし、会社の利益や自分の価値を考えた時に、上手くクレーム処理したところで客からの評価が上がって次の仕事につながるわけでもないし、社内評価が上がって昇給するわけでもないのです。

この事実に気づいたとき、コールセンターでクレーム処理の仕事を続けることに、バカバカしさしか感じませんでした。

最近では大手企業では、クレーム処理用のコールセンターを設けず、電話対応しかしていない会社も存在するほどで、それだけ「電話でのクレーム対応は価値のない仕事」だと思われているのです。

一方で、世の中には弁護士のような相談料をとるビジネスもあります。

それが何を意味するかと言うと、

「価値の高い仕事は、話を聞くだけでお金をとれる」
「人に話を聞いてもらうことはお金がかかること」

…ということです。

もちろん、世の中には「コールセンターの仕事には価値がある!」「自分はコールセンターの仕事に誇りを持っている!」という人もいるでしょうが、そうでない会社もたくさん存在します。

スキルが身につかないため、転職市場でも不利になりやすい

コールセンターでの仕事の多くはスキルが身につかないため、転職市場でも不利になりやすいと言えます。

コールセンターの業務一本だけでキャリアを作っても、今の転職市場で言えば30代以降は「同じコールセンターの仕事」に絞られてきます。

そうなると、他の職種にキャリアを変えにくくなるため、転職を考えるなら若いうちにキャリアを見なす必要が出てきます。

とくに20代の方は「既卒・第二新卒」と呼ばれ、正社員として未経験の職種・業種に就くチャンスが大きい時期なので、コールセンターを辞めるのであれば早めに行動しておいた方がいいでしょう。

コールセンターの仕事は給料が安い

コールセンターの仕事は、給料が安いです。

一般的なバイトと比べると高めですが、他の派遣形態の一般職と比べると、そこまで高くはありません。

また、コールセンターの会社は賃金の低い地方に偏っていることも多く、それだけ企業からはコールセンターの仕事は人件費をかけるほどでもないと思われているということです。

将来的に年収を上げたいと考えている方は、コールセンターの仕事から転職する方向性を考えておかなければ、一生今のままの収入と業務内容が続く…ぐらいに危機感を持っておいたほうがいいでしょう。

コールセンターの辞め方は?

上司に退職の意志を伝えるだけでOK

コールセンターに関わらず、仕事を辞める際は直属の上司に退職の意志を伝えるだけでOKです。

法律では「最低2週間」と定められており、社内規定では一般的に「一ヶ月」とされている会社が多いです。

離職率が高い上に、とくに引き継ぎの必要のないコールセンターの仕事であれば、意外とすんなり辞められることも多いようなので、まずはハッキリと退職意志を上司に伝えておきましょう。

最悪「メール」「電話」で退職意志を伝えるのもあり

現在休職中であったり、コールセンターの仕事に行きたくないレベルの方であれば、メールや電話で退職意志を伝えるのもありでしょう。

義理や筋を通したいのであれば、直接伝えたほうがいいのでしょうが「コールセンターの仕事でそこまでする必要がない」と感じているのであれば、メールや電話でも構いません。

派遣会社に相談しておく【派遣社員の場合】

コールセンター勤務で派遣社員の場合、直接雇用主である派遣会社に相談して、退職の意志を伝えたほうが問題なく済むでしょう。

派遣会社を通している場合、バックレや無断欠勤をした場合、まず派遣会社側に苦情がいくため、話がややこしくなる可能性があります。

そうなると、派遣会社側も「あいつは問題を起こしたから次の派遣先は紹介しない」と判断してくるリスクがあるので、今後も派遣会社を経由して仕事を探す場合は、必ず派遣会社に相談して退職の手続きを進めるようにしておくといいでしょう。

退職代行を利用する【退職の意志を伝えるのが怖い場合】

コールセンターを辞める際、上司が怖かったり、辞めさせてもらえない場合は「退職代行」を利用するのも手でしょう。

ただし、退職代行は有料で相場は3万円と高めですので、どうしても辞められない場合にしておくといいでしょう。

また、当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」を運営する株式会社UZUZでも退職代行を行っており、こちらは「無料で利用者に退職の仕方を教えてくれる」という形でサポートしてくれ、その後の転職先選びも手伝ってくれるので、利用を検討してみてください。

コールセンターからの転職先は?

コールセンターからの転職を考える場合、大きく以下の方針に別れます。

  • 他のコールセンターへ転職する(人間関係が嫌、扱っているサービス内容が嫌などの理由の場合)
  • コールセンターとは関係ない、未経験職へ転職する(コールセンター自体の業務内容に不満がある、将来性のある仕事に就きたい場合)

ただし、どちらが自分に向いているかは、しっかり調べて、専門家の話を聞くなどしないと、判断できません。

ですので、転職活動のやり方がわからなかったり、コールセンター以外の転職先が見つけられるか不安な方は、転職エージェントでプロに相談しておくことを強くオススメします。

転職エージェントとは無料で利用できて、プロのアドバイザーが自分に合った転職先を紹介してくれるサービスのことです。

転職エージェントは経歴不問で利用でき、コールセンター以外の転職先を見つけ出すチャンスですので、コールセンターを辞めたい方は早めに使っておくと、間違いない転職先が見つけられることでしょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。