ニートから事務職を目指さないほうがいい理由5つ

「ニートから事務職を目指したい…」

そう、考えていませんか?

もしそうでしたら、少し待ってください。

ニートから未経験で事務職へ就職(転職)するのは、以下の理由からオススメできません。

ニートから事務職になるのがオススメ出来ない理由

  • 人気の仕事すぎて、採用されにくい
  • 事務職は派遣社員制に移行しているため、正社員としては採用されにくくなってきている
  • IT・AIにより仕事の価値が低くなりやすい職種
  • 狭い職場が多く人間関係がギスギスしやすい
  • 「与えられた仕事をこなすだけ」なので自発性が身につかない

詳しくはこちらの記事で→事務職をやめたほうがいい理由。転職で未経験から事務職を目指すデメリットとは?

仮にあなたが「事務職ってなんか楽そう…」「人付き合いが少ないので事務職がいい」という考えで事務職を目指しているのであれば、まずやめておいた方がいいです。

その理由をお伝えしていきます。

ニートが事務職を目指さないほうがいい理由は?

ニートが事務職を目指さないほうがいい理由は、以下の通り。

  • 事務職は人気が高いので採用されにくい
  • 事務職はニートが思っているほど楽な仕事ではない
  • 事務職は人付き合いがドロドロしやすい
  • 事務職はスキルが身につきにくい
  • 事務職は将来性に不安が残る仕事

それぞれ、詳しく解説していきます。

事務職は人気が高いので採用されにくい

ニートから事務職を目指すのがオススメできない理由は「人気が高くて採用されにくい」からです。

事務職は売り手市場の2018年時点で、有効求人倍率0.3ほどと、非常に競争倍率が高くなっております。

これは「10人に大して、3人にしか紹介出来る求人がない」という計算になり、さらに応募しても絶対に受かるわけではないので、採用される確率はさらに低くなります。

すると、企業側は「事務職経験がある人」を優先して採用するため、未経験から事務職を目指すニートはまず受かりません。

それも事務職のニートが思い描いているであろう「人と関わらずにデスクワークだけで済む仕事」「楽で安定して将来性もある会社」であれば、それこそ新卒・大卒でとびっきり優秀な人でも受からないぐらい、事務職の競争倍率は高いのです。

厳しい話ですが、職歴も経験もないニートは、よほど運がいいか過去に事務職の経歴がなければ、まず事務職として採用されることはないと考えてきましょう

事務職は決して楽な仕事ではない

ニートが事務職を目指さない方がいい理由は「ニートの人が思っているほど、楽な仕事ではない」からです。

事務職が決して楽でない理由

  • 細かい仕事が多く、しかもミスが許されない
  • パソコンが使えることは大前提、しかも効率や早さが要求される
  • マルチタスクなので、要領が良くないと務まらない
  • 女性が多く閉鎖的な職場も多く殺伐としやすい
  • 会社の規模によっては、客人対応・電話対応も任される

このように「細かい作業が必要でミスも許されずに効率も求められる。しかも、職場の人間関係が狭いので殺伐としやすい」というのが、事務職の実情です。

少なからず「のんびり自分のペースで誰にも邪魔されずにデスクで作業が出来る仕事ではない」ことは、知っておきたいものです。

当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」の社員も、Twitterで以下のようにつぶやいております。

ウズキャリの紹介記事→ウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

事務職では人付き合いがドロドロしやすい

事務職と言えば、見知らぬ他人との付き合いが少ない一方で、同じ職場の人間と毎日顔を合わせて、一緒に仕事しなければいけません。

これはつまり、職場に嫌な上司がいたり、職場の雰囲気が悪いと、毎日ずっと同じ環境で仕事しなければならないことを意味します。

事務職は、先ほど紹介した通り「決して楽でない仕事」のため、職場の雰囲気が殺伐とすることもあります。

また、事務職は「女性の仕事」と思われているところもあり、女性が集まりやすい職種です。

そのため、学生時代の女子同士の付き合いのように「同僚の悪口」から「他人の恋愛事情のウワサ話」など、女性特有の対人関係のストレスに悩まされる心配もあります。

とくに女性が多く集まる職場ですと「結婚しているか?しないか?」「若いか?若くないか?」で、職場の人間関係がギスギスしやすくなります。

仮にあなたが若くて彼氏持ちの男性であれば、独身のお局上司に標的にされて、職場いじめの対象になる可能性もあります。

一方で、これが営業職・販売職のような人と関わることの多い仕事であれば、嫌な同僚や上司、あるいは取引先がいたとしても、毎日8時間以上同じ空間で仕事する必要はありません。

「人と関わらないで済む仕事」と思われがちな事務職ですが、そういったリスクがあることはあらかじめ知っておきたいものです。

事務職はスキルが身につきにくい

事務職はスキルが身につきにくい上に、他の職種では活かしにくいため、転職しようと思ってもなかなか次が見つかりにくいと言えます。

たとえば、事務職の必須スキルである「MicrosoftOffice(Word,Excel)」などは、別に事務職でなくても社会人経験があれば、使える人は多いです。

その理由はカンタンで、誰でも手軽に操作できるように設計されているソフトだからです。

ですので、事務職で磨いたスキルを強みにして転職しようにしても、他の経験やスキルが身につかないため、事務職以外に転職しにくいのです。

事務職は将来性に不安が残る仕事

事務職は以下のような理由や社会情勢もあり、将来性に不安が残る仕事だと言えます。

  • 事務職はITの普及によって仕事の効率が上がり、事務職の人のスキルの価値は大幅に下がった
  • 事務職を派遣社員で採用する企業が多く、正社員として雇う必要はないと思われている
  • 将来AIに奪われる仕事として、事務職がよく挙げられている

また、事務職自体、結婚と同時に辞めてしまう女性が多いためか、会社側からあまり大事にされていない職種だとも言えます。

これは教育コストが悪いからで、企業側の本音としては「女性は結婚と同時に辞める人が多いので、教育に時間や費用をかけたくない」と思われているのです。

そういった男尊女卑的な考えからは、時代が進むに連れだいぶ変わってきていますが、古風な会社はまだまだそういう考え方で経営されているのが実情です。

ですので、仮に事務職として勤めるにしても、自己学習・スキルアップ・キャリアアップはすべて自主的に行う必要があります。

間違っても「受け身で会社側から教えてもらえる」などとは、思ってはいけません。

ニートから事務職を目指す前にしっかりと将来設計を考えておこう

以上のような「事務職は決して楽な仕事ではない」という実態を知らず、ふわふわした考えで「楽そうだから事務職がいい…」と考えている人が、あまりに多く感じます。

別に「楽な仕事を選ぶな」「厳しい仕事を選べ」と言っているのではありません。

「事務職は楽そう…」というイメージだけで、ロクに調べもせずに応募してしまっている人が多く、そういう人は書類選考で落ちるのが目に見えているので、履歴書を書く時間さえ無駄です。

出来れば読者の方も、履歴書・職務経歴書を書く無駄な時間や採用で落とされるショックは、経験したくないですよね?

ですので、ニートから事務職を目指そうと思っている方は一度しっかりと考え直して「本当に事務職を目指すべきか?」を見極めておきましょう。

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ