仕事で誰とも関わりたくない心理。人と関わりたくない人に向いてる仕事の条件とは?

「仕事で人と関わりたくない…」
「人と関わらないで済む仕事に就きたい…」

このように悩んでいませんか?

仕事では対人関係のストレスがつきものです。
仕事内容自体は好きでも、対人関係が嫌で辞めたいと悩むことも、よくある話です。

仕事での人付き合いを完全になくすということは難しいかもしれません。

ですが、職種をしっかり選んだり、入社前に会社の環境を見極めることができれば、極力他人と関わらずに済む仕事に就くこともできるかもしれません。

そこで本記事では、人と関わりたくないと思ってしまう心理をおさらいした上で、他人と関わらずにも済む仕事を紹介し、実際に人と関わらずに仕事に就くためのコツをご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

仕事で他人と関わりたくない心理の原因は?

まずは、仕事で他人と関わりたくない心理について、解説していきます。

意外かもしれませんが、仕事で誰とも関わりたくないと悩んでいる人の多くは、人付き合いそのものが嫌いというわけではありません。むしろ、親しい人や気の許せる相手であれば、話すこと自体は好きな人の方が多いことでしょう。

では、なぜ仕事で人と関わることに疲れてしまうのでしょうか?

それには、以下のような原因があるからです。

  • 他人に気を使いすぎてしまうため、対人関係での負荷が大きい
  • 気を配って先読みして仕事しているため、かかる心労が大きい
  • 仕事で他人に頼られやすく、割を食いやすい
  • 他人に干渉されることで自分のペースを乱されることが苦痛
  • 初対面の相手との接し方を理解するまでに時間がかかる
  • 敵対的な人間関係の中でも、友好的な関係を作ろうと努めてしまう

おそらく、この記事にたどり着いた読者の多くは「人と関わることが苦手」というよりは「様々な相手に気をつかって接するため、人一倍疲れてしまう」という性質が強いため、人と関わらない仕事に就きたいと悩んでしまっているのでしょう。

もしそうでしたら、解決策は「人と関わらない」ではなく「関わる相手を選ぶ」「関わらなくてもいい相手との付き合いは最小限に抑える」かもしれません。細かな違いですが、この違いは自分に合った仕事や人間関係を見極めるためには、とても大切な違いでもあります。

ぜひ、そういった「自分自身が他人と関わりたくないと悩んでいる理由」を見つけ出すためにも、ここで紹介する心理や原因について、思い当たるものがないかチェックしてみてください。

他人に気を使いすぎてしまう

第一に考えられる原因として「他人に気を使いすぎてしまう」ことが挙げられます。

他人に気を使いすぎてしまう人は、対人関係でかかるストレスが人一倍強いものです。そのため、本来、人付き合いが得意な方でも、仕事で関わる相手に過度に気を使いすぎてしまう反動で「他人と関わりたくない…」という感情が蓄積してしまっているのかもしれません。

具体的には、仕事で以下のような事が頻繁に起こるなら要注意です。

  • 上司や先輩に迷惑をかけないように常に気をつかっている
  • 先回りすることが求められ、指示されてないことも自分で考えてやらなければならない
  • 不特定多数の人を相手にする仕事で思わぬトラブルが生じることがよくある
  • 他人の言葉の裏の意図を探らなければならないことが多い

これらは、職場環境や上司の方針によって頻繁に起こることもあれば、職種の性質上求められやすい要素もあります。たとえば、接客業ならクレームを防ぐために先回りしなければならないことも多いですし、上司が気分屋で怒ることが多い職場環境なら部下は過剰に気をつかう必要が出てきます。

そういった点も踏まえながら「自分が気疲れする根本的な原因は何か?」を突き止め、職場環境に問題があるのか、職種の性質によって気をつかう必要が出てきているのか、見極めましょう。

先読みが必要な仕事なため、かかる心労が大きい

仕事で他人と関わりたくない心理に陥る原因には、先読みによる心労も考えられます。

とくに日本の企業の多くでは「空気を読める」「気を遣って先回りして上司が支持しなくても自発的に業務に取り組める」「言われなくても事前に準備ができる」など、先読みできる人が優秀な社員として一目置かれやすくなりやすいです。

ですが、この状態が当たり前になると、今度は先回りしない他の社員や、自分の先回りに依存してフォローを怠る上司に対して、不満が溜まってくることになります。冷静に周りを見るとわかるかもしれませんが、先読みして仕事を行っているような人はさほど多くはありません。

ですので、先読みして動ける人は評価はされるものの、それが給料に反映されなかったり、なまじ働き者であることが裏目に出て仕事の負担が増えることで、心労が蓄積していくわけです。その反動で「他人と関わりたくない…」という思いが強くなっているのかもしれません。

他人に頼られやすく割を食いやすい

他人に頼られるやすいばかりに、内心ではうんざりして「他人と関わりたくない…」と悩む方もいます。

前述の「先読みしてしまう」もそうですが、他にも「他人に相談されやすい人」や「職場の人間関係に関する愚痴を聞いて仲介役を演じることが多い人」なども、割を食いやすいです。他にも「職場内でその仕事をできるのが自分しかいない」「仕事を卒なくこなせてしまうので他人にフォローを任されやすい」なども要因として考えられます。

これらは一見すれば悪いことではなく、職場全体で見れば間違いなく「優秀な人」「頼もしい人」「いなければならない人」と思われることでしょう。その反面、本人が背負っている負荷は自分で思っている以上のことも多いのです。

たとえば、仕事関係で他人に相談されたり愚痴を聞かされることが多い人は、その話を聞くだけで本人の悩みを抱え込まされることになりますし、意識せずとも自身の職場での立ち回りや対人関係構築に影響をおよぼします。それが勤務時間外での付き合いともなれば、時間の拘束や交際費の負担にもなるわけです。

そういう意味でも、他人に頼られやすい人はそれだけで人一倍の対人関係のストレスを抱えやすくなるわけですし、実際に仕事の負担が増えることも多いことでしょう。その反動で「他人と関わりたくない…」と思ってしまっても、不思議なことではありません。

他人に干渉されることで自分のペースを乱されることが苦痛

上記と被る要素もありますが、他人に過度に干渉されることで自分のペースを乱されることが、仕事での対人関係でのストレスになる場合も考えられます。

具体的には「自分の仕事に集中できないまま、追加で仕事を頼まれる」「勤務時間外での連絡が多く、常に他人の都合に振り回される」など、間接的に他人の都合に振り回されることも含みます。頼られやすい人は、仕事で他人に干渉されやすくなるものです。

このような状況に陥ると、自分だけが割を食ってしまいますし、周りが何もしないのに自分だけが仕事しているような不公平さを感じ、疲れてしまうものです。

ですので、仕事中に自分の仕事に集中できているか、他人の都合に振り回されていないかを見直し、場合によっては他人の頼み事も安易に引き受けない選択肢を持つことも大切です。

初対面の相手との接し方を理解するまでに時間がかかる

次のご紹介するのは、初対面の相手と接する機会が多い仕事に限定した話になってきます。

初対面の相手に対して過度に気をつかう人も、仕事で人と関わるのが嫌になる要因になりやすいです。
具体的には、不特定多数を相手にする必要のある接客業や販売員、新規営業などが当てはまります。

クレームにつながる顧客が多い場合や、クレームになることで拘束時間が増える業態であれば、なおさら、初対面の相手に気を使う必要が出てきます。また、相手が偉い人や寡黙な人が多い場合にも、いわゆる「忖度」をしなければならず、気をつかう場面が増えてきます。

このように、無意識のうちに多くの相手に気を使いすぎてしまうことが、仕事で他人と関わりたくない心理を生む原因となっている可能性もあるのです。

敵対的な人間関係の中でも、友好的な関係を作ろうと努めてしまう

最後に、やや複雑な悩みとなってきますが、敵対的な人間関係でも友好的な関係を作ろうと努めてしまうがために、気苦労が耐えないケースについてご紹介してきます。

たとえば、職場で気難しい上司と先輩が仲が悪いことで仕事に悪影響が出ている場合、二人の仲をどうにかしようと努めたところで、大半の場合は周りにはどうしようもないものです。

残念ながら、仕事においては図らずも険悪な関係が生まれて、和解できないまま職場で嫌な相手と常に接しなければならない状態に陥ることは、よくある話です。このような状況に陥っても、なんとか仲を取りもって良い関係にできないかと試みても、大半は徒労に終わります。

こういった状況の場合、当事者側に対話する気や譲歩する気がなければ、周りがどれだけ努力しても大半の場合は徒労に終わります。「話し合えばわかる!」というのは、大半の場面では理想でしかありません。

もちろん、そういった職場内外での敵対関係が修復すれば、仕事でも良い結果をもたらすことになりますが、残念ながら多くの人は会社全体の利益よりも自分自身の感情の方が大事なことが多いのが実情です。不幸にも、そういったいざこざに巻き込まれて気苦労が耐えないなら、まずは自分が不必要に巻き込まれないための防衛策から講じた方が良いでしょう。

本来、自分自身が考えるべきでない問題に悩んで他人と関わりたくないと思ってしまうのであれば、それは自分自身を傷つけてしまっているのと変わりありません。一度、他人の問題と距離を置くことも、自分を見直す意味ではとても大事なことです。

誰とも関わりたくない人に向いてる仕事は?

たとえば、クリエイターやプログラマーなどの技術職は、インターネット上だけで仕事が完了するので、その気になればほとんど人と関わらずに済みます。また、塗装工や鳶職人といった作業を主とした仕事、農業や養殖業といった自然を相手にする仕事も、人と関わる機会は一般企業での仕事と比べて少なめです。

誰とも関わりたくない人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • イラストレーター
  • CGクリエイター
  • 司書
  • 学芸員
  • ブリーダー
  • 造園師
  • 養蜂家
  • 生物学者
  • 証券アナリスト
  • トレーダー
  • パタンナー
  • 料理人
  • 美術品鑑定士
  • 骨董品販売業者
  • 自動車整備士
  • CADオペレーター
  • 溶接工
  • 塗装工
  • 鳶職人
  • 刀匠
  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
  • インターネット広告業スタッフ
  • マーケティングリサーチャー
  • ゲームデバッガー
  • ゲームプログラマー
  • プロゲーマー
  • 特殊清掃員
  • コオロギ・ブリーダー

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

仕事で人と関わりたくないなら派遣社員もオススメ?

仕事で極力他人と関わりたくないのであれば、派遣社員もオススメです。

派遣社員だと
他人と関わらずに済むんですか?

正社員ほど密接な人間関係は求められない

確かに正社員だと会社によっては
上司のごますり・機嫌取りやら
人間関係の面倒事も多いですからね…

派遣社員は仕事の範囲が決まっているため、正社員ほど社員との無駄なコミュニケーションを求められにくいことが多く、人と関わりたくない人には向いているかもしれません。

また、派遣社員としてどの職場でも通用するスキルを積めば、派遣社員として様々な職場を転々とする働き方が可能なため、一つの職場の人間関係に依存せずに済みます。

派遣社員として働きたいなら
全国展開している「JOBNET」がオススメだ

日本初の派遣会社であるマンパワーグループの手がける「JOBNET」は全国展開で、あらゆる職種・業種の紹介に対応しており、福利厚生やキャリアアップの支援なども充実している派遣サービスです。

おわりに|人と関わらないで済む仕事はないが、仕事で関わる人間は選べる

そもそも、仕事での対人関係については「仕事する相手をしっかり選ばない」から、発生するものです。

もちろん、あなたが大企業に勤めて部署替え・出張の指示にも従わなければならない立場を目指したり、商社勤めの営業マンにでもなりたいのであれば、話は別です。

そのような立場の仕事に就くのであれば、人の好き嫌いをしている余裕はありません。

ですが、中小企業クラスの小さめの職場であったり、ましてや数十人規模の零細企業に勤めるつもりがあるのであれば、むしろちゃんと仕事で関わる相手を選ばなければダメです。

以下の記事でも紹介しておりますが、転職の採用の決め手は「人間性や人柄」「考え方の一致」など、人間関係を考慮してのものが非常に多いのです。

とくに「既卒・第二新卒」と呼ばれる、20代の若手の採用を検討している企業は「経歴よりも人柄や人間性が大事」という傾向が強いので、対応している人材サービスを使っておくといいでしょう。

とくに注目したいのが、リクルートの運営する「就職Shop」で、同社内でも小規模な人間性・人柄重視の採用を検討している企業が多めに集まっているので、興味のある方は要チェックです。

人と関わりたくない人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました