高学歴ニートになってしまう人の特徴6つ。高学歴から脱出するための手がかりとは?

「高学歴ニート」と言うと、意外とネットではポピュラーな存在です。

しかし、世間では「いい大学出たのにニートなんて…」「学生時代、何やってたんだ…」「せっかく親に大学行かせてもらって…」と、高学歴ニートに対する風当たりも強いのがつらいところですよね。

もし、あなたが高学歴ニートであるなら、一言言っておきますよ。

努力と勉強、知識と教養は自分を裏切らない。

だいたい、学校は「勉強しにいく場所」であって、決して「就職先を探す場所」「結婚相手を探す場所」ではないですから。

しかもだいたい、日本の教育機関も企業もアホなので「やり甲斐がどうのこうの」「キャリアがどうのこうの」言っておきながら現場でのフィードバックがまったくおいついてない。

勉強のやり方は教えても、仕事のとり方を教えないで学生を社会を放つ、無責任オブ無責任機関が「学校」ってヤツですよ。

だいたい、教師とか講師とか会社経験ない人が、社会をどうこう語っているのがお笑い種ですよ。

そんな環境下ですから、勉強が出来れば出来るほど、なぜかニートになってしまうというワケのわからん現象が起きるのです。

ですので、私はあえて言っておきますよ。

おい、全教育機関の関係者ども、見てるかコラ?
厚生労働省だか教育委員会だか知らねえが、お前ら全員世間知らずのバカだ。
てめえらの怠慢が高学歴ニートを生み出してんだぞ?

…さて、前置きはほどほどに。

教育機関の世間知らずのバカどもにアレコレ言っても無駄です。

なぜなら、奴らは身の保身しか考えていないからですね。

卒業生がニートになっても「知ったこっちゃない」と、無責任に扱います。

ですので、高学歴ニートの方は自分自身の力で立ち上がる必要があるんです。

読者のあなたは立ち上がる気はありますか?

あるなら、いくらでも知恵を貸しますよ。

関連:高学歴ニートの俺が就職したあるきっかけ…。踏み出す勇気が欲しいならぜひ読んで欲しい。

高学歴になる人の特徴6つ

やりたいことが見つからない

高学歴ニートの代表例が「やりたいことが見つからない」というパターンですが、これが実に根が深い問題。

「やりたいことが見つからない」だけならともかく「そもそも、子供時代から自分のやりたくないことを”やりたいこと”と思い込んでいた」ケースもまれによくあるから困りモノ。

今の日本の教育ってクソなんですよ。

「やりたいことを仕事にしよう!」
「仕事で自己実現!」

こんなことを言っておきつつ、子供もバカではないので「お金が重要」「仕事選びは学歴や安定が重要」と気づいちゃってるんですよね。

「キレイゴトなんか言ってねえで、素直に『金稼げ』と教えろ、ボケ」

これが全子供の総意です。

基本的に親の教育も学校教育も「子供に自分たちの都合押しつけているだけのモラハラ」なので、かしこい子は早いうちにこれに気づきます。

そして「やりたいことを仕事にしないといけない苦しみ」から逃れられなくなるのです。

つまり、高学歴ニートは「やりたいこと=親や社会の自己実現」という矛盾を抱えたまま、成長して挫折することになるわけですね。

もっとわかりやすく言うと「本当に自分のやりたいこと」を圧し殺して生きている状態。

残念ながら、高学歴ニートは「いい子ちゃん」じゃなく「道を外れたアウトロー」なのです。

私はそんなにいい子じゃなかったけどね…

by 北条そふぃ/プリパラ

失敗を許せない完璧主義者

高学歴ニートは、失敗を許せない完璧主義者が多めです。

学生時代にテストの点数や入試で勝ち続けるあまり「敗北を知りたい…」と慢心するあまり、敗北・失敗することが常の就職活動すら乗り切れません。

「なぜだ?なんで受からない?」
「何がダメなんだ!完璧にやったじゃないか!」
「高学歴のオレ様が落ちるなんて、企業は見る目がねえな…」

こうして社会から否定され続け、自信を喪失してニートとして引きこもる結果に。

失敗して敗北してしまう自分自身を、許せないわけですね。

ちなみに、かの文豪・夏目漱石もこのタイプで、英語主席でイギリス留学に行くも、実力の差を思い知らされたり、失恋してあえなく神経衰弱に陥り、日本に帰国。

…つまり、割と高学歴ニートという現象は、エリート肌の人間が通る道だとわかりますね。

間違いを知らなければ
本当なんて見えない
弱さを隠す理性は捨ててしまえ

by MUSIC of DREAM!!/せな,りえ,みき,かな from AIKATSU☆STARS!

学歴を自分のステータスとして過信し過ぎている

高学歴ニートは、学歴に異様なまでの執念を持っています。

せっかく22年間かけて生涯で獲得した学歴という称号と、学費を払ってくれた親への「感謝の気持ち」とやらにとらわれ、本当の自分に出会えないままでいるわけですね。

ですので、言っておきましょう。

ハーバード大卒だろうが東大卒だろうが、んなもん人間の価値には何一つ関係ねェよ。

世間的には「高学歴すっごーい!」「高学歴なのにそんなことも出来ないの?」など、良くも悪くも偏見が強いですね。

ですが、ひとつ聞きたい。

学歴程度に、お前の価値を委ねてもいいのか?

学歴という呪縛に囚われたままでは、いつまで経っても心は楽になりません。

学歴を捨てろとは言いません。

学歴の呪縛から解き放たれてください。

周りに対してコンプレックスを感じている

高学歴ニートは根深いコンプレックスを抱えています。

逆説的になりますが、学歴以外他の人に勝てるものがないため、学歴で自尊心を保つしかなくなるわけです。

常識的に考えて、収入なし高学歴ニートと収入あり家庭持ち中卒社会人ですと、幸福度も社会的地位も後者が上ですからね。

ですが、これは非常に認めがたい事実ですよね。

だから「学歴がある方が大成するし社会的価値は上だ!」と信じ込みたくなるわけです。

その気持ちや考え方は否定しませんし、平均・統計では紛れもない事実です。

しかし、高学歴ニートが社会に功績を残せていない「宝の持ち腐れ」であることも、またひとつの事実。

結果を出さなければ、社会的には一切認められません。

知識や教養、理論を”絶対”だと信じ込んでいる

高学歴ニートは、知識・教養・理論を”絶対”だと過信しています。

人間ごときが、それもたったの4年で学べる程度の知識だけで、世界のことを知ったつもりか?

死ぬまで人間は真実には到達できません。

そして、理論は理論の域を出ず、とくに学校で学ぶことはほとんどが「理想論」ばかりです。

人間は理屈通りに動かないのが常です。

現に見てくださいよ。

政治家が考えた「最高のマニュフェスト」も実行されることなく終わっていくというのに、なぜかバカな国民たちは次の「都合のいいマニュフェストを提示する政治家」に期待しては裏切られていく…。

つまり、多くの国民は学習能力ゼロというわけですね。

失敗や経験からこそ学べなければ、人は成長できません。

知識や教養、理論を過信しすぎるのをやめましょう。

なぜなら、知識や理論とか後付け可能だからです。

「渾沌、七竅に死す」

有限でちっぽけな人が、無限の自然を理解し尽くすことは、原理的に不可能です。たとえ科学であろうとも人の営みである限りは、自然に対して極めて限定的な理解しか出来ないのだということを常に意識しておく必要があるでしょう。

出典:「渾沌、七竅に死す」 | 長束・鈴木研究室

まだ見ぬ未来への挑戦心がない

高学歴ニートに欠けているものは「挑戦心」です。

知識や教養、理論や学歴などはすべて「過去の産物」でしかありません。

我 々 は 今 と 未 来 に 生 き て い る ん で す 。

学校で学べることなんて「誰かが過去に発見したことのまとめ」みたいなもんですよ。

つまり、まとめサイトに書いてあることをいっぱい覚えているかどうか、それだけの価値なんですよ。

お前はただのデータベースか?
それとも歩くWikipediaか?
違うだろ、そんなんじゃねえだろ。

人間は「考える葦」だ!!!

どうなるかわからない、予測不可能な未来だからおもしれェんです。

「1+1=10」になるわけのわからん世界が、社会ってヤツですよ。

高学歴ニートが今まで勉強や知識を積み上げてきたのは、なんのためだかわかりますか?

答えはカンタンですよ。

学校で習った常識や学問を覆すためです。

将棋でも勝つためには定石を知る必要があります。

サッカーなどのスポーツも基礎練習の繰り返し。

つまり、高学歴ニートなんて「基礎しか詰まっていない」だけの状態なんですよ。

あとは、そこからの「応用」が社会人の仕事ってヤツ。

新たな答えを見つけに行きましょう。

あなたが生きているのは”今、この瞬間”であり、過去の学歴に囚われる必要はないのです。

約束なんていらないよ
だって”今”以外、誰も生きられないから
約束欲しがる 子供のような無邪気な脆弱
もうとっくに…卒業したの

by NO,Thank You!/放課後ティータイム

高学歴から脱出するための唯一の方法とは?

以上が高学歴ニートの特徴でしたが、いかがでしたでしょうか?

もはや、学歴が「罪」としてあなたの心に重くのしかかっていることが、わかったのではないかと思います。

高学歴ニートから脱出するための方法はシンプルに一つ。

「学歴」という悪しき因果から、解き放たれること。

学歴だけで飯が食えるか?
…食えねえよなぁ、食えるんならニートになんかなっちゃいねェよな?

学歴なんて紙に書いちまえば、誰が書こうが同じ価値しかない。

そんなものに自分の価値を委ねるから、道が見えなくなる。

学歴を投げ捨てちまうことを恐れるな。

高学歴ニートに悩む方に言えるのは、それだけです。

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ