タクシードライバー辞めたい…。タクシー運転手に転職先はあるのか?

私は30代でリストラにあい、その後タクシードライバーとして勤めていた独身男性です。

タクシードライバーと言えば、誰でも出来る楽な仕事と言えます。

もちろん、タクシー運転手で稼いでいる凄腕ドライバーもいることにはいますが、多くの場合は「技術も能力も経歴もなく、仕方なくたどり着いた」という人のほうがほとんどです。

実際、車運転するだけなら免許証があれば誰でもできますからね。

世間の目が冷たい仕事であることは、重々承知でした。

タクシー運転手はやる気のなくなる仕事

タクシードライバーは、やる気のわかない仕事と言ってもいいでしょう。

給料が歩合制なので、要領よく逆算すれば、必要な分だけ稼いで終わり…ということも出来るのです。

逆に言えば、歩合制なので頑張ればどんどん稼げる…と意気込んでいたのも最初の内でした。

本気でタクシードライバーとして稼ぐのであれば、

  • 24時間死ぬ気で運転し続ける覚悟
  • 効率的なルートなどを覚える、土地勘やリサーチ能力
  • お客さんの行き先を聞き出し、瞬時に効率的なルートを導き出す能力
  • お客さんのクレームを受け流すなど、トラブル解消能力
  • 一日中座り続けるため、体調管理を徹底しないといけない

…など、総合的な能力が要求されます。

正直な話、これらの能力のあるタクシードライバーは、そう多くはなく、実際には途中で心の折れて「事故無く運転しておけばいいや」程度の意識の低いタクシードライバーが多いのも、事実です。

そのため、世間からは「タクシードライバーはやる気のない仕事」と言われても仕方がないことでしょう。

私も最初は燃えて仕事していましたが、どれだけ頑張っても給料は頭打ちな現実に直面し、次第にやる気のないタクシードライバーとして、適度に稼ぐだけのスタイルに落ち着きました。

タクシー運転手として働いてわかった「組織で働く楽さ」

私がタクシー運転手として働いてやる気がなくなっていった原因に「企業=組織で働いた経験」があったことが考えられます。

会社で働くのは、実はすごく楽なことなんです。

自分の仕事に集中しておけば、とりあえず毎月固定給がもらえますからね。

失敗しても誰かが助けてくれますし、自分の手におえないことは上司がフォローしてくれましたからね。優秀な部下がいれば、自分の仕事も減っていくので、人材教育していく楽しみもありました。

しかし、タクシードライバーは会社からは大まかな指示があるだけで、あとの実務は全て自分自身の判断と責任で動かなければなりません。

タクシー運転手として勤めてわかったことは「正社員時代、どれだけ自分が恵まれた環境にいて、自分の頭で考えずに働いていたか」という事実でした。

会社員が「運転なんて誰でも出来るだろう」と舐めてかかってタクシードライバーになって、現実を知ってやめるパターンは、実に多いのです。

そして、私もそうした「組織で働きたい」という欲求に負け、タクシー運転手を辞めた1人です。

タクシー運転手の転職先候補

タクシー運転手の転職先はあまりないように思えますが、実はそうでもありません。

タクシー運転手は「ドライバー業」「接客業」「自営業」という側面を持つので、実務上で得た経験を活かせば、一般企業への転職は十分可能といえます。

実際に、私が転職先候補として紹介てもらった仕事を紹介します。

ルート営業

タクシー運転手の転職先に多いのは、ルート営業の仕事ですね。

とくに宅配業など、運転手と兼業でのルート営業が多い傾向です。

ルート営業は特定の顧客と付き合うことになるため、タクシー運転手として不特定多数のお客さんと関わることが苦手だった方は、ルート営業兼ドライバーの仕事が向いているでしょう。

配送業

大型免許がなくとも、最近ではインターネット通販の利用者増加に伴い、小型車での配送業の需要も高まっています。

大手配送業はもちろんのこと、小規模なドライバー職兼営業も多く募集されているため、意外な穴場求人が多く見つかりやすい傾向です。

会社をしっかり選べば、大手配送業のような過酷な職場は避けられますので、根気よく穴場求人を探してみましょう。

専属ドライバー

かなり穴場の案件ですが、企業の役員クラスなどの専属運転手など、要人のドライバーという仕事も、世の中には存在します。

このような専属ドライバーは、どちらかというと「信頼」「無事故・安心性」「時間を厳守する計画性」などが要求されます。

要人専属のドライバーは、とくに要人たちのプライベートから密談までを守秘する義務があり、忠誠心や口の堅さが重要視されます。

これは企業で真面目に勤めた経歴があれば、信頼されやすいポイントとしてアピールできます。

また、社会人によく求められる「出世欲」「功名心」は、専属ドライバーには一切求められないどころか、逆に怪しまれる要素にもなります。

あとは、要人の選り好みや相性という側面もあるので、意外な方が転職先として採用された例もあるそうです。

年収も仕事量の割に安定していることが多いので、運転に自信のあるドライバーは、要人の専属ドライバーの求人に募集してみるといいでしょう。

タクシー運転手の転職ならエージェント制がおすすめです

ともあれ、タクシー運転手と言っても、得意な能力やそれ以前の経歴は様々だと思います。

転職の際には「タクシードライバーだから…」と言って今の仕事だけで考えずに、それまでの経歴すべてで適職を探さなければ、アルバイトや非正規の仕事しか見つかりません。

とはいえ、自分ではなかなか適職を探し出すのは困難ですよね。

そこでおすすめしたいのが「転職エージェント」という転職支援サービスで、専門家から自分に合った仕事を紹介してもらうという方法です。

私が先ほど挙げた転職先候補も、転職エージェントで教えてもらいました。他にも、タクシードライバーと以前の職務経歴から、思いもよらない転職先を多数紹介してもらい、選択肢の幅が広がりましたね。

自分一人で適性を絞って考えていては、膨大な求人情報から自分に合った仕事を見つけ出すことは出来なかったはずですので、転職エージェントを利用して正解だと思いました。

転職エージェントでは、平均的なサラリーマン年収・待遇の一般職も見つかりやすいため、タクシードライバーとして限界を感じている方は、一度転職エージェントに登録して面談してみるといいでしょう。

一番、いけないのは「自分はタクシー運転手しか仕事がない」と思い込んだまま、やる気なく仕事し続けることです。タクシー運転手で年収を上げるには、適性や才能が必要ですからね。向いていない感じるのであれば、転職エージェントに登録して早めに相談しておきましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ