中途半端な人に向いてる仕事9選

何をやっても一番になることはできない。確かにそうですね。ブラッド・ピットのような顔をしていても、歌うことはできません。そのことをよく考えてみてください。人生とは、妥協して、チャンスに勝てる状況に身を置くことです。

ここでは、中途半端な人に向いてる9つの仕事をご紹介します。ここで紹介する仕事は誰にでもできる仕事で、特殊なスキルや学歴は必要とされません。

スポンサーリンク

営業職

販売店スタッフ

広告代理店スタッフ

広告企画制作会社スタッフの仕事は、クライアント(顧客)が発 信したい情報の内容を把握し、最も効果的な宣伝方法を企画・立案 し、実際の制作物としてつくり上げる。
広告企画制作会社の仕事は、企業から直接依頼されることもある が、広告代理店から話が来ることも多い。
扱う内容は、紙媒体(全国紙・地方紙・専門紙・雑誌・ポスター・ 折り込みチラシ)や映像媒体(テレビ・映画)、インターネットに よる広告・宣伝、ラジオで流すコマーシャルのほか、広告塔や看板、 さらにはボールペンやタオルといった品物に印刷したノベルティ広 告までと多岐にわたる。
例えば、看板を制作する場合は、クライアントと打ち合わせを行 ない、どのような場所にどのような形態の看板を設置すれば、視覚 的に効果があるのかを考える。また、設置場所の状況などを調査し た上で、看板の形状を考え、数パターンのデザイン案や図面を作成 してクライアントと話を詰めていく。
広告企画制作会社で求められる人材は、広告プランナー、コピー ライター、CM プランナー、アートディレクター、グラフィック デザイナー、営業マンなど、会社によってさまざまだ。
自分がやりたいジャンルを決め、スキルを学べる専門学校 や大学へ行こう。
広告企画制作会社の規模は、数人の小さい事務所から100人以 上の大所帯までいろいろある。また、会社によっては得意とするジ ャンル・媒体も分かれている。
自分のやりたい分野がはっきりとわかっている人は、必要とされ るスキルを学べる大学や専門学校に進み、基礎的な能力を身に付け、 その上で希望する職種のある企業へ就職しよう。
例えば、ウェブの広告に使われる動画やイラスト、CG(コンピ ューターグラフィックス)などを制作したいという人は、ウェブマ スターに匹敵するほどウェブデザインに特化したスキルを学ぶこと で活躍の場が大きく広がる。

関連ジョブ
コピーライター
ウェブマスター
予告編制作者

イベントプランナー

参加した人たちが高い満足感を得られるように、イベントを企画・ 準備・運営し、飲食のサービスや空間デザインの面まで、トータル に演出するのがイベントプランナーの仕事だ。企業の展示会やキャ ンペーン、フェスティバルやコンサートなど仕事の幅は広い。広告 代理店やイベント企画会社などにイベントプランナーの活躍の場が ある。
広告代理店やイベント企画会社、ホテルや飲食店に就職し て、実務経験を積み、ノウハウを身に付けよう。
イベントが開催されるホテルや飲食店か、広告代理店やイベント 企画会社に就職し、実務経験を積もう。学歴や資格は問われないが、 大手になるほど難関大学を出ているほうが有利になる傾向がある。 イベントの運営知識から総合演出までを通信教育で学べるプログラ ムを実施している専門学校もある。広告代理店やイベント企画会社 は数が多いため、まずは自分の好みのイベントをプランニングして いる会社を調べてみるとよいだろう。

ライター

ライターは編集者から依頼を受け、企画のテーマに沿った内容に ついて情報を集め、取材をし、その内容をもとに雑誌や本の原稿を 執筆する。自分の専門分野を持って執筆している人が多い。取材内容をわかりやすくまとめる文章力が求められる。
出版社や編集プロダクションに入るか、フリーのライター のアシスタントとして働いて経験を積もう。
マスコミ関連の専門学校や大学を卒業後、出版社や編集プロダク ションで働いて経験を積み、独立するのが一般的だ。また、著名な ライターのアシスタントとして働いたのちに、ライターとなって独 立する人も多い。
また、最近は主婦や学生向けのライティングの仕事(主にウェブ 上向け)も増えている。ただ、こうした仕事は単価が非常に安いた め、スキルを向上させながら、より高度な知識と文章力を駆使する 仕事を得ていく必要がある。

人材紹介業者

人材派遣業者は、人材の確保と派遣先の開拓、人材と派遣先のマ ッチング、派遣した人材に対するフォローなどが主な仕事である。 この業界でも、営業・集客の手段として、インターネットやスマー トフォンが活用されているが、基本的に人と人とのつながりが必要 となる仕事であり、客とスタッフの両方を相手にする接客業だとも いえる。事務スタッフの派遣をしたり、演奏家を派遣したりと、自 分の得意分野に特化してビジネスを展開することもでき、発想次第 で大きく広がっていくビジネスでもある。
派遣にまつわるノウハウを習得するためにも、人材派遣会 社に就職して実務経験を積もう。
商品が「人」であるため、彼らへの給料の支払いや保険手続きな どの管理業務、人材の質を維持するための教育やカウンセリングな ど、その仕事は幅広く、かなりノウハウが必要。派遣会社に就職し て実務経験を積んでから独立するのが得策だ。

宅配ドライバー

宅配便ドライバーの主な仕事は、荷物の集配のための運搬作業だ。 宅配業者に所属し、担当エリアの荷物を集荷・配送する。集配先の 個人宅やコンビニエンスストア、会社、個人店などに出向き、荷物 を集めたり配達したりしてまわる。
短時間で多くの荷物を集荷・配送して回る必要があるので、地域 の地理に詳しいことや、すばやい段取りができる能力が要求される。 また、言葉使いや立ち居振る舞いなど、しっかりとした接客態度を 身に付ける必要がある。
普通自動車第一種運転免許を取得していることに加え、多 くの場合、1年以上の運転経験が求められる。
宅配業者に就職するか、業務委託を受けて働くことになる。普通 自動車第一種運転免許を取得していることに加え、1年以上の運転 経験が求められる場合が多い。そんな中、常に人手不足の業界だ。
人手不足の最大の原因は、アマゾンをはじめとするインターネッ ト通販会社の荷物が急増したことにある。従来なら、実際に店に足 を運んで買っていたものがインターネットですぐに配達してもらえ るのだから、消費者にとっては非常に便利なサービスだ。ちょっと した小物もインターネットでどんどん購入するようになり、宅配業 者が運ぶ荷物量は急激に増えてしまった。
しかし、2014年頃から取扱量が増え始め、配達に遅れが出る などの影響も出てきた。それに時間指定便などのサービス競争が拍 車をかけた。加えて、共働きや単身世帯の増加などで昼間に不在の 家が多く、再配達で何度も同じところに行かなければならないケー スが急増し、必然的にドライバーが足りなくなってしまうというわ けだ。
そうした現状に対し、宅配大手のヤマト運輸は、2017年3月、 ついに宅配運賃と配達時間の見直しを発表した。宅配運賃の値上げ 発表は 27 年ぶりのこと。サービスの維持が困難になっている状況 を打開するのが目的だとしている。この動きに同業他社も追随する とみられ、宅配便ドライバーの労働環境の改善が期待される一方、 ドローンや自動運転技術を使った新サービスも模索されている。

関連ジョブ
バス運転手
郵便局員

民泊オーナー

「民泊」とは文字どおり一般の民家に泊まることだが、田舎の民家 などを利用した「民宿」は以前から存在していた。それが大きく変 化したのは、2008年にアメリカの Airbnb という会社が、空き 部屋を貸し出して収入を得たい家主(ホスト)と宿泊希望者(ゲス ト)を、インターネットでつなぐサービスを開始してからのことだ。
ゲストは、ホストが登録した部屋の情報を見て、泊まりたいと思 ったら、料金を指定口座に振り込む。するとホストから鍵の受け渡 し方法などが伝えられ、ゲストはその指示に従って鍵を開けて宿泊、 ホストには Airbnb から手数料を差し引いた金額が振り込まれると いうシステムだ。ゲストは格安で泊まれるし、ホストは空き部屋で 収入を上げられるということで、このビジネスはたちまち人気とな り、日本でも Airbnb には2万件以上もの物件が登録されている。 また、国内にも同様のサービスを行なう仲介業者が誕生している。
特区内に所有する物件があれば、仲介業者に登録して民泊 オーナーになるのも選択肢の1つ。
民泊オーナーになるには、もちろんマンションや一戸建てなどの 物件を所有しているのが前提だ。しかも現時点では、法的に認めら れているのは、国家戦略特区や民泊条例が制定された都市に限られ ている。しかし、無許可の民泊が広がる一方、今後も増え続ける外 国人観光客を収容するホテルの数は圧倒的に不足すると予想される ため、国会で民泊を全国的に解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法) が成立。2018年の施行後は、民泊施設のホストが都道府県に届 け出れば年間 180日を上限に民泊事業を行なうことが可能になる。 民泊拡大によるトラ ブルの増加も懸念さ れるが、大きなビジ ネスチャンスである ことは間違いない。
訪日外国人は2020年に 4000万人に達するとも。 ホテル・旅館のほか、民 泊の整備も急務とされる。

WEBコーダー

中途半端な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました