就活に失敗したら死ぬしかない?ニート・既卒になって死にたいと悩む前に知っておくべきこと

就職に失敗したら死ぬしかない?トップ画像_漫画コマ

「就活失敗した…死にたい…」
「就職先が決まらなかった…もうダメだ…自殺するしかない…」

日本人は失敗を許さない風潮があるので、就活に失敗してそう悩んでいる方も多いことでしょう。

学校では「失敗しないで正解を答える能力」が求められがちなので、失敗や挫折を経験する機会が少ないので、就活失敗を世界の終わりのように感じている方もいらっしゃるかもしれません。

それを「メンタルが弱い」「甘え」などと言う人もいるかもしれませんが、まずはしっかり悩んでください。

失敗や挫折は必ず人を成長させます。

当記事では就活に失敗して死にたいと思っている人に向けて、前向きになるための考え方や、実際に就職先を見つけ出す方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

就活に失敗しても死ぬ必要はまったくない

まず、就活に失敗して死ぬしかないと悩んでいる読者に伝えたいことは、就活に失敗しても死ぬ必要はまったくないということです。

とは言っても、おそらく就活に失敗して死ぬしかないと考えている方は、

「周りに比べて自分は劣っている…」
「親や教師の期待に応えられなくて辛い…」
「有名企業就職のチャンスを逃した…」

…など、色々な不安が心の中で渦巻いているかと思います。

ただ、ここで一つ考えて欲しいことがあります。

就活に失敗せずに有名企業に就職出来たからと言って、必ずしも幸福な人生を送れる保障はあると言えるでしょうか?

有名大学から一流企業に入社したとしても、ブラック企業で過労死寸前まで働いてしまい、身体・精神共に壊してしまう人もいます。

また、大企業に入社して待遇や収入が安定していて、社会的なステータスが高くても、毎日つまらなそうに生きている社会人も大勢います。

そして、悲しいことにそういった人生を送る人は、

「ステータスで企業を選んだ」
「待遇や年収だけで仕事を選んだ」
「親や学校の意向で会社を選んだ」

…など、自分の意志で仕事を選んでない人なのです。

一見すれば、就職活動に成功して勝ち組に見える人間も、就職した後に辞める人や、辞め切れずにダラダラとしたくもなかった仕事を続ける人もかなりの数います。

就活に失敗する人は「自分の意志に忠実」だったから

当ブログ管理人も就職活動に失敗してニートになった経歴を持ちますが、今はそれを失敗ではなく、むしろ「中途半端に就活してろくでもない会社で働かずに済んで良かった」とさえ思っています。

というのも、直観的な感覚として、

「日本の就職活動はおかしい!」
「世間体のために自分の人生を決められるのは納得いかない!」
「周りに合わせて一斉に就職活動する意味がわからない!」

…と思っていたからです。

おそらく、就職活動に失敗して死にたいと考えている方は、心のどこかで

「この会社に本気で入りたいとは思わない…」
「世間体のために有名企業に就くのもなぁ…」
「周りに流されてとりあえず就職活動しておいた…」

…と感じて、本気で就職活動に挑んでなかったはずです。

それは決して悪いことでもなんでもなく、自分自身の意志が就職活動を拒んでいたからに過ぎません。

自分自身の意志が就職活動を拒む…?

心の底から「絶対にこの会社で仕事をしたい!」と思えるような
そんな魅力的な会社はあったか?

就職後に辞めてしまう人ケースのとしては、

「思ってた仕事内容と違った…」
「希望していた部署や仕事内容とまったく違った…」
「ブラック企業で仕事についてけずにうつ病寸前で辞めた…」

…と言ったものが多いです。

これらは、すべて「会社のステータスや周りの評判で仕事を選んだだけ」「本当にその会社で仕事をしたかったわけではない」からこそ、途中で辞めてしまうわけです。

私は本気で有名企業に入社したかったもん…

だったら聞くが
その会社の事前調査から企業説明会への参加、
OB・OGへの聞き込みや交流会で接点を持つぐらい本気で行動したか?

そこまでは本気でやってないかも…

もし、読者の方が「本気で就職活動したのに失敗した…」と思っているのであれば、それはあくまで自分の中での話であって、本当は全然本気ではなかったのかもしれません。

ですが、それを後悔したり恥じる必要はありません。

就活に失敗したのは、読者が無能だったり努力が足りてなかったのではなく、単に「そこまでして就職する必要がなかった」だけに過ぎません。

つまり、現段階では「必死に就職活動してまで働きたいとは思っていない」というのが、実のところの自分の意志なのです。

「失敗は許されない」という風潮が就活失敗での自殺を招く

日本人には「失敗は許されない」という風潮が強くあります。

テレビでは不正や失敗をした企業を叩いて責任追及するニュースが毎日流されており、学校でも失敗したら理不尽に怒られるなど、とにかく失敗に厳しい国が日本です。

学校でも失敗を許さない風潮が強く、テストでは「正解or間違い」の二択しかなく、自由に答えられる授業でも「模範解答」を求められ、とにもかくにも「失敗してはいけない」と無意識に刷り込まれるものです。

ですので、就活に失敗して死にたいと思い詰めてしまう人が出てくるのも、何ら不思議なことではありません。

事実、就活に失敗して自殺する大学生が年に数名出るぐらい、自分を過度に追い詰めてしまう人も存在します。

失敗したら陰で笑われたり批判されるし
恥ずかしいから失敗してはいけないのでは…?

そうだな…確かにプライド面では傷つく…
だが、実際に失うものや実害はないんじゃないかな?

多くの人が見落としがちですが、就活に失敗したとしても実際に失う物はほとんどなく、せいぜい「一部の有名企業への新卒採用の切符」ぐらいなものです。

ですが、世間は「大学から有名企業へ入社して安定した人生を送る」というイメージを過大評価するあまり、それを「大きなものを失った=死ぬぐらいの失敗」という風に扱うのです。

でも、親からは文句を言われるし
友人からの目線は冷たいし
就活失敗したのは死にたくなる…

他人に何と言われようがどう思われようが
自分自身の人生だからとやかく言われる筋合いはない!

就職活動に失敗すると、多くの場合は、

「せっかく大学に行ったのに…」
「学費がもったいない…」
「世間体が悪い…」

…などの批判や陰口を聞くことになると思います。

それもすべては「失敗は許されない」という、過度な期待が生み出すものに過ぎません。

そして、そういった批判や陰口を叩く人間は、仮に就活に失敗せずに有名企業に就職していたとしても、なんだかんだで難癖つけて文句を言ってくるものです。

何をしたってどんな結果になろうが
文句を言ってくる人間は絶対にいる!

何度も言いますが、就職活動に失敗した程度で死ぬ必要はまったくありません。

仮に今、読者が就活失敗で死にたくなってるのであれば、それは単にまだ自分自身の中に学歴や経歴以外に誇れるものや、自分自身の意志で掴み取ったモノが何一つないから、失った物が大きいと感じているだけなのです。

就活に失敗したという意識が強いなら
若手が多く急成長中の「ウズキャリ」がオススメだ!

ウズキャリは就活失敗経験のある若手社員が運営するサービスで、最近の若者の感覚に一番近しい就職支援サービスだと言えます。

大手企業・有名企業志向とは違い、時代に合ったベンチャー志向やIT・WEB系への紹介にも強い就職支援サービスですので、就活の失敗からリベンジしたい方は利用してみるといいでしょう。

ウズキャリを見てみる【完全無料】

就活に失敗したら死ぬよりも「ラッキー」ぐらいに考えておこう

就活に失敗して死にたいと悩んでいる方は、考え方を逆にしてみて「無理に就職しなくてラッキーだった」と思うといいでしょう。

どうやったらそんなポジティブに考えられるんですか?

就活に失敗しないで死んでないで
生活が出来ているならラッキーだろ?

仮に読者が就活に失敗して明日の食事にも困るレベルなら別ですが、そうではなく実家からの援助や貯金があったり、アルバイトで食いしのいでいるのであれば、それは全然恵まれている証拠です。

そうでなくても、就活に失敗してから改めて就活先を見つけ出す場合は、以下のようなメリットもあります。

▼就活に失敗したらラッキーな理由

  • 就職活動の内定争いに巻き込まれずに済む
  • 世間体やステータスを気にせずに就職先を選べる
  • マイペースに自分が本当に働きたい仕事を見つけ出せる
  • ブラック企業に急かされるように入社しそうになっても断れる

就活に失敗したとしても、生活に余裕があるのであれば、じっくりと就職活動に時間をかけることが出来るわけですので、これはむしろラッキーだと捉えた方がいいでしょう。

失敗に厳しい公務員・出世競争の激しい大企業と違い
無意味な競争争いから早々に抜け出せたわけだからね

就活に失敗して死にたいと考えるぐらいなら
元々、競争争いに向いてなかったとも言えるからな!

何かに流されて動かされる就職活動と違い、就活に失敗して卒業した後から就職先を見つけ出す場合は、周りの目やペースを気にせずに自分のペースでじっくりと就職活動が出来るということを意味します。

自分のペースでじっくり就職先を見つけたいなら
いい就職ドットコム」がオススメです!

いい就職ドットコムは、社長自身が就活に失敗した経歴を持っており、会社全体で就職活動に失敗した若者の支援に取り組んでいます。

とくに、若者を使い捨てるブラック企業の排除と正社員限定での採用に力を入れているため、自分のペースで納得の行く就職先を見つけたい方はぜひ利用してみてください。

いい就職ドットコムを見てみる【完全無料】

就活に失敗しても「既卒」になるので死ぬ必要はない

就活に失敗して卒業した場合は「既卒」として扱われますが、卒業後3年以内であれば就活生同様の扱いをされるため、さほど就職活動では不利になりません。

前述の通り、就活に失敗しても失うものと言えば「有名企業採用の切符」程度ですので、その他の企業からは問題なく採用されることも多いです。

でも大企業・有名企業以外は
ブラック企業ばかりなのでは…?

よく勘違いされているけど
大企業にもブラック企業はあるし
逆に中小企業でもホワイト企業は腐るほどある…

就活生・学生の知識だと「大企業=勝ち組・高年収・ホワイト企業」「中小企業以下=ブラック企業」と考えがちですが、それは誤りです。

会社がブラック企業化してしまうのは様々な原因があるのですが、対策している企業は待遇も社会保障も充実しているため、しっかりと就職活動すれば優良企業は必ず見つけ出せます。

就活に失敗したダメな学生を
採用したがる企業ってどんな企業なんですか…?

学生なんて企業からすれば大差はないので
若くてポテンシャルさえあればなんでもいいんだよ!

既卒生が採用されやすい理由としては、若くてポテンシャルさえあれば企業からすれば積極的に採用したい人材であり、とくに既卒生を採用している企業は学歴よりも人柄重視のことが多い傾向です。

実際に社会人として働き出すとわかりますが、学歴やスキルよりも、人柄・考え方が社内の人間と一致しているかどうかは、仕事をする中で非常に大事な要素となってくるのです。

そのため、既卒向けの就職支援サービスは、書類選考なしで面接から始まることも多く、経営者・社長と相性が合うかどうかが重視されることも多めです。

経験のある経営者や人事の選考基準は
経験の浅い既卒生からではわからないことも多いからな!

就活に失敗した経緯や理由が、自分の魅力として受け取られることもあるので、自分で自分の可能性を狭めずに、自分が本当に心から働きたいと思える会社を見つけ出しましょう。

人柄重視で採用してくれる企業を見つけたいなら
就職Shop」がオススメです!

就職Shopは業界最大手のリクルートが手がける、既卒向けの就職支援サービスで、人柄重視の小さめの企業の紹介が中心となっています。

経歴・学歴問わずにサポートしてくれるので、気になる方はぜひとも利用してみてください。

就職Shopを見てみる【完全無料】

最後に|死ぬしかないのは万策尽きた時だけ。就活に失敗しても死ぬ必要はまったくない

就職に失敗したら死ぬしかない?締め画像_漫画コマ

就活に失敗して死ぬしかないと焦る気持ちはわかりますが、死ぬのはやれることを全部試してみて、それでも何も解決策が見えない時だけです。

少なからず、就職支援サービスを利用してみてプロの意見を聞いてみたり、あるいは面接を受けながら実際に働いている人と関わってみることで、少しずつ働く意欲が高まるかもしれません。

いずれにせよ、社会経験のない人が一人で悩んでいるだけでは、実感の伴う解決策が一切見つからないまま、時間が経ってしまうハメになるのは目に見えているはずです。

ですので、当記事で紹介したサービスを活用してみたり、以下の記事を読んでみて、自分の納得の行く就職先を見つけ出すきっかけにしてみてください。

「就職が無理…」と自信のない方は
以下の記事を読んでみてくださいね!

より既卒の就活・転職事情を知っておきたいなら
以下の記事も読んでおくといいぞ!

タイトルとURLをコピーしました