【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

接客業がストレスだらけで辞めたい…辛いポイントややめてよかったと後悔しないために知っておくべきこととは?

「接客業が辛くて限界を感じている…」
「接客業を辞めたいけど転職できる自信がない…」
「接客業を辞めたいけど辞め方がわからない…」

このようにお悩みではありませんか?

日本の接客業におけるサービスの質は「おもてなし」と言われるほど、他の国から見ても過剰な品質だと言えます。

接客業とは、サービス業の一分野で、顧客と直接対面して、商品やサービスを提供し、顧客の満足度を向上させることを目的とする仕事全般を指します。業種としては「飲食店」「小売業」「販売店」「ホテル業」「観光業」「交通業」「金融業」「保険業」「教育業」「医療業」などが代表的です。

これらの職業の特徴としてはサービス以外の他の業務も並行して行わなければならないことから、その負担はすさまじいものです。

その上、多くの接客業に該当する仕事では平均年収が低い業種が多く、キャリアの将来性に疑問が残ります。接客業の大半は「BtoC(Business to Consumer – 対消費者取引)」と呼ばれる不特定多数の消費者を相手とする仕事となるため、平均年収の高い傾向にある「BtoB(Business to Business – 企業間取引)」への転職が難しいという問題もあります。

加えて、サービス業がきついと感じる理由としてビジネスモデル上、営業時間が決まっている店舗が多くシフト制が取り入れられていることでの出勤日や勤務時間が不安定になりやすいことや、人手不足の業界が多いことから休みが取りにくい、1人あたりの仕事量が膨大になりやすく常にキャパオーバーになりやすいなどの悩みも、職場によっては起こりえることです。

また、接客業の現場の最前線となる飲食チェーンやコンビニなどでは、既に都市部で外国人労働者の雇用が主流となっていることから、店舗マネージャーとなる店長・オーナークラスは語学力も求められる未来も想像されます。

以上のように、接客業(サービス業)は多くの問題を抱えている職業ですから、負担が大きく忙しい割に見返りが少ない仕事だと感じて、ストレスに耐えられないで辞めたいと悩んだり、キャリアとしても限界を感じる方は少なくないかと思います。

この記事では、そのような接客業の仕事に限界を感じて辛いと感じている方に向けて、辞めたい時に考えておくべきから気をつけること、また、サービス業から転職する時のコツや転職しやすい職業・業界など、この記事を読むだけで「辞める~転職先が決まる」まで実現できる、全知識をお送りしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

接客業の辛い部分や限界を感じる瞬間とは?

接客/サービス業は広く募集が行われていることから「簡単な仕事」「楽な仕事」と思われがちですが、実際に働いてみないとわからない辛さやしんどさがあります。

ここでは、接客業の中でもとくにきついと感じる部分や、限界を感じて辞めたくなる代表的な例をいくつか紹介していきます。

機械的な接客対応にしんどさを感じる

接客業の多くでは「接客」「サービス」と称しながらも、実際には機械的な接客対応ばかり行うこととなります。

具体的には「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」といったマニュアルに沿った接客を流れ作業のように行うような仕事内容です。

このような機械的な接客対応では、個別の顧客の要望やニーズに対応することが難しく、顧客満足度を高められないことからクレームにつながったり、接客対応するスタッフ側にもスキルが身につきにくいです。

このことで、徐々にストレスや疲労が蓄積し、モチベーションの低下を感じることとなります。

クレーム対応の不毛さ

接客・サービス業で一番辞めたくなる原因と言えば、クレーム対応でしょう。

とくに「薄利多売=安い店」で働いている場合、理不尽なクレームで時間を奪ってくるクソ客を相手にしても一銭の得にもならないところが、私がもっともクレーム対応がくだらないと感じた理由です。

クレーム対応自体は慣れれば苦ではないにしても、仕事として「あまりに低次元で利益にもならないクレーム、無視していいのでは…?」「バカなクレーム客の対応しても自分には何も得がないんですが…」と感じていたのも、接客・サービス業を辞めたい主な理由です。

事実、最近の飲食・小売業界では電話でのクレーム対応をコールセンターに委託することも多く、それだけクレーム処理は下の仕事として扱われていることがわかるかと思います。

これが営業職などの企業相手の仕事であれば、相手の理不尽な要求に応えれば仕事の成果や評価につながることも多いため、やりがいを感じられます。

一方で、接客・サービス業の場合は、お客にどれだけ尽くしても、その後の縁につながることはほとんどありません。

ここらへん、表向き「差別してはいけない」なんて言われていますが、転職サービス登録段階で「今まで相手にしてきた客層」を入力することも多いので、暗に企業側も「貧乏人を相手にしてもいいことはない」とわかってます。

接客以外の業務と並行しなければならない辛さ

接客の現場の多くが、他の業務とも並行して接客対応をしなければならない実情があります。

たとえば、大手小売店やコンビニチェーン店などでは、接客以外にも、

  • 商品陳列:陳列棚に商品を効果的に配置する
  • 在庫/仕入れ管理:商品の在庫量を把握し、必要に応じて仕入れを行う
  • シフト管理:アルバイト・パート人材の管理
  • 店舗運営:売上管理や本社とのやりとり

など、販売に関する業務も並行して行う必要があります。

また、飲食店であれば調理と接客を兼任しなければならないこともありますし、リサイクルショップであれば査定/検品/値付けと並行して接客も行わないとならないなど、接客に集中できない辛さが生じます。

上記のような作業内容が接客とは完全に分かれているならともかく、会社の方針や店舗オーナーのシフト管理次第では分業がされておらず、接客と合わせて行わなければならないことがあります。

勤務時間や休日の不安定さ

接客・サービス業を辞めたい理由としては、勤務時間が長くなりやすかったり、勤務日数が多くて生活が不安定になりがちなところでしょう。

優良企業であれば、フレックス制やシフト管理が次第では、店長クラスでも自由に時間を使える事例もあります。

ですが、多くの場合は土日祝は休みなし、バイトの人員状況次第では出勤数や勤務時間も長くなりがちなのが、接客・サービス業の辛いところです。

とくに接客・サービス業は忙しい時期が一般職と真逆になるので、まず土日・祝日・長期休暇は休めない会社が多いです。

営業時間厳守な以上、接客・サービス業は時間の融通が利きにくいため、休みが少なくなりやすいのです。

スキルが身につかない

接客・サービス業を辞めたくなる原因としては、スキルが磨かれないので成長している実感が湧かないこともあります。

接客スキルや社内の仕事を覚える成長感はありますが、それは他の職場で通用しにくいものであり、世間的にも評価されにくいです。

これは将来設計を考える上で、大きなデメリットとなります。

商品知識や、レジ打ち・接客の技術を磨いたところで、昇給や出世に結びつくわけではありません。

また、アルバイト・パートはすぐ辞めること前提なので、マネージャーとして部下を育てて戦力にする楽しみも感じにくいです。

人間関係が広がらない・周りからの刺激がない

接客・サービス業を辞めたい理由としては、人間関係や人脈が広がらないため、周りから影響や刺激を受けにくい点です。

お客さんとは所詮は「客と店員」の関係なので、ビジネス的なつながりに発展することはありません。

エリアマネージャー・スーパーバイザーのような上長や他店店長とのつながりも細いため、仕事面での刺激も少ないです。

また、マネージャークラスになっても部下は学生バイトや主婦パート、あるいはやる気のないフリーターばかりなので、刺激も少ない。

同年代の人間が毎日仕事で色々な人と関わって成長していくことを思うと、接客業でのドライな人間関係の中で仕事するのは、あまりいいこととは言えません。

本社からの理不尽な指示や要求に現場が疲弊

接客・サービス業で辞めたくなるのが、本社や上司からの売上に関する目標設定やノルマが理不尽すぎることです。

目標達成しても、一切給料や社内評価に反映されないところが辛いところ。

本社と離れているため、数字だけの報告になりやすく、平然とエリアマネージャーが手柄を横取りすることも日常茶飯事。

実際、多くの接客・サービス業では、本社のデスクワーカーは数字でしか物事を判断していないので、現場の努力や苦労なんかなんとも思ってません。

接客業が向いてない人や辞めてよかったと思える人の特徴は?

次に、接客/サービス業に向いてない可能性が高い人や、辞めても後悔せずに良かったと思えるような人の特徴を紹介していきます。

ここで紹介する特徴はあくまで代表的な例や考え方の一つで、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。最終的には読者自身の資質や適性によりますので、参考程度にお読みください。

商品知識や業界知識を身につけることに興味が持てない

「接客業/サービス業」と言っても、大手小売店やディスカウントストア、アパレルショップなどで勤務している場合には「販売員/販売職」としての側面が強くなります。

そのため、自分が所属する業界全体の知識や商品知識を身につけることに積極的でない人は、あまり適性が高くないと言えるかもしれません。

一つの作業に集中し専門性を高めたい

接客の多く現場では、複数の作業を同時に行う必要があります。

そのため、一つ一つの業務内容に対するスキルが上がりにくかったり、専門性が高められずに器用貧乏になるリスクがあります。一つのスキルを専門的に極めたい人や一つの作業に集中したい人は、接客業に向いてないと言えるかもしれません。

注意してほしいのは「今すぐ接客業を辞めた方がいい」「接客業以外の仕事に転職するべき」と言いたいわけでもありません。

「接客業を経験する中で見つけた自分の強み(=集中できる業務内容)」により注力できるキャリアの方向性を見つけることで、自己実現できる可能性が上がることに着目してほしいのです。

たとえば、店舗ディスプレイのやりがいを感じるなら「VMD(Visual Merchandising – 視覚的販売促進)」「販促企画」などの職業にキャリアアップすることで、より専門的な分野に集中して取り組む働き方が可能となります。

後ほど紹介する「接客業からの転職先の例」にて、より自分の適性を活かせるキャリアアップ例を紹介していきますので、合わせて参考にしてみてください。

一人一人の顧客相手に向き合った対応を行いたい

接客業の多くが一人一人のお客相手に向き合った対応ができず、機械的な対応になりやすいのはすでに解説したとおりです。

ただ、しっかり仕事を選べば、一人一人の顧客相手に時間をかけて対応する接客が実現可能となります。

たとえば、以下のような条件が揃うほど「お客さん1人が支払うお金が多い=1人あたりにかける接客の時間を長くする価値がある」ことになり、よりハイレベルな接客スキルを求められやりがいを感じやすいことでしょう。

  • 顧客単価の高い店舗で働く:自動車ディーラー、高級ブランドショップ、ホステスなど
  • 高い専門知識が求められる店舗で働く:宝石ショップ、化粧品販売など
  • 営業職として働く:ルート営業、法人営業など

こちらも、後ほど紹介する「接客業からの転職先の例」にていくつかの転職例やキャリアアップの方向性をご紹介していきます。

サービス業/接客業の将来性は?働き続けた末路はどうなる?

次に、接客業/サービス業全体の将来性や、無理に働き続けた場合の末路がどうなるのかについてご紹介していきます。

こちらも、あくまで一般的なキャリア例や将来予測から考察したものであり、所属する会社や読者のポテンシャルや行動によって変えられるものですので、判断材料の一つとしてお読みいただければ幸いです。

多くの接客業/サービス業と呼ばれる業種の平均年収は低めの傾向

「接客/サービス業」と言っても、所属する「業界/業種」は多くの分類に分かれます。

業界全体で見ると、接客業の多くが属する「小売業」「飲食業(外食・中食)」などは平均年収が低い傾向が顕著です。

▼接客/サービス業が所属する業界全体の平均年収(40歳地点の推定)

百貨店:461万円
外食・中食:488万円
葬儀・ウェディング:493万円
旅行:494万円
ホームセンター・ディスカウント:496万円
家具・インテリア・生活雑貨:504万円
スーパー:510万円
家電量販店:512万円
ドラッグストア:512万円
カフェ:527万円
アパレル・繊維:546万円
コンビニエンスストア:560万円
リユース(中古):573万円
教育・学習塾:573万円
ホテル:593万円
パチンコ・パチスロ:601万円
陸運・物流:632万円
消費者向け金融:637万円
—↑平均より下↑—
全業界平均:662万円
—↓平均より上↓—
クレジット・信販・リース:716万円
生命保険・損害保険:758万円
不動産・戸建て・マンション:822万円
コンサルティング:1146万円

出典:会社四季報 業界地図 2023年版

一概に平均年収だけで将来性は測れるものではありませんが、何の考えもなしに働き続けるだけでは収入が上がりにくいと言えるため、転職やキャリアアップ意識が不可欠となります。

一方で、高年収のコンサルティング業界なども広い意味では「サービス業」に含むと考えると、接客/サービス業スキルそのものはどの業界でも価値が高いという見方もでき、単に所属する業界によって収入差が出てるだけ…という見方もできます。

いずれにしても「接客業/サービス業」という区分だけでは広すぎるため、まずは自分が今所属する業界がどの業種に該当するのか把握しておくといいでしょう。

接客業とサービス業の違いを意識しておく

当記事内では「接客業=サービス業」を同じ意味合いで用いていますが、ビジネス全体での使われ方の差を見ると、微妙に違う意図や定義が含まれていることがあります。

辞書での定義を見てみると、接客業は単に「客と接する職業のこと」を指しますが、サービス業だとより広い範囲となり、さらに厳密な定義が存在することも見えてきます。

せっ-きゃく【接客】
客に接すること。客を接待すること。
-業【接客業】
客のもてなしをする職業のこと。

サービス【service】
①奉仕。他人のために尽力すること。
②給支。接待。
③商売で値引きしたり、客の便宜を図ったりすること。
④物質的生産過程以外で機能する労働。用役。
-業【サービス業】
日本標準産業分類の大分類の一つ。デザイン・著述・写真業・弁護士などの専門サービス業、学術・開発研究機関、情報サービス業、洗濯・理美容などの生活関連業、宿泊・飲食サービス業、娯楽業、廃棄物処理業、機械等修理業、物品賃貸業、広告業などからなる。

出典:広辞苑 第七版

サービス業は、日本のGDP(Gross Domestic Product – 国内総生産)の約6割を占めている計算となり、農作物の生産を担う「第一次産業」、作物や資源などの加工・製造を行う「第二次産業」と比較しても、それ以外のほぼすべての職業が「第三次産業」となり「サービス業に含む」と考えることができます。

つまり、広く業界全体や産業構造から見た場合に「接客業もサービスを提供する仕事の一環」としてみれば価値のある職業だと言えますが、単に「客と接するだけの仕事」としてサービス提供ができていないなら、人材としての価値はさほど高くないと言えます。

その証拠に、接客負担を軽減するためにITツールやAIが導入され接客コストを減らしている飲食店業界やコンビニ業界は、アルバイト雇用は最低賃金近くであることが多く、それだけ人材としての価値が低いとみなされている証拠でもあります。

また、最近では接客業でも外国人の採用が広く行われており、高いコミュニケーションスキルがなくとも現場は回ると証明されているような状況が起こっています。

したがって、「サービス業自体の価値は高いので将来性は高いが、接客中心の現場仕事しかしないままだと将来性に不安は残る」と考えるのが、より正確な捉え方に近いかもしれません。

ただ、これはあくまで経済全体で見た場合に「単に接客対応しているだけの仕事では給料が低くなりやすく、ITツールやAIで代替されるほどスキル価値も低いと見られている」というだけの話であり、接客業の現場の負担や実際に行っている仕事内容から得たスキルや経験は、後に紹介するようなキャリアアップによって活かすことができます。

接客業からの転職先やキャリアアップの例

「接客業・サービス業からの転職先って、実際どうなの?」と不安な方もいらっしゃるかと思います。

ここからは、接客業・サービス業からの転職先の例についてご紹介していきます。

後ほど紹介する転職エージェントでも、接客・サービス業から異業種・異職種に未経験から転職した事例がたくさんありますので、気になる方はチェックしてみてください。

営業職

「接客自体は苦ではないけど、仕事の理不尽さや待遇の悪さに不満を感じている」という方であれば、接客業と同じく対人スキルの求められる営業職がオススメです。

営業として経験を積めば、将来的なキャリアや出世コースが広がるので、接客業で働き続けるよりはだいぶマシです。

マーケティング・企画

商品知識が豊富でだったり、店舗の改善で地道に売上を上げるような作業にやり甲斐を感じていた人であれば、マーケティング・企画の仕事に携わるのもいいですよ。

接客業・サービス業の現場仕事の経験だけでは想像しにくいかもしれませんが、現場の職務経験があることは強みになります。

接客業の現場で働き続けて出世するのは難しいですが、他の会社にマーケティング・企画の立場で転職すればいくらでもチャンスはあります。

以下の記事にも書いていますが、マーケティング・販売・企画職として適性さえあれば、現場仕事にこだわらずに転職してしまった方が大幅な昇給も見込めます。

技術職(工場)

「客と関わることに疲れた」
「スキルが磨かれないのでやり甲斐を感じない」

こういった理由で接客業に限界を感じているのであれば、技術職や工場勤務がオススメです。

技術職については、職業訓練校や通信講座で学ぶ必要もありますが、職種によっては未経験からでも研修でみっちり教えてくれる会社もあります。

工場勤務であれば、製造業などは若手不足で悩まされているため、未経験でも転職の可能性は十分ありますよ。製造業は、意外とホワイト企業も多いので、接客業に向いていないと感じている人にはとくにオススメです。

事務職

ただ、年収や将来性を重視するのであれば、事務職志望は避けておいた方がいいかもしれません。

少なからず、接客業・サービス業として勤めた経験がある方は、仕事上の対人関係はそこそこ上手くやれているはずですので、出来ればその能力を転職先で活かす方針のほうが良い結果につながるはずです。

接客業から事務職へ転職する場合、事務職の求人倍率の高さのため、どれだけスキルがあっても採用されにくいという問題があります。

接客業を辞めたい時はどうする?退職方法から転職を成功させるためのポイント

転職の方向性を定めて求人選びを行う

現実的に接客業からの転職を考える場合、一般職とキャリアコースが根本的に異なるため、自分に合った転職方法を考える必要があります。

  • 20代の職歴なしのフリーターの場合→未経験職を狙えばいくらでもチャンスあり
  • 30代以降の職歴なしフリーターの場合→未経験歓迎の求人を根気よく狙うか、派遣社員を狙う
  • 20代の接客業正社員の場合→未経験職を狙うか、接客業経歴を活かしてキャリアアップするか方針を考えておく
  • 大卒で接客業勤め→キャリアアップ転職でマーケティング業界での転職を狙う

接客業自体、離職率が高くてキャリアプランがかなり多様な職種なので、自分に合った転職方針を考えておくと、今後スムーズに転職が進むことでしょう。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

以上のように、「接客業を辞めたい」という悩みに対し、一概に「これをすべき」という正解はなく、それぞれの状況に合わせて最適な行動を取捨選択する必要があります。つまり、多くのことを考えて計画的に行動する必要があるのです。

それを在職中の考える余裕がないうちに行うのは、かなりハードだと言えるです。

そこでオススメしたいのが、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法です。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました