【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者の提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →詳細は広告掲載ポリシーにて

抜けてる人に向いてる仕事は何がある?天然な人でも適性を活かせる職業の条件とは?

「仕事できるのに抜けてるとよく言われる…」
「天然や変人だと言われることがある…」
「しっかりしているけど抜けてる性格だ…」

このようにお悩みではありませんか?

真面目でしっかりしているように思えて抜けてる人は、他人からは「変わってる人(変人)」「天然」「個性的な人」「奇抜な人」「型にはまらない人」「奇想天外な人」「才能あふれる人(天才肌)」「個性的(ユニーク)な人」「自由奔放な人」と言われることがあるかもしれません。

一方で、悪い印象を持つ人からは「うっかり屋」「おっちょこちょいな人」「ぼんやりしている人」「ドジやヘマの多い人」「いい加減な人」「不注意な人」「ミスの多い人」「粗末な仕事をする人」「手抜きするズルい人」と思われることもあるかと思います。

そんな抜けてる人にとっては、多くの仕事で正確さや完璧さを求められると感じ適性を活かせてないと感じる機会が多いかもしれません。また、仕事ができてるのに抜けてるような人は「誰も気づいてない仕事の秘訣を抑えている」ため、他から見て手を抜いてるように思われることもあるのかもしれません。

当記事では、そんな抜けてる人にとって高い適性を発揮できそうな向いている仕事の数々を紹介し、適職を見つけ出すコツから就くための具体的な方法まで、まとめてご紹介していきます。

  1. 抜けてる人の特徴【弱みや欠点、短所】
    1. 凡ミスや不注意な言動が目立つため信頼を得にくいことがある
    2. 会社のルールや社会的な常識を無視することで不誠実だと思われることがある
    3. 他者や社会的評価に無頓着で軽率だと思われることがある
    4. 態度の悪さから他人の話や仕事内容を理解していないと疑われることがある
    5. 社会的なノルマや他人の期待に対して無頓着で周りの空気に合わせない
    6. 奇抜で予測不能な行動を取ることがあるため管理者から問題児扱いされることがある
    7. この項目のまとめ
  2. 抜けてる人の特徴【強みや長所】
    1. 自由な環境では高いパフォーマンスを発揮することがある
    2. 独自の発想力やクリエイティビティで革新的なアイデアを出せる
    3. 興味関心のある分野で高い集中力を発揮する
    4. ルールや規律の定まっていない環境でも柔軟に対応できる
    5. 自身の価値基準が明確で独自の世界観を持つ
  3. 抜けてる人に向いてる仕事
    1. 動物園飼育員
    2. 水族館飼育員(海獣トレーナー)
    3. グラウンドキーパー
    4. ライター
    5. イラストレーター
    6. 日本酒製造工
    7. ウイスキー製造工
    8. ホームヘルパー
    9. ガイドヘルパー
    10. 自動車製造工
    11. プレス工
    12. 溶接工
    13. 自衛官
    14. 警察官
    15. この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを
  4. 抜けてる人に向いてない仕事
    1. 事務職
    2. 税理士
    3. 銀行員
    4. この項目のまとめ:向いてない仕事は無理に続けないことも大事
  5. 【当サイト限定情報満載】本当に向いてる仕事に就くための具体的な行動指針

▼向いてる仕事を探してる方へ [PR]

「今の仕事が向いてない…」
「自分にはもっと活躍できる職場があるはずだ…」
「効果的な自己アピール方法が思いつかない…」

このようにお悩みの方にオススメの転職サービスを紹介します。

このページに訪れた方に、今すぐチェックして欲しい有益な転職ツールが「ミイダス」です。

ミイダス
質問に応えるだけ
専門性の高い診断ツール
無料で利用できます

ミイダスでは、以下の3つの本格的な診断ツールが利用できます。

  • 市場価値診断:将来的に期待できる年収が診断でき、自分のポテンシャルがわかる
  • コンピテンシー診断全147種の職種から適性の高い職種を診断できる。上司や部下との相性仕事のストレス耐性も丸わかり *コンピテンシー ~仕事を遂行するために必要な能力や資質のこと
  • バイアス診断ゲーム~自分の考え方の癖や性格傾向がわかり自己PRに活用できる *バイアス ~偏った思い込みや考え方のクセのこと

これらは、博士の学位を取得した研究者などが開発した専門性の高い診断ツールで、すべて無料で利用することができます。

向いてる仕事を探している方にとっては間違いなく有意義なツールですので、ぜひ、この機会にお試しください。

ミイダスの登録は
氏名・住所の記入は不要
質問に応えるだけで診断できます

ミイダスの詳細を知りたいなら
以下の記事も読んでみてくれ!

抜けてる人の特徴【弱みや欠点、短所】

「抜けてる」という言葉。しばしば、独自性やユニークさを持っている人を表すものとして使われます。しかし、キャリアの中でこれが弱みとなる場面も少なくありません。

凡ミスや不注意な言動が目立つため信頼を得にくいことがある

抜けてる人は、時として細かいミスや言動に注意が行き届かないことがあります。
この傾向は、業務上のミスや取り違えとして表れることがある。
仕事での影響は、1) 頼まれたタスクの遅れ 2) 重要な情報の取り落とし 3) 他者とのコミュニケーションのミスマッチとして現れることが考えられます。
「彼/彼女は信頼しても大丈夫?」と疑問を抱かれることがあるでしょう。

会社のルールや社会的な常識を無視することで不誠実だと思われることがある

抜けてる人は、従来のルールや常識に縛られない考え方を持つことが特徴です。
しかし、この特性は仕事の中で不誠実と受け取られるリスクを持っています。
具体的な悪影響として、1) 期限を守らない 2) 社内ルールの無視 3) 外部とのコミュニケーションでの不手際が考えられます。
「彼/彼女は社会的な常識がないのでは?」と疑念を抱く人が出てくる可能性があります。

他者や社会的評価に無頓着で軽率だと思われることがある

抜けてる人は、他者の評価を気にしない自由な思考の持ち主であることが多いです。
しかし、それが仕事の場で軽率と解釈されるケースがあります。
悪影響の例として、1) チームの意見を無視する行動 2) 顧客からのフィードバックを軽視する 3) 上司の指示を無視する状況が挙げられます。
「彼/彼女は他人の意見を全く考慮しない」という印象を与えることがあります。

態度の悪さから他人の話や仕事内容を理解していないと疑われることがある

抜けてる人が持つ独自の視点や態度は、時として他者から理解されにくいものとなります。
その結果、職場でのコミュニケーションのミスや誤解が生じることが考えられます。
具体的な影響は、1) 会議での意見の取り違え 2) 他者の提案を誤解する 3) タスクの指示を誤って受け取る、ということが考えられます。
「彼/彼女はちゃんと聞いているのだろうか?」と疑われることがあるでしょう。

社会的なノルマや他人の期待に対して無頓着で周りの空気に合わせない

抜けてる人は、一般的なノルマや他人の期待に縛られない自由な行動が特徴です。
このような態度は、社会的なコンテキストや職場の雰囲気に合わせない行動を取ることがある。
仕事上での影響として、1) 社内の雰囲気や空気を読まない言動 2) タスクの優先順位を誤解する 3) 期待される行動とは異なるアクションを取る、が考えられます。
「彼/彼女は周りの空気が読めない」と他者に思われることがあるでしょう。

奇抜で予測不能な行動を取ることがあるため管理者から問題児扱いされることがある

抜けてる人は、時折、予測できない独自の行動を取ることが特徴です。
そのような行動は、組織の中で問題となることがある。
具体的な影響として、1) 突然の提案や変更でチームを混乱させる 2) 予定や計画が狂うこと 3) 期待外れの結果を出すこと、が考えられます。
「彼/彼女は管理が難しい」と上司や管理者から認識されるリスクがあります。

この項目のまとめ

以上のような欠点を抱えていると、仕事でもプライベートでも上手く行かず、生きづらさを感じることが多いかもしれません。

もし、自分の弱みや欠点が理由で仕事で活躍できていないと感じているなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみることをオススメします。

グッドポイント診断では
合計18種類の強みから
自分の強みがわかります


自分の強みを診断することで、これまで自分で欠点だと思っていたことが実は長所だったことに気づくチャンスになります。

また、キャリアを見直したり、転職を考えている人にとっては、自己アピールの参考になること間違いなしなので、受けてみる価値は大きいです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は
無料で利用することができます!

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる【登録無料】

抜けてる人の特徴【強みや長所】

「抜けてる」と言われる人には、一見、他者とは異なる独特な性格特性があります。だが、その中には仕事の場で大きな魅力となる潜在的な能力や才能が隠れています。具体的には、どのような強みがあるのでしょうか。

自由な環境では高いパフォーマンスを発揮することがある

抜けてる人は、束縛や制約が少ない環境でのほうが力を発揮することが多いです。
この性格は、自分のスタイルやペースで仕事を進めることができるため、非常に高いパフォーマンスを見せることがあります。
キャリアでの利点としては、自由度の高い職場やフレックスタイム制度のある企業での活躍が期待されます。
同僚や上司からは「独自の方法で成果を出す」という印象を持たれることが多いでしょう。

独自の発想力やクリエイティビティで革新的なアイデアを出せる

抜けてる人は、一般的な枠組みや既存のルールに囚われることなく、新しいアイデアを生み出すことが得意です。
このような独特の視点や発想力は、イノベーションを求められる業界や仕事において、非常に価値があります。
キャリアにおいて、新しいプロジェクトやアイディアの発案で中心的な役割を果たすことが期待されます。
「新しい視点を持ち込む」「既存のものに満足しない」といった評価を受けることが多いです。

興味関心のある分野で高い集中力を発揮する

抜けてる人は、自分の関心が高い分野に対して非常に高い集中力を発揮します。
そのため、その興味を仕事に生かすことができれば、驚異的なスキルや成果を見せることができます。
この特性は、自分の得意分野や興味のある業界での専門家としてのキャリアを築く上で大きな利点となります。
「専門分野においては一歩も二歩も先を行っている」という評価を受けることが多いでしょう。

ルールや規律の定まっていない環境でも柔軟に対応できる

抜けてる人は、未知の状況や変わりやすい環境にも臆することなく対応する能力があります。
これは、新しいプロジェクトやスタートアップなどの変化が激しい環境での活躍を期待される特性です。
「どんな状況でも動じない」「変わりやすい状況を楽しむ」といった評価を受けることが多いです。

自身の価値基準が明確で独自の世界観を持つ

抜けてる人は、自分自身の価値観や信念に基づいて行動することが多いです。
この独自の世界観は、他者とは異なる新しい視点やアプローチをもたらし、多くの場合、周りの人々に新鮮な驚きや刺激を提供します。
キャリアにおいては、ブランディングやマーケティングなど、自身の価値観を活かせる分野での活躍が期待されます。
「他の人とは違った視点を持っている」「自分の信念をしっかり持っている」という評価を受けることが多いでしょう。

抜けてる人に向いてる仕事

  • 動物園飼育員
  • 水族館飼育員(海獣トレーナー)
  • グラウンドキーパー
  • ライター
  • イラストレーター
  • 日本酒製造工
  • ウイスキー製造工
  • ホームヘルパー
  • ガイドヘルパー
  • 自動車製造工
  • プレス工
  • 溶接工
  • 自衛官
  • 警察官

動物園飼育員

動物飼育員とは全国で160ほど存在する動物園で働く仕事です。主な仕事内容は動物の世話や施設の維持管理、来園者へのサービス、飼育動物の繁殖の研究などになります。

動物の世話は1日たりとも欠かすことができないため、休日はシフトによって交代で仕事することになります。また、担当している動物に傷病が発生したり、人工保育が必要な時は、夜間や早朝の勤務となる場合や、休日を返上して働かなければならないこともあります。
動物飼育員として働くためには民間の動物園で働くか公立の動物園で働くかによって就職方法が少し変わってきます。

民間の動物園の場合通常の企業と同じように採用を試験を受け合格することが条件となります。

公立の動物園で働く場合は公務員として採用された上で動物園の飼育係に配属されるか、指定管理者制度を利用していくつかの動物園の一括採用で採用される必要があります。
指定者管理制度とは従来地方自治体が直接行っていた公的施設の管理運営を企業財団法人 NPO 法人などに対抗させる制度のことです

この指定者管理制度で採用試験に受かったとしてもどこで働くかを選ぶことはできず、雇用形態も公務員ではなく協会職員という扱いになります
何のケースの定期的に募集しないことがほとんどで多くは欠員募集のみとなるため採用の間口は狭い職業だと言えるでしょう

水族館飼育員(海獣トレーナー)

水族館飼育員は、水族館で飼育している魚、アシカやイルカなどの哺乳類、カニやエビなどの甲殻類など、ありとあらゆる海の生物の世話をするのが仕事です。
これらの生物が病気にかかっていないかなどをチェックしたり、餌の世話や水質管理、生命維持装置の管理と点検作業を行ったり、繁殖の管理を行ったりします。
生き物相手の仕事ですので、交代で早朝や深夜市休館日の勤務を日常茶飯時となります。
また、会議や研究会に出席したり、海洋生物についての学術的レポートを発表したり、生物の採集のために出張に出かけたり、珍しい水生生物を買い付けに行くことも仕事のうちです。

また、近隣水族館やテーマパークで人気になっているのがイルカやシャチの海獣ショーですが、そうした海獣を飼育して、調教・訓練する海獣トレーナーになりたいという人も少なくはありません。
しかし、海獣トレーナーという職種で募集されてることはほとんどないため、実際に水族館に就職を果たした後に希望することになります。

グラウンドキーパー

野球場やサッカー場のグランド整備を仕事をしている人たちのことをグラウンドキーパーといいます。また、 ゴルフ場やサッカー場などで主に芝生のメンテナンスをする人はグリーンキーパーとも呼ばれています。グラウンドに使う特別な土の調達や天然芝の育成管理したり、人工芝の保護管理したりと、選手が全力でプレーできるように、常にグランドを万全の状態に維持するのがグラウンドキーパーの仕事です。

グラウンドの整備は民間の造園会社などに委託していることが大半を占めているため、グラウンドキーパーになるには、球場や競技場を運営と管理をしている会社や球団など自治体に委託先を教えてもらい、採用状況を問い合わせてみるといいでしょう。

ライター

ライターとはその名の通り、文章や原稿を書くことで収入を得ている人を指します。
元々は出版社や新聞社の編集から依頼を受けて原稿作成することが大半でしたが、近年ではインターネット上で公開する記事の原稿制作を行う「WEBライター」の仕事を指すことも増えています。
ライターになるには文章さえ書ければ特殊なスキルは必要ありませんが、何らかの専門的な知識や経験があった方が報酬単価の高い依頼を受けやすくなることは間違いありません。
専門ライターには、以下のような種類があります。

美容ライター美容に関する情報(スキンケアやメイクなど)を取材し執筆する。掲載の場は、女性雑誌をはじめ、化粧品会社のPR媒体、ウェブ媒体の美容コラムなど。
料理ライター行列のできるレストランや隠れた名店など、話題の店を訪ねて試食し、記事にまとめるのが料理ライターの仕事。料理研究家のつくったレシピを読者にわかりやすくリライトするという作業も行なう。
テクニカルライターコンピューターやOA機器をはじめとした各種電気製品につきものの精密なマニュアルや取扱説明書のほか、カタログや点検マニ ュアルなどを執筆するのがテクニカルライターの仕事。さまざまな製品の仕事をこなすためには、製品や技術に関する幅広い知識が必要になる。
トラベルライタートラベルライターは、旅をする人のためにその土地の情報を取材し、記事にまとめて提供する。観光スポットや宿泊施設、名所旧跡やグルメ情報など、紹介する記事はさまざま。
スポーツライター新聞、雑誌、本、ホームページ等にスポーツの記事を書く職業。スポーツが対象となるのでプロ・アマを問わずスポーツ経験があると取材に役立つ。
メディカルライター専門用語が理解できる医療従事者や製薬 業界向けに、薬事申請や研究推進、研究成果発表を目的とする文書を作成する。高い専門知識が必要で、規定の形式や表現、 論理構造を用いることも求められる。
健康ライター健康に関する情報を取材し執筆する。 掲載の場は、健康雑誌をはじめ、医薬品会社のPR媒体、ウェブ媒体の健康コラムなど、幅広い。
サイエンスライター難解な科学や技術の研究の成果を専門外の人にでも読めるように分かりやすく解説するライター。科学ジャーナリス トともいう。

ライターとして生計を立てたいなら、出版社などからフリーで仕事を請け負う手もありますが、最近では「クラウドワークス」などのクラウドソーシング(ネット上で仕事の受発注ができるサービス)を活用して、未経験からWEBライターの仕事に挑戦することも可能です。

イラストレーター

イラストレーターとは、本や雑誌、カタログや図鑑などの印刷物のほかに、ウェブなど電子媒体に掲載するイラストを描く職業です。センスを駆使して得意な技術を生かして描けるのが魅力ですが、仕事として描く場合、発注者の依頼内容を十分理解した上で、それに応じて上手く描き分けられる柔軟なテクニックが必要とされます。

また、最近ではコンピューターの技術も必要とされます。紙の上に描いた絵をコンピューターに取り込み、色づけはコンピューター上で行なうこともあるし、最初からコンピューター上でイラスト作成を依頼されるケースも増えてきています。

イラストレーターとして活動している人の多くがフリーランスですが、そのほか、編集プロダクションや広告制作会社、デザイン会社やイラストレーター事務所、あるいはウェブ制作プロダクションなどに社員や契約社員として就職している人もいます。こうした会社ではほとんどは不定期での採用募集となっています。どちらにせよ、作品を持ち込んで、作風や人柄を理解してもらうプレゼン能力が必要となりますし、共同作業ができる能力も必須となります。また、イラスト創作経験や実績があるとさらに有利といえるでしょう。学歴や資格は問われない一方、収入は決して安定している職業とはいえません。

日本酒製造工

日本酒製造工の仕事は、伝統的な製法を守りながら日本酒を作ることです。以下は概要と解説です。

  • 玄米から麹を作り、酒母をつくり、日本酒をつくる
  • 一部工程は機械化や大規模化が進んでいる
  • 高品質の日本酒は伝統製法を守る
  • 若手の伝統製法の受け継ぎが求められている
  • 日本酒づくりは11月から来年3月までの期間で行われるため節労働者が多い
  • 酒造会社では世襲や縁故による後継者育成が一般的

日本酒製造工程は伝統的な製法を守り、高品質な日本酒を作る仕事です。

この仕事では若手の伝統製法の受け継ぎが求められています。

日本酒の製造は特定の期間に行われるため、季節労働者一部の酒造会社では後継者の育成が世襲や縁故採用で行われていますが、全体的には高齢化が進んでおり、若手のニーズが高くなっています。伝統と技術を重視する人が向いています。

ウイスキー製造工

ウイスキー製造工の仕事はウイスキーの製造工程を担当することです。以下は概要と解説です。

  • ウイスキーは原材料から発酵・蒸留・樽熟成・貯蔵という工程を経て製造される
  • ウイスキー製造工程の頂点にはブレンダーがおり、様々な原酒をテイスティングして最終商品にブレンドする役割を担う
  • メーカーに就職するためには食品化学や醸造学を学び技術を磨く必要がある
  • ウイスキーの製造は手間と時間がかかる
  • 多くの人に愛されるウイスキーを生み出す仕事はやりがいがある
  • 大手メーカーが主流であるが、最近では地方のウイスキーメーカーも増えている

ウイスキー製造の仕事はウイスキーの製造工程を担当することであり、ブレンダーとして頂点に立つことが目指されます。

ウイスキーの製造には専門知識が必要で、食品化学や醸造学を学ぶことで技術が磨かれます。

ウイスキーの製造は時間と手間がかかりますが、多くの人に愛されるウイスキーを生み出すことにやりがいを感じます。

大手メーカーが主な就職先ですが、最近では地域のウイスキーメーカーも増えていますウイスキーの製造に興味がある人や独自のブレンドを追求したい人に向いています。

ホームヘルパー

ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする人に心身の支援をし、自立した生活を送れるようにすることです。以下は概要と解説です。

  • ホームヘルパーは高齢者の自宅に訪問し、介護訪問として心身の手助けをします。
  • 勤務先は訪問介護サービス事業所で、ケアプランを参考に利用者や家族と相談しながら介護サービスを提供します
  • ホームヘルパーとして働くには介護職員初任者研修を受け、都道府県知事が指定した機関で認定を受ける必要があります
  • 研修カリキュラムは全国ホームヘルパー協議会のホームページで確認できます
  • 実務者研修を受けると介護福祉士の受験資格が取得できます

ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする人の自立支援を行うため、抜けてる人にも向いています。

介護職員初任者研修を受け、認定を受けることが必要です。

研修カリキュラムは全国ホームヘルパー協議会のホームページで確認できます。

実務経験を積んで実務者研修を受ければ介護福祉士の受験資格も取得できます。

ヘルパーの仕事は高齢者の自宅を訪問するため、人のコミュニケーション能力や思いやりの心が求められます。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーは、在宅介護サービス会社や訪問介護サービス会社、老人ホームや障害者施設などの福祉施設や病院などに勤務して、移動介護サポートを行なうのが仕事です。移動介護従事者とも呼ばれています。

ガイドヘルパーになるには、基本的にホームヘルパー(介護職員初任者)や介護福祉士の資格を持っていることが前提で、都道府県や政令指定都市が指定する「ガイドヘルパー養成研修」を修了することで認定されます。ガイドヘルパーの研修には同行援護従業者(視覚障害者ガイドヘルパー)、全身性障害者ガイドヘルパー、知的・精神障害者ガイドヘルパーの3つのコースがあります。研修内容などについては、養成講座のある専門学校や各都道府県の窓口に問い合わせてみましょう。

自動車製造工

1台につき2万点以上といわれる部品を組み立てて自動車を完成させるのが自動車製造工の仕事です。工場の自動化が進むなどの影響で必要とされる人員の数は減っていますが、今後も現場の戦力として求められる職種であることは間違いありません。

専門学校などで自動車の基本的な構造や関連する技術についての知識を学んでおけば就職に有利ですが、大手自動車メーカーが出している期間工の求人であれば、未経験・年齢不問で働けることもあります。

自動車製造工の仕事は「マニュアルに沿って車を組み立てていけばOKな仕事な割に給料は高い」という意味で、考えることや対人コミュニケーションが苦手な人にとっては精神的に楽な仕事の一つだと言えるでしょう。

プレス工

力をかけて金属を変形させ、さまざまな金属製品や部品を製造するのがプレス工の仕事です。自動車をはじめ、さまざまな製品にプレス加工された製品や部品が使われており、生産現場を支えています。プレス工はプレス機械を操作して金属材を加工し、同じ型の金属部品を短時間で大量生産しますが、プレスする型のデザインや設計はコスト面も含めて考えなければならず、高い技術が必要となります。

プレス工になるには、資格はとくに必要ではありませんが、プレス機械作業主任者技能講習などを修了していると就職に有利になります。プレス加工を行なっている工場に就職後、必要とする技術は働きながら習得できます。そのほか、都道府県労働局長登録教習機関で実施している「プレス機械作業主任者技能講習」や「床上操作式クレーン運転技能講習」などを修了しているとさらに就職に有利となるでしょう。

溶接工

工場や建設現場において、接合部を一時的に溶かして部品同士を接合させるのが溶接工の仕事です。働き先は機械などを生産する工場や船舶をつくる造船所、鉄骨を組み上げる建設現場などになります。
溶接の技術には、接合する素材の種類や溶接に使用する機材によってさまざまな種類があるが、よく使われているのが金属部品の溶接に使われるアーク溶接とガス溶接です。これらの技術について「労働技能講習協会」の講習会などで講習を受け、修了証を手に入れておくと良いでしょう。

自衛官

自衛官という仕事をご存知の方も多いかと思いますが、公務員として国を守るために日頃から訓練を行ったり海上の警備に励む仕事です。自衛隊は「陸上自衛官」「海上自衛官」「航空自衛官」に分かれ、そのいずれかに配置されることになります。
自衛官の仕事というと難しいイメージがありますが、最近では年齢制限が35歳までとなっており、一般曹候補生としては未経験からでも就職しやすくなっています。また、自衛官は大きな組織で典型的な訓練以外にも後方支援や一般職相当の仕事も大量にあるため、誰でも活躍できるという意味では「無能でもできる簡単な仕事」と言えるでしょう。
ただし、寮暮らしの必要があったり、集団生活の中で規則正しい生活を送るなど、最低限の規律を守る必要がある点には注意が必要です。

警察官

人々の暮らしの安全を支えるために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪や交通の取り締まりなどを行なうのが警察官の任務です。警察官の職種は以下のように大きく6つに分けることができます。

まず『地域警察』は交番や駐在所で24時間、交替制勤務で管轄地域の 安全と治安を守るのが仕事です。パトロールや巡回連絡、地理案内、遺失・拾得 届の取り扱い等、地域警察の任務は多岐にわたります。警察学校を卒業した警察官の大半が交番や駐在所で初めて任務を遂行します。

次に『交通警察』ですが、交通事故死亡者数を減少させることが交通警察の最大の目標となっています。交通取り締まりを中心に、交通ルールの重要性をドライバーや子どもたちに指導するなど、安全教育にも力を注いでいます。そして『刑事警察』は事件発生とともに現場に急行し、鑑識係員とともに綿密な現場検証を行ないます。証拠資料を収集し、同時に被害者や目撃者 等の話を聞き取り、有形・無形の証拠をひとつひとつ積み重ねた結果、 犯人を割り出して検挙するのです。

そのほか『生活安全警察』は、ひったくりや空き巣、振り込め詐欺、わいせつ物や賭博事犯、危険物やゴミの不法投棄といった公害問題事犯の取り締まりなど、生活安全警察の活動範囲が非常に広くなっています。そして『組織犯罪対策暴力団』は、来日外国人犯罪組織、薬物・銃器の密輸、密売グループ等の犯罪組織を取り締まっています。最後に『警備警察』は、デモの整理や、違反行為が発生した際の事態の収拾、暴徒の鎮圧にあたっています。いずれにせよ、正義感や責任感が強く、体力のある人が警察官に向いており、近年は女性警察官の活躍も求められており、刑事課などに配属される人も増えています。

警察官になるには、各都道府県で行なわれる警察官採用試験に合格する必要があります。試験はI類、I類とIII類に区分され、それぞれに年齢や学歴の制限があります。また、身長や体重、視力などの基準も満たしていなければならないので、受験資格をよく確認してから応募しましょう。採用後は警察学校で研修を受けることになります。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

抜けてる人に向いてない仕事

逆に抜けてる人には向いていないであろう仕事について、ご紹介していきます。

事務職

事務職は効率よく正確に作業をこなす能力が求められるため、抜けてる人には不向きかもしれません。とくに経理の仕事では、会社の売上や経費を一部でも誤って入力すると全体のミスにつながるため、抜けてる人にとってはプレッシャーも大きくなってしまいます。

税理士

税理士は、事務職が行う経理の仕事に加え、他の会社の決算書や帳簿で細かい数字とにらめっこしてミスを見分ける必要があるため、抜けてる人にとっては過酷な仕事になるかもしれません。

また、国家資格が必要で税理士になるまでには時間がかかるため、抜けてる人が時間をかけてまで目指す必要は低いと言えるでしょう。

銀行員

銀行員は、お客および社内のお金の管理から計算を行う必要があるため、これも抜けてる人にとってはミスにつながりストレスの多いものとなることが予想されます。加えて、お客相手に複雑な金融商品の説明をする能力も求められるため、対人対応のストレスも生じます。

以上のように、一個人のミスが全体の大きなミスにつながるような仕事は、抜けてる人にとっては不向きな可能性が大きいです。

この項目のまとめ:向いてない仕事は無理に続けないことも大事

向いてない仕事に無理して就くことや続けることは、自分を苦しめるだけの結果になりやすいので注意が必要です。

自分に本当に合った仕事を見つける上では、逆に自分に向いてないと言える職業を避けることも重要な考え方です。もし、自分に向いてない仕事を避けて安定した職業に就きたかったり、今の仕事が向いてないと悩んでいるなら、転職活動を行うことをオススメします。

とくに、20代の方は未経験職へのやり直しがしやすい時期なので、向いてない仕事を無理に続けたり、今までの経歴に縛られて選択肢を狭めるよりは、未経験職へチャレンジした方が将来性の高いキャリアを歩みやすくなります。

経歴やスキルがないうちは
向いてない仕事は避けて
将来性の高い職業に就いて
市場価値を高めましょう!

もし読者が20代の方で、向いてる仕事を探しているものの経歴やスキルが十分でなく、そもそもの応募資格がなかったり、内定をもらう自信がないなら、20代向けの就職/転職支援サービスを活用しておくのがオススメです。

たとえば、ハタラクティブという転職サービスでは、20代であれば経歴不問でサポート対象となり、適職診断を行った上で数多くの未経験職の求人を紹介してくれ、応募から内定まで無料でサポートしてくれます。

また、ハタラクティブは最短2週間での転職実績もあるほどスピーディーで、面倒な履歴書・職務経歴書の作成なしで面接までたどり着けるので、効率的な転職活動が可能です。

ハタラクティブでは
適職診断も受けられるので
仕事選びに迷っているなら
試しに相談してみよう!

同様に、20代向けの就職/転職支援サービスとして長い実績を持つ「いい就職ドットコム」もオススメです。

いい就職ドットコムは、マイペースで向いてる仕事探しをしたい人向けです。キャリア相談から求人閲覧に加え、充実したセミナー開催や最新の業界情報など、登録することで多彩なサポートや機能を利用できます。

自分のペースで適職探しをするなら
いい就職ドットコムを
使っておきましょう

また、いい就職ドットコムの特徴として徹底したブラック企業排除の方針があるので、向いてる仕事以前の安定性のない職業や企業を避けられるという意味でも、使っておく価値ありです。

【当サイト限定情報満載】本当に向いてる仕事に就くための具体的な行動指針

「向いてる仕事に就くためには何から始めればいい?」
「適性があっても本当にその仕事に就けるかわからない…」
「適職診断をしても行動できずに終わる…」

ここまでお読みの方で、このように悩んでしまい、具体的なアクションにまで落とし込めない方も少なくないかと思います。

「転職サイトに登録して

求人情報だけ見て終わり…」

で、行動できない私みたいです

そこで当サイトでは、最後までお読みいただいた熱心な読者に対して、数ある転職サービスをより効果的に使いこなすためのコツと具体的な行動指針について、細かく解説していきます。

転職活動や適職探しは

一朝一夕で進められるものではないので

これから紹介する情報を参考に

自分に合った転職計画を立てましょう

役に立つ情報だと思ったら
このページをブックマークしたり
再訪問したりしながら

色んな転職サービスを有効活用してくれ!

適職診断ツールを使って自己分析や職務経歴書作成を進める

転職活動において重要となるのは「自分を知ること」つまり「自己分析」です。

なぜ、自己分析が重要かというと、

  • 自分の特性や性格を自己認識できる
  • 自己認識することで言語化しやすくなる
  • 言語化しやすくなることで職務経歴書作成や自己PRも進めやすくなる

など、後々の転職活動もスムーズになるからです。

一方で、自己分析が不十分ですと、

  • 自分の特性や性格を説明できない
  • 自分の就きたい仕事のイメージが固まらない
  • どの職業が自分に合っているかも判断できない
  • 志望動機が不明瞭なので不採用が続く

など、転職活動に難航したり、向いてる仕事を見つけ出しにくくなります。

とは言え、自己分析は1人で悩んで考えているだけでは意外と進まないことも多く、時間も長くかかります。また、多くの転職サイトや転職エージェントでは、適性よりも今までの経歴によって機械的に紹介求人が選ばれる傾向にあるため、自己分析に関するサポートは弱めの傾向にあります。

よって、自己分析を進めるには、以下の方法をオススメします。

  1. 専門的な診断ツールを用いて自己分析を進める
  2. 専門書を読んで独学で自己分析を進める
  3. キャリアコーチングで自己分析サポートを受ける

まずオススメしたいのは、診断ツールの充実している「ミイダス」という転職サイトにて、各種診断ツールを利用してみることです。

ミイダスには主に以下のような診断ツールが搭載されています。

  • 市場価値診断
    転職を成功させることで期待できる年収値を測定できる。
  • コンピテンシー診断
    全147種類の職種から適性を10段階でスコア化。職場環境ごとの適性や上司との相性診断もあり。
  • バイアス診断ゲーム
    バイアス=思い込み。自分の無意識の思考のクセや行動特性を診断することで、意外な適性や欠点まで自己分析できる。

また診断ツールだけでなく、スカウト求人が届いたり、企業求人を検索できるなど、転職サイトとしての機能もしっかり搭載されています。

ミイダスは個人情報の入力不要
診断ツールも無料で利用できるので
気になったらぜひ登録してみてください

ミイダスについて詳しく知りたいなら

以下の解説記事も参考にしてくれ!

キャリアコーチングサービスを利用して適性を深掘りする

自己分析を進めるにあたって、適職診断や読書だけに頼ると問題となるのが「他者からの評価やフィードバックが得られない」という問題です。また、転職エージェント系のサービスでは、簡単なヒアリングや求人紹介は行ってくれる反面で、自己分析に関するサポートは求職者側で行わないといけないのが現状です。

ですので、本格的に自己分析を行ってより適性を深く理解して、今後のキャリアをより良いものにしたいなら「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスの利用を推奨します。

キャリアコーチング系のサービスでは、

  • 心理学などの専門知識をもとにより深い自己分析を行ってくれる
  • 長期的な視野で将来を見据えたキャリアプランを練ってくれる
  • 適職の見つけ方や企業選びの知見が身につく

など、総じて言えば「自分自身が自分の力で最適なキャリアを選べるようになる状態」を目指すサービスだと考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

キャリコーチングを受けることで
数ある転職情報や求人に惑わされず

自分の軸でキャリア選択ができる

基礎的な能力が身につきます

文中でも何度も強調している通り、本当に向いてる仕事を見つけ出すのは至難の業です。

一方で、転職が当たり前となりつつ現代社会においては、自分自身で適職を見つけ出して転職を成功させる能力を身につけておくことは「一生物のスキル」ともなるとも言えます。

なお、キャリアコーチング系サービスは転職エージェント系サービスと異なり、本格的に利用する際は有料であることが大半ですが、初回の相談は無料で受けられることも多いため、適職選びで悩んでいるなら試しに活用してみる価値はあるでしょう。

弊サイトでオススメしているキャリアコーチング系サービスは「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、心理学などの専門知識をベースにした体系的なアプローチによって、利用者個人個人に合わせたサポートを行い、本当に自分に向いてる仕事を見つけ出したり、先行きの不透明なこの時代において「迷わないキャリアの軸」「将来性の高いキャリア計画」を設定するサポートを行ってくれます。

それってやる意味や価値は

本当にあるんですか?

このように疑問を抱かれている方も多いかも知れませんが、前述の通り、転職活動を始める前に自己分析を深く行い仕事選びの基準を固めれば固めるほど、その後のキャリアで失敗する確率を下げられ適職に出会いやすくなります。

一方で、自己分析不十分のまま転職活動を始めると、向いてない仕事や合わない会社に入社してしまうリスクが高まったり、転職エージェントに提案されるがままに応募するだけになり自分の意志や本音を見失う結果にもなりかねません。

ですので、とくに自分の適性を発揮できる仕事や本当にやりたい仕事に就きたいと感じているなら、転職エージェントや転職サイトで求人探しを行う前に、キャリアコーチングにて徹底して自己分析を行う…という順序で転職活動を進めることを推奨します。

なお、ポジウィルキャリアは初回の相談(カウンセリング)は無料で、LINE登録からの相談も受け付けています。

キャリアコーチングというサービス形態自体がまだまだ広く浸透していないため馴染みのない読者の方も多いかもしれませんが、今後、主流となる転職方法の1つとなるポテンシャルのあるサービスですので、適職探しで悩んでいる方はこの機会にぜひお試しください。

業界分析や企業研究を通して就きたい職業への解像度を高める

「自分が何をしたいか?」だけではなく「どの業界へ転職したいか?」「自分が活躍できる企業はどういった企業か?」といった視点も大切です。

そんなこと言われても

入社してみないと

業界や企業のことなんて

わからなくないですか?

このように疑問に思われている読者の方も多いでしょうが、こういった疑問を解消できるのが「業界分析」「企業研究」を通して、転職市場や求人傾向について詳しくなるという方法です。

たとえば、業界分析を通して特定の業種に詳しくなることで「国家資格がないと就けない職業」「未経験からでも見習いからの採用が行われている職業」の違いがわかるだけで「資格取得を優先するべきか?先に転職してから勉強するべきか?」の正確な判断ができるようになります。

ただし、業界分析や企業研究を専門でサポートしてくれる目立ったサービスはないので自力で行う必要があるので、これも自己分析と同じく困難になる可能性があります。

一個人でできる業界分析・企業研究の方法としては、以下の例となります。

  • 業界地図などを購入して全体像を把握する
  • 転職サイト/エージェントに掲載されている企業レポートを読む
  • 企業の決算書やIR情報などから企業研究を進める
  • 特定の業界に強いエージェント担当者から情報を仕入れる
  • 業界専門誌を読んでおく

就きたい業界自体が決まっていないなら「業界地図」という本で多くの業界を網羅的に把握しておくといいでしょう。

また、キャリアが浅く経歴自体が不十分なため現実的に職業選択肢が限られるため業界分析に時間をかけるとかえって非効率であったり、業界分析や企業研究を適切に行う調査・分析スキルがないと情報に振り回されかねないリスクにも注意が必要です。

どれもかなり難しそうですね…

実際にリサーチャーや
人材会社営業職相当の

調査・分析スキルが必要だから

無理にやらないのも重要だぞ

業界分析・企業研究はかなり時間も労力もかかるため、

  • まずは転職サービスにて求人傾向だけ把握しておく
  • 業種選びで迷った場合は業界地図を参考にする
  • 絶対に外せない企業への応募の際は企業研究を徹底する

あたりを意識しておくといいでしょう。

また、現実的には転職の際は「職種(≒身につけたスキルや経歴)」によって紹介求人が決まることが多いため、業界分析をせずとも問題なく転職活動を進めることもできます。

前述のキャリアコーチングサービスであったり、後ほど紹介する20代向け就職支援サービス/転職エージェントなどで求人情報を見ながら、気になる業界があったらその都度自分で調べて知識を深めていく方向性で問題ないでしょう。

なお、AI診断で適職を診断してくれるアプリ「ASSIGN」では、大手企業求人を多数紹介してもらえるため、そこから「自分に適性がある業界(価値観の近い人が多い業種や企業)」を見分けやすくなります。

こちらのASSIGNも、ミイダスやポジウィルキャリアとは別のアプローチとなる「キャリアの選択肢を可視化」「キャリアのシナリオ」というコンセプトで、求人情報以外の豊富なキャリアの選択肢を提示してくれるため、向いてる仕事を探している方にご紹介しております。

【20代限定】未経験向け求人多数!20代向け就職支援サービスへ相談する

そもそも、向いてる仕事がどうこう以前に、

  • 適職を選べるほどの経歴やスキルがない
  • 自分に合った仕事を判断できるほどの経験がない
  • 収入を得たり経験を積まないと選べる仕事の選択肢も少ない

という状態になりやすい20代の若手人材は「適職よりも現実的に就ける職業」「待遇や条件がそこそこで将来性にも期待できる職業」と、現実的な選択を行う必要があります。

中でも学歴や経歴が少ない人は20代向けの就職支援サービスへ相談しておくほうが、経歴がある人向けの情報やサービスに振り回されずに済むでしょう。

20代の中でも、とくに以下のような経歴の人は20代向け就職支援サービスの主なサポート対象となります。

  • 既卒:就職先が決まらずに卒業してしまった
  • 第二新卒:卒業後3年以内に離職
  • 非正規経歴が長い:フリーター、派遣、契約など
  • 学歴に難あり:大学中退、高卒、専門卒など
  • スキルや経験が少ない:教わらずとも即戦力となれるほどの職務経験が少なめ

経歴に自信がない20代の方は

向いてる仕事かどうかよりも

現実的に就ける職業から選びましょう

20代向けの就職支援サービスは、以下の3つがオススメです。

▼20代向け就職支援サービス

UZUZ(ウズウズ):親身な対応が強み。面談に平均20時間かけて利用者に合わせた丁寧な対応を行ってくれる。担当者も既卒・第二新卒など若手で挫折経験があることが多いため、利用者目線に期待できる。→ウズウズの解説記事
ハタラクティブ:最短2週間での転職内定実績あり。登録後に適職診断あり。求人の種類や数が多め。→ハタラクティブの解説記事
いい就職ドットコム:20代向け就職支援サービスの老舗。求人サイト併合型で、面談以外にもセミナー開催など様々なサポートあり。ブラック企業排除方針も明確。→いい就職ドットコムの解説記事

20代向け就職支援サービスについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

スキルアップを行い適職に就ける能力を身につける

自分に向いてる仕事が見つかったとしても、スキルや経験がなければ適職に就けないことも多々あります。

ですので「これだ!」と思える職業を見つけたら、その仕事に就くために必要なスキルや資格などを把握しておきましょう。

興味のある仕事は見つけたけど
何から学べばいいかすら

わからないかも…

もし、読者がこのようにお悩みなら、適職診断を行った上でその仕事に就くための道筋を示したりスキルアップ支援も行ってくれる「Worx(ワークス)」を紹介します。

Worx(ワークス)は、異業種転職を実現する次世代型転職エージェントで、初回相談後に適職診断を受けた上で、自分に向いてる仕事に就くためのスキルアップ支援講座も用意してもらえるため、業界分析やスキルアップを行った上で無理のない異業種転職が可能となります。

また、Worx(ワークス)で紹介する職業には、IT/WEB系など将来性が高く、需要の高いIT系スキルと知識も身につくため、今のキャリアから抜け出したい人には大きな可能性があると言えます。

WorXなら半年~1年ほどの

余裕を持った転職計画となるため

適職探しをしている人にピッタリです

Worx(ワークス)では、スキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、とくにIT/WEB系の職種に興味がある人はこの機会に相談してみるといいでしょう。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

Worx(ワークス)の詳細は

以下の記事でも解説してるぞ

転職エージェントを利用して求人紹介や転職サポートを受ける

最後に、人材業界でも主流のサービス形態となっている「転職エージェント」について紹介していきます。

転職エージェントとは、転職を希望する求職者と採用を希望する企業を仲介するサービスの総称です。

一般的な流れとしては、登録後に求職者の希望条件やスキルをヒアリングし、それに合った求人を紹介します。また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などのサポートも行います。

転職サイトの違いは、担当者となるキャリアアドバイザーが仲介するかどうかが大きなポイントとなります。

よって、転職エージェントを有効に使えるかどうかは、

  • 自分の希望する業種や職種に詳しい人が担当者につくか?
  • 担当者と相性が良いか?
  • 担当者に優遇してもらえるような経歴があるか?
  • 会社全体で保有している求人と自分の経歴・希望が合致するか?

など、転職エージェントの担当者次第になる部分があります。

また、転職エージェントと言っても、初回面談は行うものの転職サイトとさほど大差がない場合もあります。

たとえば、大手人材会社の運営する「doda(デューダ)」は転職サイト+転職エージェントの併合型ですし、「リクルートエージェント」も初回の面談以降、送られてくる求人に応募しない限りは担当者の対応もそこまで期待できません。

転職エージェントを効果的に使うなら

担当者次第なところもあるんですね…

なお、転職エージェントは内定時に企業側が報酬を支払うビジネスモデルなこともあり、求職者側は完全無料で利用できることが大半です。

転職エージェントは、数多くのサービスが登場しておりそれぞれに特徴や求人傾向がありますが、当サイトでは以下の3サービスを厳選して紹介いたします。

LHH転職エージェント

多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は60万件以上の求人を扱っています。

オススメする理由は、単純に求人数が業界最多なのと、スピーディーに登録から求人紹介まで完了するため、非公開求人を閲覧したり他エージェントとの比較用に登録しておく価値があるからです。

一方で、業界最大手ということもあり、登録後も担当者のサポートが手厚いわけではなく、求人の応募期間も短くじっくり転職活動する分には不向きなので、あくまで参考程度に利用しておくのがオススメです。

リクルートエージェントの登録はこちら
【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
タイトルとURLをコピーしました