【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

専門学校に行かなきゃよかった…後悔している人が人生について考え直すべきたった1つの真実とは?

「専門学校を卒業したけど就職できなかった…」
「専門学校なんて行かなきゃよかった…」

そう後悔して悩んでいませんか?

「専門学校卒業」という経歴はかなり微妙な立ち位置にあり、評価される場合とまったく評価されない場合があります。

正直な話、専門学校はビジネス面が強いため、卒業からの就業支援は行ってはくれるものの、学歴自体はそこまで評価されないという事情があります。

ですので、専門学校卒が転職に向けてキャリアを考える際に考えておくべきポイントは、シンプルに一つ。

自分の卒業した専門学校で学んだことは、転職市場で必要とされているか?

自分の人材価値と企業から需要を知っておけば、キャリアプランはハッキリとします。

たとえば、ミュージシャン養成学校や同人誌専攻科で学んだスキルを活かせる企業は、転職市場ではほとんどありません。逆にプログラミング系の専門学校を卒業しておけば、IT・WEB系の求人は山ほどあります。

つまり、大事なのは「専門学校卒業に経歴が企業側から実用的と判断されるかどうか」の一点のみ。

今回は専門学校卒業の経歴を持つ人に向けて、転職に関するコツをご紹介していきます。

合わせて読みたい:だまされるな!「やりたいことを仕事に」「好きな事を仕事に」「夢を叶えよう」というのは信じないほうがいい

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

専門学校に行かなきゃよかったと後悔している人の体験談

専門学校に行かなきゃよかった…と後悔している人には、どのようなものがあるのでしょうか?

アンケートサイトで集めた体験談をもとに見ていきましょう。

専門学校に行かなきゃよかったという意見で多いのが
「授業内容の質が低い」というものだな

ゲームの専門学校に通って非常に後悔しました。どんな内容かというと、作品を提出する課題の多くが与えられたサンプルの画像とBGMを差し替えただけのものなど小学生でも出来るものしかありません。だから、卒業制作で1年次の始めに習う基本的なことも出来ない生徒が全体の8割です。教師に関しても、授業のレベルの差が激しいです。良い授業は、自力で3Dゲームを作る、チーム開発などの就活に役立つものです。一方で悪い授業は、教師自身も使い方が分からないのに参考書を音読するなど出来のいい生徒に授業をやらせた方がまだ良いと思えるものです。このように自分のためにならない授業が多いのでゲーム系の専門学校に通うべきではありません。
男性/20代/ゲーム系専門学校

逆に「カリキュラムが詰め込まれすぎ」という意見もあったぞ

授業がみっちり朝から夕方まで入っていて、次々と新しいことを教わり続け、さらには課題もあり、自分の頭で考える時間がなかった。
とにかく時間と心の余裕がなく、知識を深めることができなかった。
大学生のように、サークル活動などできなかった。他の学校との交流はなかった。卒業後にさらに学びたいと思っても、進む道がない、大学院へはいけない。
求人も大学卒と専門卒では扱いが違うし、初任給から違う。最初から大学卒業以上の人材を求める求人も多い。結局その時点で間口は狭まり、希望の職種につけなかった。就職氷河期でもあったが、クラスで1人しか希望に職業につけなかった。
簡単に入学できるため、レベル(偏差値)の低い生徒も多く授業の質も下がっていた。
女性/40代/インテリアデザイン

他にも「集まる教師や生徒の質が低い」という意見も目立ったな

通った学科によるでしょうが、生徒のキャラクターが偏ってました。自身は控えめな印象ですが周りはギャル系ばかりというお互い友達になりにくそうなクラス構成でやりにくかったです。担任の先生も新卒で派遣切りにあって、この学校に就職したという人で年齢も大して変わらないのでやりにくいかったし、クラスで揉め事が起こってもベテランの先生に助けてもらわないと解決できないような人で教師の質が良くない印象でした。授業も先生によっては変に厳しいマイルールを出している人もいて、学校のルールではないので一貫性がない印象でした。あとは、学校の人間関係が狭いです。全体的にアットホームな雰囲気を売りにしている学校でしたが、意味をはき違えているように感じました。全体的に学びに来るというよりは遊びに来るという感じで馴染めなかったです。切実に自分には大学が合ってたなと感じました。
女性/20代/ペット関係

専門学校で就職できなかった人の体験談

次に「専門学校を卒業したものの就職できなかった…」という人の体験談を見ていきましょう。

就職口が少なすぎてあまりよくなかったと感じます。
パソコンのスキルを学びたくて専門学校にしましたが、そこそこのスキルでエンジニアにはなれないレベルの知識しか身に付きませんでした。マイナビなどの大手就活サイトは大卒の求人が多く、学校紹介のものはゲーム系求人しかなく学歴って大事なんだなと感じました。今後転職や再就職するにしても、知識はどうであれ大卒という肩書きがないと弾かれてしまうことも多いのかなと感じたので専門学校で狭い知識を学ぶよりも、大学に通って大卒というステータスを手にいれた方が良かったなと感じました。大卒優先という時代に完全に移行したわけではありませんが、就職したいのであれば大卒という武器がないのは残念です。
女性/20代/経営工学科
一番の後悔は現在の就職が全く違う分野だったことです。学科内では飛び抜けて優秀ではありませんでしたがそこそこの成績でした。その後の就職活動の際、学校に来ていた求人は殆どが現場職。研究職に憧れて環境工学科を選択しただけに妥協はしたくありませんでしたが……数少ない研究職の求人に応募をするも不採用の連続。仕方なく現場職に就職を決めました。就職した先の職種はゴミの焼却施設や水質管理センターの運営スタッフ。運営スタッフといっても夜勤ありの現場職です。思い描いていた仕事とかけ離れすぎ……そう思うと仕事を続ける気力はあっという間に消え失せました。その後ニートに1度なり、1年くらいのあいだ親にさんざん迷惑をかけたあと今の販売職につきました。必要な充電期間だったといえばそれまでですが、最初の職種を選ばなければ……と思ってしまいます。また、専門学校に通い高い学費を出してもらったのにまったく関係ない職に就いているわけですから必要なかったと今でも思ってしまいます。専門学校の場合、その道に特化しているだけに潰しは効かないし無駄になることもある……もし迷ってる人がいたら声を大にして伝えたいと思っています。
男性/30代/環境工学科
体育専門学校に伺ってインストラクターになりたいと思っていました。大手企業のインストラクターならお給料が二十五万円頂く事が出来るのでインストラクターになろうと思いました。体育専門学校を卒業出来た事は良かったけど大手企業に入社する事は出来ませんでした。中小企業だとお給料が十五万円で生活が出来ないと思ったのでインストラクターの道を諦めたし専門学校に伺った意味は無いと思いました。インストラクターの資格を取得する事は出来たけど結局はお給料の良いコールセンターでのお仕事を選択した事も体育学科に伺った意味は無いと思ったし社会人になってから活躍中出来る簿記の資格を大原専門学校で取得したら良かったと思いました。
女性/20代/体育学科
専門学校を出て後悔している人の意見を見ると「大卒との差を感じた」「大学に行っておけばよかった」と意見が圧倒的に多く、専門学校卒が就職で不利になりやすい事情が見えてくるかと思います。

専門学校で就職出来なかった場合は自分のキャリアを把握しておこう

専門学校卒が最終学歴で転職を考えている方は、まずは自分のキャリア分類をしっかりと把握しておくことが、転職をスムーズに進める秘訣です。

関連:20代の転職事情まとめ。自分に合った転職情報が見つからない人は読んでおこう!

専門卒の場合は「既卒・第二新卒」層に分類されるので、自身のキャリアを把握しておくといいでしょう。

既卒…就職先が決まらないまま、専門学校を卒業した(卒業後3年以内が目安)
第二新卒…新卒後就職するも3年以内に辞めた、あるいは辞めようと考えている

関連:既卒・第二新卒が企業に歓迎される理由「若ければチャンスはある」は本当なのか?その真相に迫る!

「既卒・第二新卒」は卒業後3年以内を指す言葉ではありますが、実際は20代までの若手を指すことも多く、人材サービスによっては30代以降でもサポート対象にしているところもあります。※リクルート運営の「就職Shop」など

基本的に大手転職サイトの情報は一般的な大卒キャリアを対象としていますので、既卒・第二新卒層には当てはまらないことも多く書かかれています。

そのため、専門卒や高卒の技術系の職種に就く教育を受けた人にとっては、あまり役に立たないどころか、見当違いのことすら書いていますが、これは転職関連の知識が豊富でないと見抜きにくい事実です。

ですので、専門卒の方は「大卒以上のキャリアでなければ転職はできない」という先入観を捨てることが大事です。

「専門学校卒」は経歴としては評価されにくい

残念ながら、転職市場において「専門学校卒」自体が経歴として高く評価されることはほとんどありません。

専門学校はビジネスの側面が強く、その上で大学のように権威や知名度もあるわけではないからです。

また、専門学校は「職業訓練校」「養成講座」という性質も強く、即戦力人材を作り上げて専門学校とコネのある企業に就職させるという流れが一般的です。

つまり、専門学校経由での就職には強いものの、そうでない場合は経歴が飾りになりやすいわけです。

そのため、専門学校卒業後に就職が決まらずに長い空白期間が出来ると、転職市場では高卒とほとんど変わりないレベルで扱われることになるんです。

一部の国家資格を取得できるような専門学校は別ですが、技術系の専門学校では経歴上は「高卒扱い」ぐらいに考えておく方がいいでしょう。

業界分析をしておくとよりいい転職先が見つかる

就職・転職で大事になるのが「業界分析」ですが、専門学校卒業生はとくに自分が働きたい業界のことを知っておく必要があります。

専門学校は特定の業界・職種にしか通じない経歴になるからです。

たとえば、音楽学校を卒業した場合、一般の学生のように「書類選考で会社に雇ってもらう」という方法はほとんど通用しません。

人脈やコネを使って業界内に潜り込んで下積みを積んだり、作品を事務所に持ち込んでチャンスをもらうなど、工夫が必要です。

つまり「専門学校卒の経歴があるから」という理由で採用されるわけでなく「専門学校で学んだ知識や技術を活かせる職場や業界」に的を絞らなければ、高卒同様の未経験者として扱われやすいということです。

ただし、一から業界分析・企業研究をしていたらあまりに時間が足りないので、求人検索やアドバイザーから話を聞くなどして「行動しながら考える」ようにしておきましょう。

専門学校卒が転職を成功させる秘訣は?

「専門学校卒」という経歴は非常に微妙な扱いになるため、学歴にこだわらずに地道に就職・転職活動していくことが大事になります。

そもそも、転職市場においては「学歴」自体が高く評価されるものでもなく、採用の決め手になることはほとんどありません。

なぜなら、たとえば「東大卒」という学歴があったとしても、代わりになる人材はたくさんいるからです。しかも、東大卒だからといって仕事で高い成果を出してくれるとは限りません。

ですので、学歴をアテにしすぎずに地道に転職活動していく覚悟で挑みましょう。

専門学校の就職支援サポートを活用しておこう

多くの専門学校では就職支援サポートがありますので、まずは専門学校の就職支援を活用しておくといいでしょう。

また、専門学校の講師づてで仕事を紹介してもらえることもあるので、使えるコネはフル活用しておきましょう。

専門学校はビジネスの側面が強いとは言え、多くの場合は卒業後のサポートも行っているので、利用できるものは利用しておくべきです。

空白期間が長いなら職業訓練校も使っておくべし

専門学校卒業から空白期間が長い場合、専門学校で習った知識や技術が古くなっており、仕事に就いても通用しない可能性も十分にありえます。

その場合、国が主催している職業訓練校で知識や技術を学び直すという手もあります。

職業訓練校の案内はハローワークで受けられますので、興味があるなら聞いてみるといいでしょう。

国の支援で行なわれているので、完全無料で利用できます。

専門学校同様、即戦力として現場で通じる技術を習得して就職支援も行ってくれますので、専門学校卒の経歴頼みで転職を考えている方は活用しておくのも手です。

転職サービスは工夫して使い分けよう

営利企業の転職サービスを有効活用するのも、もちろん有効な方法です。

ただし「専門学校卒業生向けの転職サービス」はほとんど存在しないため、自分のキャリアや適性を確かめながら自分で使い分けることも大事です。

専門学校卒業生はキャリア分類としては「未経験者の既卒・第二新卒層」「専門学校過程で技術や知識を習得している適正のある人材」という微妙な立ち位置にあるので、どの転職サービスを使うのがベストかは断言できないのが実情です。

どんな経歴でも利用できる「リクナビNEXT」は使っておいて損はありませんが、経歴不十分であまりいい求人が見つからない・オファーも届かないという可能性もあるので、期待しすぎは禁物です。

専門学校卒業生が転職サービスを活用する際の戦略は以下の2つ。

  • 専門学校卒の経歴と習得した知識・技術を活かせる職場を探す
  • 専門学校卒の経歴にこだわらず未経験職を探す

どちらの選択肢も考えておくと、選択肢を狭めずに済みます。

極端な話、カジノディーラー専門学校卒のようなマニアックな人材の場合、適職が見つかる可能性は極めて低いので、未経験の一般職を探したほうが現実的です。逆にIT・WEB系の人材であれば、どこも人材不足ですので、専門卒でも経歴が評価される可能性は十分にありえます。

ただし前述の通り、業界分析を一から行うのはあまりに時間がかかりすぎるので、求人情報や転職アドバイザーから意見を聞きながら、どちらの道が現実的かを考えていくといいでしょう。

専門学校で学んだことを活かしたいなら業界特化エージェントがオススメ

専門学校卒業の経歴や学んだ知識・技術を活かしたいなら、業界特化型の転職エージェントを有効活用しておくことをオススメします。

業界向け転職エージェントは学歴や職務経歴がほとんどない方でも利用できることがあるので、使っておくだけ選択肢が広がります。

たとえば、クリエイターであれば「マイナビクリエイター」は学生でもポートフォリオ作成の支援をしてもらえるほど、利用基準は緩めです。

また、製造・エンジニア系専門の「メイテックネクスト」では、職歴なしでもサポートを受け付けているので、関連する学科を卒業している方利用してみるといいでしょう。

既卒・第二新卒向けサービスで安定した仕事の選択肢も確保しておこう

専門学校卒業生は「既卒・第二新卒」に分類されるため、既卒・第二新卒向けの就職・転職支援サービスを活用しておくのも手ですね。

最近は、既卒・第二新卒向けのサービスもかなり充実してきており、専門職への紹介もあるので、専門学校卒業で実務経験がない場合は一番マッチング率が高いと言えます。

オススメは全国展開で求人数最多の「就職Shop」と、関東圏限定ですがサポートの丁寧さに定評のある「ハタラクティブ」ですね。

専門職・未経験職どちらの提案にも期待できる上に、どちらの選択肢が現実的かを教えてもらえるので、使っておくだけ便利です。

どちらも無料で利用できます。

転職エージェントを有効活用しておくとベスト

万全を期すのであれば、転職エージェントを使っておくといいでしょう。

転職エージェントでは、既卒・第二新卒向けの求人も多数保有しているため、思わぬ天職と出会える可能性もあります。

ただし、大手の転職エージェントは経歴重視の傾向もあるので、職務経験がない場合はあまりサポートに期待できないことは知っておくといいでしょう。

逆に少しでも職務経験がある場合は、関連業界の求人を紹介してもらえるので使っておくだけチャンスが広がります。

「〇〇業界で1年勤務」という経歴は、どんなに本人が優秀だろうが無能だろうが、職務経歴書にまとめあげてしまえば判別がつきません。

そのため、職務経歴だけで本人の能力関係なく思わぬ仕事にありつけるチャンスが広がるわけです。

逆に言えば、前述の「業化向け転職エージェント」や「既卒・第二新卒向け」であれば、対応の丁寧さや人柄重視が仇となる可能性もあります。

ですので、自分の学歴・経歴でどれだけいい条件の転職先が見つかるか知っておくためにも、転職エージェントを活用しておくといいでしょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました