パチンコ屋店員は何歳まで続けるもの?辞めた後の転職先はあるのか?経験者が真相を語る

私は30代手前まで、某大手パチンコ店でアルバイトとして働いていました。

この記事を読まれている方は、パチンコ店に勤めているか、あるいはパチンコ屋への就職・転職を希望されていることかと思います。

悪いことは言わない。パチンコ屋の仕事は20代までにしておけ。

パチンコ店のバイトや社員は、給料がいいため、魅力的に思えます。

しかし、その分キツイです。なので、若いうちは体力と根性があれば稼げます。

ですが、歳を重ねて業界の事情が見えてくると、長く働くべきでないことがわかってきました。

パチンコ店は出世コースがない

まず、私がパチンコ業界で働くことを辞めた大きな理由は、出世コースがないからです。

別に出世して大成功したかったわけではないのですが、会社の仕組み上、出世も出来なければ給料も上がりにくく、どんなに頑張ってもアルバイトレベルで頭打ちなのです。

私の勤めていたパチンコ屋のシフトリーダーは、40代でしたが、私より少し賃金が高い程度にも関わらず、新人の指導や店長のサポートなど、正直割に合わないぐらいの仕事を任されていました。そしてバイトが、どれだけ頑張っても、アルバイトはアルバイトとしてしか評価されないのです。

逆に、新卒で学歴を評価されて入社した店長や社員は、どれだけ仕事が出来なくても、アルバイトよりも給料が上です。ついでに言えば、アルバイトの頑張りを横取りし、出世するような汚い人間もたくさんいました。

「努力すれば報われる」とは言いますが、それは一部の業界の話です。アルバイトレベルの仕事では、スタートラインにすら立てないのです。

パチンコ屋は、お金のために働くだけなら給料はいい業界ですが、将来性を考えるととても安定しているとは思えません。そんな当たり前のことに、私は20代後半まで気づきませんでした。

パチンコ屋は体力が必要、若いうちだけの仕事

パチンコ屋の仕事はとにかく体力が必要です。

玉運びは腰を痛める人も出てくるぐらいの重さですし、シフト制なので勤務時間も不規則です。健康面において、自己管理もしっかりしなければなりません。

また、パチンコ店ホール内では、騒音を浴びて、たばこの煙も吸い続けるので、将来の健康被害にも不安が残ります。

20~30代の若い内ならどうとでもなるでしょうが、40代以降の人はまず採用されません。

なぜなら、40代以上の人はよほど体力と根性のある方以外は、すぐにやめていくからです。

また、現場で働く人や店長クラスも20~30代の人が中心なので、年上であるせいで、コミュニケーション面でもお互いに変に気をつかうため、好んで採用されにくい傾向にもあります。

パチンコ店勤務は世間の評価が低い

パチンコ店勤務は、あまり世間の評判はよくありません。

今や新卒の就職先候補にも上がるぐらいには、まともな業界なんですが、一昔前には「ヤンキーやヤクザの行き着く仕事」というイメージがあったため、とくに高齢層の方からは差別的に扱われます。

そのため、私も高齢層の親戚などには「アミューズメント業界(ゲーセン)で働いている」と言っておくことにしてました。

地元の友人たちからも「まだ、パチンコ屋で働いているの?」など、遠回しにバカにされることも珍しくはありませんでしたからね。

世間体を考えてみても、パチンコ屋勤務は若いうちのフリーターレベルとしてしか評価されないため、真っ当に生きたいのならば、他の仕事への転職を考えるべきでしょう。

給料目当てでのパチンコ店勤務はやめておこう

よっぽど切羽詰まった方でなければ、パチンコ店勤務はやめておいたほうが無難でしょう。

体力や根性も必要な仕事ですので、「給料が高いから」という甘い考えだけでは続く仕事でもありません。また、仕事を覚えて生活に余裕が出てくると、今度は「この仕事を続けても将来性がない」という現実にブチ当たります。

20代の若いうちならいくらでも仕事は替えがききますが、30代後半ぐらいになってからでは、もう遅すぎます。体にムチうって、頑張っても報われない仕事をダラダラと続けるしかありませんからね。実際に、私の先輩もそんな中高年ばかりでした。

パチンコ業界からは、若いうちに転職を考えておこう

パチンコ屋勤務に不安のある方や、限界を感じている方は、若いうちに転職を考えておくべきです。

パチンコ店勤務は大変な分、アルバイトでも転職の際には有利にアピールできます。

とくに私が転職の際にお世話になった「転職エージェント」は、担当の方が自分に合った仕事を紹介してくれますので、わざわざ自分で求人を探す手間が減ります。

転職エージェントでは優良な非公開求人も多く、意外な仕事も紹介してくれるので、選択肢が圧倒的に広がりました。

とくに若い方は、人材教育をしっかりしてくれ、努力次第では学歴関係なく出世できるような職場も見つけられるため、パチンコ店勤務を続けるぐらいなら、転職エージェントに登録して将来性のある仕事を見つけたほうが絶対に後悔しませんよ。是非、利用してみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ