妄想癖のある人に向いてる仕事11選【理想を現実に変える仕事がオススメ】

妄想癖があるとうまくいかない仕事も多いものです。

そんなときにいいのがクリエイターやフリーランスではないのかと思ってしまいますよね?

ただ、現実はそう甘くなく、自分の経歴やスキルに見合った仕事から消去法で選ばなければいけないもの。

一方で、妄想癖のおかげで成功することもあります。

マイケル・ジョーダンも妄想が自分を駆り立て、生涯をかけてゴールを目指していったのだと思います。大胆な予想や実行力のある人は、妄想が当たった確率が高くなると言われており、Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズなどもその典型例だと言えるでしょう。

妄想癖があるということは、誰にも思いつかない現実にない新しいアイデアを出すことで、社会を変えていける可能性があるとも言い換えられます。

そこで、このページではそんな妄想癖のある人に向いてる11の仕事について紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

妄想癖のある人に向いてる仕事【解説付き】

妄想癖のある人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • アニメーター
  • コンサートプロモーター
  • ミュージシャン
  • 舞台役者
  • 小説作家
  • 絵本作家
  • 漫画家
  • 都市設計家
  • 物理学者
  • VRエンジニア
  • フロントエンドエンジニア

妄想癖(=想像力)を活かすには、クリエイターやアーティストが一番ですが、プロモーターやプランナー、エンジニア(技術者)や学者となる道も考えられます。

ただし、どの仕事も定番の就職方法があるわけではなく、独学でスキルを身につけたり経験を積む必要があるので、ここで紹介する仕事でいきなり生計を立てるのは難しいことはあらかじめ知っておきましょう。

アニメーター

アニメーターの仕事は、テレビや劇場公開されるアニメーション作品に加え、ゲームソフトやその他マルチメディアコンテンツに使われるさまざまなアニメーションを制作することです。

絵コンテをもとにシーンごとに登場人物やその背景を描く原画作成のほか、登場人物や背景の動きを1コマずつ作成していく動画作成のふたつが主な仕事だ。近年はコンピューターを使った作画が増えているものの、正確なデッサン力は必須となる職業です。デッサン力を身に付けるには、常に人や動物、物体などの姿形、動きを観察し、どのように描くと美しく、カッコイイかを研究することが大切です。加えて長時間労働に耐えられる人並み以上の根気と体力が必要となります。

アニメーターになるには、アニメーション制作会社やゲーム制作会社に就職するのが一般的で、そのためにアニメーションの専門学校で作画の基礎を学ぶ人が多いです。デッサン力が必要な仕事のため、美術系の大学でデッサンを学ぶ人もいます。また、現在はコンピューターで作画をする機会が多くなっているため、デッサン力に加え、コンピューターやグラフィックソフトウェアに関する知識やスキルが必要になる場合もあります。

アニメーション制作会社やゲーム制作会社の採用試験に合格できれば、その後、そこに所属してアニメーターとしての経験を積んでいきます。そこで人並み以上のテクニックを身に付け、人脈をつくることができれば、将来的にはフリーとして活躍することも可能でしょう。また、日本アニメーター・演出協会ではスキルアップ講座も実施してます。

コンサートプロモーター

歌手やバンドが所属している芸能プロダクションからライブやコンサートの開催依頼を受けて、企画や制作、運営を取り仕切り、その収支をマネジメントしまさう。

具体的にはコンサート会場の予約や各地域での広報活動、各種許可の申請やチケット販売、集計など幅広い業務をこなします。さらに、コンサートの当日は観客の誘導や出演者の送迎などの手配も行ないます。

プロモーション会社やイベント企画会社、芸能プロダクションや音楽配給会社などに就職して経験を積んでいきましょう。プロモーターに欠かせないのは、情報収集力と正確な分析能力となります。さらに外国人アーティストの来日公演の際には英会話の能力も必須となります。

ミュージシャン

観客の前で演奏するライブミュージシャンをはじめ、歌手のコンサートなどで伴奏するバックミュージシャンや音源を制作するためにレコーディングスタジオで演奏するスタジオミュージシャンなど、実際に楽器を演奏するのが仕事です。演奏テクニックが重視されるため、幅広い年齢層の人がプロとして活躍しています。

自分の得意な楽器、ジャンルを持つことができたら、毎日練習して、演奏テクニックに磨きをかけていきましょう。高度な楽曲も難なく演奏できるテクニックを身に付けていることが大前提となる職業です。楽譜が読めることはもちろん、音楽に関する専門的な知識を習得しておきましょう。ほかのミュージシャンとの連携やその場で楽曲をアレンジできる柔軟性も必要です。今はインターネットを介してデビューするケースも増えています。

舞台役者

小説作家

小説家は小説を執筆するのが仕事です。作品を書けば誰でも小説家と名乗ることはできますが、ベストセラー作家から年収数百万円クラスの作家まで、収入は人それぞれとなっています。小説家として成功するには、基本的な文章力はもちろんのこと、多くの読者を惹きつけるストーリーや物語のセンスに知識も必要です。

小説家になるためにはまず小説を書くことからスタートしましょう。ひとくちに小説といってもさまざまなジャンルがあるので、目指すジャンルの知識を高めるために取材を行なっている人もたくさんいます。作品を書き上げて、出版社が主催する文学賞の新人賞受賞を目指してみましょう。有名な新人賞を受賞できたら、小説家としてデビューできるよう、出版社のバックアップを受けることもできます。

また、出版社に作品を持ち込んだり、郵送したりするなどして編集者に読んでもらって、アドバイスを受けてみましょう。編集者とのやり取りのなかから書く力が身に付き、小説家としてデビューできるという道もあります。

絵本作家

絵と物語をつくって絵本にするのが絵本作家の仕事だ。『100万 回生きたねこ』(佐野洋子)、『ぐりとぐら』(作・なかがわりえこ、絵・ おおむらゆりこ)などは 30~50年以上売れ続けるロングセラー になっているのに加え、続々と新しい作家も登場している。人気作品を生み出すことができれば、安定した収入を得られる可能性のある仕事です。

また、今は紙の本ではなく電子書籍として絵本を出版するケースも増えております。電子書籍のKindleなどは自主製作できるため、出版社を通す必要がなく出版する敷居がとても低くなっています。収入は基本的に印税と原稿料なので、大きなヒット作を生むまではイラストレーターなどの仕事と兼業する人も多いようです。

美術系の大学や専門学校で絵やイラストの基礎を学び、公募やコンテストに応募してデビューを待つほか、出版社に自分の作品を売り込んで認めてもらうべく努力する人もいます。絵本作家になるには独創的な発想が求められ、門戸は決して広くはありません。多くの人の感性に訴えるセンスを日頃から磨いておくことが重要となります。

漫画家

漫画はもはや、子どもだけのものではなく、青年誌や成年誌、レデ ィス誌に加え、歴史書やビジネス書、自己啓発書などの一般書籍でも、漫画によって構成されるものが相当数増えています。作品がヒットすれば、月収数千万円の高収入を得ることも可能ですが、デビューするまでの競争は非常に激しく、デビューしても継続的な人気が得られなければ、すぐに連載が打ち切られてしまうという運と実力主義の大変厳しい世界です。

漫画家は登場人物の設定からストーリーの展開、下書きやペン入れなどすべての作業をこなさなければならず、人並み以上の体力が必要な仕事ともいえます。複数の連載を持つような売れっ子漫画家になるとアシスタントを雇うこともあるが、その人件費が大きくて苦労しているということも少なくないという。

漫画家としてデビューするために、イラストレーターやアニメーターなどの仕事で生計を立てながら、漫画雑誌の公募やコンテストに応募したり、出版社に持ち込む人が多いです。また、プロの漫画家のアシスタントとして修業を積んだり、専門学校で技術を学んでプロの道を目指す人もいます。デビュー後の収入は出版社からもらう原稿料が主で、1ページあたりの単価は無料から数千円からとなる。人気が出て単行本化されれば印税も得られるものの漫画家として食べていくのはなかなか難しい。しかし、今や趣味の範囲で漫画を描いているうちに、漫画家として注目されることもある時代であることは確かです。

都市設計家

市役所やホール、体育館などの大型の公共施設をはじめ、病院や学校、ホテルといった建築物を設計するのが都市設計家の仕事です。扱うものが大型の建築物だけに、周辺の景観や住環境に配慮したデザインと設計が求められるほか、しっかりとした防災対策、周辺 住民の住環境を損なわないようにする施工方法なども考えなければならず、さまざまな要素を処理するバランス感覚が求められます。

都市設計家になるには、都市設計の仕事を請け負う設計事務所に勤めながら一級建築士の資格を取得するのが一般的です。大規模な建物を扱うことが多いことから建築士の資格を取得しておくと良いでしょう。経験を積んだのち独立する人もいます。

物理学者

物理学とは、元素の成り立ちから宇宙の仕組みに至る自然界の現象を観察して、その法則を明らかにする自然科学分野の学問です。ガリレオやニュートンに始まったとされ、それらを研究する人を物理学者と呼んでいます。日本の基礎物理学のレベルは世界的にも高いとされ、ノーベル物理学賞を取った日本人も多くいます。

物理学が扱う分野は、電磁気学や熱力学、量子力学や解析力学、統計力学や相対性理論、流体力学や工学力学、光学や素粒子物理学、宇宙物理学など実にさまざまです。ただ、それぞれの分野の研究は重なり合う部分が多く、境界線も曖昧となっているため、自然科学の基礎研究の諸分野を総称して理学と呼ぶこともある。

その一方で、主として研究している分野によって、物理学者のほかに、理学者や工学者、地球物理学者や宇宙物理学者、天文物理学者や数理物理学者などと呼び分けることもあります。

物理学者になるには、大学の関連学部卒業後、大学院の修士課程と博士課程の研究生活を経たのち、研究職のポストを探すという流れですが、プロの研究者として生活できるようになる人は限られています。

VRエンジニア

VRエンジ ニアは最新の技術を駆使してVRをつくり上げる技術者です。VRとはバーチャルリアリティ(Virtual Reality)の略で、仮想現実とも呼ばれています。コンピューターによってつくり出された仮想空間を現実のように感じさせる技術です。従来は視覚や聴覚が中心だったVRも、技術の進歩によって五感すべてで感じられるようになっており、ゲームなどのエンターテインメントをはじめとして、さまざまな分野で活用されるようになってきています。

大学や専門学校でVR制作に必要な最新の電子・工学系の知識を学び、その後も自ら貪欲に新しい技術を習得しましょう。VRを構成している技術は、CG (コンピューターグラフィックス) をはじめとした各種コンピューター科学をはじめ、ロボット工学や制御工学など多岐にわたっています。VR技術はまさに日進月歩で進化している分野なため、常に最新技術を学び取っていく姿勢が重要となります。

フロントエンドエンジニア

妄想癖のある人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは妄想癖のある人が自分に合った仕事を見つけるために、とくに意識しておくことをご紹介していきます。面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えていますので、ぜひ参考にしてみてください。

想像力をフルに活かせる仕事を選ぶ

妄想癖のある人が活躍するためには想像力をフルに活かせる仕事を探し出しましょう。
具体的には「クリエイター」「マーケティング(企画・広報)」「コンサルタント」などの仕事は想像力やアイデアを要されるため、妄想癖のある人の方が向いていると言えます。

逆に「事務職」「経理」「総務」などの一般職や、マニュアル化がされている「製造業」などは決まったルール通りに仕事する能力が求められるため、想像力を活かしにくいと感じやすいかもしれません。

ネガティブで心配性な性質も仕事では役に立つと知っておく

妄想癖のある人はネガティブで心配性な人も多いはずですが、これは仕事でも役に立つ性質です。
具体的には、

  • リスクを想像する能力
  • 先を見越して準備する能力
  • 仕事で関わる人の気持ちを汲み取る能力

など、想像力のない人では出来ないような仕事がこなせる可能性があります。

一方で、心配性なあまり行動力や決断力に欠けたり、人の気持ちを察するあまり落ち込みやすいなどのデメリットも生じます。
ですが、経験を積むことによって行動力や決断力が上がったり、人の気持ちを察して動ける高いコミュニケーション能力を持つ人材にもなれるはずですので、自分の資質を信じて得意な想像力を活かして未来の自分を思い描いて仕事に臨むといいでしょう。

妄想だけにこだわらずに現実や常識を知っておくことも大切

妄想癖のある人は、時に自分の頭の中の世界に没頭したり細かいことにこだわるあまり、現実が見えなくなったり常識から外れた行動をしてしまうこともあるはずです。
想像を現実に変えていくためには、まずは現実や常識をよく知ることも大切です。

著名なクリエイターには常識にとらわれない変人・奇人も多数いますが、そのような振る舞いが許されるのは成功した実績があるからであって、成功した実績や経験が乏しいうちは現実を見て常識やルールに習って生きることが最善の道です。

仕事で想像力を発揮するためには、一般的なビジネスマナーから業界事情、人付き合いの仕方まで理解しておいた方が大きなチャンスに巡り会える機会は高まりますので、下積み期間だと思って誰よりもしっかりと現実を学ぶという発想も備えておくといいでしょう。

好きなことは副業・趣味として長い目で仕事にする視野も身につけておく

ここで紹介した多くの仕事は、運や才能に合わせ、人並み以上の努力が要される仕事ばかりで、決まった就職ルートがないのは説明した通りです。加えて、アニメーターや漫画家アシスタントなどのクリエイティブ系の仕事は見習い新人期間は収入も不安定です。

ですので、まずは現実的に就職しやすい仕事で社会人経験を積んで収入を得ながら、本当にやりたいことや挑戦したいことに副業や趣味で取り組んでいく方が現実的です。

また、将来的になりたい仕事に挑戦する機会を得るために、すでに現役として働いている人と関わりやすい業界や会社に入り込み、そこで経験を積んで転職・独立するという選択肢も用意しておくと、将来の可能性は広がるはずです。

妄想癖のある人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました