ニートにオススメの楽な仕事を厳選紹介!したい仕事がない人でも向いてる仕事が必ず見つかる!

「ニートだけど向いてる仕事が見つからない…」
「ニート期間が長いのでできれば楽な仕事に就きたい…」

そう悩んでいませんか?

ニートでなくても、できれば楽な仕事に就きたいというのが大半の人の本音です。
決して、楽な仕事に就こうとする姿勢は悪いものではありません。

ですが「何が自分にとって楽か?」は人によって変わります。
たとえば、人と話すことが苦でない人には営業の仕事は楽に感じる一方で、人と話すことが苦手ならキツイ仕事に感じることでしょう。

大切なことは「何が自分にとって楽か?」を見極めることです。

このページでは、悩めるニートの方々に、楽だと感じてもらえる可能性の高い仕事をまとめてご紹介してきますので、ぜひ最後まで読んでみて自分が就きたい仕事を見つけ出してみてください。

▼就職先選びに迷っている方へ

「経歴に自信がないのでいい就職先が見つからない…」
「やりたい仕事や向いてる仕事が見つけられない…」
「一人でアレコレ悩んで何もできないまま…」

そうお悩みの方に朗報です。

当サイトでオススメしている「いい就職ドットコム」では、20代の若手向けの就職・転職サポートを行っており、気軽な相談から実際の就職サポートまですべて無料で行ってくれます。

経歴に自信がない未経験者であっても、正社員として雇ってくれる優良企業を紹介してくれるため、就職先選びに悩んでいるのであれば、登録しておくだけもいい就職先と出会える可能性がグッと高まります。

また、いい就職ドットコムではブラック企業徹底排除に取り組んでおり、紹介先も正社員求人限定なので、安定した企業に就職したい人でも安心して利用できます。

いい就職ドットコムに一度登録すれば、あとはメール返信や電話相談に応えるだけで就職活動が進むため、やる気がない人でもとりあえず登録しておくだけ損はありません。
就職先探しに迷っている20代の方は、ぜひこの機会にいい就職ドットコムをチェックしてみてください。

→いい就職ドットコムを見てみる

ニートにとって楽な仕事の条件とは?

まずは「ニートにとってどんな仕事が楽か?」という条件からご紹介していきます。

よくあるニートの就職失敗例としては「楽な仕事=給料が高くて暇な時間が多い仕事」「楽な仕事=複雑な知識が要らずに頭を使わない仕事」と短絡的に考えてしまうことです。
このことで、自分の中の楽な仕事のイメージに固執してしまい、本当に自分にとって楽で向いてる仕事を見落としてしまう危険があります。

ですので、まずは「具体的に楽な仕事とはどういうものか?」を明確にするためにも、楽な仕事の条件からお伝えしていきます。

過酷な環境や勤務形態でない仕事

楽な仕事の反対は「過酷な仕事」だと言えます。

過酷な仕事とは、24時間中出動の可能性がある「消防士」の仕事や、徹夜で張り込みする必要のある「記者」の仕事などが代表例です。体力に自身がある方であれば、過酷な仕事もこなせるかもしれませんが、そうでない方にとっては厳しい仕事になることは間違いないでしょう。

「勤務形態」にも着目する必要があります。

「二交代制」と呼ばれる昼夜逆転で出勤することの多い「製造業」であったり、24時間営業している「コンビニ店長」、転勤の多い「自衛官」など、職種や業界によって仕事での制限がプライベートに与える影響も大きくなるという点に注意を払う必要があります。

最後に「雇用形態」も、楽な仕事を見極める上で重要です。

たとえば、一般的に楽だとイメージされやすい「アルバイト」の仕事であっても、社員がアルバイトに仕事を丸投げする環境であれば実施的に社員相当の仕事をこなしてもアルバイト並の給料しかもらえないのであれば、決して楽とは言えないはずです。

逆に言えば、正社員の方が給料が高い上に楽だと感じやすい仕事もたくさんあるため、雇用形態によって楽か楽じゃないかを決めつけないようにしておきましょう。

とくに将来性を考えるのであれば、非正規雇用よりは正社員の方が何年後かに楽になる可能性が高いです。

人間関係が良好な職場での仕事

仕事を楽と感じるかどうかには「職場の人間関係」も大きなポイントとなります。

たとえば、上司が部下の話をしっかり聞いたり指示を出す職場であれば、未経験のニートでも仕事がしやすく楽だと感じやすいことでしょう。逆に、上司が放任主義で平気で部下に丸投げするような職場であれば、ニートでもなくても仕事がやりにくいと感じるはずです。

また、上司だけでなく同僚や先輩など、働く人の年齢層や性別、価値観や経歴などによっても人間関係に差が出てきます。ニート経験のある人が多数いる職場であれば、入社後に自分のことを理解してくれる人がいるかもしれませんが、新卒採用や即戦力採用の経験しかない職場であれば、ニートに対しても過剰な仕事を振ってくるかもしれません。

ただ、残念ながら入社前に職場の人間関係を完全に見分ける方法はない点には注意です。

ですが、面接段階で面接官の雰囲気や話し方から自分に合うかどうかを見極めたり、退職者の口コミの投稿されているサイトであったり、過去の採用実績に関するデータからも読み取れる事前に会社の人間関係がどのようなものか想像することはできます。

もし、そこまで判断するのが難しいと感じていたのであれば、シンプルに「直接連絡した時の対応や、面接時の印象」を一番大事にしておくといいでしょう。逆に、ホームページ情報や求人情報は、その会社ではなく他の会社が情報を編集してその会社や働く人のイメージとは違うことも多い点にも注意です。

教育や研修のしっかりした業界や会社での仕事

ニートの方が仕事に探す上で、一番不安なのが「自分にもできるのか?」「即戦力を求められて対応できるのか?」という点でしょう。

この不安を埋める上で一番手っ取り早いのが「教育や研修がしっかり行われている業界や会社を選ぶ」というシンプルな方法です。

求人情報をしっかり見るとわかりますが「入社後一ヶ月は研修」など、研修や教育がしっかりしている会社ほど事前に説明することが多めです。逆に教育や研修制度について明言してない会社は、上司や先輩がしっかり教えてくれる人か否かで、入社後にしっかり仕事を教えてもらえるかどうかが変わってしまうため、危険度が上がります。

ただし、多くの企業が新人に教える余裕がないのも実情ですし、業界によっては「現場で覚えろ!」ということも多いため、研修や教育制度に過度な期待は禁物です。

どうしても会社側の研修や教育に期待するのであれば、就職斡旋まで行っているスクール系のサービスを活用したり、職業訓練校に通うなど、働く前に勉強するという選択肢も考えておきましょう。

自身のスキルや経歴が活きる仕事

最後に紹介したい楽な仕事の条件が、自身のスキルや経歴が活かしやすい仕事ということです。

たとえば、ゲーム攻略が異様に早く潜在的に分析能力が高い人であれば「アナリスト」などの仕事を行った方が、世間的に難しいイメージがある仕事でも関わらず、本人的には楽な仕事と感じやすいかもしれません。

ニートの方でも理系卒で高度な専門知識があるなら、メーカーや公共機関などの技術開発職に勤めた方が、下手に妥協して間口の広い仕事に就くよりは楽に活躍できる可能性は高まります。

ただし、これは見極めるためにはより深く自分を知る必要がありますし、世の中の仕事で求められる能力も正確に捉える必要があるという点で、ニートの方にとってはかなり難易度が高いものとなります。ですので、ニートの段階ではそこまで求めなくても良い条件と言えるでしょう。

あくまで、経済的な余裕やしっかり仕事を選ぶ余裕があるなら、より自分の適性が活かせる仕事を探してみつつ、経験者や専門家の意見も聞いてみる機会も設けてみましょう。

ニートにオススメの楽な仕事18選

集金人

集金人とは、商品代金やサービス等の使用料金を個別訪問によって回収する仕事のことで「新聞代金の集金」「NHK代金の集金」が代表的な例です。年金などを徴収する「社会保険料徴収係員」という仕事もありますが、国家公務員試験に受かる必要があるのでやや難易度が高くなる分、公務員としての安定性が得られます。

集金人の仕事は、商品の販売元の支店支社、または関連する委託会社が担当していることが大半なので、意識して探してみるといいでしょう。

集金人と似たようなセールス(営業)と違い、物を売る営業能力や訪問先を選ぶ分析力が求められず、既に契約した訪問先に集金しに行くだけの仕事なので精神的に楽な仕事の部類だと言えます。

検針員

検針員は水道、ガス、電機の計量器を見て使用量を計測する仕事です。担当地区を車やバイク、徒歩などで回ることになります。

月前半約20日間が検針日、2日程の調整日が稼働日、残りは休日に割りあてられることが多いため、休日日数も多めです。収入目安は月15万~20万円ほどで、時給ではなく検針件数による歩合制で給料が決まることもありため、本人のモチベーション次第ではより稼ぐことも可能です。

対人コミュニケーションが必要なく、検診作業するだけで済むので精神的に楽

ルート営業

ルート営業とは、すでに会社が契約済みの顧客や取引先相手に訪問したり御用聞きを行うことが主となる仕事です。新規営業と異なり、見知らぬ相手に売り込みを行う必要がないため、楽な場合はとことん楽な仕事として知られています。

とくにルート営業の中でも「官公庁などの公務員が主な取引先になる会社」「企業が扱う商品(生産財)を販売している会社」などは、営業相手にも穏やかな人物が多くて精神的に楽だと感じやすいはずです。

広い意味では前述の「集金人」「検針員」もルート営業に含まれますが、これらは一般人を相手にすることが多い分給料は低めですが、その分、就職ハードルが低い点がポイントです。

一口に「ルート営業」と言っても会社の扱う商品やサービス、取引先によって仕事内容は変わってきますが、企業や業界を選べば年収も高い上に精神的に楽な夢のような仕事がルート営業だと言えるでしょう。

勤める企業や取り扱い商品、取引先を見極めれば給料も良い上に精神的に楽

グラウンドキーパー

野球場やサッカー場のグランド整備を仕事をしている人たちのことを「グランドキーパー」といいます。また、 ゴルフ場やサッカー場などで主に芝生のメンテナンスをする人は「グリーンキーパー」とも呼ばれています。

グラウンドに使う特別な土の調達や天然芝の育成管理したり、人工芝の保護管理したりと、選手が全力でプレーできるように、常にグランドを万全の状態に維持するのがグラウンドキーパーの役割です。

グランドの整備作業が大半なので頭を使ったり対人対応がなくて精神的に楽

林業従事者

森林を育成したり、間伐するなどして良質な木材を生産する仕事に携わるのが林業従事者です。

下草を刈ったり、不要な枝を切ったり、チェーンソーで間伐を行ったり、フォークリフトを使って切った木を運んだりと、主な仕事内容は森林の育成や整備で、仕事の幅は非常に広いと言えます。

今後、国土保全や自然環境保全の価値の高まりから需要が高まると予想され、林業従事者の高齢化に加え、後継者不足に悩んでいる現状があるため、採用ハードルは低めの傾向。

造園師

植木の剪定(せんてい)や、害虫から草木を守るための消毒、成長を促すための移植や肥料管理など、庭を最適な状態に維持するための手入れを行うのが造園師の仕事です。

取得が義務付けられた資格はありませんが、造園に関する国家資格である「造園技能士」や「造園施工管理技士」を持っていると就職に有利になります。

造園師は「庭師」「植木職人」とも呼ばれ、個人規模の事業から大きな造園会社まで様々です。

自動車製造工

1台につき2万点以上ある部品を組み立てて自動車を完成させるのが自動車製造工の仕事です。工場の自動化が進むなどの影響で必要とされる人員の数は減っていますが、今後も現場の戦力として求められる職種であることは間違いありません。

専門学校などで自動車の基本的な構造や関連する技術についての知識を学んでおけば就職に有利ですが、大手自動車メーカーが出している期間工の求人であれば、未経験・年齢不問で働けることもあります。

自動車製造工の仕事は「マニュアルに沿って車を組み立てていけばOKな仕事な割に給料は高め」という意味で、考えることや対人コミュニケーションが苦手な人にとっては精神的に楽な仕事の一つだと言えるでしょう。

マニュアルや指示に沿って車の部品を組み立てて行くだけなので頭を使わなくて楽

自動車メーカー(営業、生産管理など)

大手自動車メーカーの中でも、企業向けに部品を販売する営業部門や、工場の生産体制をPC上でチェック管理部門などの仕事は、とくに楽なことで有名です。

「パソコンの前で座ってるだけ一日が終わる」「1時間毎にパソコンをチェックするだけで後は暇」という声もあるぐらい、楽な職場も存在します。その上で年収も500万を越えるなど、精神的に楽な上に待遇も良いです。

ただ、当然ながら、このクラスの仕事となると大手企業本社で採用される必要がある上に、求められる学歴・経歴も高めになることが予想されるため、今の自分でも入社できるかどうかは冷静に判断しておきましょう。

就くためのハードルは高いが、企業や部署、仕事内容をしっかり選べば年収が高い上に楽

食品製造工

食品を製造を機械、または手作りで行うのが食品製造工の仕事です。代表的な食品製造工は「和菓子製造工」「パン・焼菓子製造工」「乳製品製造工」「清酒製造工」など。

従業員数が多く雇用形態も様々で、大規模な企業が運営している工場も多いのも特徴です。

大半が流れ作業なので長時間の単純作業が苦でなければ精神的に楽

葬祭ディレクター

葬祭ディレクターは、葬儀の企画から費用の見積もり、会場の手配・設営、 儀式の運営、司会進行などを行なう仕事で、葬祭コーディネーターともいわれます。

関連する仕事として「納棺師」や「エンバーマー」があります。

「納棺師」 は納棺の作業を行なうのが仕事、「エンバーマー」は遺体に保全や修復を施し、感染症を防いだり、化粧をしたりすることで、遺族の悲しみを癒やすのが仕事となります。どちらの仕事も葬祭ディレクターの仕事と兼務することも多めになります。

葬祭ディレクターの仕事は月給20万~35万、年齢不問で募集されていることもあるため、向いてる人にとっては悪くない仕事だと言えるかもしれません。

司書

自治体や教育機関などの図書館に勤務し、収蔵されている図書や資料の管理をしたり、図書館の利用者が求めている情報を探すための補助をしたりするのが司書の仕事です。ジャンル別に書架を整理するなど、利用者が使いやすいように施設を整備したりするほか、図書館でのイベントなどの企画・運営に携わることもあります。

募集の要件となることが多い文部科学省認定の司書資格を取得しておくといいでしょう。

就職難易度はやや高めだが、静かな図書館で落ち着いて働くことができるので精神的に楽

警備員

警備員の仕事は事件の発生を警戒・防止することで「ガードマン」とも呼ばれます。

最近では、一般家庭のホームセキュリティの普及、ATMへの現金運搬業務、大規模イベントにおける警備の需要などが増大すし、 人々の安全と財産を守る産業として警備業が定着してきているため、人手の需要も増えています。

警備員として働けば日給1万円に達することもあり、給料も決して低くはないと言えます。

警備員になるには、警備会社に入社するのが一般的ですので、警備会社の求人を見つけて応募してみましょう。

現場で立っておくだけでOKで場合によっては待機時間も多いので精神的に楽

トラック運転手

大型から小型まで様々な大きさの貨物自動車を運転し、貨物を安全に確実に目的地に搬送するのがトラック運転手の役目です。

受注や積荷作業、荷下ろし時にはコミュニケーションが必要ですが、それ以外の大半の運転時間は車内で1人で過ごせるため、向いている人にとっては非常に快適で、給料も月給なら平均31万、年収も400万円以上と決して悪くない数字です。

ただ、トラックを運転するには「大型自動車第一種運転免許」の取得が必要になる点には注意。

大型免許の取得や長時間の運転が苦痛でなければ精神的に楽

スポーツデータ入力者

スポーツデータ入力とは、野球やサッカー、ラグビーやバレーボールなどの人気競技で、プレーに関するあらゆるデータを、試合を見ながら入力していく作業を行う仕事です。

テレビやラジオ、動画放送局などが行う中継やデータ配信サービスのために、試合進行と同時に一つのプレー毎のデータを入力していくケースと試合のデータをもとに詳細な分析を行ない、それぞれのチームに分析結果を販売してチーム強化に役立ててもらうケース、2つの役割に分かれます。

単純な試合のデータ入力者はアルバイトで採用されることが多く、随時募集が行われています。

指示されたデータを入力するだけでいいので長時間のPC作業が苦でなければ精神的に楽

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーは、企業や団体の依頼を受けて、ある特定の商品の需要や消費者のニーズ、販売実績や購入者層の分布といった、ヒット商品を生み出すために必要なデータやマーケットの動きなどを調査・分析するのが仕事です。

初歩的な仕事はデータ入力や収集が主となるため、簡単なパソコン操作(Excelの操作やファイル管理など)さえできれば誰でもできる仕事です。

また、広い意味では交通量調査を行う仕事や、前述のデータ入力者もマーケティングリサーチャーに含まれます。

もし、マーケティングリサーチャーとしてデータ入力の仕事をしたいのであれば、まずは大手求人サイトで「リサーチャー」「調査」「データ入力」などの単語で調べてみるといいでしょう。

事務職

事務職も職場環境や実際の仕事内容によっては、精神的な楽な仕事になり得ます。

具体的には「資材計画事務員」「教育研修企画事務員」「出荷・受荷係事務員」などは、後方支援としての役割が強めなので、職場環境の良さにも期待できるでしょう。

逆にクレーム対応の必要も出てくる「営業・販売事務員」や、海外語スキルの必要な「貿易事務」などは多忙になりやすいです。

システムエンジニア

システムエンジニアは「SE」とも呼ばれ、顧客の要求に応じて目的に合ったコン ピューターシステムを設計するのが主な仕事です。開発プロセスのスケジュール管理やマネジメントにあたることはもちろん、納品後の保守管理のマネジメントなどを引き受けることもあります。

このようなシステムエンジニアですが、自社内にSEチームのある会社で勤務できれば、思っている以上に楽という声も少なくはありません。
また、IT関連のエンジニア全体の給料が高いこともあるため、優良企業にさえ就職できれば高い給料と精神的に楽な労働環境に期待できることでしょう。

研究・開発職(半導体材料など)

研究・開発職も精神的に楽な仕事として有名です。とくに大手メーカーや製造業の研究・開発職は楽な仕事としての報告が多めです。たとえば「半導体材料」など、すでに世の中に出回っている製品や部品の品質向上に関する研究・開発職は狙い目です。

逆に、歴史研究家のようなマニアックな仕事はボランティア同然で行われていることもあったり、ITツールの研究・開発には予算が降りない会社も多いなど研究・開発職だからといって必ずしも楽ではない仕事も多い点には注意です。

ルート営業と同様に勤める企業や業界、扱い商品やサービス、取引先や顧客を見極めることが、精神的に楽な仕事を見つけるコツとなります。

また、文系キャリアとなるルート営業と違って、研究・開発職は理系の学歴や経歴が求められることが多いため、就職・転職ハードルはルート営業よりも高めな点には注意。逆に言えば、理系大卒・技術系専門学校卒の学歴がある場合は、下手な給料の安い求人に応募するよりは圧倒的に精神的に楽な仕事に就けるチャンスありということです。

大手メーカーなどの研究・開発職は給料も高い上に精神的に楽だが、そうでない研究・開発職もたくさんある

もし、読者が理系系の学歴や経歴をお持ちで、精神的に楽な仕事を探しているのであれば製造業界の転職サポートに強い「メイテックネクスト」や、国内メーカーへの手堅い紹介を行っている「パソナキャリア」などの人材サービスを活用してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました