ニートが営業職に就くべき理由。コミュ障や引きこもりこそ営業の仕事をやってみる理由とは?

「ニートはコミュ障が多いから営業向いていない」
「ニートは行動力ないから営業向いていない」

…なんて、ニート営業職不向き説がネット上にありませんが、そんなことはありません。

むしろ、私はニートの社会復帰には、積極的に営業職に就くべきだと思いますね。

「ニートは営業向いていない」などと言っているのは、最初からバリバリコミュ力のある即戦力や体育会系を求めているような企業の言い分で、社内教育のしっかりした面倒見のよい会社なら、ニートでも営業職に就けます。

だいたい、考えても見てくださいよ。

世の中、コミュ障気味なやつや、それこそ社会不適合者なDQNやヤンキーでも、余裕で仕事に就いてなんとかやってるんですよ。

たかだか、数年引き籠もっている程度のニートなんか、余裕で社会復帰可能です。

営業に大事なのって、別にとってつけたようなビジネスマナーやコミュケーション能力じゃなくて「相手と対話しようとする姿勢」です。

この心意気があれば、あとはビジネスマナーやコミュニケーション能力なんか、経験に応じて勝手についてきます。

この記事を読んでる時点で、ニートのあなたは、社会復帰に対して関心があるはずです。それすなわち「誰かと関わりたい」という気持ちがあるはずなんです。

私のブログ記事を読んでる時点で、他人の考えを知りたいと思っていますからね。

営業職に大事なのも、そういった「他人を知る」という心意気なんです。

スポンサーリンク

ニートが営業に向かないと言われる理由

まずは「なぜニートが営業に向いていないか?」と言われる理由について解説していきます。

これは、いくつか理由が挙げられますね。

  • 体育会系の成果主義・放任主義なブラック企業の失敗談が多いから
  • 成熟した営業マンばかりとしか出会っていない人が、営業のイメージを決めつけているから

つまり、物事の一面しか見ていない人が、勝手に「ニートは営業向いていない」と決めつけているわけです。

社会人の経験なんて、せいぜい自社や取引先の中の狭い経験しかないわけです。

「私の出会った営業マンはこんな人だから、ニートには無理」と、勝手に決めつけているわけですね。その営業マンにだって、苦労した時代はあるはずです。

因果関係考えられないバカは、すぐに「〇〇=〇〇」という短絡的な決めつけを行うわけです。

極端な例で言えば「無職=犯罪者」という決めつけがそうですが、社会人のクセして、そんな簡単なことを見抜けない人は実に多いんです。

だいたい、向いているか向いていないかなんて、やってみないとわからないし、それも短期的に結果が出るとも限りませんからね。

むしろ、最初は「向いていない」と言われている人ほど、数年勤めて伸びることも珍しくないです。長年下積みを積んだ芸人がヒットするように、向いている向いていないかに流されない人こそ「実は向いていた」という結果につながるわけです。

営業は挫折からこそ学ぶことが多い

ニートは少なからず、何かしらの挫折があると思います。

就活が上手く行かなかった、大学を中退した、会社をうつでやめた…など。

しかし、これは普通に新卒社員が入社して勤めた場合には、絶対に経験できない挫折です。

営業は、はっきり言って最初は絶対に上手く行きません。

顧客のところに言って、自社の商品を売るわけですからね。

ここの本質を見誤る営業マンが挫折して「ニートには向いていない」と言っている節もありますね。

営業は「商品を売ること」が目的ですが、それを第一にしては行けません。

相手に気持ちよく商品を売る必要があります。

営業マンが本当に参考にすべき名言集。営業の基礎を教えてくれた熱い商売人の営業マインド。チープなビジネス書はもう読むな!』という熱い記事を掲載していますが、こういったマインドも営業には大事です。

大切なのは「誰かと関わりたい・相手を知る」という気持ちですね。

これは、コミュニケーション能力が欠けていたり、挫折が多い人ほど、強い願望として抱いていると思います。

考えても見てください。

今までなんの苦労もなく、他人と接することが出来た人間に、他人の気持ちや苦悩を考えることなんて、出来るわけがありません。

その点、ニートはコミュニケーション面で悩んだ経験が多いはずです。

悩みは、営業をするにあたって、立派な原動力になります。

そして、営業において顧客の悩み=販売機会…つまり仕事の成果につながります。

これが、ニートは本来営業に向いているとする根拠ですね。

コミュニケーション能力やビジネスマナーなんて、あくまで後からついてくるだけのおまけです。

逆に、コミュニケーション能力やビジネスマナーのような目先の方法だけにこだわるような人は、実は営業には不向きとも言えます。

人見知りの場合でも、とくにルート営業はニートでもチャンスの多い仕事です。当サイトに寄せられた体験談記事『人見知りで営業の仕事つらい…。コミュ障で営業職辞めたいなら読んでおこう』でも、人見知りが実は営業に向いていたという感想もあるぐらいです。

ニートが営業マンになるためには?

ニートが営業マンになるためには、まずは行動が大事です。

と言っても、何もいきなりバリバリの体育会系の営業に志望する必要はありません。

人間、いきなりは成長できないんです。

今まで自宅に籠もっていたようなニートが、いきなり同年代のバリバリ活躍している社会人のようになろうだなんて考える必要はありません。

自分のペースで一歩ずつ進めばいいんです。

他人にとってはとるに足らないことでも、一歩ずつ進むことで、そのうち大きなステップを踏むことができるようになるんです。

まずは「JAIC(ジェイック)」などの、ニートでも手厚く就職支援しているサービスを利用することをおすすめします。

面談・カウンセリングから始まり、ビジネスマナーの指導までしてくれるので、今までまともな社会経験のなかったニートでも、一人前の社会人として送り出してくれます。

営業ではビジネスの基本が学べます

営業は、良くも悪くも当たりも外れもあり、激動性の高い仕事だと言えます。

その分、得られる経験値も高いです。

ニートがその気になって必死に取り組めば、ダラダラ新卒から仕事している人間よりも、短期間で高い経験値も得られます。

もちろん、ニートが早々と成果を出すことはできませんが、目先の損得や成果にとらわれる必要もありません。どうしてもついていけなくなった場合は、転職を考えてもいいでしょう。

ニートにしろ社会人にしろ、結局は新しい職場に就く以上は、誰もが初心者でしかありません。

そこに経歴や学歴など、ちょっとした実績がおまけでつくだけです。

ニートでもその気になれば、十分営業職はやっていけます。

まずは、少しずつでいいので、一歩ずつ踏み出していきましょう。

ニートから営業職に就きたいなら使っておきたい支援サービス

ニートから営業職を目指したいのであれば、20代向けの就職支援サービスの利用をオススメします。

営業の仕事はすべての会社や業種に存在するので、その気になれば様々な仕事を紹介してもらうことが可能です。

逆に「営業職はNG」という考えで使うと、途端に職業選択の幅が狭くなるので、まずは「営業って実際はどんな仕事をしているの?」と聞いてみるためだけにでも、就職支援サービスでプロに相談してみるとよいでしょう。

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の通りです。

いい就職.com

★アピールポイント
◎正社員求人限定
◎ブラック企業徹底排除
〇カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
〇創業者に既卒経験ありで利用者目線
〇サイト登録式で求人情報閲覧可能
〇中堅企業の紹介多め
〇2001年からの長い運営実績のある老舗
★デメリット
×サイトデザイン・機能がやや古め

ハタラクティブ

★アピールポイント
◎20代向けの転職エージェント
◎20代であれば経歴不問
◎効率重視、登録1分で完了
◎書類選考なしで面接可能
◎全国に面談拠点あり
◎電話面談・Skype面談対応
※ニート・フリーター・学歴なしでも対応
★デメリット
×契約・派遣社員の求人あり

★アピールポイント
◎効率重視、登録1分で完了
◎全国に面談拠点あり
◎最短1週間の内定実績あり
〇中堅~ベンチャー企業多め
〇一部、上場企業の求人も

★アピールポイント
◎面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
◎社長がニート・フリーター経験あり、利用者目線に沿った運営方針
◎若手中心のベンチャー企業、20代目線のサポート
◎IT・WEB系の紹介中心
◎「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能
★デメリット
×面談に時間をかける方針のため、効率は落ちる

JAIC(ジェイック)

★アピールポイント
◎全国で定期的に説明会開催中
◎地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給
◎正社員の紹介限定
◎営業系の求人中心
★デメリット
×集団面接会あり

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひとも利用してみてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

営業職既卒・ニート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました