働きたいのにどこも雇ってくれない…。採用されない場合に見直したいポイントは?

「働きたいのに雇ってもらえない」
「やる気はあるのに全然採用されない」
「働く意欲はあるのに中々伝わない」

そうお悩みの方もいることでしょう。

私にもそんな時期がありました。

なぜ、働く意欲があるあなたが採用されないのか?

それには大きく以下のような理由があります。

  • 働く意欲があってもやる気や思いが相手に伝わっていない(自己アピール不足)
  • 企業側の採用基準と合っていない(経歴・スキル・年齢など)
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本が出来ていない(第一印象で損している)

採用面接はよく恋愛に例えられますが、それと同じで、

「自分の魅力を伝えるのが上手い人」
「ステータスのある人や若い人」
「見た目のいい人」

…などが、運をつかみやすいものです。

一方で、地味で冴えなくて面接の受け答えが上手くない人は、採用でも損をすることが多くなるものです。

ですが、だからと言って諦める必要はありません。

この記事では、働きたくても中々雇ってもらえない方が、しっかりと採用してもらえるための方法をご紹介していきます。

働きたいのにどこも雇ってくれない理由や原因

「働きたいのにどこも雇ってくれない…」と感じている方は、以下のような原因があります。

履歴書・職務経歴書の作成がしっかり出来ていない

働きたいのにどこにも採用されない人は、まずは履歴書・職務経歴書の作成方法を見直してみるといいでしょう。

とくに書類選考すら採用されないのであれば、履歴書や職務経歴書に決定的な間違いがあるのかもしれません。

逆に書類選考は通って面接で通らないという方は、書類作成自体はしっかり出来ているはずですので、面接での立ち振る舞い方に何か問題があると考えておきましょう。

第一印象・見た目が良くない

働きたくても雇ってもらえない方は、第一印象や見た目があまり良くないのかもしれません。

スーツの着こなしやビジネスマナー云々以前に、以下のようなことに心当たりがありませんか?

  • 寝起き後のやる気のない態度で面接に望んでいる
  • 説教されないか不安で、オドオドした態度で面接に望んでいる
  • 日頃から不健康な生活をしており、見た目が貧弱で顔色も悪い

このように、日頃から生きる活力が低い人は、働く意欲があったとしても頼りない見た目で損をしてしまうものです。

一方で、気持ちだけでも「自分は出来るビジネスパーソンだ!」という態度で自信を持って望めば、自然と体の奥から力がみなぎってきます。

コツとしては「失敗しても笑われてもいいや」「どうせ採用されないだろうし、面接官と雑談しに行く気分で行けばいいや」と、肩の力を抜いて自然体で話すぐらいの気持ちでいるのが一番でしょう。

働く意志をしっかり伝えきれていない

働きたいのにどこにも採用されない人は、働く意志をしっかり伝えきれていないのかもしれません。

たとえば、以下のような特徴に思いあたりはありませんか?

働く意志をしっかり伝えきれていない人の特徴

  • 面接の受け答えに自信なくボソボソと答えている
  • 面接官の質問に「出来ません」「わからない」などと、相手を不安にさせる答えを返している
  • 逆に出来もしないことに「出来ると思います」などといい加減な答え方をしている

どんなにやる気や働く意欲、あるいは高い能力や適性があっても、面接官に「この人、本当に雇っても大丈夫か?」と不安に思われては、採用されるものも採用されません。

学生時代、授業中に寝ているにも関わらず、テストで100点取っているタイプの人がいましたが、あれと同じです。

仕事では、適当な態度で授業を聞いて100点取る人間よりも、しっかり話を聞いて70点ぐらいを取る人間のほうが求められるものなのです。

この場合のコツは、とにかく「なんでもいいので働かせてください!」「挑戦させてください!」という、前向きで挑戦心ある態度と必死さを持つことです。

心のどこかで「どうせ自分なんて落ちる…」「落ちたら他のところがあるし…」と慢心していると、ついついナメた態度が出てしまうものです。

仕事を選り好みしている

働きたくても雇ってもらえない場合、考えておきたいのが「仕事を選り好みしていないか?」ということです。

一見、求人検索サイトで「自分には仕事を選び放題だ!」と思いがちですが、企業側は密かに採用基準や年齢制限を設けており、それをすべて求人票に書くとは限りません。

そこを見抜けずに「求人票に誰でも歓迎って書いてあった…」と真に受けていては、不相応の仕事に応募し続けるハメになります。

とくに30代以降は、未経験職へ就くチャンスが途端に減ってきますので、場合によっては派遣社員で妥協したり、あるいはハローワーク経由で職業訓練校に通うなど、自分に合わせた仕事の選び方をする必要が出てきます。

勘違いしている方もいるでしょうが「書類を送って、面接して採用してもらう」という方法は、あくまで就活生や経歴のあるキャリア組だからこそ通用する方法であり、そうでない方は人材サービスのコネやサポートを借りたり、あるいは一から訓練・勉強する必要が出てくるのです。

仕事選びの方法が間違っている

何社も受けて落ちているような人は、仕事選びや就活・転職のやり方が間違っている可能があります。

現在の日本では、主に以下の方法で仕事探しを行うのが一般的です。

  • 求人検索サイト
  • 20代向けの就職支援サービス(既卒・第二新卒向け)
  • 転職エージェント
  • 派遣会社
  • ハローワーク
  • 直接応募(企業ホームページの採用情報、店頭の募集告知など)

これらの方法ですが、それぞれ対象としている年齢やキャリアが微妙に変わってきますし、担当者がサポートしてくれる範囲も違います。

どのサービスも、運営会社や担当者の方針によって自分に合う・合わないがあるので、地道に自分に合ったサービスを活用しておき、

少なからず、働く意欲があるにも関わらず、何社も落とされるような人は「担当者を仲介しない求人検索サイト」「自分一人だけで行う直接応募」は向いていないので、素直にプロに相談して仲介してもらうことも立派な選択肢です。

働きたいのに採用されない人はどうすればいい?

働きたいのに採用されない人は、素直にプロの力を借りておき、コネやサポートを受けて、自分一人だけではどうにもならない部分を、フォローしてもらうのが一番です。

具体的には、

  • ハローワークに相談する
  • 派遣会社を利用する
  • 転職エージェントを活用する
  • 20代向けの就職支援サービスを活用する

…という方針になってきます。

それぞれ、特徴や性質がありますので、自分に合わせて選んでみてください。

ハローワークに相談しておく

働きたくても雇ってもらえない人は、ハローワークに相談しておくのが確実でしょう。

ハローワークはビジネス面が弱い分、紹介企業の年収や質は落ちますが、社会的弱者にとっては心強い味方になってくれる支援内容が充実しています。

ハローワークを使いこなすコツは、求人検索だけを使うのではなく、しっかりと職員に相談して対応してもらうことです。

以下の記事にはハローワークのメリット・デメリットをまとめていますので、本気で働きたいのにまったく採用されない人は、参考にしてハローワークの活用を検討してみてください。

転職エージェントを活用する

国内の転職サービスの主流となっているのが「転職エージェント」で、求人の受け取りからプロのサポートまで、総合的な転職の支援が受けられます。

転職エージェントの解説記事

「転職」と言っても、実際は中途採用者全般を対象にしているため、無職の人や空白期間が長い人でも、利用可能です。

ただし、働きたいのにどこも雇ってくれない人の場合、転職エージェントでは以下の心配点があります。

  • ビジネス面が強いので、急かされる心配がある
  • 経歴のある人も利用できるため、対応が後回しになる可能性も
  • 高年齢で経歴がない場合、紹介してもらえる求人がない場合もある

あくまで転職エージェントはビジネスですので、効率の観点から内定をもらいにくい人材層は満足行くサポートを受けられないこともあります。

その場合、他の人材サービスやハローワークを使うしかないということです。

逆に言えば、まず最初に転職エージェントを使っておけば、今の自分の経歴・年齢で受かる見込みのある求人の中でも一番いい条件の会社を見つけられるということですので、こだわりのある方は登録だけでも済ませておくといいでしょう。

派遣会社を利用する

働きたくても雇ってもらえない人で、

  • 年齢30歳以上でまともな職務経歴がない
  • 正社員として8時間以上の労働に耐える自信がない
  • 責任ある難しい仕事をこなす自信がない

…という方は、派遣社員を選ぶのも手でしょう。

何かと誤解の多い派遣社員ですが、非正規雇用者が増える今の日本で、採用されない人は派遣社員を選ばざるをえない状況にありますので、選択肢として考えておいて損はありません。

とくに30代以降の職歴がない方の場合、未経験から正社員になるのは困難ですので、派遣社員になる選択肢は知っておかないと、いつまでも採用されないハメになります。

20代向けの就職支援サービスを活用する

20代の方であれば、民間企業が運営する20代向けの就職支援サービスを活用しておくことを強くオススメします。

とくに卒業後3年以内の「既卒・第二新卒」の方は、助成金の関係で非常に有利に正社員として就職できるチャンスです。

20代向けの就職支援サービスは、担当者が親身に相談に乗ってサポートしてくれるため、自分一人だけでは絶対に採用されないような優良企業にも採用されやすくなるので、どこにも雇ってもらえないで悩んでいる方は、相談してみる価値は十分ありますよ。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3社です。

オススメNo.1!

いい就職ドットコム

→解説記事はこちら

  • 中堅企業の紹介多め
  • 正社員求人限定
  • ブラック企業徹底排除
  • サイト登録式で求人情報閲覧可能
  • カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
  • 創業者に既卒経験ありで利用者目線
  • 2001年からの長い運営実績のある老舗
効率NO.1!

ハタクティブ

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 書類選考なしで面接可能
  • 全国に面談拠点あり
  • 電話面談・Skype面談対応
  • 契約・派遣社員の求人あり
DYM就職

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 全国に面談拠点あり
  • 最短1週間の内定実績あり
  • 中堅~ベンチャー企業多め
  • 一部、上場企業の求人も

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

就職Shop

あのリクルートの手がける既卒・第二新卒向けの就職支援サービスが「就職Shop」です。

就職Shopの特徴

  • 求人数最多
  • 人柄重視の小さめの企業の紹介多数
  • ただし、拠点での面談参加は必須

リクルートらしく、圧倒的求人量はあるものの、面談参加重視な点で、やや効率性には欠ける印象。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ