無気力な人に向いてる仕事10選【黙々と集中できて対人トラブル控えめな仕事がオススメ】

「無気力で仕事を探すのめんどくさい…」

このように悩んでいるのであれば、この記事で紹介する仕事はあなたにぴったりかもしれません。

無気力でも惰性で長く続けられるというのは、誰もが望むこと。

この記事では、そんな無気力な方でも無理なく長く続けられそうな適性の高そうな仕事を紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

無気力な人に向いてる仕事【解説付き】

無気力な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 左官
  • 刀匠
  • 仏壇・仏具職人
  • 葬儀スタッフ
  • 検死官
  • 清掃業者
  • 僧侶
  • トラック運転手
  • 造園師
  • バックエンドエンジニア

何事にも興味関心が持てない。熱意もない。
そんな無気力な人にとっては、あえて一般の人が避けがちな仕事や単調な仕事が向いているかもしれません。
ここで紹介する仕事も無気力で熱意がなくてできるので、ぜひ参考にしてみてください。

左官

表面仕上げの美しさなどを考慮しながら、漆喰などを使って壁や床を塗るのが左官の仕事です。建築技術の革新により、以前のような職人技は必要とされなくなりつつありますが、きめの細かい熟練した手作業は日本独特の建築文化として誇れるものです。漆喰などの天然素材は身体にも優しいため、左官の仕事が現在再度見直されてきています。

左官職人のもとに就職して見習いから仕事をはじめることもできますが、職業訓練校などで基礎的な技能を身に付けるという手もあります。一人前になるまでには 5~7年の歳月が必要といわれており、左官の仕事が学べる学校で専門的に勉強する人もいます。各都道府県の職業能力開発協会で左官技能士の資格を取っておくと就職に有利でしょう。

参考リンク:https://waza.mhlw.go.jp/shokushu/list/sakan.html

刀匠

刀匠(とうしょう)とは、日本刀を鍛造する職人でガ鍛冶とも呼ばれる。かつては武器としてつくられていた日本刀も、現在では美術工芸品として愛好家からの注文を受けてつくられており、高価なものだとひと振り数百万円となるそうです。

武士の時代から、備前(岡山)、相州(神奈川)、 美濃(岐阜)、大和(奈良)、山城(京都)などが刀の生産地として有名で、それらの地域に工房を構える刀匠も多くいきます。

作刀には多くの工程があり、必要経費も多くかかるため、作刀だけで生計を立てている人は少なく、日本刀の技術を使ったナイフなどの製作をしていることもあります。

刀匠になるには、工房を構えて刀匠として活動している人に弟子入りするのが一般的です。 高温の作業場で長時間、金槌を振るため体力も必要です。 近年、刀鍛冶を目指す人が増加したのに伴い、全日本刀匠会では研修会や入門についての相談にも応じています。

仏壇・仏具職人

先祖や家族の位牌をまつる仏壇は、その使用目的もあって豪華な造りになっており、工芸品的な側面も持っており、こをつくるのが仏壇・仏具職人です。

仏壇づくりの製造工程は、伝統工芸品などと同様に分業制で行なわれている。仏殿を模した外郭本体をつくる木地師、仏像や仏画を安置する屋根などをつくる宮殿師、絵模様を木彫する彫刻師、仏壇に取り付ける窃金具をつくる金物師、木地部分に漆を塗る塗師、漆塗りされた部分の必要な個所に絵模様を描く蒔絵師、漆塗りされた個所に金箔を貼り付ける箔押師、劣金具を取り付けて各部品を検査し、一本の仏壇に組み立てる組立師などがあります。

一方、仏像や木魚、数珠など仏事で用いる道具を『仏具』と呼び、こちらも製作体系は仏壇と同様に分業になっており、彫刻師や塗師、蒔絵師などの職人がいます。

仏壇・仏具職人となるには、伝統工芸を教える学校で知識と技術を学んだ後、工房に就職するか、あるいは伝統工芸士をはじめとする職人に弟子入りします。たとえば京都伝統工芸大学校には、仏像彫刻や蒔絵などの専攻コースがあるので、こうした学校でで基礎を学んで第一歩を踏み出すのもいいでしょう。

葬祭(そうさい)ディレクター

葬祭ディレクターとは、葬儀の企画から費用の見積もりから、会場の手配や設営、儀式の運営や司会進行などを行なう。葬儀ディレクターあるいは葬祭コーディネーターとも呼ばれています。

具体的な仕事の内容は、遺体を自宅や葬儀会場に搬送し、棺に納めて通夜の準備をする。次に喪主や遺族の希望を聞きながら、葬儀の日時や場所、規模や宗派、予算などを決定し、会場の手配と設営、僧侶や神父などとの打ち合わせなどを行ないます。

さらに、四十九日法要や香典返しの手配、喪中ハガキの作成を行なったり、仏壇や墓地の相談にも対応します。また、社会保険や生命保険などの相談や手続き代行など、死後の手続き全般にまで、その業務範囲は広がっています。

近年は葬儀スタイルの多様化により、宗教性のない「お別れの会」など、これまでの形式にはとらわれないケースも増加しているため、葬祭ディレクターは故人や遺族の心情を理解した上で、いっそう細やかな対応が求められています。

関連職業として、「納棺師」や「エンバーマー」があります。「納棺師」は納棺の作業を行なうのが仕事で「エンバーマー」は遺体に保全や修復を施し、感染症を防いだり、化粧をしたりすることが仕事です。どちらの仕事もその境界はほとんどなく、上記の葬祭ディレクターの仕事と兼務するケースも多いです。

葬祭ディレクターになるには、葬儀社や仏具店に入社するのが最も一般的ですが、現在は葬祭ディレクターを養成するために、葬祭ディレクター技能審査協会が認定校修了者(見込み含む)および実務経験者を対象に、厚生労働省認定の葬祭ディレクター技能審査(1・2級)を実施しています。また、葬祭の知識が学べる専門学校が増えており、そこではフラワーデザインや衛生学も受講できるため、葬祭ディレクターとなるのに役立つことでしょう。

僧侶

僧侶は寺院の管理や運営のなかで、葬儀や法要などの布教事業をはじめ、墓地の維持管理や塔婆書き、滝修行、言説布教なども行なう。世襲の色合いが濃く、住職の子弟が跡を継ぐ場合が多いですが、事情により、子弟以外の後継者を求めている寺院もあります。

僧侶としてひたむきに学ぶ意欲があり、思いやりの気持ちと地道な努力を惜しまない人が求められる職業です。近年、若手僧侶の中には、仏教の教えを正しく伝えるべく、インターネットなどを使って、さまざまな情報を日本だけでなく世界に対して発信する人も増えています。こういったことも世界と日本の文化をつなぐ大切な活動と言えるでしょう。

僧侶になるには、寺の跡取りとして僧侶になった寺院子弟は多いものの、なかには寺院の出身や寺院関係者ではない人や出家して僧侶になる場合もあります。まず、縁のある寺院で得度(仏門に入る儀式)を受け、その後、僧侶としての籍を登録する。宗派によっては得度の後に相当厳しい修行をする場合もある。寺院のホームページなどで修行僧や研修生を募集していることもあるので、それらをチェックしてみるといいでしょう。

検死官

検死官人の死は、自然死とそれ以外の死に分けられ、不自然死が出た際 に、その死因を調べる仕事をする人を検死官と総称している。変死 者または変死の疑いのある死体が出た場合、まず警察官である検視官 (漢字の違いに注意)が現場や死体の状況を調べ、変死だと判断した 場合に、警察の指定を受けた警察医か監察医務院の監察医、または 委託を受けた大学病院の法医学教室医師によって司法解剖される。検死官として働くには、大学で法医学を学び、経験を積んで監 察医務院に勤務するか、警察の委託医師となるのが一般的だ。そもそも監察医制度は、戦後まもなくの1947 年につくられた もので、当時決して少なくなかった伝染病や中毒などで死亡した疑 いのある死体や死因が明らかでない変死者を調べることで公衆衛生 の向上を図ることを目的とする制度だった。今や監察医制度が残っ ているのは東京区部・名古屋・大阪・神戸だけになっており、それ 以外の地域では大学病院法医学教室医師による司法解剖が主流とな っている。そのため、日本における検死件数はほかの先進国に比べ て極めて低く、問題となっているというのが実情だ。

清掃業者

特殊清掃員死亡現場の清掃と遺品の整理・処理、いわゆる「ゴミ屋敷」の清 掃など、通常の清掃業者では対応できない清掃業務を請け負うのが 特殊清掃会社であり、特殊清掃員の仕事である。遺品の処理や現場 清掃のみを行なう会社もあれば、「ゴミ屋敷」の清掃のみを行なう 会社もあるし、両方を請け負う会社もある。現場では異臭がしたり、 不衛生な状態であることもあり、体力はもちろんのこと精神的な強 さが求められる。「特殊清掃」をキーワードにインターネットなどで検索して、 採用について問い合わせてみよう。特殊清掃会社が主な就職先となる。死亡現場清掃を行なう会社か、 「ゴミ屋敷」専門の会社か、その両方なのかを事前に調べておくほ うがいい。現代社会を反映して需要は多く、求人の門戸も比較的広い。

関連ジョブ
葬祭ディレクター
検死官

僧侶

仏教もまた古来、日本の伝統と文化を支える柱であり続けてきた。 僧侶は寺院の管理や運営の中で、葬儀・法要などの布教事業をはじ め、墓地の維持管理や塔婆書き、滝修行、言説布教なども行なう。 世襲の色合いが濃く、住職の子弟が跡を継ぐ場合が多いが、事情に より、子弟以外の後継者を求めている寺院もある。僧侶としてひた むきに学ぶ意欲があり、思いやりの気持ちと地道な努力を惜しまな い人が求められる。近年、若手僧侶の中には、仏教の教えを正しく 伝えるべく、インターネットなどを使ってさまざまな情報を日本だ けでなく世界に対して発信する者が増えている。それも世界と日本 の文化をつなぐ大切な活動だ。宗派を選択し、修行を積もう。僧侶としてひたむきに学ぶ 意欲と思いやりの気持ちが必要だ。寺の跡取りとして僧侶になる寺院子弟は多いが、中には寺院の出 身や寺院関係者ではないものの、出家して僧侶になる場合もある。 その際は、まず、縁のある寺院で得度(仏門に入る儀式)を受け、 その後、僧侶としての籍を登録する。宗派によっては得度の後に相 当厳しい修行をする場合もある。ホームページなどで修行僧や研修生を募集している寺もあるの で、チェックしてみよ

トラック運転手

トラック運転手は、大型から小型までさまざまな大きさの貨物自動車を運転し、輸送を行なうのが仕事で、貨物を安全に確実に目的地に搬送するのがその役目となります。

出発前に車両の点検、運行記録紙の装填、運転日報や輸送伝票の受領などを行ない、車両に乗り込み、次に依頼主が待っている出荷場所へ行き、荷物を車両に積み込みます。その後、荷物を目的地まで運び、指定された場所で荷下ろしをします。貨物の到着時刻に制限があるため、夜間の運転や長時間にわたり運行する場合がほとんどです。トラックを運転することだけでなく、荷物の積み下ろしもしなくてはいけないので、強靭な体力が求められます。

トラック運転手になるには、まずは普通自動車運転免許を取得する必要がある。最大積載量6.5トン以上の車を運転するには、さらに「大型自動車第一種運転免許」が必要になります。運送会社に就職すると、まずは見習い期間として訓 を受け、その後、近距離運転からトラックのドライバーとして運送全般に従事することになります。

造園師

植木の剪定や、害虫から草木を守るための消毒、成長を促すための移植や肥料管理など、庭を最適な状態に維持するための手入れを行なうのが造園師の仕事です。庭師や植木職人として個人で開業している人から、大きな造園業者の従業員までさまざまで、個人や小規模な造園業者は個人宅の庭、大規模の造園会社では公園や遊園地など公共施設を手がけることが多い。

造園師になるには、造園技能士の資格である各都道府県の職業能力開発協会が実施している「造園技能検定試験」に合格すると良いでしょう。また、造園施工管理技士になるには、全国建設研修センターが実施している「造園施工管理技術検定試験」に合格することが必要となっています。

バックエンドエンジニア

無気力な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました