30歳以上の高齢ニートが今すぐすべきこと。正攻法だけでは厳しいことを知っておこう

編集長
元ニートのアラサー
スコシテン編集長です!

「30歳以上のニートになると就職は絶望的…」
「高齢ニートなんてどこも雇わない」

こういった風潮は、ネットでよく見受けられます。

…まあ、人材業界の手先となった私からしても、これは否定できない事実なので「30代ニートでも就職なんて楽勝!」とは、流石に言えません(もちろん、実務経験がそれなりにある人は別)。

確かに、30歳以上になるとニートのみならず、未経験でからの転職の間口も広くなるのは事実です。

しかし、諦めてはいけません。

日本では「1億総社会」と名打って、定年退職後でも働くことのできる社会になっています。

たかだか、ニート歴10年以上・社会経験なしなんてハンデ、働けない理由になんてなりません。

実際ハローワークに行って求人検索すれば「年齢不問。未経験者歓迎」なんて仕事、わんさか出てきますからね。

…少し考えて行動してみれば、誰でもわかる事実です。

では、なぜ「30歳以上の高齢ニートは就職は厳しい」と思われているのでしょうか?

今回は「30歳以上の高齢ニートが就職は厳しい」と言われる理由を解説していった上で、高齢ニートの方が就職するための方法を紹介していきます。

関連:30歳以上の職歴なしが正社員を目指すのは絶望的か?…日本は人手不足でそんなことはなかった!

30歳以上になると厳しくなる理由とは?

まずは「30歳以上になると、なぜ就職は厳しくなるのか?」という理由について考えていきましょう。

答えはカンタンです。

就職・転職業者が「30歳以上はダメ」と、勝手に言っているからです。

実際、業者のニート向けの就職支援サービスをを見ると「29歳まで」と制限をかけているとことも多く、そういったいわゆる「フィルター」が存在するのは確かです。

しかし、企業側の本音はそうではありません。

「年齢がいくつだろうが、戦力になれば何歳でもかまわない」

これが、ぶっちゃけた企業の本音です。

ただ「本当に求職者が戦力になるかどうか?」は、実際に入社して働いてもらうまではわかりません。

それも未経験者ともなれば、数年単位での成長性も考慮しなければなりません。

つまり「本当に戦力になるかどうかなんて、入社して働いてみるまでは、わかるわけがない」んですね。

しかし、それを見定めるのが、面接官や人事の仕事でもあります。

そのため、目安として「30歳まで」「要学歴」といった”基準”を設けるわけです。

とくに大きな企業や、事務手続きがしっかりとしている企業ほど、そういった「年齢制限で機械的に弾く」という処理を行う傾向が強くなります。

面接や人材採用も効率化しなければ、事務処理が追いつかなくなるわけですからね。

こういった事情があって、一般論としては「30歳以上のニートの就職は厳しい」と言われているわけです。

35歳以上になると絶望的になる?

就職・転職市場においては「35歳」という、明確な線引ラインが存在します。

これは、年金受給制度の数字的な基準が理由であり「35歳以上からは”ニート”に定義されない」というのも、年金制度が由来ではあります。

ただし、これについては正社員終身雇用制度・定年退職が前提にあるにも関わらず、

「正社員終身雇用制度は時代遅れ」
「年金受給は65歳以降から」
「60歳以上からの労働も当たり前」

…という社会情勢になってからは、企業側からすれば「実態に合っていない」と思われても仕方ないぐらい、時代錯誤な基準でもあります。

早い話、古風な会社であれば「35歳以上はありえない!」と判断されるでしょうが、そんな会社「新卒採用のエスカレーター式出世しか認めない!」という古臭い会社なので、ニートにはまったく関係ないです。

逆に「社会情勢に合わせて、柔軟に採用している」という会社であれば、ニートだろうがいくらでもチャンスはあります。

 30代以上のニートでも、チャンスがゼロというわけでもない

こうして「人材採用業界・企業側の事情」を考えていくと、必ずしも「30代以上だから〜」が原因になるとは言えません。

さらに言うと「定年退職後でも年金受給に不安があるため、働かないといけない」という社会情勢も考えると、もはや年齢制限はナンセンスになりつつある時代でもあります。

企業側も年々若手不足に悩まされ「人材を選んでいる余裕はない」というところも多いんです。

たとえば「20代向けの就職・転職支援サービス」においても、30代以上のニートでも登録して利用できた事例なんて、珍しくもありません

私も29歳の時に必死になって就活してましたが、担当の方に「30代からでも見込みがあれば紹介していますよ」と言われたので、決して30代以上になったら問答無用で就職サービスが利用できないわけでもありません

「30代だから無理…」と言う前に「本当に30代だと無理なのか?」と登録して確認しておくところから、始めてみましょう。

無理だと決めつける前に、まずは行動。

これが出来るだけで、だいぶ行動力も身についてきますよ。

高齢ニートでも簡単に応募できる仕事紹介サービスを活用しておこう!

とはいえ「30代ニートでも本当に就業支援してもらえるのか不安…」という方も多いことでしょう。

なので「30代ニートでも確実に求人を紹介してもらえる」就業・転職支援サービスを紹介します。

…まあ、就業・転職系のサービスは経済状況にも左右されるので、たとえ利用できなくても「自分がニートで経歴がないから…」とくじけないで、ガンガン登録してみるといいですよ。

doda

30代以上のニートの方であれば、まずは転職エージェントの大手「doda(デューダ)」に登録しておきましょう。

「転職」と聞くと、経歴のある社会人向けと思いがちですが、実際はニートやフリーターなどでも、しっかりと対応してくれます

経歴だけで弾かれることもある他の転職エージェントと違い、どんな経歴でも登録・利用できるのが、dodaのいいところでもあります。間口の広さは業界一で、思わぬ求人と出会うこともあるので、登録しておくだけ便利です。

「30代ニートだから無理…」と悲観している人は、試しに登録してみてください。

普通に登録できて、ガンガン求人送られてきますから。

職歴やバイト歴、あるいは資格があれば、より自分の経歴を活かせる仕事が見つかります。全国区での求人を取り扱っているのも、強みですね。

「転職サービスに無料登録する」なんて、リスクなしで自宅から出来るので、これぐらいのことは今すぐやっておきましょう。

細かい行動の積み重ねが、一番大切ですよ。

ジョブホッパー

高齢ニートの方であれば「 ジョブハウス工場 」で、工場向け求人を重点的に探すのもオススメですよ。

未経験でも55歳までであれば、電話面接だけで社員寮付きの仕事も紹介してもらえます。

それだけ、製造業の人手不足が深刻になっているわけでもあります。

元々、製造業自体が日本人の「引きこもりがち+職人気質」に向いているところもあり、引きこもりニートでも挑戦すれば、どうとでもなる職種です。

業界自体の安定性が高く、待遇も他業界よりはだいぶマシなので、製造業で働くことも視野に入れておきましょう。

ハローワーク(公共職業安定所)

基本ですが、ハローワーク(公共職業安定所)に足繁く通いましょう。

ハローワークに関しては、ネットの情報が見にくいので、素直に現地に足を運んだほうが、良い結果につながります。

営利企業と比べ、ハローワークの求人の質は落ちますが、何もしないよりかはマシです。

…というよりも、営利企業であれば「高齢ニートを企業に紹介するのは厳しい」とビジネスライクに判断してくることも多くなる分、ハローワークで職が選べるだけありがたいことですよ。

また、ハローワークでは求人紹介だけはなく、職業訓練校での技術習得の紹介など、長期的な就業支援も行っているので、何も「すぐに職に就こう!」と焦る必要もありません。

少しずつ、社会人として復帰できる方法を見つけていくことも大事です。

高齢ニートでも前に進む気さえあればどうとでもなる

最後に言っておきたいのは「30歳以上の高齢ニートでも、前に進む気力さえあればどうとでもなる」ということですね。

私も29歳にようやく正社員になることができましたが、正直な話、正社員になってからの苦労のほうが就職活動時の苦労よりも大きいです。

その分、やり甲斐も乗り越えていく達成感もあります。

少なからず、日本国内ではハローワークを始めとした社会支援も充実しており、何歳になってからでもチャレンジ可能な環境が整っています

この記事にたどり着いた方は、大なり小なり「ニートから脱して、働きたい」という気持ちがあると思います。

しかし、その気持ちを他人に伝えて仕事につなげるためには「行動」が必要です。

それも「ニートが働く方法を調べて満足する」程度の行動ではなく、常に行動し続けて、他人を巻き込まなければ、それは「行動していないのと一緒」ですから。

社会に出ると「自分なりに頑張っているつもり」であっても、まったく評価されないことは、本当にたくさんあります。

ですが、行動し続けていけば、いつかは認めてもらえる相手と出会うことができます。

何をするにしても遅いということはない」という、ドイツのことわざがあります。

まさにその通りで「高齢ニートだから、もう無理…」というのは、ただの言い訳でしかありません。

そこまでわかっているのは、すべきことは簡単です。

「高齢ニートでもやれることから始めてる」

実は、これだけのシンプルな答えなんです。

周りの同年代と比べると、確かに高齢ニートは劣っているかもしれません。

いきなり「同年代と同じことをしよう!」と思って行動してみても、高齢ニートがうまくいくわけなんてありません。

まずは就活生になった気持ちで、謙虚に仕事を見つけ出す気持ちも、大事です。

自分のペースでいいんです。
出来ることから始めればいいんですよ。

諦めずに、同じ時代を活きる仲間として、がんばりましょう。

関連:30歳以上の職歴なしが正社員を目指すのは絶望的か?…日本は人手不足でそんなことはなかった!

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ