仕事で誰とも関わりたくない…。人と関わらないで済む仕事を見つけるためのコツとは?

「人と関わらずに済む仕事に付きたい…」
「仕事で誰とも関わりたくない…」

このようにお悩みではありませんか?

仕事では対人関係の悩みがつきものですので、中には誰とも関わりたくない・人と関わりたくないと思われている方もいらっしゃるかと思います。

でも人と関わらないで済む仕事って
世の中にあるのかしら…

世の中の多くの仕事は人と関わることで成立するので、一切誰とも関わらずに済む仕事は存在しないと言えます。

やっぱり生きていく以上は
人と関わらないといけまんせよね…

しかし、仕事の役割や業種・職種によっては仕事で関わる相手を選ぶことができたり、あるいは人と関わる深く関わらないで済むこともあります。

人間関係は疲れるので
あまり人と関わらない仕事があったら
教えてほしいかも…

もし読者の方も「人と関わらない仕事に就きたい」「仕事で誰とも関わりたくない」とお悩みでしたら、この記事を最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

仕事で人と関わりたくない心理と対処法は?

仕事で人と関わりたくない人には、どのような心理があるのでしょうか?

人と関わることが嫌いな筆者自身の心理も混じえ、ご紹介していきます。

人に怒鳴られたり怒られると病むので他人と関わりたくない

仕事で他人と関わりたくないのは人に怒鳴られたり怒られると病むからでしょう。

見知らぬ他人に怒鳴られたり
上司に大声で怒られると
何日も凹んで仕事に支障が出ちゃいます…

怒られてうれしい人なんていませんからね…

仕事ではよく「見知らぬ他人に悪意を向けられる」「機嫌の悪い同僚や上司に怒りをぶつけられる」ことがあります。

そういった経験の中で、人と関わること自体に疲れた人も少なくはないことでしょう。

前にクレーム対応の仕事をしてた時は
毎日見知らぬ人に怒鳴られてて辛かった…

職場の上司が威圧的で
毎日怒鳴られるので
出勤するのもしんどい…

このように、仕事で関わる人間が常に怒っていて悪意を向けられるような職場では、じわじわと精神が削られていき、人と関わりたくなくなってくるものです。

会社や仕事内容によっては
毎日誰かに悪意を向けられることもあるが
そういう仕事は長く続く仕事だとは言えない

もし、今までの職場や仕事の経験の中で、人と関わりたくないと思うようになったのであれば、転職するなどして人から悪意を向けられないような職場環境を選ぶといいでしょう。

とくに人から悪意を向けられやすい
「クレーム対応」に関しては
別の記事にもまとめておいたぞ!

人間関係のいざこざが面倒だから他人と関わりたくない

仕事で他人と関わりたくないのは人間関係のいざこざが面倒だからでしょう。

職場の人間同士の愚痴から
プライベートの相談まで持ちかけられて
自分の時間が奪われて疲れる…

僕なんて社内政治や派閥争いに巻き込まれて
余計な仕事を増やされまくりで割を食ってますよ!

多くの職場では「仕事に集中しておけばいい」というだけでは済まず、職場の人間関係のいざこざに巻き込まれて、精神的に消耗することは珍しくもありません。

自分の仕事に集中できなかったり
他人の人間関係のいざこざに巻き込まれ続けると
人と関わるのが嫌になっちゃいますよね…

残念ながら多くの職場では
人間関係を上手く取り持つことができたり
感情を制御できる人間の方が
割を食いやすいようになっている

もし読者の方が「仕事で割を食いやすいので他人と関わりたくない…」と考えているのであれば、職場での対人関係の調整が上手かったり、人の好き・嫌いと言った私情を仕事に持ち込まない人間なのかもしれません。

職場の人間関係が面倒だから
「他人と関わりたくない…」と悩んでいるなら
それは感情を制御できて仕事が出来る証拠です

そういう人は
「人と関わらない仕事」というよりは
「関わる人間を変える」方向で仕事を選んだ方がいいかもな!

他人と関わりたくない人にオススメの仕事や職種は何がある?

他人と関わりたくない人にオススメの仕事は、何があるのでしょうか?

他人と関わりたくないなら
主に以下のような仕事がオススメだぞ

  • WEBデザイナー
  • プログラマー
  • エンジニア
  • 工場・製造業
  • マーケティング・企画職
  • 事務職
  • 営業職

「営業職」って
他人と関わる機会の多い仕事では?

営業職は確かにコミュニケーション能力は求められるが
自分一人で関わる相手を選びやすい仕事なので
他人と深く関わりたくない人には意外と向いている仕事なんだ

営業職は「人と関わらない」というよりは「自分から関わる相手を選べる」という意味で、他人と関わりたくない人には向いています。

また、営業職であれば、狭い職場特有の陰湿な人間関係に巻き込まれにくいので、意外と人と関わりたくないと考えている人ほど、適性が高かったりします。

それ以外の職種・業種の仕事に関しては
作業することが主な仕事になるので
人と関わりたくない人なら仕事に集中できるという意味で
オススメできるかもしれないな!

うーん…
でもどの仕事も一切他人と関わらないというのは
無理っぽいですよね?

だがしっかりと職場を選べば
自分と価値観の合う人間だったり
雰囲気の良い職場を見つけ出すことはできる!

ここで紹介している仕事でも、一切他人と関わらないというのは無理です。

しかし、以下のような点に注意して選べば、極力人と関わらないで済むかもしれません。

  • 在宅ワーク(テレワーク)を導入していて出勤せずに済む会社
  • 会社の社風や理念、年齢層が自分の価値観と合いそうな会社
  • 従業員が少なすぎず、身内経営や古参の上司が偉そうにしてなさそうな会社

「社風」ってなんですか?

「会社の雰囲気や風土」という意味で
その会社の職場の雰囲気や集まる人の性質の目安がわかる

会社には「社風」と呼ばれるものがあり、事前に企業の社風を調べておけば、自分の価値観に合った会社を見つけ出しやすくなります。

もし「極力、人と関わりたくない」と悩んでいるのであれば、同じく「仕事で人と関わるのは最小限にしたい」という社風で経営されている企業を見つけ出すと、人と関わらないで済む仕事に就けるかもしれません。

「テレワーク(在宅ワーク)」導入の会社って
まだまだ少ない印象がありますけど…

確かに大手はそうかもしれないが
IT系・WEB系・ベンチャー系であれば
取り組みに精力的なところも多いね

物理的に人と関わりたくない方であれば、テレワーク(在宅ワーク)の導入に精力的な「IT系・WEB系・ベンチャー系の企業」を重点的に見つけ出してみるといいかもしれません。

あるいは個人プレイ主体の外資系企業
柔軟な働き方がしやすいので
日本の企業みたいな陰湿な人間関係に悩まずに済むかもな!

日本の組織とは運営体制が異なり、個人プレイ中心になりやすい外資系企業も人と関わりたくない人にはオススメできるかもしれません。

外資系企業を探すなら
Spring転職エージェント」がオススメだな!

外資系企業が手がける「Spring転職エージェント」というサービスでは、紹介先企業との密接な関係づくりが行われているため、深く人と関わる必要のない職場を見つけやすいかもしれません。

従業員の少ない会社の人間関係は
どうやって調べるのがいいんですかね?

小さめの会社は経営者や上司の影響力が大きくなりやすいので
以下の点に注意してみるといいかもな!

▼従業員の少ない会社の社風や人間関係を見極める方法

  • 面接の時の社長や上司の雰囲気で判断する
  • Twitterやブログで情報発信している人のいる会社か判断する
  • 役員が親族ばかりの閉じこもった会社でないか見極める
  • 人材会社と強いつながりがあり採用力のある会社か見極める

小さな会社や従業員の少ない会社は
どうしても閉じこもった狭い人間関係になりがちで
「狭く深い人間関係」になりやすい!

なのでしっかりと事前調査して
「自分と価値観の合う会社か?」
見極めた上で入社するといいだろう

仕事で人と関わりたくないなら派遣社員もオススメ?

仕事で極力他人と関わりたくないのであれば、派遣社員もオススメです。

派遣社員だと
他人と関わらずに済むんですか?

正社員ほど密接な人間関係は求められない

確かに正社員だと会社によっては
上司のごますり・機嫌取りやら
人間関係の面倒事も多いですからね…

派遣社員は仕事の範囲が決まっているため、正社員ほど社員との無駄なコミュニケーションを求められにくいことが多く、人と関わりたくない人には向いているかもしれません。

また、派遣社員としてどの職場でも通用するスキルを積めば、派遣社員として様々な職場を転々とする働き方が可能なため、一つの職場の人間関係に依存せずに済みます。

派遣社員として働きたいなら
全国展開している「JOBNET」がオススメだ

日本初の派遣会社であるマンパワーグループの手がける「JOBNET」は全国展開で、あらゆる職種・業種の紹介に対応しており、福利厚生やキャリアアップの支援なども充実している派遣サービスです。

おわりに|人と関わらないで済む仕事はないが、仕事で関わる人間は選べる

 

そもそも、仕事での対人関係については「仕事する相手をしっかり選ばない」から、発生するものです。

もちろん、あなたが大企業に勤めて部署替え・出張の指示にも従わなければならない立場を目指したり、商社勤めの営業マンにでもなりたいのであれば、話は別です。

そのような立場の仕事に就くのであれば、人の好き嫌いをしている余裕はありません。

ですが、中小企業クラスの小さめの職場であったり、ましてや数十人規模の零細企業に勤めるつもりがあるのであれば、むしろちゃんと仕事で関わる相手を選ばなければダメです。

以下の記事でも紹介しておりますが、転職の採用の決め手は「人間性や人柄」「考え方の一致」など、人間関係を考慮してのものが非常に多いのです。

とくに「既卒・第二新卒」と呼ばれる、20代の若手の採用を検討している企業は「経歴よりも人柄や人間性が大事」という傾向が強いので、対応している人材サービスを使っておくといいでしょう。

とくに注目したいのが、リクルートの運営する「就職Shop」で、同社内でも小規模な人間性・人柄重視の採用を検討している企業が多めに集まっているので、興味のある方は要チェックです。

 

タイトルとURLをコピーしました