【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

論理的思考ができない人に向いてる仕事一覧、活躍するための方法も解説

近年、ビジネスシーンで需要が増しているのが「ロジカルシンキング」と呼ばれるスキルです。

ロジカルシンキングは「論理的思考」とも訳され、具体的には「順序立てた話し方や筋道の通った考え方」「一貫性のある説明の仕方」などを指します。

外資系のコンサルタント関連のビジネス本や、MBAなどの経営学でも、頻繁にこのロジカルシンキングが取り上げられています。

この能力はなぜビジネスの場で求められるのでしょうか?

それは、ビジネスコミュニケーションでは「わかりやすく伝える」ことが重視されるためです。

ロジカルシンキングができると、相手との意思疎通がスムーズになり、結果的に仕事の効率が向上します。

日本語を使う文化圏の中では、ロジカルシンキングを習得することは難しいと言われることもあります。

日本語には曖昧な表現が多く「日本語は論理的な言語ではない」「日本人は論理思考が苦手である」という指摘も古くから存在します。

ですので、何かしらの特殊な訓練や経験がなければ、ロジカルシンキングが十分にできない人が多いことも、不思議なことではありません。

ですので、ロジカルシンキングが苦手なことを克服することが重要であることと同時に、論理的思考が苦手な人でも他の資質や感性を活かせる職種に就く視点も不可欠です。

そこで今回は、論理的思考が得意でない人の特徴や向いている仕事について探るとともに、なぜロジカルシンキングが必要と言われるかの背景についても解説します。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

論理的思考ができない人の特徴【弱みや短所、欠点】

論理的思考ができない人は、仕事で不利になる場面が数多くあります。

たとえば、ロジカルな話し方が求められるコンサルタントや企画職では、思うように自分の考えを伝えることができず、評価されにくいと感じるかもしれません。

あるいは、論理的な思考力が求められるプログラマーやIT関連職でも、能力を発揮にしにくいと感じることでしょう。

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう
自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!
自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

論理的思考ができないことで周りから理解が得られないことがある

論理的思考ができないことで、他者とのコミュニケーションに悪影響を与える可能性があります。

たとえば、閃きや勘による思考の飛躍は何も知らない他者からすると何を言っているのかわからないように受け取られたり、経験則に依存することで客観的な根拠が不明確となり、理解が得られにくくなるといった形です。

また、前提となる知識や情報を十分に共有しないまま話を進めてしまうと、関係者間で認識のズレが生じることもあります。さらに、事実と自らの解釈を混同して伝えることで、誤った情報伝達を招く恐れもあります。

例として、就職活動の面接を考えてみましょう。

応募者が自分の志望動機を説明する際に、単に「お金のため」「年収を上げたいから」とだけ答えるのではなく、「この業界は平均年収が高い傾向にある」「この会社は業績が右肩上がりで将来的な年収向上に期待できる」「この情報は経済誌や決算情報から得た」といった様々な理由を並べることで、その志望動機がより説得力や根拠のあるものとなります。

このような受け答えを行うには、ロジカルシンキングの基礎となる「順序立てて話す」「根拠を示す」といった考え方ができなければなりません。

よって、ロジカルシンキングができないと、自分の考えや意見を様々な立場の人に受け入れてもらえる機会が減ってしまうという点で、欠点や弱みだと言えるでしょう。

アウトプットとしての「論理的な説明=わかりやすい説明」が苦手

論理的思考が苦手な人の中には「インプットとしての論理的思考はできているが、アウトプット時の論理的思考が苦手」という場合もあり、とくに統計や技術分野、法務などの複雑な概念や知識を取り扱う場合に起こりやすいです。

ロジカルシンキングは「論理的思考法」と日本語で訳されることが多いですが、これは単に「考え方」だけを指すものではありません。相手に「自分がどのような順序で何を根拠に考えたか」「なぜ、その結論だと言えるのか?」を効果的に伝えるためのツールとして用いられるものです。

とくにビジネスシーンでは、往々にして「結果さえ良ければ過程は問わない」「結論だけ知りたい」という場面が多く、余計な専門知識の説明や途中の複雑な検証方法は問われない場合もあります。

また、何もロジカルシンキングのよるアウトプットは言語情報だけでなく、スライド資料におけるデザインであったり、Excelによるグラフや数式で表す場合もあります。

これは学術分野でも似たようなことが言え、どんなに天才的な発見や考案でも、それを他者に伝えるための普遍的な方法を持たなければ、真の意味で「ロジカル=他者に伝えられる」だとは言えないのです。

たとえば、アインシュタインの「相対性理論(E=mc2)」のような複雑な理論は、元々彼の直観に基づく着想から生まれました。彼はその考えを他者に伝えたりその正しさを証明するために、生涯の多くの時間を費やして研究や証明のため考察を進め、ついには「言語化(または数式化)」するに至りました。

結論として、ロジカルシンキングが得意でない人は、独自の視点や感覚に基づく考えを持つことはできても、それを他者に伝える際の「論理的な説明」が不十分な場合が多く、そのため「わかりにくい」と受け取られる場合があります。

インプットとしての演繹法や帰納法が苦手

ロジカルシンキングの中でもインプット部分、つまり、自身が知識を吸収したり、情報を分析する際に必要となるのが「演繹/帰納法」を用いた推論となります。

演繹とは、一般的な事実から特定の事実を導き出す推論のことで「すべての人間は死ぬ。→ソクラテスは人間である。→したがって、ソクラテスは死ぬ。」という考え方となります。
帰納とは、特定の事実から一般的な法則や結論を導き出す推論のことで「100回太陽が昇った。→したがって、明日も太陽は昇る。」という考え方となります。

この演繹/帰納法を適切に用いることで、ビジネスにおける分析業務や問題特定の能力も高くなりますが、これができないと複雑な頭脳労働に対応できない可能性が高くなります。

たとえば、帰納法ができないと自分自身でデータを集めて売上予測シミュレーションを算出することもできませんし、営業の仕事で売れる顧客のパターンを発見することも困難となります。

情報が大量にあふれる現代において、情報を正しく読み取り効果的に活用するという観点からもロジカルシンキングは有用なスキルですが、演繹/帰納法のような基礎的な思考法ができていないと、正しく情報を読み取れなかったり、適切な推論ができないことで、複雑な頭脳労働に対応できないリスクが高くなります。

周りの環境がそもそもロジカルでないことからの悪影響

冒頭にもお伝えした通り、ロジカルシンキングが自然にできるかどうかは、これまでの経歴や周りの環境次第による所も大きく、そもそもの「今までの職場環境が論理的でない」ことが影響して、自分も論理的でない可能性を念頭に置くべきです。

とくに、ロジカルシンキングの重要性が認知されてない会社では、仕事におけるコミュニケーションが「経験主義的」「暗黙知的」になりやすいです。

要するに「空気を読め」「見て学べ」「やって覚えろ」「自分で考えろ」という雰囲気の中で仕事を覚えていくような職場環境ですと、ロジカルシンキングを身につけずとも、仕事をスムーズに進めることが可能なわけです。

日本のビジネス文化には、職人気質が強く根付いており、特定の世代、とくに中高年のビジネスマンたちは「経験を積めば自然と理解できる」という価値観を持つことが多く、暗黙知を重視しやすいです。しかし、そのような経験主義は、新しい世代や他の文化背景を持つ人々には通用しづらいという問題もあります。

その反面、暗黙知の対義語的な位置づけになる「形式知」を重視する仕事では「マニュアル」「仕様書」などの明文化のためにロジカルシンキングが求められます。これにより、暗黙知や経験主義に縛られず、誰でも理解したり共有しやすい「ナレッジ(経験や知識のこと)」が組織に蓄積されることとなるのです。

また、社内での部署を横断したり、取引先や他業界と関わる際に、プレゼン資料やメール文面だけでのビジネスコミュニケーションを成立させるためにも、ロジカルシンキングは有効です。ですが、他部署・取引先とのやりとりがさほど発生しない場合も、ロジカルシンキングが身についてない可能性があります。

結論として、暗黙知が重視される日本の職場環境ではロジカルでないコミュニケーション方法が身についてしまうことが多く、とくに外部組織と関わる場合に非効率的なコミュニケーションを生み出す原因となるという点で、欠点となります。

論理的思考ができない人に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

論理的思考ができない人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼論理的思考ができない人が持つ適性

  • 感覚派
    言語以外の情報伝達手段に頼る、経験で覚える、雰囲気で察する、直感で理解し理屈は後から探す天才肌、創造性がある、頭が良すぎて論理が飛躍する
  • 情緒的なコミュニケーション
    愛嬌や見た目で信頼を得る、表情や仕草から読み取る、感情で訴えかける、根回しが得意、コミュニケーションスキルで仕事をやりやすくする

こういった素質を自覚し意識的に伸ばすことで、キャリアでも活躍できる可能性が高まることでしょう。

以下に、このような適性を発揮したり、開花させることができる職業の数々を紹介していきます。

肉体労働や単純作業全般

肉体労働や単純作業全般の職業には、倉庫作業員、清掃員、運搬業者、農業労働者、工場作業員などがあります。
これらの仕事は、論理的思考が必要とされず、単純な作業や体力を使う仕事です。
論理的思考ができない人に向いている理由は、作業内容が単純であるため、簡単に覚えることができるからです。
また、肉体労働や単純作業は、体力を発揮することが求められるため、適性を発揮することができます。

動物や自然を相手にする仕事

動物や自然を相手にする仕事には、動物園飼育員、農家、園芸師、林業作業員、漁師などがあります。
これらの仕事は、論理的思考が必要とされず、動物や自然との関わりが主な仕事内容です。
論理的思考ができない人に向いている理由は、動物や自然とのコミュニケーションや関係性が重要であり、論理的思考よりも感性や直感が求められるからです。
また、動物や自然との関わりを楽しむことができるため、適性を発揮することができます。

対面でのコミュニケーションが重要となる職業

コミュニケーションや対人関係が重要となる職業には、営業職、カウンセラー、カスタマーサポート、サービス業、ソーシャルワーカーなどがあります。
これらの仕事は、論理的思考が必要とされず、人とのコミュニケーションや対人関係が主な仕事内容です。
論理的思考ができない人に向いている理由は、人との関わりやコミュニケーション能力が求められるため、論理的思考よりも人間性やコミュニケーション能力が重要となるからです。
また、人との関わりを楽しむことができるため、適性を発揮することができます。

職人的なスキルの求められる技術職

職人的なスキルの求められる技術職には、大工、溶接工、美容師、料理人、メカニックなどがあります。
これらの仕事は、論理的思考が必要とされず、職人的なスキルや技術が主な仕事内容です。
論理的思考ができない人に向いている理由は、論理的思考よりも実践的なスキルや技術が求められるため、論理的思考が苦手でも適性を発揮することができます。
また、自分の技術を活かすことができるため、適性を発揮することができます。

創造性や芸術性を求められる職業

創造性や芸術性を求められる職業には、芸術家、デザイナー、イラストレーター、彫刻家、音楽家などがあります。
これらの仕事は、論理的思考が必要とされず、創造性や芸術性が主な仕事内容です。
論理的思考ができない人に向いている理由は、論理的思考よりも感性や創造力が求められるため、論理的思考が苦手でも適性を発揮することができます。
また、自分の創造性や芸術性を表現することができるため、適性を発揮することができます。

ロジックとクリエイティビティのバランスが求められる頭脳労働

ロジックとクリエイティビティのバランスが求められる頭脳労働には、イベントプランナー、プロデューサー、マーケティング、プロジェクトマネージャー、ライターなどがあります。
これらの仕事は、論理的思考とクリエイティビティが必要とされる仕事内容です。
論理的思考ができない人に向いている理由は、論理的思考とクリエイティビティのバランスが求められるため、論理的思考が苦手でもクリエイティブなアイデアを出すことができます。
また、自分のアイデアやクリエイティビティを活かすことができるため、適性を発揮することができます。

業務内で論理的思考の鍛えられるコンサルティング職

業務内で論理的思考の鍛えられるコンサルティング職には、人事コンサルタント、キャリアカウンセラー、結婚相談所のカウンセラー、健康コンサルタント、教育コンサルタントなどがあります。
これらの仕事は、論理的思考が必要とされる仕事内容です。
論理的思考ができない人に向いている理由は、論理的思考を鍛えることができるため、論理的思考が苦手でも向上させることができます。
また、他人の問題解決やサポートをすることができるため、適性を発揮することができます。

コンサルタントの仕事は一般的にはロジカルシンキングが求められる仕事です。しかし、論理的思考ができないという問題を自覚している場合、適切な対処方法や読者の抱える問題によっても変わります。

例えば、「本当にロジカルシンキングができていないのか?」や「ロジカルシンキングができているにも関わらず、アウトプットとして正しくできていないのか?」などです。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

論理的思考ができない人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事は避ける

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を知っておくことです。

▼論理的思考ができない人に向いてない仕事の例

  • 情緒的なコミュニケーションがしにくい職業
    例:インサイドセールス、コンサルタント職、ITエンジニア、WEBマーケター
    向いてない理由:資料やテキストベースのコミュニケーションが主流のため
  • 高度な分析やデータ処理が主となる専門職
    例:データサイエンティスト、金融アナリスト、統計学者、市場調査アナリスト
    向いてない理由:データを分析してロジカルに説明する能力が求められるため
  • プログラミングやシステム開発などのIT関連職
    例:プログラマー、WEB開発者、SES
    向いてない理由:プログラム言語の習得やコミュニケーションにロジカルシンキングが求められるため

こういった「向いてない可能性の高い職業」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/商品など

様々な情報から判断しましょう

向いてる仕事が見つかる転職サービス

向いてる仕事に就くためには何から始めればいい?
適職を調べてもその仕事に就く方法がわからない…
適職診断をしても行動できずに終わる…

そう悩んでいる人にオススメしたいのが転職サービスでプロに相談するという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索したり
診断ツールを使えばいいのでは?

このように考えている人も多いでしょうが、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人は「診断ツールに入力した回答」「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴」で決まる仕組みになっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。

ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」「本当に向いてる仕事を見つけたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

とくにこのページを熱心に読んでいる「向いてる仕事を見つけたい」という人にとっては、今での職歴から選ばれた求人情報しか得られないということは、自分の選択肢を無意識のうちに狭めてしまう結果となります。

そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

そうでなくても「とにかく仕事に就ければいい」という動機だけでなく「自分の適性を発揮できる職業に就きたい」という願望を満たすためには、自己分析を徹底的にやらないといけません。

自己分析は、診断ツールを使うだけでは「自分一人の思考」にとらわれがちなので、より精度の高い診断にはプロのアドバイスを受ける必要があります。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本当に向いてる仕事に就いて活躍したい」「もっと自分に向いてる仕事を知りたい」と思った方は、ぜひ転職サービスを利用してプロに相談してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

自己分析を進めるにあたって、適職診断や読書だけに頼ると問題となるのが「他者からの評価やフィードバックが得られない」という問題です。また、転職エージェント系のサービスでは、簡単なヒアリングや求人紹介は行ってくれる反面で、自己分析に関するサポートは求職者側で行わないといけないのが現状です。

ですので、本格的に自己分析を行ってより適性を深く理解して、今後のキャリアをより良いものにしたいなら「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスの利用を推奨します。

キャリアコーチング系のサービスでは、

  • 心理学などの専門知識をもとにより深い自己分析を行ってくれる
  • 長期的な視野で将来を見据えたキャリアプランを練ってくれる
  • 適職の見つけ方や企業選びの知見が身につく

など、総じて言えば「自分自身が自分の力で最適なキャリアを選べるようになる状態」を目指すサービスだと考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

キャリコーチングを受けることで
数ある転職情報や求人に惑わされず

自分の軸でキャリア選択ができる

基礎的な能力が身につきます

文中でも何度も強調している通り、本当に向いてる仕事を見つけ出すのは至難の業です。

一方で、転職が当たり前となりつつ現代社会においては、自分自身で適職を見つけ出して転職を成功させる能力を身につけておくことは「一生物のスキル」ともなるとも言えます。

なお、キャリアコーチング系サービスは転職エージェント系サービスと異なり、本格的に利用する際は有料であることが大半ですが、初回の相談は無料で受けられることも多いため、適職選びで悩んでいるなら試しに活用してみる価値はあるでしょう。

弊サイトでオススメしているキャリアコーチング系サービスは「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、心理学などの専門知識をベースにした体系的なアプローチによって、利用者個人個人に合わせたサポートを行い、本当に自分に向いてる仕事を見つけ出したり、先行きの不透明なこの時代において「迷わないキャリアの軸」「将来性の高いキャリア計画」を設定するサポートを行ってくれます。

それってやる意味や価値は

本当にあるんですか?

このように疑問を抱かれている方も多いかも知れませんが、前述の通り、転職活動を始める前に自己分析を深く行い仕事選びの基準を固めれば固めるほど、その後のキャリアで失敗する確率を下げられ適職に出会いやすくなります。

一方で、自己分析不十分のまま転職活動を始めると、向いてない仕事や合わない会社に入社してしまうリスクが高まったり、転職エージェントに提案されるがままに応募するだけになり自分の意志や本音を見失う結果にもなりかねません。

ですので、とくに自分の適性を発揮できる仕事や本当にやりたい仕事に就きたいと感じているなら、転職エージェントや転職サイトで求人探しを行う前に、キャリアコーチングにて徹底して自己分析を行う…という順序で転職活動を進めることを推奨します。

なお、ポジウィルキャリアは初回の相談(カウンセリング)は無料で、LINE登録からの相談も受け付けています。

キャリアコーチングというサービス形態自体がまだまだ広く浸透していないため馴染みのない読者の方も多いかもしれませんが、今後、主流となる転職方法の1つとなるポテンシャルのあるサービスですので、適職探しで悩んでいる方はこの機会にぜひお試しください。

20代なら経歴問わずに就職可能
「UZUZ(ウズウズ)」

向いてる仕事を見つけてる方の中でも「職歴が浅い」「スキルがない」などの理由で、良い求人が見つからないと感じてる方にオススメなのが「UZUZ(ウズウズ)」です。

UZUZは20代向けの就職~転職を専門にサポートしており、相談相手となるキャリアアドバイザーの多くも既卒・第二新卒経験者を経験済みなので、親身な対応に期待できます。

UZUZは以下のような方に

最もオススメできます

▼ウズウズはこんな人にオススメ

  • 20代で未経験職に就きたい
  • 就職しないまま卒業してしまった「既卒
  • 新卒3年以内に辞めたい「第二新卒
  • 経歴に自信がない(中退、大卒未満、早期退職経験あり、正社員歴なし)
  • 向いてる仕事以前に、仕事に就くための基礎経験が浅い
  • 転職サイトやエージェントに登録しても良い求人を紹介してもらえない
  • フリーター期間やニート期間が長く職歴に空白期間がある
  • ブラック企業を避けて長く働ける会社に就きたい
  • 同年代の似たような境遇を持つプロにしたい

逆に以下のような人は

UZUZよりも
他のサービスの方がオススメです

▼こんな人はUZUZ以外がオススメ

  • 30代以上で職歴がある
  • 今までの経歴を活かしたい
  • 年収を上げたい
  • スキルアップして転職の幅を広げたい
  • 時間をかけてでも向いてる仕事を見つけたい

20代で「そもそも就職方法がわからない…」「求人情報から企業がブラックかどうか判断できない…」といったことに悩んでいるなら、UZUZに相談してみた方がスムーズに自分に合った仕事が見つけられます。

UZUZに相談してみる
【無料・登録1分】

スキルアップしてIT/WEB系へ転職
「WorX(ワークス)」

自分に向いてる仕事が見つかったとしても、スキルや経験がなければ適職に就けないことも多々あります。

ですので「これだ!」と思える職業を見つけたら、その仕事に就くために必要なスキルや資格などを把握しておきましょう。

興味のある仕事は見つけたけど
何から学べばいいかすら

わからないかも…

もし、読者がこのようにお悩みなら、適職診断を行った上でその仕事に就くための道筋を示したりスキルアップ支援も行ってくれる「Worx(ワークス)」を紹介します。

Worx(ワークス)は、異業種転職を実現する次世代型転職エージェントで、初回相談後に適職診断を受けた上で、自分に向いてる仕事に就くためのスキルアップ支援講座も用意してもらえるため、業界分析やスキルアップを行った上で無理のない異業種転職が可能となります。

また、Worx(ワークス)で紹介する職業には、IT/WEB系など将来性が高く、需要の高いIT系スキルと知識も身につくため、今のキャリアから抜け出したい人には大きな可能性があると言えます。

WorXなら半年~1年ほどの

余裕を持った転職計画となるため

適職探しをしている人にピッタリです

Worx(ワークス)では、スキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、とくにIT/WEB系の職種に興味がある人はこの機会に相談してみるといいでしょう。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました