めんどくさがりに向いてる仕事12選【効率よく働くほど楽になる仕事がオススメ】

めんどくさがりな人にとって、この世には面倒で非効率な仕事が多いと感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中にはめんどくさがり屋にこそ向いてる仕事はたくさんあります。たとえば、面倒で単純な仕事を効率化していく必要のある「プログラマー」、効率良く売れる商品を仕入れたり管理する「バイヤー」、効率よくお客を確保して最速で目的地にたどり着ける道順を決める必要のある「ドライバー」などは、根がめんどくさがりほど高い適性を発揮できることでしょう。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、めんどくさがり屋に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

めんどくさがりに向いてる仕事

飽きやすい人は、普段から仕事に取り組みたいと思っているでしょうが、自分の気持ちがわからず、なかなか身につかないこともあるでしょう。そんな不安を払拭するために、飽きっぽい人に向いている仕事を10種類紹介します。

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ITコンサルタント
  • ECコンサルタント
  • 服飾バイヤー
  • 雑貨バイヤー
  • 輸入家具バイヤー
  • デザイナー
  • ライター
  • 事務員
  • タクシードライバー
  • ウーバードライバー

プログラマー

プログラマーは、ソフトウェアや物流や金融システムなどの設計仕様書をもとに、プログラム言語を用いてコンピューターに行なわせたい情報処理の手順を指示するソースコードを作成するのが仕事です。

プログラム言語とひとことで言ってもシステムやソフトウェアに合わせて、さまざまな言語を使うため、プログラム言語の習得は必須となります。また、プログラムを仕様書どおりにつくったとしても意図する動きにならない場合が多くあり。そういった不具合を見つけて、修正することもプログラマーの重要な仕事です。

プログラマーに必要な資質は

  • 論理的な思考
  • 根気と忍耐力
  • コミュニケーション能力

などになります。

プログラマーになるには、大学や専門学校でプログラミングに関する専門知識を身に付けた上で、IT企業やソフトウェアの開発会社に就職するのが一般的です。

単純な仕事を効率化していく必要のある仕事なので、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

システムエンジニア

システムエンジニアは「SE」とも呼ばれ、顧客の要求に応じて目的に合ったコンピューターシステムを設計するのが主な仕事です。開発プロセスのスケジュール管理やマネジメントにあたることはもちろん、納品後の保守管理のマネジメントなどを引き受けることもあります。

システムエンジニアになるには、理工・情報処理系の専門コースのある大学や専門学校で学んだ後、ソフトウェア会社やコンピューターメーカーなどに就職します。なかにはプログラマーを経てからシステムエンジニアになる人もいるようです。

単純な仕事を効率化していく必要のある仕事なので、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

ITコンサルタント

インターネットコンサルタントはクライアントの要望に応じ、インターネットを使ったビジネスを技術面からサポートするだけでなく、事業の成功に必要な戦略を顧客とともに練るのが主な仕事です。ITコンサルタントやテクニカルコンサルタント、ウェブプロデューサーとも呼ばれており、企画の立案のほか、業績の見通しを予測して業務の内容の見直しを提案することもあります。

情報系や理数系の大学を卒業した後は、ITコンサルティング会社やコンピューターシス テム会社、ウェブ制作会社、ウェブ系の広告代理店などに就職するのが一般的です。始めはシステムエンジニア(SE)としての経験を積んだのち、ITコンサルタントとして活躍することができます。

単純な仕事を効率化していく提案をする仕事なので、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

ECコンサルタント

ネットショッピングやネットオークションといった電子商取引ことEC(エレクトロニック・コマース)において、売り上げ向上のためのサポートやアドバイスをするのがECコンサルタントの仕事です。 商品やサービスの特徴を理解した上で、クライアント(顧客)層にどのようなアピールをしていくかを企業と話し合いながら決めたり、インターネットの検索エンジンに関する知識を駆使して検索項目の上位に表示されたり、アクセス数を増やすことができるのかを考えたりします。

ECコンサルタント会社やウェブ系の広告代理店への就職を目指しましょう。コンピューターの知識に加えて、マーケティングや企画立案、営業の経験があると就職に有利です。

単純な仕事を効率化していく提案をする仕事なので、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

服飾バイヤー

デザイナーやメーカーが主催するファッションショーなどに足を運び、自店(社)のコンセプトや販売方針に合った服を選び、価格を交渉して仕入れるのが服飾バイヤーの仕事です。流行を逃さず、良い商品をいかに安く仕入れられるかが勝負です。未発表のブランドを発掘し、新たに販路を広げるのもバイヤーの大切な仕事と言えるでしょう。

ショップやメーカーで販売実績を積んだあと、仕入れ担当の部署に配属されるのが一般的です。海外へ洋服や雑貨の買い付けに行くこともあるので、外国語が話せると有利でしょう。また近年では、企業に所属するバイヤーとは別に、個人が通販サイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じて商品を紹介することも可能になっている。たとえば、通販サイト「BUYMA」にはそうしたパーソナルショッパー(バイヤー)が135か国9万人いると聞きます。

効率良く売れる商品を仕入れたり管理する業務のため、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

雑貨バイヤー

雑貨店で売るための商品を買い付けるのが雑貨バイヤーです。雑貨店で扱うオリジナルの商品以外は、見本市や問屋などで買い付けてから店舗で販売することが多いのです。中小のショップでは多くの場合、オーナーや店長がバイヤーを兼ねています。海外で買い付ける機会が多いので、英語が話せると非常に有利となります。

バイヤーになるには、雑貨店を経営する企業に就職し、店舗の販売スタッフとして一通りの経験を積んだあとに目指すとよいでしょう。商品や流通ルートに関する知識に加えて、買い付けに際しては高度な交渉力が問われます。

効率良く売れる商品を仕入れたり管理する業務のため、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

輸入家具バイヤー

世界各国から、家具を安く買い付け、日本国内で販売するのが輸入家具バイヤーの仕事です。仕入れた家具は、国内の家具店に卸したり、 みずからのショップで販売します。売れ筋を見極める目とインテリアに関する知識が不可欠な職業と言えるでしょう。

建築やインテリア関係の大学・専門学校を卒業後、卸売り業者に勤務するケースが多いです。独立して自分のショップを構える場合も、卸売り業者で輸入販売のノウハウを学んだほうが成功する確率は高くなります。

また、質のいい輸入家具を安く仕入れるには、英語力が必須と言えます。日常会話レベルではなく、専門用語や契約に関してのビジネス用語も使いこなせるレベルを目指しましょう。

効率良く売れる商品を仕入れたり管理する業務のため、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

デザイナー

デザイナーとはその名の通り「デザインを行う人」を意味しますが、その範囲は広く、

  • 紙媒体の広告や印刷物のデザインを行うグラフィックデザイナー
  • 衣服のデザインを考案するファッションデザイナー
  • 生活用品や自動車など製造物をデザインするプロダクトデザイナー
  • Webサイトに関係する業務を行うWebデザイナー

と、この世に出回ってるあらゆる物が「誰かによってデザインされている」と考えると、デザイナーの仕事の幅広さや需要の大きさが見えてくるはずです。

具体的には、以下のような「デザイナー」が職業として成立しています。

紙媒体(二次元)
グラフィックデザイナー
DTPデザイナー
広告デザイナー
立体物(三次元)
インダストリアルデザイナー
クラフトデザイナー
インテリアデザイナー
エクステリアデザイナー
フラワーデザイナー
空間デザイナー
衣服・ファッション
ファッションデザイナー
ジュエリーデザイナー
スニーカーデザイナー
ヘアデザイナー
テキスタイルデザイナー
帽子デザイナー
デジタル(WEB・ゲームなど)
CGデザイナー
ゲームグラフィックデザイナー
WEBデザイナー

デザイナーの一般的なキャリアコースとしては、

  1. 誰かの設計したデザイン通りに組み立てていくアシスタント相当
  2. クライアントの要望を聞いてアイデア・デザイン案を提示するデザイナー相当
  3. 全体のデザイン設計や業務工程を考えて他のデザイナーにも指示を振るディレクター相当

という形でキャリアアップしていくことになります。

未経験からでもスキルや知識を習得すればアシスタント相当として就職できることもありますが、デザイン学校や芸術大学からの就職者も多めです。

ライター

ライターとはその名の通り、文章や原稿を書くことで収入を得ている人を指します。
元々は出版社や新聞社の編集から依頼を受けて原稿作成することが大半でしたが、近年ではインターネット上で公開する記事の原稿制作を行う「WEBライター」の仕事を指すことも増えています。

ライターになるには文章さえ書ければ特殊なスキルは必要ありませんが、何らかの専門的な知識や経験があった方が報酬単価の高い依頼を受けやすくなることは間違いありません。
専門ライターには、以下のような種類があります。

美容ライター美容に関する情報(スキンケアやメイクなど)を取材し執筆する。掲載の場は、女性雑誌をはじめ、化粧品会社のPR媒体、ウェブ媒体の美容コラムなど。
料理ライター行列のできるレストランや隠れた名店など、話題の店を訪ねて試食し、記事にまとめるのが料理ライターの仕事。料理研究家のつくったレシピを読者にわかりやすくリライトするという作業も行なう。
テクニカルライターコンピューターやOA機器をはじめとした各種電気製品につきものの精密なマニュアルや取扱説明書のほか、カタログや点検マニ ュアルなどを執筆するのがテクニカルライターの仕事。さまざまな製品の仕事をこなすためには、製品や技術に関する幅広い知識が必要になる。
トラベルライタートラベルライターは、旅をする人のためにその土地の情報を取材し、記事にまとめて提供する。観光スポットや宿泊施設、名所旧跡やグルメ情報など、紹介する記事はさまざま。
スポーツライター新聞、雑誌、本、ホームページ等にスポーツの記事を書く職業。スポーツが対象となるのでプロ・アマを問わずスポーツ経験があると取材に役立つ。
メディカルライター専門用語が理解できる医療従事者や製薬 業界向けに、薬事申請や研究推進、研究成果発表を目的とする文書を作成する。高い専門知識が必要で、規定の形式や表現、 論理構造を用いることも求められる。
健康ライター健康に関する情報を取材し執筆する。 掲載の場は、健康雑誌をはじめ、医薬品会社のPR媒体、ウェブ媒体の健康コラムなど、幅広い。
サイエンスライター難解な科学や技術の研究の成果を専門外の人にでも読めるように分かりやすく解説するライター。科学ジャーナリス トともいう。

ライターとして生計を立てたいなら、出版社などからフリーで仕事を請け負う手もありますが、最近では「クラウドワークス」などのクラウドソーシング(ネット上で仕事の受発注ができるサービス)を活用して、未経験からWEBライターの仕事に挑戦することも可能です。

事務員

事務員とは、実際的な仕事内容だけで言えば「Word/Excel(MicrosoftOffice)でデータの入力や処理、書類作成を行う業務を行う人」を指します。

最近では事務職は「AIに奪われる仕事の代表格」とも言われており、実際に大手企業では派遣会社に事務仕事を行わせていたり、IT化による効率化が積極的に取り入れられている業務でもあります。ただ、それは大きな会社の話であって、中小企業であれば事務職であっても受付対応など他の仕事も兼任することも多めですし、事務仕事をこなすにあたって専門知識が必要となる「医療事務」「貿易事務」など専門性の強い事務職も存在します。

事務仕事を行うに当たっての基礎スキル(PCスキル/Excelスキル/経理スキルなど)はどの事務職をこなすにしても共通する部分ではありますが、業種や職種によっては専門知識や経験があった方が実際に働く上で有利になることも少なくはありません。
たとえば、「貿易係事務員」をこなすに当たっては英語などの外国語スキルが必要な場面も増えますし、「統計資料事務員」として働くには統計に関する処理・分析能力も必要とされるため、要求スキルや学歴も高くなりやすいと言えます。

求人では「事務職」として募集されていることが多いですが、事務職は有効求人倍率の高い人気職種でもあるので未経験からの就職は困難とされています。とくに正社員として就職/転職を考えている場合は経験者が優遇されやすいので、仮に未経験から事務員を目指すのであれば派遣会社に登録してから研修を受けるなどして、スキルアップと就職/転職活動を両立するといいでしょう。

タクシードライバー

タクシードライバーは、乗客を安全に目的地まで送り届けることが仕事です。そのために普通自動車第二種運転免許の取得が義務付けられています。一般的なタクシー運転手のほか、観光案内タクシーや介護タクシーも存在し、接客マナーが問われる仕事となっています。

タクシードライバーになるには、タクシー会社に勤務する方法とタクシーの運転手として10年以上経験を積んだ上で国土交通省が実施する試験に合格して個人タクシーとして働く方法がある。近年では、スマホアプリを使った配車サービス「Uber」(ウーバー)は、登録ドライバーがアプリで指定された場所にて待機客を乗せ、目的地まで送り届けたら客はアプリに登録したクレジットカードで決済し、ウーバーが手数料を差し引いてドライバーに料金を支払うという仕組みになっています。

効率よく客を確保して道順を決める必要のある仕事なので、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

ウーバードライバー

UberEatsとは、Uberが提携したレストランなどの料理をパートナー配達員が利用者の指定した場所に届けるフードデリバリーサービスです。Uber Eatsは、配達エリア内であればどこでも配達が可能です。たとえば配達先としてお花見をしている公園でも配達員が注文した商品を届けてくれます。料金の支払いはクレジットカードに限定されているため、わずらわしい現金のやりとりもありません。

UberEatsの配達員になるには、まず説明会に参加し、年齢は18歳以上か、使用するスクーターは保険に加入しているのかといった条件をクリアして、身分証明書の確認や審査に通って初めて「パートナー配達員」の登録されます。配達員として登録されると、配達用の専用の保温・保冷バッグやスマートフォン用のバッテリー、ホルダーを支給されます。

効率よく客を確保して道順を決める必要のある仕事なので、めんどくさがりな性格の人にも向いている職業かもしれません。

めんどくさがりが自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからはめんどくさがりが自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

効率化を求められる仕事を選ぶ

めんどくさがり屋の性格の人は、複雑な仕事を整理して効率化したり、難しい仕事を要領よく楽にこなす方法を発見するという面に適性がある可能性が高いです。

世の中の多くの仕事には無駄で非効率な部分が多いですが、そういった問題を解消していく「プログラマー」「システムエンジニア」であれば、めんどくさがり屋の適性が活かせるはずです。

また、効率良く売上を上げていく必要のある「バイヤー」「ECサイト運営者」「営業職」なども、自分の工夫次第で大幅に仕事を楽にできる可能性があるので、めんどくさがり屋の適性が活かせるチャンスは多いはずです。

逆に、仕事に非効率な部分が多い上に効率化しにくい「公務員」や、クオリティの求められる「職人職」、品質管理が徹底されていていて既に効率化もなされて単純作業になりやすい「工場勤務」などは、あまり向いてないと言えるでしょう。

適度に手を抜けそうな職場を選ぶ

適度に手を抜けそうな職場環境を選ぶことも、めんどくさがり屋が伸び伸びと働くために重要な要素です。

職場によっては「真面目に仕事し過ぎるな」「頑張りすぎるな」という社員がいることもあるので、そういった職場は適度に手を抜くことも許されやすいです。
逆に「頑張り続けないといけない」「真面目に仕事するのが当然」という社員がいると、無駄な努力を強要されることも多いため、注意が必要でしょう。

怠け者でも大丈夫!怠惰な人に向いてる仕事14選
怠惰な人は怠け者なので自分に合った仕事が見つからずに悩んでいるかもしれません。ですが、世の中には「有能な働き者」という言葉もある通り、怠惰であることが有利に働く会社も存在します。怠惰な人が自分に向いてる仕事を見つけて活躍するには、自分の性質をよく理解し、自分を活かしてくれる職場を見つけ出すことです。このページでは、怠惰な人に向いている仕事をいくつか紹介していきます。

受け身な人の多い職場は避ける

受け身な人が多い職場も、めんどくさがり屋にとっては避けたい職場の特徴だと言えます。
これはめんどくさがり屋だけど能力はある人ほど、周りが受け身でやる気がないと、自分にしわ寄せが来やすいからです。

具体的にはルーチンワーク主体の「工場勤務」「大手小売・飲食(接客業)」「事務職」などは、受け身な人が集まりやすい傾向にあります。

自分の仕事の負担が増えるかどうかは、周りの社員のモチベーションや自発性、会社側のマネジメントによるところも大きいので、職場に集まる人間の特性も踏まえておくといいでしょう。

【適職診断あり】受け身な人に向いている仕事10選!
受け身な人にとって、この世には自発性や積極性が必要とされる仕事が多いと感じたり、そもそも、就職・転職活動自体にも自発性が求められるため、気が重く悩んでいることでしょう。 ですが、世の中には受け身な性格でもこなせる仕事は少なくありません...

自由な裁量を与えられる会社を選ぶ

めんどくさがりな性格の人は、ガチガチのルールや規則に絞られる職場よりは、自由に裁量を与えられやすい会社を選んだ方が、自分の特性を活かせる可能性が高いと言えるでしょう。

前述の通り、めんどくさがり屋は適度に手を抜いたり効率化できる仕事で高いパフォーマンスを発揮できますが、ルールが決まった職場では無駄で非効率な仕事を強要される場面も非常に多いです。

自由な裁量が与えられる職場の特徴として、

  • 従業員が少なく一人当たりの仕事の重要性が高い会社(ベンチャー企業など)
  • 個人の裁量が活かしやすい会社(外資系企業など)
  • 個人プレイが許されやすい職種(営業職、プログラマー、クリエイターなど)

などが挙げられます。

また、直属の上司の考え方や指示の仕方によっても自由にできるかどうかは変わってくるので、面接時に直属の上司となる人物の考え方について予め聞いておくといいでしょう。

個人主義な人に向いてる仕事16選【独立して活躍できる仕事選びが大事!】
個人主義な人には、この世には集団生活の得意人向けの仕事が多いと感じるため、自分に合った仕事が見つからずに悩んでいるかもしれません。ですが、世の中には個人主義であることが有利に働く会社もたくさん存在します。自分に向いてる仕事を見つけて活躍するには、自分の性質をよく理解し、自分を活かしてくれる職場を見つけ出すことです。このページでは、個人主義な人に向いている仕事をいくつか紹介していきます。

他人を上手く使うことも意識しておく

めんどくさがり屋の性格であれば、他人を上手く使うことも意識しておくことも重要です。
個人で120%の仕事をするよりは、チームのメンバー5人に100%の力を発揮してもらうほうが会社全体の生産性は高まるため、他人を上手く使うことに注力した方が将来的に活躍できる可能性は高いです。

他人を上手く使う必要のある仕事は、

  • 部下に指示を出す必要のある管理職(マネージャー)
  • 他社との調整や交渉が必要な企画・マーケティング職
  • 働く人を企業に向けて紹介する人材派遣業

など、数多く存在します。

極論、他人を上手に動かすスキルだけで仕事をこなしている人もいるぐらいですので、コミュニケーション能力がそこそこあるなら、人を動かす立場を目指してみるのもいいでしょう。

めんどくさがりに向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました