上司が無能ならどうする?使えない上司の特徴と対処法について

「上司が無能で困る…」
「上司が無能なので辞めさせたい…」

そうお悩みの方に向けて、この記事では以下の項目について解説していきます。

  • 無能な上司の特徴
  • 無能な上司でも辞めさせるのは難しい理由について
  • 無能な上司の対処法
  • 無能な上司に耐えられない場合の転職方法について

上司が無能な場合、部下の権限ではどうしようもないことも多いですが、立ち回り方次第では無能な上司を上手く活かして、自身の社内評価を上げて仕事でチャンスを掴む可能性を上げることもできます。

最後まで読んでみて、今後のキャリアの参考してみてください。

スポンサーリンク

無能な上司の特徴とは?

どうでもいい揚げ足取りや説教だけしか能がない

私が感情的・判断的にも無能だと思う上司は、どうでもいい揚げ足取りや説教だけしか能がない上司です。

たとえば、大して重要でもないプレゼン資料で細かい修正指示をいちいち揚げ足取ってきたり、あるいは目標達成出来なかった際に本質的な改善案に移らず、ここぞとばかりにミスを指摘して、挙げ句に「これだから最近の若者は~」などと人格批判してくるタイプです。

別にこれは怒られるのが嫌なのではなく「部下より自分が明らかに無能で頭も悪いこと自覚しろよ、ボケ」としか思いません。

おまけにこのタイプ、モラハラ・パワハラ・クラッシャー上司の気があるので、真面目な部下も平然と潰します。

個人的な感情と仕事での立場上の指示を切り分けて考えられないため、無能もいいところです。

対処法としては「無能を演じる」「ヘラヘラ笑っておく」「聞いてるふりだけしておく」「相手の揚げ足取りに真面目に答えない」などの方法があるのですが、どれをとるにしても精神的に消耗します。

今日日、ハラスメント対策やメンタルヘルスの関心が高まる中で、上から恫喝して理不尽に説教するだけのマネジメントしている上司を放置する会社、ハッキリ言って危機意識なさすぎです。

私としてはそういうクソな会社や上司から、若者が成長できる職場に人材流出して欲しいので、転職情報サイトを手がけている次第です。

部下の手柄を平然と盗む

無能な上司というのは、得てして部下の手柄を平然と盗むのが上手いです。

というか、部下の手柄を盗むのが上手いから上に上がってきている上司も、結構います。

しかし、部下の手柄を盗むというのは、長期的に見れば悪手です。

なぜなら、部下の手柄を平然と盗む方法は、一度だけしか通用しないからです。

少なからず、私は我が物顔で人の手柄や成果を盗む上司がいましたら、以後絶対にそいつの手柄にならないように根回し・妨害の類を行います。

これを表立ってやると、そういう無能なジャイアン上司は査定に私情を加えるなどの妨害を行ってくるのですが、どうせ自分にリターンがないなら、断固足を引っ張り続けるだけの嫌がらせをしておきましょう。

もっと上手くやるのであれば、水面下で妨害工作の準備をしておき、相手の後ろから刺すという方法もあるのですが、これは時間もかかるし神経も使います。

このように、部下の怨恨による妨害工作を想定できていない時点で、大して部下の手柄を盗むが上手くないわけですから、そりゃあ自業自得ってヤツでしょう。

価値観が古い

無能な上司は価値観が古いです。

未だに「飲み会で騒いで親睦を深めよう!」だとか言われると、こちらとしてもたまったものではありません。

仕事上でのコミュニケーションの必要性や、飲み屋での愚痴が仕事での円滑な人間関係を作り出すことは認めます。

ですが、飲み会に行ったとしても、無能な上司の愚痴と言えば「俺らの時代はこうだった…」みたいなしょうもない武勇伝語りであったり「この会社ではこうしないとやっていけないよ?」と聞いてもないお節介なアドバイスをし出したり「飲み会での付き合い方やマナーはこうやるんだ」というローカルルールを押し付けてきたり…など、部下の精神を消耗させる話ばかりじゃないですか。

んで、それを黙って聞いているだけだと「最近の若者はつまらん…」だのほざきだすから、無能な上司は始末に負えないのです。

ITに弱い

無能な上司は、とにかくITに弱いです。

未だに昭和のノスタルジーに浸って感傷に浸っている無能な上司は「エクセルは信用できないから電卓で」などと、アホなことを言ってきます。

「一流企業であるMicrosoftが開発して法人用にリリースしており、電卓よりも複雑な演算の出来るエクセルが計算ミスるとかいう想定、あなたアホなんですか?」という感じ。

仮に「エクセルに手動入力した数字が間違っている」というヒューマンエラーを考慮しているのであれば、それは「部下の仕事が信用できない」という意味で反感を買いますし、それは電卓で計算しても起こり得るヒューマンエラーです。

別に「指一本でタイピングするな!」とは言いませんが、せめて自社に導入しているツールの概要ぐらい把握しておいて欲しいものです。

そこまで理解していない分野であれば、余計なこと言わずに黙っておけばいいだけです。

挑戦心がなく保守的

無能な上司は、挑戦心がなく保守的です。

百歩譲って、上の立場がお役所的な組織体制のしがらみで身動きが取れなくなる事情は、理解できます。

しかし、そこに「部下が挑戦するのを邪魔する」「身動きが取りやすい部下の挑戦の機会を奪う」「自分の専門外の分野なのに口を出す」などの妨害要素が加わると「てめぇは黙って責任だけ取ってろ」としか思われません。

とくに理解力の低い無能上司ですと、大して理解も出来ていないのに知ったふうな口を利くだけならともかく、権限を悪用して指示・命令で介入してくるので、始末に負えないのです。

自分の立場を守るのに必死

無能な上司と言えば、自分の立場を守るのに必死なタイプでしょう。

だいたいこの手のタイプは、自分が大したことがないと自覚しているも認めたくないので、部下に嫉妬して、最悪潰しにかかってきます。

無能はさっさと自分が無能なのを認めることで、そこから成長できたり、他人に頼ればいいだけなのですが、なぜか無能な上司はそこに気づけません。

よくテレビで不正したお偉いさんが、自分の非も無能さも認めないでみっともなく落ちていきますが、あれが無能で立場を守るしかなくなった人間の姿です。

使えないダメ上司でも辞めさせるのは難しい

無能な上司が使えないと感じていて「辞めさせたい…」と感じている方もいることでしょう。

結論から言えば、上司関わらず一度雇った社員を辞めさせるの非常に難しいのが現実です。

労働法を勉強したことがある方ならわかるはずでしょうが、日本の企業では社員の権利が非常に強く保障されており、どんなに無能で人格に問題があったとしても、辞めさせるのには手間や時間がかかるのです。

それも、何の権限も実績もない部下の立場から、上司を辞めさせるのはほぼ無理と考えてもいいでしょう。

社内政治を牛耳って失脚させる…という腹黒いこともできないことはないのですが、復讐に労力をかけるぐらいなら、自分を高めるためにスキルアップしたり、転職して活躍できる職場を見つける方が何百倍も生産的だと言えます。

以下の記事で、上司を引きずり下ろす方法もご紹介していますが、成功率は低い上に、政治力があるなら自分の立場を高める方法を使った方が得られるものは多いので、あくまで参考程度に読んでみてください。

関連:本当は教えたくない、上司を引きずり下ろす方法。社内政治に負けないための復讐方法とは?

上司が無能ならどうする?

上司が無能と感じている場合の対処法をご紹介していきます。

方向性としては、大きく以下の3つになってきます。

  • 上司を否定しないでおだてて上手く動かす
  • 報告・相談を効果的に活用し行動を促す
  • 厄介な上司は他の社員を第三者に協力してもらい防衛する

単に上司が無能なだけなら、部下の立場で付き合い方を変えるだけで上手く動かせるかもしれませんが、有害な無能上司であれば他の社員や第三者に協力してもらい防衛する必要もあります。

口だけ上司は適当に流しておく

口だけの上司は適当に受け流しておくとよいでしょう。

「オレたちの若い頃は~」
「自分がやればもっと~」

このような自慢にイラッとすることはあるかもしれませんが、相手にするだけ無駄です。

もし、受け流し方に困るのであれば「褒めのさしすせそ」を使いましょう。

さ~流石です!
し~知らなかったです!
す~すごいですね!
せ~センスいいですね!
そ~そうなんですね!

部下にわざわざ自慢してくるような上司は単純ですので、単純な褒め言葉やお世辞でも気分を良くしてくれるものです。

逆に「あなたと私では年代が違います」「じゃあ、自分でやってくださいよ?」といった、否定形で返すのは相手を怒らせてしまうため逆効果です。

これは上司のみならず、あらゆる人付き合いで活用できるので、意識しておくに越したことはないでしょう。

仕事を振ってくれない上司には報告頻度を増やす

仕事を中々振ってくれない上司には報告頻度を増やすのが効果的です。

いきなり「仕事をください」「何かやることはありませんか?」と催促するのは、部下から上司にプレッシャーをかけてしまう形になりかねないので、軽めの報連相で回数を増やす方が角が立たずに済むはずです。

無能だと感じている上司の目線で考えれば、部下のことも無能でやる気がないと思っている可能性もあります。

ですので、単純に接触回数を増やすだけで「あいつはやる気があるから優先的に仕事を回そう」と考えてくれ、仕事が円滑に進むようになるかもしれません。

少なからず、まったく職場を回せていない上司でもなければ、仕事を振られない部下の優先順位は低いと考えるべきなので、部下側の勤務態度やコミュニケーション方法を変えてみるといいでしょう。

決断力のない上司は「確認」という形で判断を促す

決断力のない上司は、部下側から「確認」という形で判断を促すことが有効です。

たとえば、上司が「〇〇と△△で迷っている…」という素振りを見せたら「でしたら、○○で行きましょう」「○○を実施するということで間違いなかったですよね?」と、部下側から何度も確認して上司に認識させることで上司の判断を補強するのです。

また、これは上司側からしても「この部下は○○をしてもしっかりやってくれる気だ」と思わせられるので、後に優先して仕事を振ってもらいやすくなるはずです。

部下の手柄を盗む上司のもとでは手を抜く

始末に負えないのが、部下の手柄を平然と盗みながらも、自分の責任は部下に押し付けるような上司です。

これは素直に、仕事で手を抜くことで上司の思い通りにさせないようにするのが一番でしょう。

正直に言えば、部下が手を抜いて困るのは上司なのですが、そのことに気づくことはありません。

ただ、この方法では上司が思い通りにならないことで怒ってくるリスクだけは避けられない点には注意。

いずれにせよ、部下の手柄をすべて盗んでしまう上司の元で成果を上げても、自分自身の評価につながらないと確信したら、こちらも相応の対応をしておくといいでしょう。

部下を潰そうとする上司は他人と連携して対策する

部下を潰そうとする上司、いわゆる「クラッシャー上司」は自分1人だけでは対処できないことも多いです。

そのため、他の同僚や社内の他の部署を交えて対策するのが鉄則です。

たとえば、上司と部下の二人の面談で説教してくるような場合は、同僚内で情報共有し、面談中にそれとなく他の同僚と情報共有していることを匂わすなどして、上司を孤立させるなどの手段が有効です。

上司としての一番の恐怖は、部下が連携して上司の指示に従わないこと、または自分の部下が一斉退職して自分の社内評価が落ちることです。

おそらく、部下を潰そうとするような上司は、他の部下にも厳しく当たっている可能性があるので、愚痴や不満を漏らしている同僚とは連携しやすいはずです。

人事に相談して対処法を一緒に考えてもらう

大きめな会社であれば、人事に相談して無能な上司の対処法を一緒に考えてもらうのも手です。

少なからず、上司を昇進させる際に人事部が関わっているはずなので、末端の部下から情報共有があれば、動いてくれる可能性はゼロではないはずです。

上司と人事が話のわかる人間であれば、穏便な解決に向かうことができます。

最近はハラスメントに関して人事は敏感ですので、部下に心理的圧力を加えているような横暴な上司に関しては、まともな会社であれば早めに手を打ってくれるかもしれません。

ただし、会社全体で威圧的な教育方法が推奨されている場合は人事部に突き返されるどころか、上司に確認の連絡が入り、自分に理不尽な怒りを向けられる可能性もあります。

ですので、万全を期すのであれば、会社内に用意されている匿名の相談窓口か外部の相談窓口を頼り、問題のある上司にかけあってもらうといいでしょう。

上司が無能なことに耐えられないなら転職を考えておく

上司が無能なことに耐えられないのであれば、転職を考えておくことも大事です。

とくに、以下のような無能な上司に悩まされているのであれば、転職する価値はあると言えます。

  • 部下の手柄を横取りし続ける上司
  • 仕事をしないで部下に押しつけてばかりの上司
  • 責任を取らないで部下に押しつけてくる上司
  • 恫喝・叱責などの恐怖で職場を支配しようとする上司

単に上司が優柔不断であったり、仕事の振り方が下手なだけなら部下の立場からでもどうこうしようがありますが、上記のような上司はどうしようもないことも多いです。

また、無能な上司の元で働き続けると精神的な負荷から、うつ病になって退職に追い込まれるリスクもあるので、ストレスが多いと感じるなら転職して状況を改善するべきでしょう。

上司と自分の相性を踏まえておくと転職活動がスムーズ

上司が理由で転職する際に気をつけておきたいのが「前の職場の上司が無能で辞めたい…」という理由は、転職活動時にはマイナスになりやすいという点です。

その対策として、

  • 上司のどの部分が無能だと思ったのか?
  • その結果、仕事でどのような支障が生じたのか?
  • どのような上司なら上手く仕事出来るのか?

を明確にしておくと転職成功率が高まります。

転職サイト「ミイダス」の診断ツールでは、自分の性格傾向から上司・部下の相性が無料でチェックできるので、参考にしておくといいでしょう。

詳しくは以下の記事にまとめてあります。

関連:ミイダス「コンピテンシー診断・上下関係適性」から分析する上司と部下の相性およびコミュニケーション方法に関して

転職エージェントを活用しておけば効率よく転職活動が進められる

転職に興味があるなら、まずは転職エージェントに相談してみることをオススメします。

転職エージェントは無料で使え、自分に合った求人の紹介から、面接対策、スケジュール調整から内定後のサポートまでまとめて行ってくれるサービスです。

上司が理由で辞める場合、志望動機や面接対策はしっかりこなしておいた方が、失敗せずに済みます。

また、上司が無能だとして、今の会社自体の年収に期待できる可能性も考えると、転職活動を通して現実的に給料や待遇が良くなるのかどうかは、確認しておいて損はありません。

無能な上司にうんざりして辞めたいと悩んでいる方は、この機会に転職エージェントの登録だけでも済ませておきましょう。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました