高学歴ニートの俺が就職したあるきっかけ…。踏み出す勇気が欲しいならぜひ読んで欲しい。

俺は、20代の高学歴ニートだ。

出身大学は東大。

よく、親戚や友人から言われるんだ。

「なぜ、東大を出てまでニートなの?」
「高学歴なのにニートかよ、親が泣くぞ」
「プライドだけは高い」

…って、な。

きっかけや理由は……もう忘れた。

俺は過去の記憶を、すべて頭の中から消し去ったのだ。

そして、世間と時間から取り残されるように、ただただ静かに過ごした。

「世界は、俺にまったく興味がない」

…そんな、気分だった。

俺は世界から愛されず、すべてから裏切られ、時間から取り残されただけの男なのだ。

そんな俺は、あるきっかけを経て、変わった。

これは、高学歴ニートとして鳥かごの中で眠っていた俺が、社会に向かって羽ばたくまでの物語だ。

すべてを食いつぶす「頭がいいだけの俺」

高学歴ニート時代の俺は、文字通り「寄生虫」「頭がいいだけのバカ」そのものであった。

実家で寄生しネットで時間を潰すような、怠惰で無駄な毎日を、ただただ繰り返していた。

ネットでは、2chで高学歴の俺のすごさを喧伝して回り、俺より学歴の低い人間を、毎日論破し続けた。

もちろん、そんなことには意味がないとはわかっていたが、敗北者の俺は「何かに勝ちたかった」んだ。

ネットで「働け」「高学歴ニート乙」と煽られても、そんなものは論破するか、PCの電源を切ってしまえば、すべて丸く収まる。

そうやって、貴重な20代の時間を、ただ浪費し続けた。

高学歴というプライドが、俺の心を殺し続ける

しかし、そんな俺は実は誰よりも弱く、愚かで、無能な存在でもあった。

かの「やるなら軍師」を叩く記事を見て「はあ?高学歴は軍師であるべきだろ?」などコメントするも、叩かれまくる始末。

世間は「高学歴ニートはプライド捨てて、バイトしろ」「高学歴ニートは肉体労働でもしとけwww新卒採用決まらなかった時点で無能だからwww」などと、俺の存在を否定し続けるではないか。

「俺は、俺は東大卒なんだよォオオ!!」

そうやって、ネットで自分の高学歴を誇っても、何一つ変えられない。

それは自分自身が一番わかってはいたが、同時に認めたくなかった。

俺が今まで必死で学んで積み上げてきた努力とは、一体何だったというのか?

就活に失敗しただけで、すべて無駄になるというのか?

…わからない、わからない、自分がワカラナイ。

そういえば「自己分析」ってやつも、途中でわからなくなって、投げ出したっけな。

関連:自己分析しても自分がわからないのは当たり前。経験不足だと満足に自己分析が出来ない件について

正解を決められない、弱さ

俺の弱さは「正解が決められない」ところにある。

正解を見つけ出すことに関しては、負ける気がしなかったさ。

事実、国内最高峰の大学である、東大卒の学歴を持つのだから。

しかし、俺はただのデータベースだったのかもしれない。

「データベースは結論を出せない」

かつて、そういった友人もいたな。

毎日求人情報をにらみ続けても、どれが「俺にとっての正解」か、いつまで経っても答えが導き出せないのだ。

そして、俺はいつもこう言うのだ。

「こんな仕事は、高学歴の俺がする仕事ではない」とな。

そうやって、何度も「やらない言い訳」を心の中で唱え続けて、ただただ歳月が過ぎ去っていくだけの、虚しい日々を送り続けていたのが、高学歴ニートの俺の真実だ。

「存在と時間」

俺の愛読書はハイデガーの「存在と時間」だ。

「存在するとは何か?」という命題に迫り、ついには完結せずに終わったこの作品を読み解くことこそが、俺の生涯の勤めだと思っていた。

だが、そんなものは実社会では何の役にも立たない。

この世で存在を証明するために必要な手段は「金・権力・富・名声・地位・ステータス」の類なのだから。

声の大きい中身なしのバカが評価され、俺みたいな勉強のできる高学歴ニートは、踏みつぶされておしまい。

どんなに「俺の存在とは何か?」を理論で語ってみても、就活の面接で人事には苦い顔をされるばかりだった。

そうやって、俺の存在は常に否定され続けた。

そしていつしか、俺は「存在しないもの」として扱われだした。

…本当に”存在”とは何なのだろうか?

少なからず、高学歴ニートは社会的には「存在しているはずなのに実態はない=存在しない存在」なのは、間違いない。

きっかけは、耐え難き”死”

そんな俺が、劇的なまでに変わるきっかけは「幼馴染の死」であった。

その幼馴染は実は俺の初恋の人でもあり、それこそ、その幼馴染に「頭いいね!」と言われたことが、俺が有名大学を目指すきっかけであったりもする。

その幼馴染とも高校卒業後は疎遠になり、同窓会で顔を合わせたのが最後の記憶だ。

その幼馴染は、最悪なことに「自殺」したらしい。

どうにも、過労死みたいだったが、今や赤の他人である彼女の死に、あれこれ聞ける立場でもない。

俺はただ葬儀に参加し、呆然とするしかなかった。

そして、とっくの昔の感情を捨てた俺は、涙さえ流れなかった。

冷たい風にさらされた、俺はあの日から動けない

一体、俺の時間はどこで止まっていたのだろうか?

思い出さないようにしていた過去の記憶が、とめどなくあふれ出す。

どこかで「本当の自分」を押し殺して、ただただ勉強と学歴だけに自分のアイデンティティを求め、その先にある「大企業勤め」「勝ち組」だのの社会的ステータスを得て、多分その先で幼馴染の子にでも褒めて評価してもらいたかったのだろう。

俺が勉強に青春を捧げ、高学歴という虚しいステータスを得たのも、その程度の理由でしかなかったのだと思う。

思えば、俺は最初から自分の意志で生きていなかったのかもしれない。

俺の時間は、幼馴染に頭がいいと褒められた瞬間、テストで100点を取った瞬間、あるいは東大受験に受かった瞬間…その程度の瞬間で、止まったままだ。

そう気づき、俺は思わず泣いた。

俺の感情も時間も自分自身も、すべてどこかで止まり続けたままだったのだ。

皮肉にも、俺は始まりをくれた幼馴染に、また始まりを与えられた。

でも、もう死んだ彼女は、あの日のようには笑いかけてはくれない。

だけど、せめてあの日言ってくれた「頭いいね」という褒め言葉だけは、無駄にしたくない…俺に残されたのは、そんな儚い感情だけだった。

…俺が変わるためには「その程度のきっかけ」だけで、あまりに十分すぎた。

どんな企業の説明会や、親の説教、ネット越しの正論でも動かなかった俺の心は、たった一つの”幼馴染との儚い思い出”変わることのない永遠の魔法だけで、揺り動かされてしまったのだ。

闘志、燃ゆ

俺の闘志は、かつてないほどにメラメラと燃えだした。

俺がわざわざ「存在と時間」という哲学書の話をしたのは、他でもない「俺の存在は、過去・今・未来、すべての時間軸で存在するもの」と気づいたからだ。

過去の俺も、今の俺も、未来の俺も、すべてはひとつの存在でしかない。

よく俺は「過去にとらわれるな」「学歴にこだわるな」と言われたが、それは違うと思う。

お前らは、俺が恋した幼馴染の死を忘れろと言うのか?
あいつが言ってくれた「頭いいね」という言葉を、捨て去れと言うのか?

…捨てていいわけがない。

俺は死ぬまで、過去にとらわれ続けるぞ。

自分の知力や頭脳を無駄にしないために。
高学歴を飾りにしないために。
「頭いいね」と褒めてくれた、死んでしまった幼馴染のために。

これは、俺の社会に対する宣戦布告であり、挑戦状だ。

もう”迷い”など、ない

覚悟を決めた俺に、もはや迷いなどなかった。

俺の東大卒のブレインがフル稼働し、ありとあらゆる情報を高速処理する。

…ああ。

この感覚はいつ以来だろうか。

体が軽い。

心の奥底で闘志が目覚めるのを、ひしひしと感じる。

―――もう何も怖くない。

すべての求人情報、転職情報、企業研究・業界分析の情報群が、あっという間に頭の中で高次処理され、俺の中で瞬時に最適解が導き出される。

あとは、俺の優秀な頭脳に従い、ただ黙々と行動するだけだ。

そうすると、今まで「高学歴ニートで、なかなか職が見つからない」なんて悩みがバカらしくなるほど、一瞬で内定が決まった。

…高学歴ニートが本気を出せば、就職活動なんて、しょせんはその程度なのだ。

「瞬殺」

東大受験に一発で受かった俺が本気を出せば、まさにすべてが「瞬殺」だった。

高学歴ニートが就職するためのきっかけは「死、あるのみ」

もし、読者がまだ高学歴ニートで己の殻を破れていないのであれば、それはただ単に「きっかけ」がないだけだと思う。

そして、その”きっかけ”は、多分一番最悪な形でしか訪れない。

それは”死”だ。

俺の場合は、最低最悪のケースだった。

一番死んでほしくない人間に死なれてしまったし、なんなら「どうして俺が生きているんだ?」とも思ったよ。

いまいち釈然としないのなら、一度目を瞑って「自分が死んだ後のこと」を考えてみろ。

せっかく東大に通ったというのに、ニート生活を送った挙げ句、何も果たせぬままおしまいだ。

世間や周りは、どう思うだろうな?

幼馴染より先に俺が死んでいたなら、多分俺は「負け犬」「みじめな人」として、あの子の記憶から消えていただろう。

「今の俺の存在」なんて、その程度なのだ。

…死んでも「あいつは高学歴だけど、バカだった」だけで、終わるんだ。

そして、キレイに忘れ去られるんだ。

読者の高学歴ニートへアドバイス

スコシテンのテーマは「存在と時間」でもあるので、今回、俺も体験談を寄稿させて頂いた。

俺の信じる、スコシテンの教義はこうだ。

「己の死を意識すればするほど、生きる意味と出会える」
「仕事で重い使命を持てば持つほど、命の価値が高まる」

もっとわかりやすく言えば、こうでもある。

「自分が死んだ後の社会的評価が、生きる意味につながる」
「仕事で責任を負えば負うほど、自らの価値が高まる」

俺は不幸なことに、幼馴染の死を通して、この真理を知ってしまった。

もし読者の高学歴ニートの君も、身内が突然死んだり、あるいは自分が死んでしまった時に「過去と未来の自分に、恥じない生き方」を選んで欲しい。

高学歴ニートにオススメの就職支援サービス

もし、高学歴ニートで悩んでいる読者がいるのであれば、以下のような就職支援サービスで、プロの力を借りるのが一番だ。

ハッキリ言って、これらのサービスを使えば、就職活動なんて「瞬殺」の一言に尽きる。

すべて無料で利用できて、書類選考の手間もないので、まさに文字通り「瞬殺」で就職が決まることも珍しくない。

もちろん、瞬殺する気がないなら、じっくり選ぶことも可能だ。

だが、高学歴ニートだからといって慢心していると、歳を追う毎に紹介してもらえる求人が限られてくるのも、また事実だ。

そういった点も踏まえながら、恐れずに一歩前へ踏み出して欲しい。

類似記事:高学歴の第二新卒が経歴を無駄にせず転職するためには?