マジめんどくせぇ…めんどくさがりに向いてる仕事12選!

決断するのが苦手で、仕事に行き詰まりを感じている方もいらっしゃると思いますが、重要な仕事はやり遂げたいものです。そんな迷いを解消するために、優柔不断な人に向いている仕事を10個集めました。

めんどくさがりな人は、仕事で活躍したいと思ってはいますが、自分の気持ちがわからず、なかなか履き違えをしてしまうこともあるでしょう。その不安を払拭するために、めんどくさがりな人に向いている仕事10選を紹介します。

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

めんどくさがりに向いてる仕事

飽きやすい人は、普段から仕事に取り組みたいと思っているでしょうが、自分の気持ちがわからず、なかなか身につかないこともあるでしょう。そんな不安を払拭するために、飽きっぽい人に向いている仕事を10種類紹介します。

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ITコンサルタント
  • ECコンサルタント
  • 服飾バイヤー
  • 雑貨バイヤー
  • 輸入家具バイヤー
  • デザイナー
  • ライター
  • 事務員
  • タクシードライバー
  • ウーバードライバー

仕事がなかなか始められない人は、実は仕事で何かを成し遂げたいと思っている人です。彼らには彼らなりの思いがあり、何を考えているのか判断できなかったり、失敗を恐れていたりすることがあります。そんな人たちに向いていると思われる仕事を10種類紹介しています。

変化を嫌う人には、不安やストレスがつきものです。自分の仕事にとても満足していても、条件が良くないと職場ではあまり評価されないと感じているかもしれません。

仕事に行くのが嫌になるような仕事を避けるには、いくつかの方法があります。また、知らなかった「怠け者」に関することを教えたり、楽しそうな仕事を見つけたりするのに役立ちます。この記事は、仕事で成功したいと思っている人のためのものです。

あなたは自分が成功するための仕事を探していますか?この記事では、仕事に役立つヒントや、怠け者にとって難易度の高い仕事を避けるためのヒントを紹介しています。また、怠け者の良い点を徹底的に解説していますので、自分と同じように考えている職場を発見してください。

めんどくさがり(めんどう)な人は、いつもこなしすぎて疲れでる。しかし、ある研究によるとめんどくさがりは3割に1人いると言われています(ペンシルバニア大学の調査)。もうこの世にいる人間が3割以上もめんどくさがりなのだとすると、

めんどくさがりにかかればかかるほど、めんどくさがることは多いです。宅配物を受け取ったり、店で注文を受け取ったり、忙しい行事を済ませたあとは仕事のあれこれをこなす忙しさだったり。きっと、あなたかもしれません。実は、めんどくさがらな時

めんどくさがりな人は、不安や緊張を抱えていて、自分に対して強い納得感や決意を持って仕事に取り組むのが困難です。自分の条件次第で待遇がいいように思えるのに、なかなか必要とされる気配が感じられなかったり

仕事で成功したい人向けに、めんどくさがりとして働きにくい仕事の回避方法を紹介しています。また、めんどくさがりな人の優れた所も徹底指南していますので、今自分がめんどくさがりな理由から思う職場を見つけ出す力がつき

めんどくさがりが自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからはめんどくさがりが自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

効率化を求められる仕事を選ぶ

めんどくさがり屋の性格の人は、複雑な仕事を整理して効率化したり、難しい仕事を要領よく楽にこなす方法を発見するという面に適性がある可能性が高いです。

世の中の多くの仕事には無駄で非効率な部分が多いですが、そういった問題を解消していく「プログラマー」「システムエンジニア」であれば、めんどくさがり屋の適性が活かせるはずです。

また、効率良く売上を上げていく必要のある「バイヤー」「ECサイト運営者」「営業職」なども、自分の工夫次第で大幅に仕事を楽にできる可能性があるので、めんどくさがり屋の適性が活かせるチャンスは多いはずです。

逆に、仕事に非効率な部分が多い上に効率化しにくい「公務員」や、クオリティの求められる「職人職」、品質管理が徹底されていていて既に効率化もなされて単純作業になりやすい「工場勤務」などは、あまり向いてないと言えるでしょう。

適度に手を抜けそうな職場を選ぶ

適度に手を抜けそうな職場環境を選ぶことも、めんどくさがり屋が伸び伸びと働くために重要な要素です。

職場によっては「真面目に仕事し過ぎるな」「頑張りすぎるな」という社員がいることもあるので、そういった職場は適度に手を抜くことも許されやすいです。
逆に「頑張り続けないといけない」「真面目に仕事するのが当然」という社員がいると、無駄な努力を強要されることも多いため、注意が必要でしょう。

怠け者でも大丈夫!怠惰な人に向いてる仕事14選
怠惰な人は怠け者なので自分に合った仕事が見つからずに悩んでいるかもしれません。ですが、世の中には「有能な働き者」という言葉もある通り、怠惰であることが有利に働く会社も存在します。怠惰な人が自分に向いてる仕事を見つけて活躍するには、自分の性質をよく理解し、自分を活かしてくれる職場を見つけ出すことです。このページでは、怠惰な人に向いている仕事をいくつか紹介していきます。

受け身な人の多い職場は避ける

受け身な人が多い職場も、めんどくさがり屋にとっては避けたい職場の特徴だと言えます。
これはめんどくさがり屋だけど能力はある人ほど、周りが受け身でやる気がないと、自分にしわ寄せが来やすいからです。

具体的にはルーチンワーク主体の「工場勤務」「大手小売・飲食(接客業)」「事務職」などは、受け身な人が集まりやすい傾向にあります。

自分の仕事の負担が増えるかどうかは、周りの社員のモチベーションや自発性、会社側のマネジメントによるところも大きいので、職場に集まる人間の特性も踏まえておくといいでしょう。

【適職診断あり】受け身な人に向いている仕事10選!
仕事を探すにおいて、とくに就職・転職活動では「自発性」が求められることになります。 普段から受け身な人は、仕事選びで苦労するかもしれません。 世の中の大半の人は受け身な姿勢で仕事していますから、何も受け身であることは悪いことでは...

自由な裁量を与えられる会社を選ぶ

めんどくさがりな性格の人は、ガチガチのルールや規則に絞られる職場よりは、自由に裁量を与えられやすい会社を選んだ方が、自分の特性を活かせる可能性が高いと言えるでしょう。

前述の通り、めんどくさがり屋は適度に手を抜いたり効率化できる仕事で高いパフォーマンスを発揮できますが、ルールが決まった職場では無駄で非効率な仕事を強要される場面も非常に多いです。

自由な裁量が与えられる職場の特徴として、

  • 従業員が少なく一人当たりの仕事の重要性が高い会社(ベンチャー企業など)
  • 個人の裁量が活かしやすい会社(外資系企業など)
  • 個人プレイが許されやすい職種(営業職、プログラマー、クリエイターなど)

などが挙げられます。

また、直属の上司の考え方や指示の仕方によっても自由にできるかどうかは変わってくるので、面接時に直属の上司となる人物の考え方について予め聞いておくといいでしょう。

個人主義な人に向いてる仕事
個人主義な人には、この世には集団生活の得意人向けの仕事が多いと感じるため、自分に合った仕事が見つからずに悩んでいるかもしれません。ですが、世の中には個人主義であることが有利に働く会社もたくさん存在します。自分に向いてる仕事を見つけて活躍するには、自分の性質をよく理解し、自分を活かしてくれる職場を見つけ出すことです。このページでは、個人主義な人に向いている仕事をいくつか紹介していきます。

他人を上手く使うことも意識しておく

めんどくさがり屋の性格であれば、他人を上手く使うことも意識しておくことも重要です。
個人で120%の仕事をするよりは、チームのメンバー5人に100%の力を発揮してもらうほうが会社全体の生産性は高まるため、他人を上手く使うことに注力した方が将来的に活躍できる可能性は高いです。

他人を上手く使う必要のある仕事は、

  • 部下に指示を出す必要のある管理職(マネージャー)
  • 他社との調整や交渉が必要な企画・マーケティング職
  • 働く人を企業に向けて紹介する人材派遣業

など、数多く存在します。

極論、他人を上手に動かすスキルだけで仕事をこなしている人もいるぐらいですので、コミュニケーション能力がそこそこあるなら、人を動かす立場を目指してみるのもいいでしょう。

めんどくさがりに向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました