【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

向上心がない人に向いてる仕事を厳選紹介、就くための方法も解説

突然ですが、仕事で向上心を求められるのってクソだるいと思わないっすか?

だってそうでしょ?

仕事なんてものは、最低限、生活できる給料がもらえればなんでもいいじゃないですか。

なのに、やる気とか熱意とか求められるの、死ぬほどめんどくさくないっすか?

別に、向上心や情熱なんかなくても、与えられた仕事を卒なくこなせればなんでもよくないっすか?

でも、そういう態度で仕事してたら、なんかうざい上司がこう言うんすわ。

「もっとやる気を見せてくれ」
「プロ意識が足りない」
「競争心が足りない」

ってね。

でも、それって本当に必要だと思います?

私が一番キライな人種って「やる気のある無能」なんすよね。

やる気や情熱だけが取り柄で、それを他人に押し付けて無駄な仕事増やすようなタイプ。

向上心のない人は、そういう「やる気のある無能が評価されるような職場」はマジ向いてない。

でも世の中、意外とそういう会社多いんですよ。

「若者は飲み会に参加して積極性をアピールするべき!」とか、無駄に熱血な職場。

ま、言ってることはわかりますよ?

でも、それで上昇志向とか熱意みたいなの見せたって、給料上がらないじゃないですか?

私みたいに冷めてることの何が悪いっていうんですかね?

実際、大半の人が私と同じような価値観なんじゃないっすかね?

もしあなたもそうなら、向上心のなさを気にする必要はありません。

だいたい、他人に熱意や向上心を求めるのって「教えるのが面倒」「育てるのが面倒」な上司が思考停止で語りだす「精神論」でしかないんですよ。

その証拠に、まともな企業ほど今は人手不足なので「向上心のない人でもちゃんと仕事できるようにする」って方針ですから。

なので、向上心のない人はそういう「熱意とか向上心とかどうでもいいです。働き続ければ勝手に身につくんで」みたいな職場が向いてます。

「そういう向上心求められない仕事ってどう探すの?」

そう疑問に思いましたか?

OK。そういう人のために、向上心がなく悩んでいた僕が導き出した「向上心がない人でも余裕で転職できて活躍できる職業」を紹介していきたいと思います。

転職を考えてる方へ

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力3人に2人が年収アップを実現。
当サイト限定でその秘密を解説。

→もっと詳しく

向上心がない人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

向いてる仕事を見極めるためには、自分の欠点を理解しておくことが重要です。

「向上心がない」と言っても、その欠点は

  • 成長意欲が低く仕事に熱意が持てない
  • 競争が嫌いで数字や順位で評価されたくない
  • 欲望や野心が低く出世や昇給に消極的
  • 生きるための気力がなく覇気がない
  • プロ意識を求められるとストレスに感じる

など、様々です。

こういった短所がマイナス評価されやすい仕事では、活躍の機会を得られないかもしれません。

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう

自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!

自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

自発性がなくモチベーションの動機が外部要因に依存しがち

自分から積極的に行動することができず、モチベーションは外部からの刺激や要因に依存してしまう傾向があります。このような人は、自分で目標を設定したり努力を重ねたりすることが苦手です。

このような特徴は仕事で大きな問題となります。例えば、プロジェクトの進行管理やデッドラインの遵守といった重要なタスクを遅延させてしまう可能性があります。また、他のメンバーと協力して取り組む場合でも、自発的に貢献することが少なく、周囲から信頼されづらくもあります。

目標意識が希薄で成長することに消極的で機会損失となる

向上心や成長意欲が乏しく、目標を持つことに消極的な傾向があります。このような人は、自分の能力やスキルの向上に対して積極的な姿勢を持たず、新しいチャンスや挑戦を逃してしまうことが多いです。

仕事でこのような特徴がある場合、自己啓発やスキルアップの機会を見逃す可能性があります。また、競争力のある環境で働く場合でも、他の人に比べて成長速度が遅れてしまい、結果的にキャリアの発展にも影響を及ぼすことも考えられます。

意識の高い人や努力家に対して否定的な態度になりやすい

意識の高い人や努力家に対して否定的な態度を取りがちです。このような人は、他者の成功や努力を認めることが難しく、「頑張っても報われるわけではない」という考え方を持っています。

仕事でこのような特徴がある場合、チームワークや協力関係に悪影響を及ぼす可能性があります。他のメンバーの成果や努力を軽視したり、批判的な態度を取ることで、チーム全体のモチベーションやパフォーマンスにも悪影響を与えることが考えられます。

現状の維持に固執しやすく環境の変化や挑戦を拒否しやすい

現状の安定性や快適さに固執し、新たな環境への変化や挑戦を拒否する傾向があります。このような人は、リスク回避型で安定志向が強く、変化に対して抵抗感を持っています。

仕事でこのような特徴がある場合、新たなプロジェクトへの参加や異動先への移動といったチャンスを逃してしまう可能性があります。また、業界全体で進行している技術革新や市場動向に対しても敏感ではなく、競争力を失ってしまう恐れも考えられます。

向上心がない人に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

向上心がない人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼向上心がない人が持つ適性

  • 安定性がある
    簡単な仕事を好む、単純作業に集中する、ルーチンワークでも続く、決められたやり方を好む、変化を嫌う、自分のペースを維持する
  • 従順
    ルールや手順を守る、上の指示に従う、勝手なことをしない、保守的、周りに合わせる

こういった素質を自覚し意識的に伸ばすことで、キャリアでも活躍できる可能性が高まることでしょう。

以下に、このような適性を発揮したり、開花させることができる職業の数々を紹介していきます。

これらの仕事は「未経験からでも就きやすい仕事」と「資格さえ習得すれば就きやすい仕事」で構成されています。

ここでは就職さえしてしまえば会社が研修やマニュアルを用意してくれていることが多く勉強する必要性が低いものを紹介しているので、ぜひご自身のキャリアの参考にしてみてください。

自動車製造工

1台につき2万点以上といわれる部品を組み立てて自動車を完成させるのが自動車製造工の仕事です。

専門学校などで自動車の基本的な構造や関連する技術についての知識を学んでおけば就職に有利ですが、大手自動車メーカーが出している期間工の求人であれば未経験・年齢不問で働けることもあり、月給50万以上の求人もあります。

製造工の多くの仕事はマニュアル化されているため、向上心がない人でも楽にこなせます。

食品製造工

食品を製造を機械、または手作りで行うのが食品製造工の仕事です。
代表的な食品製造工は「和菓子製造工」「パン・焼菓子製造工」「乳製品製造工」「清酒製造工」など。従業員数が多く雇用形態も様々で、大規模な企業が運営している工場も多いのも特徴です。

トラック運転手

大型から小型まで様々な大きさの貨物自動車を運転し、貨物を安全に確実に目的地に搬送するのがトラック運転手の役目です。

受注や積荷作業、荷下ろし時にはコミュニケーションが必要ですが、それ以外の大半の運転時間は車内で1人で過ごせるため、向いている人にとっては非常に快適で、給料も月給なら平均31万、年収も400万円以上と決して悪くない数字です。

ただ、トラックを運転するには「大型自動車第一種運転免許」の取得が必要になる点には注意。

検針員

検針員は水道、ガス、電機の計量器を見て使用量を計測する仕事です。
担当地区をバイクまたは徒歩などで回ることになります。
月前半約20日間が検針日、2日程の調整日が稼働日、残りは休日に割りあてられることが多いため、休日日数も多い方です。
収入目安は月15万~20万円ほどで、時給ではなく検針件数による歩合制で給料が決まることもあります。
検針員になりたいなら、最寄りの水道局やガス協会に直接問い合わせてみるのが一番でしょう。

司書

自治体や教育機関などの図書館に勤務し、収蔵されている図書や資料の管理をしたり、図書館の利用者が求めている情報を探すための補助をしたりするのが司書の仕事です。ジャンル別に書架を整理するなど、利用者が使いやすいように施設を整備したりするほか、図書館でのイベントなどの企画・運営に携わることもあります。
募集の要件となることが多いので、まずは文部科学省認定の司書資格を取得しておくといいでしょう。

左官

表面仕上げの美しさなどを考慮しながら、漆喰などを使って壁や床を塗るのが左官の仕事です。

きめの細かい熟練した手作業を極める必要がありますが、それ以外の難しいスキルは求められないため、向上心のない人でも向いていれば長く続けられるかもしれません。

各都道府県の職業能力開発協会で「左官技能士」の資格を取ると就職に有利です。

参考リンク左官技能士|職種を調べる・探す | 技のとびら – 技能検定制度のポータルサイト

清掃業者

清掃業者は年齢や経験不問で、若手から60代以上と様々な人が働いている職業です。

ビルやオフィスの床面・ガラス・外壁などを清掃する「ビル清掃作業員」、バキュームカーを利用してし尿の回収を行う「し尿処理作業員」、廃棄物の収集・動物の死体処理・道路などの清掃や洗浄を行う「衛生職員」、死亡現場の清掃と遺品の整理・処理やゴミ屋敷の清掃などを行う「特殊清掃員」などがあります。

汚いイメージがあるためか、それなりに給料も待遇もよい会社もあり、意外な穴場求人も見つけられるかもしれません。

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーの初歩的な仕事はデータ入力や収集となるため、ネットサーフィンで情報を集めたり、Excelでデータをまとめるなど、簡単なパソコン操作さえできれば誰でもできる仕事です。

マーケティングリサーチャーとしての仕事をしたいのであれば、まずは大手求人サイトで「マーケティング」「リサーチャー」「調査」「データ入力」などの単語で調べてみるといいでしょう。

仮に、マーケティングリサーチャーとして仕事する上で向上心が湧いてきたら「マーケター」「WEBマーケター」「データアナリスト」としてのキャリアアップも可能です。

地方公務員

地方自治体の公務員として働くのが地方公務員で、都道府県庁・市役所・町村役場といった行政サービスをはじめ、警察・消防署・保健所など、住民の生活に密着し施設が職場となります。

地方公務員になるには採用試験に合格する必要がありますが、逆に言えば採用試験にさえ合格してしまえば就職できるので、就職後に勉強したくない人にとっては向いてると言えるかもしれません。

宮内庁職員

天皇に関わる宮内庁職員の仕事も、向上心がない人には向いてるかもしれません。

というのも、宮内庁職員として長く働くためには野心や競争心は不必要な資質なため、かえって向上心がない温和な人の方が求められるからです。

宮内庁職員は公務員となるので採用試験に受かる必要がありますが、定期的に未経験採用を行っていることもあります。

向上心がない人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向上心は「続けると勝手にやってくる」

この世に「向上心がない人」はいません。

誰もが「もっと上手くなりたい」「何かを極めたい」という欲求を持つものです。

仕事に趣味にしても「続けることで勝手に向上心は湧いてくるもの」です。

一方で、多くの「向上心を奪う要因」が存在します。

たとえば、

  • 上司が否定的で思うような評価が得られない
  • 周りの熱意や才能に圧倒されやる気がなくなる
  • 自分の理想に近づけなくてすぐ諦めてしまう
  • お金や時間がなくやりたいことに集中できない

といった要因です。

ですので、考えておきたいことは「自分は本当は何がしたかったんだっけ?」「どういう仕事なら熱意を持って続けられるか?」といった、向上心をかき立てる自分の中の熱量を見つけ出すことです。

向いてない仕事は避ける

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を知っておくことです。

▼向上心がない人に向いてない仕事の例

  • 競争心や目標達成意識を求められる職業
    例:不動産営業、保険営業、インサイドセールス、販売職、経営者
    向いてない理由:契約数や売上を追う必要がある
  • 常に勉強する必要のある職業
    ITエンジニア、WEBマーケター、研究開発職、医師、弁護士
    向いてない理由:仕事についていくために定期的な知識へのアップデートが求められるため
  • 変化が激しくスキルアップが求められる職業
    例:ゲームデザイナー、WEBデザイナー、プログラマー、UX/UIデザイナー、WEB開発者
    向いてない理由:主要開発環境の変更で強制的に学ぶ必要が出てくるため

こういった「向いてない可能性の高い職業」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/商品など

様々な情報から判断しましょう

向上心を求められる企業や業種は避ける

向上心がない人が無理なく仕事を続けるためには、そもそも高い向上心を求められる仕事は避ければいいだけの話でもあります。

主に、高い向上心が求められる仕事は以下の通りです。

  • 売上や数字などの成績が評価に直結して競争意識の高い体育会系企業の営業職
  • 自己学習が必要とされるIT・WEB業界
  • 常にトレンドを追ったりスキル向上が必要なクリエイター
  • 一人あたりの業務負担が大きく自発性が必要なベンチャー企業

すべての企業が当てはまるというわけではありませんが、この条件に合致する企業の社員や出身者は向上心が高い傾向にあります。逆に、公務員などの国との関連の深い事業、仕事がマニュアル化されている製造業などは、そこまで向上心が高くない人材が集まりやすいものです。

自分のペースで長く働けそうな仕事を見つけ出す

自分を向上させたいという強い願望を持たない人は、勉強する意欲が低いがゆえに、選べる仕事が少ないと思われがちです。

事実、今までスキル習得を怠ったり、資格や学歴取得を行っていなかった場合、それだけで選べる求人の幅が狭まる事実は否めません。

ですが、世の中には「長く働いて地道に仕事を覚えてくれればそれでいい」という基準で採用を行っている企業も多いものです。

元々、日本の企業自体が終身雇用制に基づいた組織経営が行われているので、自発性や向上心がない人でも一定以上の仕事が行えるようにできているのです。

ですので、どんな仕事でも、長く続けてさえいえれば自然と経験やスキルは身につき、仮にその仕事を辞めたとしても転職先はなんとか見つかるものです。

そういう意味でも、変に自分にない向上心をアピールするよりは、自分のペースで長く働けそうな職場を見つけ出すことを優先した方が、自分にとっても雇ってくれる企業にとっても良い結果になるはずでしょう。

向上心を保てる会社環境を選ぶのも手段

自分を高めようとする強い意欲を持たない人の多くは「勉強する気になれない」「自分の適性が発揮できる仕事が見つからない」と感じてます。ですが、このような考え方で働いている人にもチャンスを与えてくれる企業もたくさんあります。

ですので、向上心がないことに引け目を感じているのであれば、向上心を高めてくれる会社環境で働くという視野を持つのもいいでしょう。

具体的には、

  • 仕事に対する価値観の社員が集まっていて互いに刺激し合える
  • 上司が社員のモチベーション向上のために務めている
  • 社内の研修・勉強制度が充実している

などの条件が揃えば揃うほど、向上心のない人でも仕事のモチベーションが保てる可能性が上がります。

これらの条件は求人情報から見抜くのは難しいでしょうが、少なからず「この求人に応募してみたい!」「この人達と働いてみたい!」と思えるような会社であれば、自分の中の向上心が刺激されて行動に移せているわけですので、入社後に向上心が湧く可能性は高いと言えるでしょう。

得意なことや好きなことを無理なく習得していく

向上心を保つためには、苦手なことを無理して続けるよりも、他人よりも得意なことや好きなことを行うのが一番です。

得意なことや好きなことを仕事にするのが一番ですが、現実的にやりたいことを仕事にできないことも少なくはありません。その場合、趣味で向上心を発揮するために仕事も頑張るという考え方も大事です。

世の中には、趣味で資格取得や勉強を行う人もいますが、自分の好きなことや得意なことに打ち込むためには向上心のある・ないは関係ありません。
また、経験の浅いうちは仕事も趣味も上手くいかないことやできないことが多く、いまいち楽しさを感じないこともあるかもしれませんが、本当にやりたいことを楽しめるようになるまでは時間がかかるものです。

ですので「何かにひたむきに取り組みたい!」と悩んでいても中々向上心が湧かないのであれば「今はまだその時ではない」と割り切って、今ですべきことに集中するといいでしょう。

「仕事は生活のため」と割り切ることも大事

向上心を持つことは、できることを増やして人生をより良くするためにとても大事なことではありますが、何もそれを仕事だけに向ける必要はありません。

前述の通り、多くの社員が「仕事は生活のために嫌々やっている」という人も多いぐらいです。
ですので、仮に読者が休職中の立場であれば、職務経歴書作成や面接対策もほどほどの労力で行い、無理せず「仕事は生活のためで人生の第一優先事項ではない」ぐらいに気楽に構えることも大事かもしれません。

高い向上心を求める企業はそのような人が集まり、そうでない企業は向上心がほどほどの人が集まるものです。

そういう意味でも、自分に合った仕事を見つけ出すためには、自分の個性や考え方を無理に捻じ曲げない姿勢で仕事探しをすることが大切なのです。

プロに相談して本当に向いてる仕事を見極める

以上のように、向いてる仕事に就くためには考えるべきことが大量にあります。

これを何のキャリア知識も、求人情報を見極める能力もないまま行っても、考えもまとまらずに行動できなくて当たり前です。

なので、向いてる仕事を探しているなら、まずは転職サービスでプロに相談してみることを強くオススメします。

でも転職サービスって怪しいし

どこに相談すればいいかわからない

そう不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

そこで当サイトが独自に調査して厳選した本当に信頼できる転職サービスを紹介しています。

それぞれのサービスの独自の特徴や使うべき人も紹介しているので、気になったら試しに登録してみるといいでしょう。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

将来性の高い業界に未経験からでも就けるのが「Worx(ワークス)」です。

▼こんな人にオススメ

  • 向いてる仕事が見つからない
  • 将来性ある仕事に就きたい
  • IT/WEB業界に転職したい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

普通の転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)はそれを可能としています。

その理由は、スキルアップとキャリアアップの支援も行ってくれるからです。

WorXでは登録後に、面談や適職診断を行い、転職を成功させるためのキャリア計画を立ててくれます。

適職診断もあるので

何の仕事がいいか
わからなくても安心です

その後、スマホで学習できる動画教材などでスキルアップしたり、週1回感覚で面談でアドバイスをもらえます。

なんか面倒そう…
普通に求人応募した方が

早いんじゃないの?

このように思われる人も多いでしょう。

しかし、最近では優良企業ほど未経験人材の採用に慎重になっています。

そのため、自己学習していない人や経歴のない人の採用はかなり厳しい状況です。

なので、少しでも将来性の高い優良企業に入りたいなら、WorXでスキルアップしてから就職や転職するのは悪くない選択肢です。

しかも十分に学習した上での転職となるので入社後もすぐ業務についていけるようになり転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なおWorXは無料で利用できます。

その仕組みは「転職後の月収から数割差し引かれる」からです。

逆に言えば、転職して実際に働くまでは費用がかからないということです。

この金額も「リスキリング(学び直し)」という助成金制度で70%オフになるので、気になったら早めに使っておいて損はないでしょう。

Worx(ワークス)を見てみる

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました