バイトリーダーを続ける理由は皆無!フリーターが今すぐバイトリーダーを辞めるべき理由

私は20代中盤までフリーターとして過ごし、今は正社員として働いています。

私はフリーター時代にいくつかの職場を転々とし、色んな「バイトリーダー」と呼ばれる立場の人々を見てきました。

バイトリーダーは、職場や企業によっては「シフトリーダー」「時間帯責任者」などとも言い替えられる立場で、簡単に言えば「アルバイトの中のリーダー」「社員がいない時の代理人」という感じですね。

私も20代中盤になって、バイトリーダーを経験しました。

そして、あることがわかりました。

バイトリーダーは割に合わない仕事です。

バイトリーダーはすぐに辞めることを考えるべきだと、身をもって痛感しました。

そこで今回は、フリーターとして私がバイトリーダーを経験した中で感じた「バイトリーダーを今すぐやめるべき理由」を紹介していきます。

バイトリーダーは2種類のタイプしか続かない

私は色んな職場でバイトリーダーを見てきて、自分自身もバイトリーダーを経験しました。

そこから痛感してわかったことがあります。

バイトリーダーを長く続けられるのは、2種類のタイプの人間しかいません。

それは、

  • バイトレベルの仕事に変にプライドを持っているタイプ
  • 意識が低すぎてダラダラバイトリーダーを続けているタイプ

…この2種類ですね。それ以外は例外なく、すぐに辞めていきます。

この2種類のタイプって、ある意味ではバイトリーダーにピッタリな性格で、企業側からすれば都合のいい人材なんですよね。

ただ、現場のアルバイトや店長などの社員・管理職からすれば、厄介な存在でもあります。

その理由を、私の経験から紹介していきます。

プライドの高いバイトリーダーは”無能な働き者”

無駄にプライドの高いバイトリーダーは、バイトレベルの仕事に意識が高くやり甲斐を感じていることが多いです。

もちろん、仕事のやり甲斐や意識レベルは、個人の勝手なのでそれは構わないんです。

ところが、勘違いバイトリーダーは「どうでもいい仕事」「アルバイト・現場目線だけの仕事」にもやり甲斐を感じていることが多く、その下で働くアルバイトや、会社の意図をくんで業務を割り振りする店長クラスからすれば、厄介な存在なんです。

なまじ、現場での経験は長く知識もあるため、プライドの高さにさらに拍車がかかり、ひどい場合は店長=会社の方針を無視して、勝手な仕事の割り振りをすることもありましたね。

このタイプのバイトリーダーは、こじらせると「バイトの賃金引き上げろ!」とデモやっちゃうタイプの人種だと感じますね。

一応言っておくと、ほとんどの企業はバイトリーダーでも社員候補として採用される制度を導入しているはずですので、バイトリーダーで留まっているってことは、社員になる気がないのに無駄に意識やプライドが高いか、人格に問題があって社員から評価されないような人材です。

また、変にプライドや意識が高く、新人にスパルタ教育施してすぐにやめさせるので、他のアルバイトや店長からしても、悩みのタネのような人材です。

学生バイトさんなんかは、しっかり反面教師にする分では見本になる人材ですが、職場からすれば厄介な存在です。

ダラダラバイトリーダー続けている”無能な怠け者”

逆に、意識やプライドがまったくなく、ただダラダラアルバイトを続けていて成り行きでバイトリーダーになったタイプもいますね。

このタイプのバイトリーダーは、前者の勘違いバイトリーダータイプよりは、職場としても企業としても扱いやすい存在に感じました。

自発性はゼロなのですが、言われたことはほどほどにこなすので、通常業務レベルでは卒なくこなしてくれ、企業や店長からしても扱いやすい存在として重宝します。

ただし、やる気や意欲は低く、業務改善や自発的な仕事はほとんどしないため、それ以上の成長が見込めないバイトリーダーも多いです。

私もこのタイプのバイトリーダーの方はたくさん見てきましたが「この人成長性ゼロだなあ」と常々感じていました。

中には”有能な怠け者”タイプもいて、意図的に手を抜いているバイトリーダーもいますが、そういう人はアルバイトの教育やフォローが上手く、店長の目を誤魔化して手を抜くのも上手いタイプが多くて、色々と参考になりましたね。

しかし”有能な怠け者”タイプは、社内の待遇に不満を抱いて、ひっそりと辞めていくことが多かったです。

私がバイトリーダーにすぐ見切りをつけた理由

そうはいっても、私もバイトリーダーとして勤めることになったので、人のことはとやかく言えません。あるいは、バイトリーダーとして自分の立ち位置をしっかり考えたからこそ、今までの先輩方を客観的に評価できたのかもしれません。

思えば、私は割とアルバイトの仕事も意欲を持ってやっているタイプでしたので、バイトリーダーになった直後は「よし!やってやるぞ!」と燃えていました。

さらに言えば、社員としての採用されることも視野に入れていたので、それで仕事のやり甲斐やモチベーションも保っていました。

ところが、私はバイトリーダーとしての仕事を始めていくと、だんだんと不満が募ってきました。

時給の評価が不当に低すぎる

まず、何と言ってもバイトリーダーの仕事は「時給の評価が低すぎる」という点ですね。

企業目線から言えば「アルバイトだから当然」という言い分はわかるんですが、明らかに周囲のスタッフより業務量や責任が増えているにも関わらず、時給+数十円程度は、いざつきつけられてみると「あーオレの仕事ってその程度の価値なのね」と、くだらなさを感じずにはいられませんでした。

社内規則にもよるんですが、バイトリーダーでどれだけ頑張って成果を出してみても、企業からすればそんなことはどうでもいいレベルの仕事なので、時給は上がりません。

実際にバイトリーダーとして働いて、その上で企業の意図や評価なども考えてみると、バイトリーダーは「搾取先」として、とても都合のいい人材なんです。

仕事の発展性や適応力が上がらない

また、バイトリーダーは仕事の発展性や適応力など、単純に能力が上がりにくい仕事です。

もちろん、現場視点で言えば、細かな売上げアップへの取組や人材教育、効率的な業務の割り振りなど、学んで試していくことはたくさんあります。

ただ、そんなもの正社員目線からすれば「一つの店舗でしか通用しない」程度のレベルなんですよね。

正社員として転職した今だからこそわかりますが、部署・店舗替えでも適応できる人材や、時代環境にも適応できる社員が、企業側からすれば価値のある人材なんです。

どんなに一つの店舗で効率よく仕事が回せても、企業側からすればそんなに価値のある人材ではないんですよね。だから、バイトリーダーの賃金は仕事の割に低いんです。

バイトリーダーの仕事は頭打ち

バイトリーダーの仕事って、結局は現場単位の仕事を極めて行くだけなので、そのうち頭打ちになります。

そのため、前に紹介したとおり、

「バイトレベルの仕事で威張っているバイトリーダー」
「ダラダラフリーター続けているバイトリーダー」

の、二通りの人材が環境要因で生まれるのだと感じました。

少しでも向上心があれば、社員クラスを目指すか、転職を考えますからね。

まあ、ある意味ではバイトリーダーを長年続けられるのも、才能のひとつだと感じます。

バイトリーダーに不満を感じたら転職すべきです

そんなわけで、私は今回紹介したような「バイトリーダーがくだらない仕事」という現実を身をもって体感し、本腰入れて正社員を目指して転職することにしました。

最初は「フリーターだから転職先はない…」と不安でしたが、いざ転職活動を始めて見ると、そんなことはありませんでした。

アルバイト・バイトリーダーレベルの仕事でも、具体的に努力した実績があれば、マネジメント(店長候補)クラスとして採用してもらえる企業はかなり多いです。

また、小売・飲食などではなくても、他業界に「現場経験のある人材」として、営業・企画・広報などとして採用されることもあります。

フリーターだからいい転職先は見つからない…」というのは、本気で転職先を見つけてチャレンジしていない人の言い訳です。

はっきり言って、正社員でもバイト以下の仕事をしている人はたくさんいますので、フリーター経歴を負い目に感じず、自信を持って転職先を探してみましょう。

バイトリーダーからの転職なら転職エージェントを使おう

バイトリーダークラスのフリーターであれば、社会人向けの転職サービスも利用可能です。

とくに転職エージェントでは、自分に合った転職先を紹介してくれ、年収や待遇も良い企業と出会えます。

逆にハローワークや無料求人誌に頼っていては、今のバイトの不当な時給を基準に仕事先を選んでしまうため、本来適正のある年収のいい転職先も見落としがちになります。

バイトリーダーと言っても、仕事内容は正社員にも負けないレベルと経験を得られる現場もあるため、転職するなら「私はアルバイトの時給でもこれだけ頑張った」と、強気の姿勢で就職先にアピールすることで、年収アップにつながります。

履歴書・職務経歴書の作成や面接の指導は、転職エージェントが指導してくれますので、学生時代の就活に自信のなかった方でも、十分企業に通じるレベルのアピールが可能となります。

私は転職エージェントの担当と相談し、

  • アルバイトでの業務の効率化で意識したこと
  • お客さんへの気づかい
  • 売上げアップのためにした細かな努力
  • 人材育成で意識した教育方法
  • クレーム対応や、クレームを未然に防ぐためのリスク管理

…など、アルバイトの仕事から学んだすべてをぶつける意志で、力強い自己アピールが出来るようになりました。

アルバイトやバイトリーダーの仕事でも、企業人事の心に響く自己アピールは生み出すことが出来るのです。たとえ、ダラダラ仕事を続けていたフリーターの方でも、長く勤めている以上は、何かしらの誇りややり甲斐はあるはずですので、それを強気で前面に押し出し、力強く攻めていくことが転職成功の鍵です。

今どき、若手は非正規も多い情勢ですので、決してフリーター経験はマイナス評価になるとは限りません。強気で転職先を見つけましょう。

転職エージェントであれば適職を見つけてくれるので、良い仕事先を見つけられずに悩んでいる方は、まずは登録して面談を受けてみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ