メンタルが弱い人に向いてる仕事9選【人と関わること少なめの仕事がオススメ】

メンタルが弱い人にとって、この世にはストレスが多い仕事や人間関係で病んでしまう仕事が多いと感じ、悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中にはメンタルが弱い人でもこなせる仕事はたくさんあります。

そこで当記事では、メンタルの弱い人にとって向いていると思われる仕事の数々をご紹介した上で、実際に仕事を見つけ出すコツや方法まで合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

メンタル弱い人に向いてる仕事【解説付き】

メンタル弱い人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 音楽療法士
  • ゆる体操指導員
  • アロマセラピスト
  • カラーセラピスト
  • パフューマー
  • ウェブコーダー
  • 宝石鑑定・鑑別者
  • 骨董品店主
  • ジュエリーコーディネーター

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

音楽療法士

音楽を通じて、痴果症や自閉症を患う人、または精神的ダメージを受けた人々の心を癒 し、心身の回復を図る心理療法を施す仕事です。 ボランティアとして働く者も多いですが、高齢化社会に向けて需要は増える傾向にあります。老人福祉施設、身障者福祉施設などに勤務します。

臨床経験5年以上で試験合格後、資格審査により正式に音楽療法士と認定されます。

ゆる体操指導員

ゆる体操指導員は「スポーツ指導員」と言われ、ゆるめの体操を指導する仕事です。具体的には、手首をブラブラさせたり、体の力を抜いて歩いて、体の筋力などをゆるめて優 しく揺りほぐす運動を指導し、心身ともにリラックスさせる方法を教えます。

新しい仕事でまだ就業者数は少ないですが、マスコミにも取り上げられ、今後教室が増えると求人も増える傾向が予想されます。勤務先は、主にゆる体操教室やカルチャーセンターです。

アロマセラピスト

アロマテラピーとは、花や薬草などから得られる香りのエッセンスを抽出した精油を混ぜたオイルで,マッサージやアロマバスを施すことにより、さまざまな病気の治療 予防を促す自然療法のことです。
アロマセラピストの仕事はこの芳香効果を利用して、心や精神を元気にし、より健康に近づけるだけではなく、アロママッサージを通して全身のコリや疲れを癒し、リフレッシュさせることでもあります。

欧米では、アロマテラピーを治療行為として認める国もありますが、日本ではリラクゼーションの手法のひとつとして広がっており、アロマオイルは医薬品ではなく嗜好品として扱われているのが現状です。

精油の匂いをかいだり、オイルを使ってマッサージすることで心と体をリラックスさせることができると言われています。近年、脳と香りの研究が進む中でアロマセラピストの人気は世界的にも高まっています。

アロマテラピーは、健康志向ブームと強いストレス時代の中で注目されており、理美容師や整体師、エステティシャンなど、リラクゼーションに関係のある人たちが、サービス向上のために技術の修得を目指すケースも多めです。

アロマセラピストになるには、ホテルや百貨店に設けられている専門サロン、エステテ ィックサロンなどに勤務するのが一般的です。整骨院や病院などに勤務する場合もあります。
最近では、アロマテラピーの関心の高まりを受けて、サロン、ショップの販売スタッフ、スクール講師、商品開発など、活躍の場は広がっています。経験を積んだ後は、アロマグッズを取り扱うショップの経営や、サロンの開業も可能です。

アロマセラピストに求められる適性は、多くの精油の香りを扱う仕事ですので、香りに対して興味があることはもちろん、臭覚、味覚が正常でなければなりません。精油は、扱い方を間違えれば、副作用なども起こすこともあるので、正しい知識と技術も必要です。
また、お客様と直に接し、カウンセリングなどを行うので、人と接することが上手であることも大切になります。

カラーセラピスト

カラーセラピストは、人の心と体に深く働きかける色彩の効果を用いて安らぎを与えたり、心身のバランスを整えたりする仕事です。メンタル的な部分を色を使って分析します。

カラーセラピーは 心理学で研究されつつあり、専任は増加傾向です。パーソナルカラー診断(個々に似合う色調を提示し魅力を引き出すこと)は若者にも人気です。

パフューマー

パフューマーは、香水、化粧品から接着剤、ゴム製品に至るまで、様々な製品に使用する香粧品香料の香りをつくる仕事です。食品香料を専門に扱うのは「フレーバリスト」と呼ばれ、パフューマーとは区別されます。消費者の嗜好やトレンドの把握など、マーケティング能力も求められます。

香料会社や化粧品メーカーなど、香りと関連のある会社の新卒採用者の中から適性を考慮のうえ選定されます。香りを扱う仕事で嗅覚が要されるので、喫煙者には不向きな仕事です。

WEBコーダー

WEBコーダーは、WEBサイトのデザインだけではなく、その構造、ユーザビリティ (使いやすさ)やアクセシビリティ (見やすさ・アクセスしやすさ)も考慮して、デザイン後にウェブサイトがブラウザにきちんと表示、更新されるよう、設計するプログラマー的な側面を持つ技術者のことを指します。

言わば「ウェブサイトの縁の下の力持ち」と言える仕事でしょう。

ですのでWEBコーダーは、WEBディレクターやデザイナーと同じくらい重要な役割をもちます。HTMLやXTML、CSSなど、ウェブサイ卜を作る際に必要なプログラミング言語の習得はもちろん、一般ユーザー目線で使いやすさや見やすさを追求する能力も求められます。

WEBコーダーになるには、WEBサイト制作会社のほか、コーディング業務のみを行う専門会社に勤務するのが一般的です。

宝石鑑定・鑑別者

宝石鑑定・鑑別者は 、高価な宝石類の石の真偽や等級を見極めるのが主な仕事です。扱う宝石の石の種類(ダイヤかルビーかなど)を見分けるのが宝石鑑別、石の等級を見極めるのが宝石鑑定(グレーディング)です。鑑定者は「宝石ソーター」ともよばれます。

主な職場は、宝石販売店、デパー トの宝石売場、宝石鑑定・鑑別機関、間屋、輸入代理店などです。職場によっては仕入れやデザイン関係の仕事にも関わることがあるため、宝石全体に関する専門家としての知識が求められます。

日本では、現在この仕事に就くための国家資格認定制度はなく、信頼性の上に成り立っている職業であるのが現状です。世界的に高度な専門知識と技術を身につけるには、GIA(米国宝石学会)による資格試験「GIA-GG(米国宝石学会宝石学修了者)」 を受けるのもよいでしょう。

GGは宝石鑑定・鑑別の技術習得はもちろん、宝石業界で仕事をするうえで、必要な総合的な宝石学のスペシャリス トとしての訓練を受けるので、業界のあらゆる職場で仕事をすることが可能です。

宝石鑑定士になるには、宝石に興味があり宝石が好きであることが一番大切です。拡大鏡を使って細部を確認する作業が続くため、細かい作業が好きであれば向いていると言えます。販売店に勤める場合には、接客技術も必要です。

骨董品店主

骨董品店主とは、アンティーク・古美術品や宝石ついての知識を活かし売買を行う職業です。

正確な従事者数は不明ですが、昨今のブームもあり、ニーズは今後増えると言われています。

骨董品店主になりたいなら、まずは骨董品店・リサイクルショップなどに勤務して経験を積んだ後、骨董品店主として独立開業するのが一般的です。様々な骨重品に関する豊富な知識が求められます。

ジュエリーコーディネーター

ジュエリーコーディネーターとは、ジュエリー(宝石)を扱う店のスタッフの総称です。ジュエリーは高額で専門性の高い商品なので、豊富な知識やコーディネート術が必要となります。宝飾品販売のスペシャリスト資格である「ジュエリーコーディネーター資格」を持っておくと心強い武器になります。

また、ジュエリーコーディネーターの中には、自分自身で宝石の仕入れを行う「バイヤー」もいます。このバイヤーは、海外の宝石原産国に赴き、他のバイヤーと競い自分の眼だけを頼りに宝石の価値を判断し、値段交渉を行い宝石を仕入れます。

「ジュエリーブランドディレクター」は、ブランドコンセプトの見直しやデザインの若返りなど根本的なことから提案していきます。

抜けてる人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に、自分に向いている仕事が見つかる転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました