【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【優秀な人ほど陥る】仕事で誰とも関わりたくない心理。人と関わることに疲れたら知っておきたいこと

「仕事で人と関わりたくない…」
「人と関わらないで済む仕事に就きたい…」

このように悩んでいませんか?

仕事では対人関係のストレスがつきものです。
仕事内容自体は好きでも、対人関係が嫌で辞めたいと悩むことも、よくある話です。

仕事での人付き合いを完全になくすということは難しいかもしれません。

ですが、職種をしっかり選んだり、入社前に会社の環境を見極めることができれば、極力他人と関わらずに済む仕事に就くこともできるかもしれません。

そこで本記事では、人と関わりたくないと思ってしまう心理をおさらいした上で、他人と関わらずにも済む仕事を紹介し、実際に人と関わらずに仕事に就くためのコツをご紹介していきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

仕事で他人と関わりたくない心理の原因は?

まずは、仕事で他人と関わりたくない心理について、解説していきます。

意外かもしれませんが、仕事で誰とも関わりたくないと悩んでいる人の多くは、人付き合いそのものが嫌いというわけではありません。むしろ、親しい人や気の許せる相手であれば、話すこと自体は好きな人の方が多いことでしょう。

では、なぜ仕事で人と関わることに疲れてしまうのでしょうか?

それには、以下のような原因があるからです。

  • 他人に気を使いすぎてしまうため、対人関係での負荷が大きい
  • 気を配って先読みして仕事しているため、かかる心労が大きい
  • 仕事で他人に頼られやすく、割を食いやすい
  • 他人に干渉されることで自分のペースを乱されることが苦痛
  • 初対面の相手との接し方を理解するまでに時間がかかる
  • 敵対的な人間関係の中でも、友好的な関係を作ろうと努めてしまう

おそらく、この記事にたどり着いた読者の多くは「人と関わることが苦手」というよりは「様々な相手に気をつかって接するため、人一倍疲れてしまう」という性質が強いため、人と関わらない仕事に就きたいと悩んでしまっているのでしょう。

もしそうでしたら、解決策は「人と関わらない」ではなく「関わる相手を選ぶ」「関わらなくてもいい相手との付き合いは最小限に抑える」かもしれません。細かな違いですが、この違いは自分に合った仕事や人間関係を見極めるためには、とても大切な違いでもあります。

ぜひ、そういった「自分自身が他人と関わりたくないと悩んでいる理由」を見つけ出すためにも、ここで紹介する心理や原因について、思い当たるものがないかチェックしてみてください。

他人に気を使いすぎてしまう

第一に考えられる原因として「他人に気を使いすぎてしまう」ことが挙げられます。

他人に気を使いすぎてしまう人は、対人関係でかかるストレスが人一倍強いものです。そのため、本来、人付き合いが得意な方でも、仕事で関わる相手に過度に気を使いすぎてしまう反動で「他人と関わりたくない…」という感情が蓄積してしまっているのかもしれません。

具体的には、仕事で以下のような事が頻繁に起こるなら要注意です。

  • 上司や先輩に迷惑をかけないように常に気をつかっている
  • 先回りすることが求められ、指示されてないことも自分で考えてやらなければならない
  • 不特定多数の人を相手にする仕事で思わぬトラブルが生じることがよくある
  • 他人の言葉の裏の意図を探らなければならないことが多い

これらは、職場環境や上司の方針によって頻繁に起こることもあれば、職種の性質上求められやすい要素もあります。たとえば、接客業ならクレームを防ぐために先回りしなければならないことも多いですし、上司が気分屋で怒ることが多い職場環境なら部下は過剰に気をつかう必要が出てきます。

そういった点も踏まえながら「自分が気疲れする根本的な原因は何か?」を突き止め、職場環境に問題があるのか、職種の性質によって気をつかう必要が出てきているのか、見極めましょう。

先読みが必要な仕事なため、かかる心労が大きい

仕事で他人と関わりたくない心理に陥る原因には、先読みによる心労も考えられます。

とくに日本の企業の多くでは「空気を読める」「気を遣って先回りして上司が支持しなくても自発的に業務に取り組める」「言われなくても事前に準備ができる」など、先読みできる人が優秀な社員として一目置かれやすくなりやすいです。

ですが、この状態が当たり前になると、今度は先回りしない他の社員や、自分の先回りに依存してフォローを怠る上司に対して、不満が溜まってくることになります。冷静に周りを見るとわかるかもしれませんが、先読みして仕事を行っているような人はさほど多くはありません。

ですので、先読みして動ける人は評価はされるものの、それが給料に反映されなかったり、なまじ働き者であることが裏目に出て仕事の負担が増えることで、心労が蓄積していくわけです。その反動で「他人と関わりたくない…」という思いが強くなっているのかもしれません。

他人に頼られやすく割を食いやすい

他人に頼られるやすいばかりに、内心ではうんざりして「他人と関わりたくない…」と悩む方もいます。

前述の「先読みしてしまう」もそうですが、他にも「他人に相談されやすい人」や「職場の人間関係に関する愚痴を聞いて仲介役を演じることが多い人」なども、割を食いやすいです。他にも「職場内でその仕事をできるのが自分しかいない」「仕事を卒なくこなせてしまうので他人にフォローを任されやすい」なども要因として考えられます。

これらは一見すれば悪いことではなく、職場全体で見れば間違いなく「優秀な人」「頼もしい人」「いなければならない人」と思われることでしょう。その反面、本人が背負っている負荷は自分で思っている以上のことも多いのです。

たとえば、仕事関係で他人に相談されたり愚痴を聞かされることが多い人は、その話を聞くだけで本人の悩みを抱え込まされることになりますし、意識せずとも自身の職場での立ち回りや対人関係構築に影響をおよぼします。それが勤務時間外での付き合いともなれば、時間の拘束や交際費の負担にもなるわけです。

そういう意味でも、他人に頼られやすい人はそれだけで人一倍の対人関係のストレスを抱えやすくなるわけですし、実際に仕事の負担が増えることも多いことでしょう。その反動で「他人と関わりたくない…」と思ってしまっても、不思議なことではありません。

他人に干渉されることで自分のペースを乱されることが苦痛

上記と被る要素もありますが、他人に過度に干渉されることで自分のペースを乱されることが、仕事での対人関係でのストレスになる場合も考えられます。

具体的には「自分の仕事に集中できないまま、追加で仕事を頼まれる」「勤務時間外での連絡が多く、常に他人の都合に振り回される」など、間接的に他人の都合に振り回されることも含みます。頼られやすい人は、仕事で他人に干渉されやすくなるものです。

このような状況に陥ると、自分だけが割を食ってしまいますし、周りが何もしないのに自分だけが仕事しているような不公平さを感じ、疲れてしまうものです。

ですので、仕事中に自分の仕事に集中できているか、他人の都合に振り回されていないかを見直し、場合によっては他人の頼み事も安易に引き受けない選択肢を持つことも大切です。

初対面の相手との接し方を理解するまでに時間がかかる

次のご紹介するのは、初対面の相手と接する機会が多い仕事に限定した話になってきます。

初対面の相手に対して過度に気をつかう人も、仕事で人と関わるのが嫌になる要因になりやすいです。
具体的には、不特定多数を相手にする必要のある接客業や販売員、新規営業などが当てはまります。

クレームにつながる顧客が多い場合や、クレームになることで拘束時間が増える業態であれば、なおさら、初対面の相手に気を使う必要が出てきます。また、相手が偉い人や寡黙な人が多い場合にも、いわゆる「忖度」をしなければならず、気をつかう場面が増えてきます。

このように、無意識のうちに多くの相手に気を使いすぎてしまうことが、仕事で他人と関わりたくない心理を生む原因となっている可能性もあるのです。

敵対的な人間関係の中でも、友好的な関係を作ろうと努めてしまう

最後に、やや複雑な悩みとなってきますが、敵対的な人間関係でも友好的な関係を作ろうと努めてしまうがために、気苦労が耐えないケースについてご紹介してきます。

たとえば、職場で気難しい上司と先輩が仲が悪いことで仕事に悪影響が出ている場合、二人の仲をどうにかしようと努めたところで、大半の場合は周りにはどうしようもないものです。

残念ながら、仕事においては図らずも険悪な関係が生まれて、和解できないまま職場で嫌な相手と常に接しなければならない状態に陥ることは、よくある話です。このような状況に陥っても、なんとか仲を取りもって良い関係にできないかと試みても、大半は徒労に終わります。

こういった状況の場合、当事者側に対話する気や譲歩する気がなければ、周りがどれだけ努力しても大半の場合は徒労に終わります。「話し合えばわかる!」というのは、大半の場面では理想でしかありません。

もちろん、そういった職場内外での敵対関係が修復すれば、仕事でも良い結果をもたらすことになりますが、残念ながら多くの人は会社全体の利益よりも自分自身の感情の方が大事なことが多いのが実情です。不幸にも、そういったいざこざに巻き込まれて気苦労が耐えないなら、まずは自分が不必要に巻き込まれないための防衛策から講じた方が良いでしょう。

本来、自分自身が考えるべきでない問題に悩んで他人と関わりたくないと思ってしまうのであれば、それは自分自身を傷つけてしまっているのと変わりありません。一度、他人の問題と距離を置くことも、自分を見直す意味ではとても大事なことです。

この項目のまとめ

以上のような欠点を抱えていると、仕事でもプライベートでも上手く行かず、生きづらさを感じることが多いかもしれません。

もし、自分の弱みや欠点が理由で仕事で活躍できていないと感じているなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみることをオススメします。

グッドポイント診断では
合計18種類の強みから
自分の強みがわかります


自分の強みを診断することで、これまで自分で欠点だと思っていたことが実は長所だったことに気づくチャンスになります。

また、キャリアを見直したり、転職を考えている人にとっては、自己アピールの参考になること間違いなしなので、受けてみる価値は大きいです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は
無料で利用することができます!

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる【登録無料】

誰とも関わりたくない人に向いてる仕事は?

社交的でないと感じる方や、集中して単独作業を行いたいと考える方には特定の職種が適しています。
向いている仕事とは、その人の性格や得意なスキルを活かし、ストレスなく効率的に働けるものです。
以下では、人とのコミュニケーションを最小限に抑えられる職業をご紹介します。

デジタルに関する技術が求められる職業

デジタルテクノロジーが主体の職業は、単独で作業を進めることが多く、集中力や専門的スキルが活かされます。

  • プログラマー: ソフトウェアのコーディングを行う
  • システムエンジニア(SE): システムの設計や構築を担当
  • インターネット広告業スタッフ: オンライン広告の運用・分析を行う
  • ゲームデバッガー: ゲームのバグを見つけ出し報告する
  • ゲームプログラマー: ゲームのシステム部分を開発する
  • ソフトウェアテスター: ソフトウェアの品質を確認する
  • データベース管理者: データベースの運用・保守を担当
  • ネットワークエンジニア: ネットワークの設計や運用を行う
  • ウェブデザイナー: ウェブサイトのデザインを担当

これらの仕事は、独立した空間での集中が求められ、自らの技術や知識を深めながら成果を上げることが可能です。

人とのコミュニケーションが少ないため、人と関わりたくない性格の方には特に適しています。

アート・デザイン関連職

クリエイティブな作業が中心で、独自の感性やアイディアが重視される職種です。

  • イラストレーター: 絵やイラストを制作する
  • CGクリエイター: コンピュータを使ったグラフィック作成を行う
  • パタンナー: 衣服の型紙を作成する
  • CADオペレーター: コンピュータを用いて設計図を描く
  • グラフィックデザイナー: ビジュアルコンテンツのデザインを行う
  • フォトグラファー: 写真撮影を行う
  • 映像編集者: 映像の編集や加工を担当
  • ウェブデザイナー: ウェブページのデザインや構築を行う
  • ファッションデザイナー: 衣服やアクセサリーのデザインを行う
  • 室内装飾デザイナー: 室内のデザインやデコレーションを計画する

これらの仕事は、自分のペースでクリエイティブな作業を進めることができ、自分の感性や考えを形にすることが重要です。

社交的でなくても、自分の世界観を持ち、それを表現する能力があれば十分に活躍できる分野です。

研究や分析、知識管理に関する職業

深い知識と緻密な分析が要求される職種で、独立して調査や分析を行うことが多いです。

  • 司書: 図書館の資料管理や利用者へのサポートを行う
  • 学芸員: 博物館や美術館の展示物の管理や説明を行う
  • 生物学者: 生物の特性や生態系を研究する
  • 証券アナリスト: 株や証券の動向を分析し、投資判断の参考とする
  • マーケティングリサーチャー: 市場の動向や消費者の嗜好を調査・分析する
  • 化学者: 化合物の特性や反応を研究する
  • 物理学者: 自然の法則や物質の性質を調査・研究する
  • 歴史研究者: 歴史的事実や背景を調査する
  • 社会学研究者: 社会の構造や動態を研究する
  • 宇宙科学研究者: 宇宙や星の動き、構造を調査する

これらの仕事は、特定の分野に対する深い知識と独自の分析が求められます。集中して情報を整理・分析する能力が活かされるため、他者との関わりを最小限にしたい人に適しています。

研究や分析、知識管理に関する職業

深い知識と緻密な分析が要求される職種で、独立して調査や分析を行うことが多いです。

  • 司書: 図書館の資料管理や利用者へのサポートを行う
  • 学芸員: 博物館や美術館の展示物の管理や説明を行う
  • 生物学者: 生物の特性や生態系を研究する
  • 証券アナリスト: 株や証券の動向を分析し、投資判断の参考とする
  • マーケティングリサーチャー: 市場の動向や消費者の嗜好を調査・分析する
  • 化学者: 化合物の特性や反応を研究する
  • 物理学者: 自然の法則や物質の性質を調査・研究する
  • 歴史研究者: 歴史的事実や背景を調査する
  • 社会学研究者: 社会の構造や動態を研究する
  • 宇宙科学研究者: 宇宙や星の動き、構造を調査する

これらの仕事は、特定の分野に対する深い知識と独自の分析が求められます。集中して情報を整理・分析する能力が活かされるため、他者との関わりを最小限にしたい人に適しています。

職人・手工芸職

一つ一つの作業を丁寧に行うことで、独自の価値を持つ製品を生み出す職種です。

  • 自動車整備士: 車の修理や保守を行う
  • 溶接工: 金属同士を溶接し接合する
  • 塗装工: 建物や機械の塗装を行う
  • 鳶職人: 高所での建設作業を行う
  • 刀匠: 伝統的な日本の刀を鍛造する
  • 陶芸家: 土を使って器や美術品を作る
  • ガラス職人: ガラスを溶かして形をつくる
  • 宝石細工師: 宝石を加工してアクセサリーを制作する
  • 木彫師: 木を彫刻する
  • 革細工師: 革を加工して製品を作る

これらの仕事は、手仕事や技術によって製品の価値を高めることができます。細やかな作業に集中できる人や、自分の技術を高めていきたい人に向いています。

自然や生物を相手にする仕事

自然や生物と密接に関わりながら、専門的な知識と技術を用いる職種です。

  • ブリーダー: 特定の動植物を繁殖させる専門家
  • 造園師: 景観をデザインし、維持・管理する
  • 養蜂家: 蜜蜂を飼育し、はちみつやローヤルゼリーを生産する
  • コオロギ・ブリーダー: コオロギを繁殖・販売する
  • 植物学者: 植物の生態や分類を研究する
  • 動物学者: 動物の生態や行動を研究する
  • 農家: 作物や家畜を生産する
  • 水産養殖家: 魚や貝類の養殖を行う
  • 漁師: 海や川で魚を捕獲する
  • 林業家: 森林を管理し、木材を生産する

これらの仕事は、生物や自然環境に対する深い理解と尊重が求められます。自然の中での作業を好む人や、生命のサイクルに興味がある人に最適です。

高額商品の商取引・バイヤー関連職

高価な商品やレアアイテムの鑑定、販売、取引を行う職種です。

  • 美術品鑑定士: 美術品の価値や真贋を判断する
  • 骨董品販売業者: 古美術品の販売や仕入れを行う
  • 宝石鑑定士: 宝石の品質や価値を評価する
  • 高級車ディーラー: 高額な車の販売や仕入れを行う
  • 豪邸不動産エージェント: 高価な住宅や土地の売買を仲介する
  • ブランド品バイヤー: 有名ブランドの商品を仕入れや販売を行う
  • 貴金属取引士: 金やプラチナなどの貴金属の取引を行う
  • 稀少動植物取引業者: レアな動植物の取引を行う
  • アンティーク時計取引士: 古時計の鑑定や販売を行う
  • ヴィンテージワイン専門家: 古い年代のワインの鑑定や販売を行う

これらの仕事は、高額商品の専門知識や鑑定技術が求められるため、緻密な判断力と正確な知識が必要です。専門的な分野に深く携わりたい人や、高額商品の魅力に引かれる人に向いています。

特色ある食品・料理関連職

世界中の様々な食文化や、特定の食材・技法に特化した職種です。

  • ワイルドゲーム料理人: 野生の動物を用いた料理を専門とするシェフ
  • アートフードカーバー: 野菜や果物を芸術的に彫刻する技術者
  • 伝統的な日本酒醸造家: 日本酒の伝統的な製法で酒を醸す職人
  • カリーソムリエ: カレーの専門知識を持つ食の専門家
  • 稀少茶葉セレクター: 稀少な茶葉を見分け、選別する専門家
  • 旬の地魚を扱う寿司職人: 地域の旬の魚を使用する寿司職人
  • 漬物職人: 伝統的な技法で漬物を製造する職人
  • 地域固有の郷土料理研究家: 特定の地域の伝統料理を研究・普及させる者
  • ハーブ&スパイス専門家: 様々なハーブやスパイスの専門知識を有する者
  • ヴィーガンデザートシェフ: 動物性の成分を使用しないデザートを専門とするシェフ

これらの仕事は、食材や技法、食文化への深い愛情と知識が必要です。細部にこだわり、食のアートを追求する人に最適です。

3K(きつい・汚い・危険)な特殊業務

一般的な職場とは異なる特殊な環境で働く職種です。

  • 特殊清掃員: 事故や事件後の現場を清掃する
  • 鳶職人: 高所での建築現場作業を担当
  • 溶接工: 金属同士を溶接する技術者
  • 塗装工: 建築物や車両の塗装を行う
  • 廃品回収業者: 廃棄物を回収しリサイクルする
  • 下水道作業員: 下水道の管理・修理を担当
  • 建築現場作業員: 建築物の建設・解体作業を行う
  • 廃棄物処理業者: 廃棄物の処理やリサイクルを担当
  • 鉱山労働者: 鉱石の採掘作業を行う
  • ゴミ収集業者・ゴミ処理場作業員: 生活ゴミの収集・処理を担当

これらの仕事は、物理的・精神的に厳しい環境でも働ける人に向いています。強い責任感と体力、精神力が求められる仕事です。

独自の方法で生計を立てる

一般的なキャリアパスとは異なる独特な方法で生計を支える職種です。

  • パチプロ: パチンコやスロットでの勝利を生計の主な収入源とする者
  • 転売ヤー: 人気商品を安価に仕入れて高く売り抜ける
  • ストリートミュージシャン: 通行人を相手に演奏し、投げ銭を収入とする
  • プロの賭けゴルファー: 賭けゴルフでの勝利を収入とするプロフェッショナル
  • プロゲーマー: ゲームでの競技を職業とする
  • 宝探しの冒険家: 伝説の宝物や遺跡を探し求める冒険家
  • オンラインポーカープレイヤー: オンラインカジノでポーカーをプレイし、賞金を得る者
  • アーバンエクスプローラー(廃墟探訪者): 廃墟や放棄された場所を探訪し、写真や動画を販売・公開する
  • トレジャーハンター: 海の底や遺跡で貴重な宝物を探し出す冒険家
  • スナイパーオークショニア: オークションでの落札を目指し、最後の瞬間に入札する技術を持つ者
  • ダンスバトルプロ: ストリートダンスなどのバトルで勝利し、賞金や名誉を手に入れるダンサー

これらの仕事は、独自の視点や技能、リスクをとる勇気が必要とされます。一般的な職種とは異なる魅力と自由さがある一方、安定性は求められません。しかし、一般の仕事に馴染めない人や、独自の道を歩みたい人には最適なキャリアかもしれません。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

人と関わりたくない人に向いてない可能性のある仕事【ストレスが多く活躍しにくいと感じる仕事】

人と関わることが苦手で、孤独を好む性格の方には、以下の仕事は向かない可能性があります。

対面サービス業

  • 小売業の店員やウェイター/ウェイトレス:お客と直接対面することが多く、コミュニケーション能力や忍耐力が求めらる
  • ホテルのフロントスタッフ:お客からの要望やクレームへの対応が必要
  • 美容師・美容師:顧客一人ひとりに寄り添った接客を行うため、コミュニケーション能力や気配りが重要
  • 旅行ガイド:グループでのツアー案内やお客様とのコミュニケーションが欠かせない

これらの仕事は、人と関わることが多く、対面での接客やサービスが求められます。孤独を好む性格の方にはストレスを感じる可能性が高いです。

コミュニケーション能力が重視される職業

  • 営業マン:顧客との関係構築や契約獲得に積極的なコミュニケーション能力が求められる
  • 人事担当者:採用活動や社内問題への対応など、社員と密接に関わる仕事
  • 広報担当者:メディアや一般の方々へ情報発信する役割を果たし、広くコミュニケーション能力が必要
  • イベントコーディネーター:イベント企画・運営において多くの人と関わるため、コミュニケーション能力が求められる
  • マーケティングスペシャリスト:市場調査や広告戦略の立案など、多くの人と協力して業務を進める必要がある

これらの職業では、コミュニケーション能力が重視されるため、人と関わる機会が多いです。孤独を好む性格の方には向かない可能性があります。

グループでの協力が必要な職業

  • プロジェクトマネージャー/チームリーダー:メンバーと連携しながらプロジェクトを進めていく役割を担う
  • 教育関係の仕事:生徒や学生と密接に関わりながら指導するため、グループでの協力やコミュニケーション能力が求められる
  • 医師や看護師:とくにチーム医療を行う病院では多くのスタッフと連携しながら患者の治療にあたる
  • 劇団員や舞台俳優:共演者やスタッフと協力して作品を創り上げるため、グループでの協力が欠かせない

これらの職業では、グループでの協力やコミュニケーション能力が重要です。孤独を好む性格の方には向かない可能性があります。

そのためにも、転職エージェントなどの転職支援サービスに登録しておき、プロからキャリアに関するアドバイスをもらっておいたり、求人を紹介してもらって今の自分でも転職できる企業の条件を客観的に把握しておくことをオススメします。

とくに、20代のうちは未経験の職業にも転職しやすいし、30代でも2~3年以上の勤務経歴があればキャリアアップ転職しやすい時期なので、転職支援サービス側のサポートも充実している傾向にあります。

また、若いうちは思っている以上に人材会社や採用企業からの需要が高いため、数多く登場している様々な転職支援サービスの中から自分に合ったものを選びやすいという点で、早めに転職支援サービスを活用して使用感を確かめておく価値は高めです。

サービス登録後も、面談をしっかりと受けてアドバイスどおりに転職活動すれば思っている以上に簡単に内定がもらえるものですから、早いうちに利用しておいて損はないでしょう。

仮に、すぐに転職する気がない場合でも、

  • 転職すれば、本当に年収や待遇が良くなるのか知れる
  • 今の自分の職歴でどんな求人が送られてくるか実態を掴める
  • 自分が就きたい職種や会社に転職するためのスキルや経歴の条件を知れる
  • 情報を得ることで将来自分が目指したい人材像に合わせてキャリア計画を建てられる

というメリットもあり、自分のペースに合わせた使い方もできるため、今の仕事内容や職場環境に満足できていないのであれば、登録しておいてプロの話を聞いたり求人紹介を受けるだけでも、転職に対して一歩前進できます。

なお、転職支援サービスの大半は、採用企業側が費用負担していることから利用者側は完全無料で使えるため、今回、少しでも転職の可能性が気になった方は、この機会にぜひ登録だけでも済ませてみてください。

当サイトで独自に転職サービスの調査をした結果、オススメできる転職支援サービスを以下に解説付きでご紹介していきます。

※多くの転職サービスの情報や人材業界の動向を調査した上で、当サイトの読者層やその悩みを分析し、その上でもっとも転職成功率や利用満足度が期待できそうなサービスを選定しています。

厳選!オススメの転職支援サービス!

  • LHH転職エージェント ←満足度重視なら必見!
    外資系企業アデコの運営する転職エージェント。国内企業運営の転職エージェントと異なり、担当者となるコンサルタントが求職者-企業双方の調整や交渉を行うため、詳細な求人情報の提供やきめ細やかな転職サポートに期待できる。取り扱い求人は全業種・職種対応なので、国内大手エージェントに満足できない人は使ってみる価値あり。
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス) ←未経験でも異業種転職できる!
    他の転職サービスと異なり、未経験者でも異業種転職のサポートを行っているのが最大の強み。また、登録後に適職診断も行っているため、どんな仕事が自分に向いているか悩んでいる人も利用してみる価値あり。

ここで紹介する転職支援サービスは、事務的な対応が目立つ大手転職サービスとは違い、

  • 利用者に合わせて求人提案や情報提供を行ってくれる
  • 必要に応じて研修やスキルアップ講座も提供
  • 他社にはない独自の転職ノウハウや求人情報を保有している
  • 大手転職サービスだと相手にされない経歴の人でもサポートに期待できる

など、多くの転職サービスがあふれている中、ここで紹介するサービスは「どこを選んでもいいかわからない…」「有名な転職サービスに登録してみてもサポートが不十分…」と悩んでいる人でも満足できる可能性が高いです。

以下に、各サービスの特徴や登録すべき人などの情報を紹介していきますので、気になった方はぜひ最後まで読んでみてください。また各サービスの紹介ページに登録後に他の利用者と差をつけて有利になるためのサービス利用方法も解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

ぜひ、当サイトの情報を有効活用し、読者ご自身のより良いキャリアや働き方につなげるきっかけにしていただければ幸いです。

担当者個人の高い提案力に期待できる
「LHH転職エージェント」

次にご紹介したいのが、世界60カ国に展開している外資系の人材企業アデコが運営する「LHH転職エージェント」です。※2023年4月に名称を「Spring転職エージェント」より「LHH転職エージェント」に変更

LHH転職エージェントは、国内有名転職エージェントと同じで全職種・業種、幅広い年齢層が対象の総合型転職エージェントですが、国内エージェントと違い「360度式コンサルティング」と呼ばれる運営体制により、担当者個人が求職者と紹介先企業双方をつなぐため、密接なサポートやより精度の高い求人情報の提供に期待できる点が強みです。

国内の有名転職エージェントですと、分業型なので「担当者が紹介先企業を求人情報でしか判断していない」ということもあり、事務的な対応になりやすいという欠点があります。また、紹介先企業の情報について詳しく知りたいと質問しても、回答をはぐらかすといった事態にも出くわしやすいです。

加えて言えば、紹介される求人情報も登録時の希望条件や職務経歴書から機械的に選別されるため、本当に自分に合った求人情報が得られにくいという実情もあります。そればかりか、希望とズレた求人が一度に数十件も送られてくる…という事態も国内大手エージェント利用時にはよくある事態です。

その点、LHH転職エージェントでは、担当者が直接受け持っている紹介先企業の求人を精査して紹介してくれるため、求人情報の質も高く、本当に自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる可能性が高いため、良質な転職サポートを受けたい方にはオススメです。

また、国内有名エージェントですと、求人応募時や面接時のサポートも「とにかく応募して」と適当になりやすく仲介価値に疑問が残ることも多いですが、LHH転職エージェントは担当者個人が求職者-紹介先企業双方を受け持っていることもあり、細かな調整や交渉も行ってくれます。

たとえば、当サイトで得ているLHH転職エージェントを利用して転職を成功させた者の報告では「面接前に、面接官の事前情報を伝達してもらい、面接対策がスムーズに進んだ」といった声があります。

加えて、LHH転職エージェントでは、担当者となるコンサルタントとして業界・職種に詳しい専門知識の豊富な者が配置されているため、自分の経歴や希望と噛み合えば非常に頼もしいサポートが得られることもあります。

いずれにしても、機械的な求人紹介や事務的な対応になりやすい国内有名エージェントと異なり、外資系企業ならではの担当者個人の提案力や調整力に期待できるエージェントという点で、転職を検討しているなら一度は使っておくべき価値が高いのがLHH転職エージェントだと言えます。

登録後の案内・求人紹介段階から、国内エージェントとは違った色合いがすぐに実感できると思いますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

未経験からの異業種転職を成功に導く
「WorX(ワークス)」

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くので転職サービスの弱点として、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ中々良い求人を紹介してもらえないことや未経験の異業種への転職が成功しにくいというものがあります。

ですので、転職サービスを利用したとしても、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

また、昨今では大手転職エージェントは表面上は誰でも登録可能に見えても、実際には高年収人材でなければ手厚いサポートを受けられないことや、そもそものハイキャリア向けの転職サービス化が進んでいるため、経歴が足りない人や現在地点の年収が低い職種の人は不遇な扱いをされやすいという課題があります。

その点、WorXはスキルアップ支援やキャリア支援を通して、未経験からの異業種転職を成功に導く点に最大の強みが理由で、厳選して紹介している転職サービスです。

登録後には適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる方でも、自分に向いている仕事が見つけられる点で安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代の若手が中心となります。また、他転職サービスでは中々サポートしてもらえない年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数な点でも、多くの読者の方に理想の転職を実現してもらえる可能性が高いと考えています。

また、転職先の業種・職種傾向としては、需要が高く高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。とくにブラックな労働環境が多いことで知られる、ブライダルや保険業界などの個人(toC)営業、アパレルや飲食業界などの販売・接客業から、IT/WEB系の仕事への転職実績が豊富という点で、将来性の高い業界に転職したいなら、使ってみる価値は高いと言えます。

こちらも他転職支援サービス同様、登録や相談は無料となるので、気になった方はぜひこの機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

対人関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました