仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

フリーター・ニートがホワイト企業を見つけるコツ。大学中退者や既卒でも優良企業を見つけ出すコツとは?

フリーターやニートの皆さんは、何かしら仕事に対して恐怖心や恐れを持っていることかと思います。

「ブラック企業に入ってしまったらどうしよう…」
「上司が厳しい人でハラスメント行為されたら嫌だなあ」
「忙しくて急かされる仕事だとついていかないかも…」

このように不安な気持ちになられていることでしょう。

私も退職した無職期間、そんな風に不安になっている時期もありました。

ですので、一つだけ言っておきます。

あなたが思うほど、世間は別に厳しくはない。

…ということですね。

ブラックな企業や上司や同僚にガミガミ言われる会社は、たしかに存在します。

ですがそれはごく一部の話で、中にはびっくりするぐらいゆる〜い職場や、驚くほど親切な上司のいる会社もあるんですよ。

では、なぜそういうホワイト企業の話がネットではあまり見られないのか?

答えは簡単です。わざわざ、ネットに書くような必要がないからですね。

わかりやすく言うと、女の愚痴みたいなもんです。

女性には「こいつは愚痴を言わないと生きていけないのか?」という感じの人が多いですが、あれと一緒ですよ。

ブラック企業で死にかけている人ならともかく、ちょっと会社で気に食わないことがあると「この会社はブラック!上司はパワハラ!」と愚痴を書かないと、気分が落ち着かないわけですね。

逆に「上司が最高!」「うちの会社ホワイト過ぎ!」なんていうポジティブな話は、わざわざネットに書くまでもないですよね。

たとえば、あなたが好きな人にたまたま話しかけられて「何かいい事あったの?」と聞かれて「えへへ…秘密♪」とか照れながら言っちゃうようなもんです。

ホワイト企業の情報は、なかなか表に出ないんですよ。

でも、たしかに存在します。

言わば、ホワイト企業探しとは運命の人との出会いを求めるようなもの。

恋愛で考えてみましょうか。

理想の恋人と出会うのは難しいかもしれません。

ですが「まあ、悪くはないかな」ぐらいの人となら結婚できますよね。

むしろ、大体の人が「ま、いいか」と妥協しています。

恋愛と同じで、妥協すればそこそこのホワイト企業は必ず見つかります。

というわけで、フリーター・ニートの方向けに、ホワイト企業と出会うヒントを教えていきますよ!

「会社=悪いヤツ」という考えを捨ててみよう!

フリーターやニートが就職を考える場合に「会社=悪いヤツ」と考えがちです。

とくに最近はブラック企業の話や搾取の話など、企業の悪い情報がネットにあふれまくってますから。

とくに、就職に対してトラウマがあると「どの会社も搾取する気満々の悪いヤツ!」って警戒しちゃいますよねー。

ですが、これはちょっとまずい考え方ですよ。

なぜなら、理想の求人・都合の良すぎる求人にサクッと引っかかちゃうから。

「風通しが良くてアットホームで人間関係良好な職場!」
「社員のやりたいことを尊重する職場!」
「給料もよくて残業なし!」
「未経験でも先輩たちがやさしく教えてくれる!」

こういうキャッチフレーズを見ると「自分でも働けそう!」と思っちゃうかもしれません。

これに従業員が満面の笑みの写真が載ってたら、もう完全に「感じ良さそう!」と思っちゃいますよね。

それ、ブラック企業の常套手段ですよ。

そんな都合のいい求人に引っかかってブラック企業に入社しちゃうから「思ってたのと違う!だまされた!」という結果になるわけですね。

”欠点”のある求人にあえて応募してみよう

そうなると、ますます「絶対にブラックじゃない理想の求人を探そう」とがんじがらめになってきます。

「残業があるからブラック!」
「給料が安いからブラック!」
「ホワイト…だけど実務経験3年以上…」

…という感じで、応募する企業がなくなってしまうレベルです。

ですので、私は”あえて欠点の目立つ会社”を探してみることをオススメします。

なぜなら、都合の悪いことを隠さない会社は、いい会社が多いから。

逆にブラック企業ほど、公式ホームページでやたら理想の高いことばっかり書いて、見た目だけはキレイに整えています。

まるで見た目だけは良くて、性格最悪な恋人みたいですね。

逆に欠点の目立つ人ほど、憎めない愛嬌があったり、思いやりのある人だったりします。

ですので、私はあえて欠点の目立つ企業に応募してみる方法をオススメしますね。

  • 残業時間が月20時間
  • 月一回は土曜日も出勤
  • 交通費支給なし
  • 半年間はアルバイト扱い

ハローワークなどを見てみますと、こういった「ちょっと嫌だなあ…」「こんなこと書いているなんて待遇悪そうだなあ」という求人ほど、フタを開けてみればホワイトです。

少し嫌なところに目を瞑れば、他は全部許せちゃうわけですね。

たとえば半年間アルバイト扱いと書いている企業なんかは、一ヶ月ぐらいで「思ってたより覚え早いので社員に昇格!」とかフツーにありえますから。

…いや、だっていきなり正社員で採用して、舐めた仕事されたらマジで困るから。採用する会社の気持ちも考えて。

ホワイト企業は求人がテキトーだという事実!

ホワイト企業は求人に都合の悪い情報を掲載していますが、それが実はウソであることもありえます。もちろんいい意味で。

  • 残業20時間って書いてあるのに、残業がそんなにない
  • 完全週休二日制ではないが、ほぼ週休二日制(数ヶ月に一回だけ土曜日出勤)
  • 数ヶ月働くと突如交通費支給の許可が降りた
  • トライアル期間なのにすぐ正社員に格上げ

書いていることと内容が違いますが、こういったことは嬉しい誤算ですよね。

ですが、こういったことは割とよくホワイト企業ではありえることです。

ゆる〜い職場は、いい意味で求人や企業ホームページがテキトーなんです。

そのため、一見すると「この会社の求人、ちょっとイヤなあ…」という印象を与えます。

でも、よ〜く考えてみてください。

そもそも、ホワイト企業は人手が足りているので「将来に備えて若手の人材は欲しいけど、めちゃくちゃ欲しいわけでもない」という感じで募集をしているわけですね。

ですので、求人も「とりあえず面接で人柄見て決める」「とりあえずトライアルで採用して見極める」という感じなんです。

そういう会社は、採用基準もテキトー。

私が転職アドバイザー時代に関わった企業人事も、

「ちょっと文字や言葉では表現しにくいんだよねえ〜」
「私たちは会って人となりを見て採用を決めます」
「大卒限定なんて言ったっけ?別に高卒でもいいよ」
「残業時間そんなにないけど、忙しい月もあるから”20時間”と書いておくか」

…って感じの人もいまして、採用募集なんて割とテキトーな会社も多いんですよ。

んで、そういう会社は、だいたい仕事も適当ですよ。

それでも会社が経営できているのですから、何も問題ナッシング。

フリーターやニートの経歴に弱みを持つ人が来ても「ほーん、キミ若いね。家近いし明日から入社できる?」と、軽いノリで採用を決めちゃうわけですね。

冗談ではなく、割とそういうノリで採用を決める会社も少なくはありません。

求人がガチガチな会社はヤバイ!

逆に求人票の欠点もなく緻密に書いているような会社の方がヤバイですよ。

「書類の字が汚い」
「経歴に一貫性がない」
「面接で言っていることに矛盾がある」

…など、完璧オブ完璧だらけのマシーンのような人材を求めるようなヤツばかりです。

そんな会社、考えるだけでも嫌になりますよね。

入社できたとしても完璧を求められて、絶対にきついはずですよ。

んで、そういう会社ほど「残業ないと言ったけど、アレはウソだ」「いやあ、正社員採用はまだ無理だからアルバイトで頑張って^^」と都合のいいことを言い出す。

大人の汚いやり方ってヤツですね。

フリーターやニートでもホワイト企業は見つかります

フリーターやニートのみなさんは、あまりに正社員になることのハードルを上げすぎな傾向があります。

…いや、実際多くの求人サイトなどでは「マナーは完璧に!」「受け答えはハッキリと!」など厳しいことを書いていますが、そんなに厳しく見ていない会社もかなり多いですよ。

そして、そういう「完璧じゃない求人」「欠点の見える会社」ほど、実はゆる〜いホワイト企業だったりするんです。

逆に求人の都合のいい情報載せまくってたり、経歴の欠点や面接でのあら探しが好きな会社は、入社しても細かいことをガミガミ言われるのでやめておきましょう。

ホワイト企業を見つけるならプロに手伝ってもらおう!

フリーターやニートの方がホワイト企業を見つけるなら、就職支援サービスでプロのアドバイスとサポートを受けるのが間違いありませんよ。

就職支援系のサービスを最初に使う時はハードルが高く感じますが、実際に使ってみるとイメージが変わります。

ゆる〜い会社ですと、最初のカウンセリングは雑談から始まることも珍しくないです。

私も転職アドバイザー時代は、とくにフリーターやニートといった経歴に自信のない方には、ゆる〜いトークから距離感を縮めていました。

「今のバイトは楽しまれていますか?」
「趣味にゲームと書かれていますが、一日何時間ぐらいプレイされていますか?」
「空白期間がありますね。暇つぶしの時間は何をされていましたか?」

…という感じで、決して相手を責めないように意識していました。カウンセリングの基本です。

中には無神経にフリーターやニートに説教くさいことを言ってくる方もいるようですが、多くの場合は本気でフリーターやニートの方に前向きに定職に就いてほしいと考えています。

いや、マジで今若手不足の業界増えてるんで、その気があるならチャレンジしてみてくだい。

就職のプロから翼を授かり、ホワイト企業へと飛び立ちましょう!

優良企業に就きたいなら就職支援サービスの利用がオススメ

フリーター・ニートの方で、確実にホワイト企業・優良企業に就きたいのであれば、就職支援サービスを使っておくことをオススメします。

就職支援サービスは20代の若者向けに、有名ではない隠れた優良企業を紹介してくれるため、フリーター・ニートの方でもいい就職先を見つけ出すことが可能です。

とくに20代の方であれば、学歴・経歴問わずに優良企業に就けるチャンスですので、この機会に利用を検討してみてください。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3社です。

オススメNo.1!

いい就職ドットコム

→解説記事はこちら

  • 中堅企業の紹介多め
  • 正社員求人限定
  • ブラック企業徹底排除
  • サイト登録式で求人情報閲覧可能
  • カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
  • 創業者に既卒経験ありで利用者目線
  • 2001年からの長い運営実績のある老舗
効率NO.1!

ハタクティブ

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 書類選考なしで面接可能
  • 全国に面談拠点あり
  • 電話面談・Skype面談対応
  • 契約・派遣社員の求人あり
DYM就職

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 全国に面談拠点あり
  • 最短1週間の内定実績あり
  • 中堅~ベンチャー企業多め
  • 一部、上場企業の求人も

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

就職Shop

あのリクルートの手がける既卒・第二新卒向けの就職支援サービスが「就職Shop」です。

就職Shopの特徴

  • 求人数最多
  • 人柄重視の小さめの企業の紹介多数
  • ただし、拠点での面談参加は必須

リクルートらしく、圧倒的求人量はあるものの、面談参加重視な点で、やや効率性には欠ける印象。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。