【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

狭く深くな人に向いてる仕事を厳選紹介、就くための方法も解説

突然ですが、自分、狭く深く物事に取り組むタイプなんです。

広く浅くよりも、一つのことに集中して極めるのが好き。

人間関係も狭く深くがモットー。

言い換えると「深掘りするタイプ」「物事を極める人」「一点集中型」って感じ?

そんな私からすれば、ニワカ知識で仕事してるヤツとか、もはや敵レベル。

こんな性格だと「視野が狭い」とか「話が合わない」とか批判されるんですよ。

でも、これってそんなに悪いことなんでしょうか?

狭く深くだからこそ、一つの分野で専門的な知識やスキルを持つことができるんです。

だいたい、浅く広くでテキトーな知識で仕事してるほうが、狂ってるんですよ。

それに、話や価値観の合わない相手ばかりと付き合って人脈ばかり広げるのって、苦痛じゃないですか?

私から言わせれば「狭く深く、自分と合う人を大事にし、物事を極めることこそ至高」なんすよ。

だってそうでしょ?

好きでもない企業で、不特定多数相手にゴミみたいな製品開発や営業するのって、退屈だし罪悪感もあるじゃないですか?

そういう仕事って「エアプ」だと思うんですよね~。

そんな私ですが、何もわかってないニワカだらけの職場は辞めて、今は専門性を追求できる職場に転職しました。

その経験から言えるのは「狭く深くは、ちゃんと合った仕事を選べば最強」ってことです。

逆に言えば「浅く広くで、専門性や探究心を評価しない職場はクソ」ってこと。

そういう職場だと、人脈が広いだけの薄っぺらいヤツばかり評価されるので、向いてない。

「やっぱり、自分に合った仕事を選ぶべきだ」って思いましたね。

そんな私が徹底的に調べ上げた「狭く深く取り組む人ほど適性を発揮できる職業」を向いてる仕事として紹介していこうかと思います。

転職を考えてる方へ

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力3人に2人が年収アップを実現。
当サイト限定でその秘密を解説。

→もっと詳しく

狭く深い人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

「狭く深い人」はその名の通り、特定の分野に対する深い知識と経験を持つ人を言います。しかし、その代わり、これらの特性は特定の分野だけでなく、全体的な観点や柔軟性、そして社交性など、他の面での脆弱性が発生します。弱点や短所、欠点について詳しく説明します。

高い専門性には期待できるが他分野では融通が利きにくい

狭く深い人は、自身の専門分野においては非常に高い専門性を持っています。彼らはその分野での知識やスキルを活かして優れた成果を上げることができます。しかし、他の分野では融通が利きにくいため、新しい分野に挑戦する際には適応力が求められます。

他人との共通項が少ないため人脈面では苦労しがち

狭く深い人は、自身の専門分野においては他の専門家との共通項を持つことができます。しかし、他の分野や一般の人々との共通項が少ないため、人脈を広げることに苦労することがあります。これは、新しい仕事やプロジェクトに参加する際に不利になる可能性があります。

必要以上に専門性を深く追求しすぎて仕事の弊害となることがある

狭く深い人は、自身の専門分野においては非常に高い専門性を持っていますが、時には必要以上に専門性を追求しすぎる傾向があります。これにより、他の重要な業務やタスクをおろそかにすることがあり、仕事の効率や成果に悪影響を与えることがあります。

以上のような短所や欠点があるため、狭く深い人は他人からどう思われるのでしょうか。

他人からは専門性が高いと評価されるが、他の分野には適応力がないと見られる

狭く深い人は、自身の専門分野においては非常に高い専門性を持っているため、他人からは専門性が高いと評価されることがあります。しかし、他の分野においては融通が利きにくいため、適応力がないと見られることもあります。これは、新しい仕事やプロジェクトに参加する際に不利になる可能性があります。

以上が狭く深い人の特徴や短所、他人からの評価についての解説です。キャリア情報を得る際には、自身の特性や強み、弱みを理解し、それを活かす方法を考えることが重要です。

狭く深くな人に向いてる仕事

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

狭く深くな人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼狭く深くな人が持つ意外な適性

  • 追求心
    専門性を極める、興味関心を探求する、技術を磨く、道具を使いこなす、知識が豊富、優れた洞察や分析を行う
  • 粘り強さ
    一つの道を極める、困難な課題にも立ち向かう、少数の人と真摯に向き合い大事にする

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、狭く深くな人に向いてる仕事を解説していきます。

学術・研究分野

学術・研究分野では、研究者や学者が狭く深い人に向いている仕事です。生物学者や物理学者、文学研究者、歴史学者などが該当します。彼らは特定のテーマについて徹底的に研究し、専門的な知識を深めます。狭く深い人は、このような仕事において自分の専門知識を活かすことができます。

分析・評価関連の仕事

分析・評価関連の仕事では、アナリストやコンサルタントが狭く深い人に向いています。データアナリストや金融アナリスト、市場調査アナリスト、戦略コンサルタントなどが該当します。彼らは膨大なデータを分析し、詳細なレポートや提案を作成します。狭く深い人は、複雑な情報を整理し、深い洞察を得ることが得意です。

専門的な技術・職人業

専門的な技術や職人業では、職人や専門技術者が狭く深い人に向いています。陶芸家や金工職人、ウォッチメーカー、ガラス職人などが該当します。彼らは特定の技術や技能を磨き、高い品質の製品を作り出します。狭く深い人は、細かい作業や緻密な技術に長けており、その才能を活かすことができます。

芸術・クリエイティブ分野

芸術・クリエイティブ分野では、芸術家やクリエイターが狭く深い人に向いています。画家や彫刻家、作曲家、小説家などが該当します。彼らは自分の表現や創造力を通じて、独自の作品を生み出します。狭く深い人は、自分の感性やアイデアを深く追求し、芸術的な才能を発揮することができます。

専門的なサービス業

専門的なサービス業では、専門職や技術職が狭く深い人に向いています。法律家や税理士、経済アナリスト、土木技術者などが該当します。彼らは特定の分野において高度な知識やスキルを持ち、専門的なサービスを提供します。狭く深い人は、複雑な問題を解決する能力や専門知識を活かすことができます。

アカデミックな教育・指導職

アカデミックな教育・指導職では、大学の教員や専門学校の講師、私立塾の講師、リサーチアシスタントなどが狭く深い人に向いています。彼らは特定の知識やスキルを学生や生徒に教え、指導します。狭く深い人は、自分の専門知識を生徒に伝えることが得意であり、教育の世界で活躍することができます。

専門的な医療・健康業

専門的な医療・健康業では、医師や治療家が狭く深い人に向いています。専門的なセラピストや伝統医学の治療家、精神医学のスペシャリスト、臨床心理士などが該当します。彼らは特定の疾患や問題に対して深い知識と技術を持ち、患者の健康をサポートします。狭く深い人は、複雑な症状や治療法について深く理解し、適切な対応をすることができます。

高度な情報技術・IT分野

高度な情報技術・IT分野では、システムエンジニアやデータベース管理者、セキュリティスペシャリスト、AI研究者、ディープラーニングスペシャリスト、ロボティクスエンジニアなどが狭く深い人に向いています。彼らは高度な技術や知識を持ち、革新的なソリューションを開発します。狭く深い人は、複雑なプログラミングやデータ解析において優れた能力を発揮することができます。

狭く深くな人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事を見極める

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を見極めましょう。

▼狭く深くな人に向いてない仕事の例

  • 多岐にわたる知識が求められる仕事
    例:コーポレート業務全般(総務、経理、人事、企画)、マーケティング職、クリエイター(とくにライターやデザイナー)、出版業界(編集者や新聞記者など)
    向いてない理由:それぞれ異なる業務内容を持ち、幅広い知識が必要とされる。狭く深い人は、特定の分野に特化することが得意であり、幅広い知識を持つことに苦労する場合がある。
  • 即座に対応が求められる仕事
    例:カスタマーサポート、受付、キャビンアテンダント、応急処置を伴う医療関連の職種、ファーストフードの店員
    向いてない理由:迅速な判断力や対応力が必要とされるため、狭く深い人は情報を深く追求することに長けている一方で、即座の対応に苦労する場合がある。
  • マルチタスクが求められる仕事
    例:プランナー、営業職、カスタマーサクセス、コンサルタント、広報・PR職
    向いてない理由:これらの職業では、複数のプロジェクトを同時に進行させたり、多くのタスクを同時にこなす能力が必要とされる。狭く深い人は、一つのテーマに集中することが得意であり、複数のプロジェクトやタスクに対応することに苦労する場合がある。

こういった「向いてない可能性の高い業界や職業」と「向いてないと言える理由や根拠」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/扱ってる商品やサービスなど

様々な情報から判断しましょう

プロに相談して本当に向いてる仕事を見極める

以上のように、向いてる仕事に就くためには考えるべきことが大量にあります。

これを何のキャリア知識も、求人情報を見極める能力もないまま行っても、考えもまとまらずに行動できなくて当たり前です。

なので、向いてる仕事を探しているなら、まずは転職サービスでプロに相談してみることを強くオススメします。

でも転職サービスって怪しいし

どこに相談すればいいかわからない

そう不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

そこで当サイトが独自に調査して厳選した本当に信頼できる転職サービスを紹介しています。

それぞれのサービスの独自の特徴や使うべき人も紹介しているので、気になったら試しに登録してみるといいでしょう。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

将来性の高い業界に未経験からでも就けるのが「Worx(ワークス)」です。

▼こんな人にオススメ

  • 向いてる仕事が見つからない
  • 将来性ある仕事に就きたい
  • IT/WEB業界に転職したい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

普通の転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)はそれを可能としています。

その理由は、スキルアップとキャリアアップの支援も行ってくれるからです。

WorXでは登録後に、面談や適職診断を行い、転職を成功させるためのキャリア計画を立ててくれます。

適職診断もあるので

何の仕事がいいか
わからなくても安心です

その後、スマホで学習できる動画教材などでスキルアップしたり、週1回感覚で面談でアドバイスをもらえます。

なんか面倒そう…
普通に求人応募した方が

早いんじゃないの?

このように思われる人も多いでしょう。

しかし、最近では優良企業ほど未経験人材の採用に慎重になっています。

そのため、自己学習していない人や経歴のない人の採用はかなり厳しい状況です。

なので、少しでも将来性の高い優良企業に入りたいなら、WorXでスキルアップしてから就職や転職するのは悪くない選択肢です。

しかも十分に学習した上での転職となるので入社後もすぐ業務についていけるようになり転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なおWorXは無料で利用できます。

その仕組みは「転職後の月収から数割差し引かれる」からです。

逆に言えば、転職して実際に働くまでは費用がかからないということです。

この金額も「リスキリング(学び直し)」という助成金制度で70%オフになるので、気になったら早めに使っておいて損はないでしょう。

Worx(ワークス)を見てみる

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました