コミュ障に向いてる仕事17選【黙々と作業に打ち込める仕事がオススメ】

自分は人と接するのが苦手だと思っていませんか?それは、人とうまく付き合うことが求められる世界に自分が適合していないからだと感じているのかもしれません。しかし、人と接するのが苦手な人でもできる仕事はいろいろあります。自分に合った仕事を見つけるためには、自分の性格を理解し、その特性を活かせる職場を探すことが大切です。このページでは、そのいくつかをご紹介します。

意思疎通が困難な方は、就職しても人付き合いが苦手と感じる傾向があります。そのような場合、自分に合った仕事を見つけるのに苦労することがあります。意外にも、コミュニケーション障害のある人が活躍できる仕事はたくさんあります。それを可能にするのは、自分の特性をよく理解し、その特性を生かすために、コミュニケーション障害のある人に合った仕事を見つけることです。今回は、コミュニケーション障害のある人に向いている職業をご紹介します。

人とのコミュニケーションが苦手な人は、仕事に就く必要がありますが、どのような仕事が自分に合っているのか分からないことがあります。コミュニケーションが苦手な人でもできる仕事はたくさんありますが、自分に合った仕事を見つけることができずに無力感を感じてしまうのは、それなりの理由があるからです。しかし、その答えは、自分の特性に合った仕事を見つけ、それをどのように活用するかにあります。ここでは、「コミュニケーション障害」でできる仕事をいくつか紹介します。

日本の仕事の多くは、一定の社会的スキルを必要とし、自分はそのレベルに達していないと感じたことはありませんか?自閉症の人のための仕事はないのではないかと感じるかもしれません。しかし、実際には、自閉症の人のための潜在的な仕事はたくさんあります。

コミュ障が苦手な人は、知らず知らずのうちにあることを拒むような行動を取ってしまいがちです。コミュニケーションをとることが嫌いで外に出ても行動に移しようとしません。人の前で話すのが怖い、とか複雑な事の話を避けたくても

人とのつながりを持てないと感じたことはありませんか?人付き合いを必要とする仕事がある場合、それは大きな問題となります。この記事では、人脈作りに頼らないキャリアと、そのキャリアで成功するための方法を紹介します。

社会的に不器用な内向的な人も、外向的な社交的な人も、人との関わりを必要とする度合いは様々です。安定した環境で働きたい人もいれば、人脈を広げて頻繁に新しい人と知り合える職業を好む人もいます。自分に合った仕事を見つけるための第一歩は、自分が何に向いていて、何をするのが楽しいのかを見極めることです。自分を理解することができれば、職業の選択も容易になるでしょう(時間はかかるかもしれませんが)。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

コミュ障に向いてる仕事【解説付き】

コミュ障に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • バックエンドエンジニア
  • WEBコーダー
  • CADオペレーター
  • ゲームプログラマー
  • テクニカルイラストレーター
  • マーケティングリサーチャー
  • トラック運転手
  • 鳶職人
  • 測量士
  • 刀匠
  • 検死官
  • 骨董品販売業者
  • データアナリスト
  • ライター
  • 農業技術者
  • 考古学者
  • 伝統工芸職人

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

バックエンドエンジニア

WEBコーダー

WEBサイトのデザインだけでなく、その構造、使いやすさや見やすさ、アクセスしやすさをも考慮して、デザイン後にWEBサイトがきちんと表示され、そして更新されるよう、設計するプログラマー的な技術者がWEBコーダーです。
WEBディレクターやWEBデザイナーが作った設計書通りにプログラミングコードを書いていく作業が多いため、指示通りに仕事を進めたいといった人に適した仕事といえるでしょう。

CADオペレーター

設計技師やデザイナーが制作した設計図をCAD(コンピューター支援設計)と呼ばれる製図ソフトを使って、パソコン上で清書するのがCADオペレーターの仕事です。主な就職先は建設会社やCAD専門会社などになります。

CADオペレーターには製図技術やCADソフト使用スキルを求められるため、中央職業能力開発協会が実施するCADトレース技能審査を受験して資格を取得しておきましょう。または職業訓練校のCADコースなどでスキルを習得してから就職先を探すといいでしょう。

ゲームプログラマー

かつてゲームといえばテレビゲームが主流だったが、今では携帯ゲーム機やスマホなどがあり、ウェブやオンライン、SNS(交流サイト)など、形態もジャンルも多種多様となっています。それらのさまざまな環境にあわせてゲームが快適に動くようにプログラムをつくり上げていくのがゲームプログラマーの仕事です。プログラムを書くには論理的な思考が必要であるため、数学や物理など理数系の科目が得意な人が向いているでしょう。ゲームプログラマーの仕事は、ディレクターやデザイナーなどと協力して開発にあたるため、協調性とコミュニケーション能力も必須と言えます。

大手ゲームメーカーにプログラマとして就職するには、大学の情報系学部などでプログラムはもちろん論理的思考を学んでおくと良いでしょう。

テクニカルイラストレーター

テクニカルイラストとは、工業製品や人体、植物などを、立体的に描いた精密なイラストのことで、家電製品などの取扱説明書に描かれている部品の説明図やプラモデルの組立説明図などが挙げられます。テクニカルイラストレーターは、CAD(コンピューター支援設計)などを使ってイラストを描くのが仕事で、対象物の構造や特性を正確かつわかりやすく表現することが求められます。

テクニカルイラストレーターになるには、各都道府県の職業能力開発協会が実施する国家検定資格の『テクニカルイラストレーション技能士』を取得すると就職などに有利となるため、専門学校などで資格検定のために学んでおきましょう。現在はどのような分野もデジタル化が進んでおり、CADを使うケースが増えているため、デザインや描画のセンスだけでなくCADプログラムやコンピューターの知識も必要となります。就職先は電機メーカーのデザイン室や技術資料作成の部署、取扱説明書の制作を行なっている会社などがあります。

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーの初歩的な仕事はデータ収集と入力になるため、ネットサーフィンで情報を集めたり、Excelでデータをまとめるなど、簡単なパソコン操作さえできれば誰でもできる仕事です。

マーケティングリサーチャーとしての仕事をしたいのであれば、まずは大手求人サイトで「マーケティング」「リサーチャー」「調査」「データ入力」などの単語で調べてみるといいでしょう。

マーケティングリサーチャーとして仕事していくうちに向上心が湧いてきたら「マーケター」「WEBマーケター」「データアナリスト」としてのキャリアアップも可能です。

トラック運転手

トラック運転手は、大型から小型までさまざまな大きさの貨物自動車を運転し、輸送を行なうのが仕事で、貨物を安全に確実に目的地に搬送するのがその役目となります。

出発前に車両の点検、運行記録紙の装填、運転日報や輸送伝票の受領などを行ない、車両に乗り込み、次に依頼主が待っている出荷場所へ行き、荷物を車両に積み込みます。その後、荷物を目的地まで運び、指定された場所で荷下ろしをします。貨物の到着時刻に制限があるため、夜間の運転や長時間にわたり運行する場合がほとんどです。トラックを運転することだけでなく、荷物の積み下ろしもしなくてはいけないので、強靭な体力が求められます。

トラック運転手になるには、まずは普通自動車運転免許を取得する必要がある。最大積載量6.5トン以上の車を運転するには、さらに「大型自動車第一種運転免許」が必要になります。運送会社に就職すると、まずは見習い期間として訓 を受け、その後、近距離運転からトラックのドライバーとして運送全般に従事することになります。

鳶(とび)職人

鳶職人は、建築工事などの現場にいち早く入り、作業に必要な足場を組んだり、機械を取り付けたりする専門職で、鳶工とも呼ばれています。建築工事はもとより、ビルをはじめとする建築物の補修工事などでも鳶職人は必要不可欠であり、常に求められている人材です。高所での作業がほとんどのため、常に危険と隣り合わせの仕事となります。その分、収入はほかの建設作業員と比べてかなり高額となっているようです。

鳶職人になるには、建設事務所や鳶工事務所に就職し、見習い職人として先輩職人の補助作業などをしながら、実地で技能を身に付けていきます。一定のレベルまで技能を覚えたら、鳶職人としての能力を認定する国家資格『とび技能士1~3級』を取得しておきましょう。さらに仕事を得るのにとても有利となります。

測量士

測量士とは、土地の位置や高さ、長さや面積を正確に測る測量を行なう専門技術者のことです。建物の建造はもちろん、上下水道整備や道路建設、大きなものでは区画整理や都市計画まで、正確な測量によってつくられた図面を基礎として計画が進められています。正確な測量を行なうためには専門的な測量技術が必要となります。

測量士になるためには、国土交通省の国土地理院が実施している測量士試験に合格し、登録することが必要ですが、大学などで測量に関する科目を修めて卒業したあと、建築会社や測量専門会社に就職し、一定期間の実務経験を積んだ場合は無試験で資格が取得できます。資格を持っていれば、自ら測量事務所を構えて独立することも可能です。

刀匠

刀匠(とうしょう)とは、日本刀を鍛造する職人でガ鍛冶とも呼ばれる。かつては武器としてつくられていた日本刀も、現在では美術工芸品として愛好家からの注文を受けてつくられており、高価なものだとひと振り数百万円となるそうです。

武士の時代から、備前(岡山)、相州(神奈川)、 美濃(岐阜)、大和(奈良)、山城(京都)などが刀の生産地として有名で、それらの地域に工房を構える刀匠も多くいきます。

作刀には多くの工程があり、必要経費も多くかかるため、作刀だけで生計を立てている人は少なく、日本刀の技術を使ったナイフなどの製作をしていることもあります。

刀匠になるには、工房を構えて刀匠として活動している人に弟子入りするのが一般的です。 高温の作業場で長時間、金槌を振るため体力も必要です。 近年、刀鍛冶を目指す人が増加したのに伴い、全日本刀匠会では研修会や入門についての相談にも応じています。

検死官

人の死は自然死とそれ以外の死にわけられます。不自然死が出た際に、その死因を調べる仕事をする人を検死官と総称しています。変死者または変死の疑いのある死体が出た場合、まず警察官である検視官が現場や死体の状況を調べ、変死だと判断した場合に、警察の指定を受けた警察医か監察医務院の監察医、または委託を受けた大学病院の法医学教室医師によって司法解剖されます。

検死官として働くには、大学で法医学を学び、経験を積んで監察医務院に勤務するか、警察の委託医師となるのが一般的なようです。

骨董品販売業者

骨董品販売業者は、古くから伝わる焼き物やアンティーク家具、古美術などを扱います。骨董品についての知識を駆使して逸品を発見し、売買することが仕事ですが、著名な作者の作品だけでなく、生活雑貨品のなかにも良さを見いだし、後世に残す役割の一端を担っています。

骨董品の価値を見定める目利きをするのには確かな眼力が必要で、一朝一夕でなれる職業ではありません。まずは骨董店に入社し、修業を積みながら独立を目指しましょう。独立して開業するのにあたっては各都道府県の公安委員会から古物商の許可を受ける必要があります。

データアナリスト

企業の依頼に基づいて、市場動向などに表われる統計や各種デー タの数字を読み解き、マーケティングや経営アドバイスを行なうのがデータアナリストの仕事です。各種データの相関関係やパターンから有益な情報を発見するコンサルタントとしての思考が求められます。データアナリストは今後ますます必要とされる職業のひとつです。

データアナリストになるには学歴や性別などは問わないが、データマイニング(膨大な量のデータから経営やマーケティングに必要な傾向や相関関係やパターンなどを導き出す分析方法)やテキストマイニング(文字列を対象にさまざまな手法で有用なデータのみを抽出する分析方法)といったデータ処理の際に使われる専用ソフトの使用経験者であることが望ましいでしょう。データマイニングの分析結果をもとにした販売戦略やブランド構築にも参加することがあるので、企画の立案から実施に向けた調整まで幅広くこなせるとさらに良いと考えられます。

ライター

ライターは編集者から依頼を受け、企画のテーマに沿った内容について情報を集め、取材をし、それらをもとに雑誌や本の原稿を執筆するのが仕事です。ライターは自分の専門分野を持って執筆している人が多いようです。いずれにせよライターには依頼されたテーマの内容をわかりやすくまとめる文章力が求められます。

マスコミ関連の専門学校や大学を卒業後、出版社や編集プロダクションで働いて経験を積んだ後、独立するのが一般的です。または、著名なライターのアシスタントとして働いたのちに独立する人もいるようです。

農業技術者

農業分野で専門知識を学び、自然科学や社会科学の知識や技術を活用して、研究や技術開発、技術の普及などを行なうのが農業技術者の役割です。たとえば、農業試験場では、よりおいしく、病気や害虫に強く、収穫量の多い品種をつくるためにさまざまな改良や研究が日夜続けられています。これも農業技術者の典型的な仕事のひとつです。

農業技術者が活躍している分野は幅広く、国や都道府県の研究機関をはじめ、農協や種苗会社、農薬や肥料会社、食品会社などでの商品開発や品質管理、建設会社で農地土木にあたったり、貿易商社で農産物の輸出入業務を行なうことなどもしています。

考古学者

考古学とは、遺跡や遺構、遺物などから、過去の文化や当時の環境とそこでの人類の生活様式などを研究する学問です。考古学者は発掘された実物から過去を検証しようとするのが仕事となります。アウトドアでの活動が基本となるのが、文献を中心に研究する歴史学との明確な違いとなります。考古学者は、大学教員のほかに博物館や埋蔵文化財センターの学芸員から、都道府県や市町村の教育委員会の埋没文化財担当職員までと幅広く存在します。また、近年は沈没船や海底に沈んだ都市遺跡を調査する海洋考古学者の存在も注目されています。海外の発掘調査を行なうことも多くなっているため、英語はもちろん、現地の言葉も使えなければなりません。さらに、発掘のためのスポンサーを見つける営業力やバイタリティーが不可欠となります。

考古学者になるためには、まずは考古学の著名な教授や講師がいて、できれば考古学研究室もある大学に入学しましょう。さらに大学院へ進学して、大学教授や博物館などの学芸員になるのが一般的です。なお、日本の考古学を代表とする組織として1948年に『日本考古学協会』が設立されており、春の総会および秋の大会、研究発表会、シンポジウムや講演会の開催、機関紙「日本考古学」の発行、埋蔵文化財の保護、関連学術団体との連携と協力、国際交流などを推進しています。同協会のサイトには考古学関連の講座を持つ大学の一覧も掲載されてるので、進学の際の参考にすると良いでしょう。

伝統工芸職人

伝統工芸品職人になるために制度化された資格や技術の取得はありませんが、自分が本気で打ち込めるような職人技能にたどり着く自発性は必須です。一生をかけて工芸品作りに打ち込むほどの情熱が必要であるため、覚悟を決めて仕事に臨む必要があります。

2021年1月現在、国(経済産業大臣)の指定を受けた伝統工芸品は236品目あり、分類は以下の通りです。

織物
染織品
その他の繊維製品(紐や刺繍など)
陶磁器
漆器
木工品・竹工品
金工品
仏壇・仏具
和紙
文具
石工品
貴石細工
人形・こけし
工芸材料・工芸用具(金箔など)
その他の工芸品(版画、うちわ、提灯など)

伝統工芸職人になるためには、直接工芸品を作っている団体や職人に連絡して弟子入りするのが一般的ですので、その点について自発性は必要となります。

コミュ障に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました