【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【何もしたくない…】無気力な人に向いてる仕事一覧+就くための方法を解説!

「自分は無気力な性格だと思う…」
「無気力なので仕事に対してやる気が出ない…」
「自分ではそんなつもりがないのに無気力だと思われる…」

このように悩む人に向けて、以下のような情報をお伝えしていきます。

▼このページを読むことで得られる情報

  • 無気力な人の欠点や短所
    仕事で才能や能力が評価されにくくなる要素
  • 無気力な人に向いてない仕事
    欠点や短所が目立って活躍しにくい職業
  • 無気力な人の強みや長所
    まだ評価されていない意外な才能や個性
  • 無気力な人に向いてる仕事(適職)
    長所や強みが活かせて年収アップも期待できる職業

※「何もしたくない人」も「無気力な人」と表記を統一しています。

最後まで読めば
自分の性格や才能を活かす方法から
向いてない仕事の避け方
向いてる職種/業種の選び方まで
習得することができますよ!

転職サイト探しや求人選びでも
悩むことが少なくなりそうですね!

ぜひ、最後まで読んでみて自分の適性を活かせる仕事を見つけ出すヒントにしてみてください。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

無気力な人の弱みや短所:仕事ができないと思われるデメリット

向いてる仕事を見極めるためには、自分の欠点を理解しておくことが重要です。

「無気力」という性格には、

  • 物事にやる気が起きない
  • 目標や意欲が持てない
  • 消極的・悲観的になりやすい
  • 行動力がない
  • 集中力が続かない
  • 決断力が弱い
  • 自己肯定感が低い
  • ネガティブ思考になりやすい
  • 周囲から頼りにされない
  • 意欲が出ない
  • 気力が出ない
  • 生気がない
  • 活気がない

などの欠点があり、多くの場面であまりいい印象を与えません。

こういった短所が目立つ仕事では
活躍しにくいかもしれないため
注意が必要です…

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう
自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!
自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

他人に「やる気がない」と過小評価されることがある

無気力な人は、周囲から「やる気がない」「何もしない」と誤解されることがあります。彼らの内面では意欲や意欲はあっても、それを外部に表現することができず、見えない努力をしていることが多いです。

自発性がなく受け身で指示待ちになりやすい

無気力な人は自発的に行動することが苦手であり、指示待ちの状態に陥りやすいです。彼らは自分から進んで仕事を始めたりアイデアを出したりすることが難しく、他人の指示待ちになってしまう傾向があります。

目標設定や達成感の欠落

無気力な人は目標設定や達成感を見出すことが難しいです。彼らは仕事に対して充実感や楽しみを見出すことができず、単調な業務に陥りやすいです。その結果、モチベーションの低下や継続的な努力の維持が困難になることがあります。

ストレスやプレッシャーがかかるとますます無気力になることがある

無気力な人はストレスやプレッシャーに弱く、それらがかかるとさらに無気力になる傾向があります。彼らは負の感情を抱えやすく、仕事への取り組み方にも影響を及ぼします。

やる気の欠如が周囲の生産性を低下させ問題となることがある

無気力な人は周囲の生産性を低下させる可能性があります。彼らのモチベーションの低さや行動の鈍さは、チーム全体のパフォーマンスに悪影響を与えることがあります。

仕事の動機やモチベーションが外部要因に依存しがち

無気力な人は仕事の動機やモチベーションを外部要因に依存しやすいです。彼らは他人からの評価や報酬など、外部からの刺激を必要としてしまう傾向があります。そのため、自己動力に欠けることがあります。

無気力な人に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

無気力な人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼無気力な人が持つ意外な適性

  • 従順・ひたむき
    やることが明確だと力を発揮する、信頼できる組織では従順、一つの作業や分野にのめり込む、他人のアイデアを取り入れる
  • マイペース
    周りの圧に流されない、生産性の低いやる気を評価しない、優先度の低いことを見極める、必要ないことには本気を出さない、実は合理的、興味のないことにはとことん無関心
  • 逆境に強い
    不条理や理不尽を受け流す、危機的な状況だとパフォーマンスが上がる、動く前に観察や分析を行う、全体を見る

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

何事にも興味関心が持てない。熱意もない。
そんな無気力な人にとっては、あえて一般の人が避けがちな仕事や単調な仕事が向いているかもしれません。

たとえば、左官や刀匠などの職人職は無心に一つの物事に打ち込む必要がありますし、清掃業者や検死官などの仕事も無気力だからこそ向いてる可能性があると言えます。

このような性質を踏まえ、無気力な人に向いてる仕事を解説していきます。

左官

表面仕上げの美しさなどを考慮しながら、漆喰などを使って壁や床を塗るのが左官の仕事です。建築技術の革新により、以前のような職人技は必要とされなくなりつつありますが、きめの細かい熟練した手作業は日本独特の建築文化として誇れるものです。漆喰などの天然素材は身体にも優しいため、左官の仕事が現在再度見直されてきています。

左官職人のもとに就職して見習いから仕事をはじめることもできますが、職業訓練校などで基礎的な技能を身に付けるという手もあります。一人前になるまでには 5~7年の歳月が必要といわれており、左官の仕事が学べる学校で専門的に勉強する人もいます。各都道府県の職業能力開発協会で左官技能士の資格を取っておくと就職に有利でしょう。

参考リンク:https://waza.mhlw.go.jp/shokushu/list/sakan.html

刀匠

刀匠(とうしょう)とは、日本刀を鍛造する職人でガ鍛冶とも呼ばれる。かつては武器としてつくられていた日本刀も、現在では美術工芸品として愛好家からの注文を受けてつくられており、高価なものだとひと振り数百万円となるそうです。

武士の時代から、備前(岡山)、相州(神奈川)、 美濃(岐阜)、大和(奈良)、山城(京都)などが刀の生産地として有名で、それらの地域に工房を構える刀匠も多くいきます。

作刀には多くの工程があり、必要経費も多くかかるため、作刀だけで生計を立てている人は少なく、日本刀の技術を使ったナイフなどの製作をしていることもあります。

刀匠になるには、工房を構えて刀匠として活動している人に弟子入りするのが一般的です。 高温の作業場で長時間、金槌を振るため体力も必要です。 近年、刀鍛冶を目指す人が増加したのに伴い、全日本刀匠会では研修会や入門についての相談にも応じています。

仏壇・仏具職人

先祖や家族の位牌をまつる仏壇は、その使用目的もあって豪華な造りになっており、工芸品的な側面も持っており、こをつくるのが仏壇・仏具職人です。

仏壇づくりの製造工程は、伝統工芸品などと同様に分業制で行なわれている。仏殿を模した外郭本体をつくる木地師、仏像や仏画を安置する屋根などをつくる宮殿師、絵模様を木彫する彫刻師、仏壇に取り付ける窃金具をつくる金物師、木地部分に漆を塗る塗師、漆塗りされた部分の必要な個所に絵模様を描く蒔絵師、漆塗りされた個所に金箔を貼り付ける箔押師、劣金具を取り付けて各部品を検査し、一本の仏壇に組み立てる組立師などがあります。

一方、仏像や木魚、数珠など仏事で用いる道具を『仏具』と呼び、こちらも製作体系は仏壇と同様に分業になっており、彫刻師や塗師、蒔絵師などの職人がいます。

仏壇・仏具職人となるには、伝統工芸を教える学校で知識と技術を学んだ後、工房に就職するか、あるいは伝統工芸士をはじめとする職人に弟子入りします。たとえば京都伝統工芸大学校には、仏像彫刻や蒔絵などの専攻コースがあるので、こうした学校でで基礎を学んで第一歩を踏み出すのもいいでしょう。

葬祭(そうさい)ディレクター

葬祭ディレクターとは、葬儀の企画から費用の見積もりから、会場の手配や設営、儀式の運営や司会進行などを行なう。葬儀ディレクターあるいは葬祭コーディネーターとも呼ばれています。

具体的な仕事の内容は、遺体を自宅や葬儀会場に搬送し、棺に納めて通夜の準備をする。次に喪主や遺族の希望を聞きながら、葬儀の日時や場所、規模や宗派、予算などを決定し、会場の手配と設営、僧侶や神父などとの打ち合わせなどを行ないます。

さらに、四十九日法要や香典返しの手配、喪中ハガキの作成を行なったり、仏壇や墓地の相談にも対応します。また、社会保険や生命保険などの相談や手続き代行など、死後の手続き全般にまで、その業務範囲は広がっています。

近年は葬儀スタイルの多様化により、宗教性のない「お別れの会」など、これまでの形式にはとらわれないケースも増加しているため、葬祭ディレクターは故人や遺族の心情を理解した上で、いっそう細やかな対応が求められています。

関連職業として、「納棺師」や「エンバーマー」があります。「納棺師」は納棺の作業を行なうのが仕事で「エンバーマー」は遺体に保全や修復を施し、感染症を防いだり、化粧をしたりすることが仕事です。どちらの仕事もその境界はほとんどなく、上記の葬祭ディレクターの仕事と兼務するケースも多いです。

葬祭ディレクターになるには、葬儀社や仏具店に入社するのが最も一般的ですが、現在は葬祭ディレクターを養成するために、葬祭ディレクター技能審査協会が認定校修了者(見込み含む)および実務経験者を対象に、厚生労働省認定の葬祭ディレクター技能審査(1・2級)を実施しています。また、葬祭の知識が学べる専門学校が増えており、そこではフラワーデザインや衛生学も受講できるため、葬祭ディレクターとなるのに役立つことでしょう。

僧侶

僧侶は寺院の管理や運営のなかで、葬儀や法要などの布教事業をはじめ、墓地の維持管理や塔婆書き、滝修行、言説布教なども行なう。世襲の色合いが濃く、住職の子弟が跡を継ぐ場合が多いですが、事情により、子弟以外の後継者を求めている寺院もあります。

僧侶としてひたむきに学ぶ意欲があり、思いやりの気持ちと地道な努力を惜しまない人が求められる職業です。近年、若手僧侶の中には、仏教の教えを正しく伝えるべく、インターネットなどを使って、さまざまな情報を日本だけでなく世界に対して発信する人も増えています。こういったことも世界と日本の文化をつなぐ大切な活動と言えるでしょう。

僧侶になるには、寺の跡取りとして僧侶になった寺院子弟は多いものの、なかには寺院の出身や寺院関係者ではない人や出家して僧侶になる場合もあります。まず、縁のある寺院で得度(仏門に入る儀式)を受け、その後、僧侶としての籍を登録する。宗派によっては得度の後に相当厳しい修行をする場合もある。寺院のホームページなどで修行僧や研修生を募集していることもあるので、それらをチェックしてみるといいでしょう。

検死官

人の死は自然死とそれ以外の死にわけられます。不自然死が出た際に、その死因を調べる仕事をする人を検死官と総称しています。変死者または変死の疑いのある死体が出た場合、まず警察官である検視官が現場や死体の状況を調べ、変死だと判断した場合に、警察の指定を受けた警察医か監察医務院の監察医、または委託を受けた大学病院の法医学教室医師によって司法解剖されます。

検死官として働くには、大学で法医学を学び、経験を積んで監察医務院に勤務するか、警察の委託医師となるのが一般的です。

清掃業者

清掃業者は年齢や経験不問で、若手から60代以上と様々な人が働いている職業です。

ビルやオフィスの床面・ガラス・外壁などを清掃する「ビル清掃作業員」、バキュームカーを利用してし尿の回収を行う「し尿処理作業員」、廃棄物の収集・動物の死体処理・道路などの清掃や洗浄を行う「衛生職員」、死亡現場の清掃と遺品の整理・処理やゴミ屋敷の清掃などを行う「特殊清掃員」などがあります。

汚いイメージがあるためか、それなりに給料も待遇もよい会社もあり、意外な穴場求人も見つけられるかもしれません。

僧侶

僧侶は寺院の管理や運営のなかで、葬儀や法要などの布教事業をはじめ、墓地の維持管理や塔婆書き、滝修行、言説布教なども行なう。世襲の色合いが濃く、住職の子弟が跡を継ぐ場合が多いですが、事情により、子弟以外の後継者を求めている寺院もあります。

僧侶としてひたむきに学ぶ意欲があり、思いやりの気持ちと地道な努力を惜しまない人が求められる職業です。近年、若手僧侶の中には、仏教の教えを正しく伝えるべく、インターネットなどを使って、さまざまな情報を日本だけでなく世界に対して発信する人も増えています。こういったことも世界と日本の文化をつなぐ大切な活動と言えるでしょう。

僧侶になるには、寺の跡取りとして僧侶になった寺院子弟は多いものの、なかには寺院の出身や寺院関係者ではない人や出家して僧侶になる場合もあります。まず、縁のある寺院で得度(仏門に入る儀式)を受け、その後、僧侶としての籍を登録する。宗派によっては得度の後に相当厳しい修行をする場合もある。寺院のホームページなどで修行僧や研修生を募集していることもあるので、それらをチェックしてみるといいでしょう。

トラック運転手

トラック運転手は、大型から小型までさまざまな大きさの貨物自動車を運転し、輸送を行なうのが仕事で、貨物を安全に確実に目的地に搬送するのがその役目となります。

出発前に車両の点検、運行記録紙の装填、運転日報や輸送伝票の受領などを行ない、車両に乗り込み、次に依頼主が待っている出荷場所へ行き、荷物を車両に積み込みます。その後、荷物を目的地まで運び、指定された場所で荷下ろしをします。貨物の到着時刻に制限があるため、夜間の運転や長時間にわたり運行する場合がほとんどです。トラックを運転することだけでなく、荷物の積み下ろしもしなくてはいけないので、強靭な体力が求められます。

トラック運転手になるには、まずは普通自動車運転免許を取得する必要がある。最大積載量6.5トン以上の車を運転するには、さらに「大型自動車第一種運転免許」が必要になります。運送会社に就職すると、まずは見習い期間として訓 を受け、その後、近距離運転からトラックのドライバーとして運送全般に従事することになります。

造園師

植木の剪定や、害虫から草木を守るための消毒、成長を促すための移植や肥料管理など、庭を最適な状態に維持するための手入れを行なうのが造園師の仕事です。庭師や植木職人として個人で開業している人から、大きな造園業者の従業員までさまざまで、個人や小規模な造園業者は個人宅の庭、大規模の造園会社では公園や遊園地など公共施設を手がけることが多い。

造園師になるには、造園技能士の資格である各都道府県の職業能力開発協会が実施している「造園技能検定試験」に合格すると良いでしょう。また、造園施工管理技士になるには、全国建設研修センターが実施している「造園施工管理技術検定試験」に合格することが必要となっています。

バックエンドエンジニア

インフラエンジニアは、パソコンやネットワーク知識、プログラミングスキルを活かして、大規模なサーバーの保守・管理・点検・運用などを行う仕事です。

IT人材の需要が高まる昨今では「インフラエンジニア」ではなく「ネットワークエンジニア」「システムエンジニア」「バックエンドエンジニア」と呼ばれることもあり、広い意味では「プログラマー」にも含まれます。

インフラエンジニアになるメリットとしては、他のエンジニア職よりも大規模な企業で採用されやすい上に安定性が高く、派手な企画力やアイデア力も試され就職先はベンチャーIT企業の多い「フロントエンドエンジニア」よりは、安定性重視で思慮深い人向けの仕事と言えるでしょう。

関連:バックエンドエンジニアに向いてる人の特徴
関連:フロントエンドエンジニアに向いてる人の特徴

もし、インフラエンジニア(バックエンドエンジニア)を目指したいと考えているのであれば「ウズウズカレッジ CCNAコース」でオンライン講座を受け、基礎知識を固めた上で就職サポートまで行ってもらうのがオススメです。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

関連:ウズウズカレッジ・CCNAコースについて徹底解説!CCNAって何?学ぶメリットは?

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

向いてる仕事が見つかる転職サービス

向いてる仕事に就くためには何から始めればいい?
適職を調べてもその仕事に就く方法がわからない…
適職診断をしても行動できずに終わる…

そう悩んでいる人にオススメしたいのが転職サービスでプロに相談するという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索したり
診断ツールを使えばいいのでは?

このように考えている人も多いでしょうが、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人は「診断ツールに入力した回答」「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴」で決まる仕組みになっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。

ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」「本当に向いてる仕事を見つけたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

とくにこのページを熱心に読んでいる「向いてる仕事を見つけたい」という人にとっては、今での職歴から選ばれた求人情報しか得られないということは、自分の選択肢を無意識のうちに狭めてしまう結果となります。

そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

そうでなくても「とにかく仕事に就ければいい」という動機だけでなく「自分の適性を発揮できる職業に就きたい」という願望を満たすためには、自己分析を徹底的にやらないといけません。

自己分析は、診断ツールを使うだけでは「自分一人の思考」にとらわれがちなので、より精度の高い診断にはプロのアドバイスを受ける必要があります。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本当に向いてる仕事に就いて活躍したい」「もっと自分に向いてる仕事を知りたい」と思った方は、ぜひ転職サービスを利用してプロに相談してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

自己分析を進めるにあたって、適職診断や読書だけに頼ると問題となるのが「他者からの評価やフィードバックが得られない」という問題です。また、転職エージェント系のサービスでは、簡単なヒアリングや求人紹介は行ってくれる反面で、自己分析に関するサポートは求職者側で行わないといけないのが現状です。

ですので、本格的に自己分析を行ってより適性を深く理解して、今後のキャリアをより良いものにしたいなら「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスの利用を推奨します。

キャリアコーチング系のサービスでは、

  • 心理学などの専門知識をもとにより深い自己分析を行ってくれる
  • 長期的な視野で将来を見据えたキャリアプランを練ってくれる
  • 適職の見つけ方や企業選びの知見が身につく

など、総じて言えば「自分自身が自分の力で最適なキャリアを選べるようになる状態」を目指すサービスだと考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

キャリコーチングを受けることで
数ある転職情報や求人に惑わされず

自分の軸でキャリア選択ができる

基礎的な能力が身につきます

文中でも何度も強調している通り、本当に向いてる仕事を見つけ出すのは至難の業です。

一方で、転職が当たり前となりつつ現代社会においては、自分自身で適職を見つけ出して転職を成功させる能力を身につけておくことは「一生物のスキル」ともなるとも言えます。

なお、キャリアコーチング系サービスは転職エージェント系サービスと異なり、本格的に利用する際は有料であることが大半ですが、初回の相談は無料で受けられることも多いため、適職選びで悩んでいるなら試しに活用してみる価値はあるでしょう。

弊サイトでオススメしているキャリアコーチング系サービスは「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、心理学などの専門知識をベースにした体系的なアプローチによって、利用者個人個人に合わせたサポートを行い、本当に自分に向いてる仕事を見つけ出したり、先行きの不透明なこの時代において「迷わないキャリアの軸」「将来性の高いキャリア計画」を設定するサポートを行ってくれます。

それってやる意味や価値は

本当にあるんですか?

このように疑問を抱かれている方も多いかも知れませんが、前述の通り、転職活動を始める前に自己分析を深く行い仕事選びの基準を固めれば固めるほど、その後のキャリアで失敗する確率を下げられ適職に出会いやすくなります。

一方で、自己分析不十分のまま転職活動を始めると、向いてない仕事や合わない会社に入社してしまうリスクが高まったり、転職エージェントに提案されるがままに応募するだけになり自分の意志や本音を見失う結果にもなりかねません。

ですので、とくに自分の適性を発揮できる仕事や本当にやりたい仕事に就きたいと感じているなら、転職エージェントや転職サイトで求人探しを行う前に、キャリアコーチングにて徹底して自己分析を行う…という順序で転職活動を進めることを推奨します。

なお、ポジウィルキャリアは初回の相談(カウンセリング)は無料で、LINE登録からの相談も受け付けています。

キャリアコーチングというサービス形態自体がまだまだ広く浸透していないため馴染みのない読者の方も多いかもしれませんが、今後、主流となる転職方法の1つとなるポテンシャルのあるサービスですので、適職探しで悩んでいる方はこの機会にぜひお試しください。

20代なら経歴問わずに就職可能
「UZUZ(ウズウズ)」

向いてる仕事を見つけてる方の中でも「職歴が浅い」「スキルがない」などの理由で、良い求人が見つからないと感じてる方にオススメなのが「UZUZ(ウズウズ)」です。

UZUZは20代向けの就職~転職を専門にサポートしており、相談相手となるキャリアアドバイザーの多くも既卒・第二新卒経験者を経験済みなので、親身な対応に期待できます。

UZUZは以下のような方に

最もオススメできます

▼ウズウズはこんな人にオススメ

  • 20代で未経験職に就きたい
  • 就職しないまま卒業してしまった「既卒
  • 新卒3年以内に辞めたい「第二新卒
  • 経歴に自信がない(中退、大卒未満、早期退職経験あり、正社員歴なし)
  • 向いてる仕事以前に、仕事に就くための基礎経験が浅い
  • 転職サイトやエージェントに登録しても良い求人を紹介してもらえない
  • フリーター期間やニート期間が長く職歴に空白期間がある
  • ブラック企業を避けて長く働ける会社に就きたい
  • 同年代の似たような境遇を持つプロにしたい

逆に以下のような人は

UZUZよりも
他のサービスの方がオススメです

▼こんな人はUZUZ以外がオススメ

  • 30代以上で職歴がある
  • 今までの経歴を活かしたい
  • 年収を上げたい
  • スキルアップして転職の幅を広げたい
  • 時間をかけてでも向いてる仕事を見つけたい

20代で「そもそも就職方法がわからない…」「求人情報から企業がブラックかどうか判断できない…」といったことに悩んでいるなら、UZUZに相談してみた方がスムーズに自分に合った仕事が見つけられます。

UZUZに相談してみる
【無料・登録1分】

スキルアップしてIT/WEB系へ転職
「WorX(ワークス)」

自分に向いてる仕事が見つかったとしても、スキルや経験がなければ適職に就けないことも多々あります。

ですので「これだ!」と思える職業を見つけたら、その仕事に就くために必要なスキルや資格などを把握しておきましょう。

興味のある仕事は見つけたけど
何から学べばいいかすら

わからないかも…

もし、読者がこのようにお悩みなら、適職診断を行った上でその仕事に就くための道筋を示したりスキルアップ支援も行ってくれる「Worx(ワークス)」を紹介します。

Worx(ワークス)は、異業種転職を実現する次世代型転職エージェントで、初回相談後に適職診断を受けた上で、自分に向いてる仕事に就くためのスキルアップ支援講座も用意してもらえるため、業界分析やスキルアップを行った上で無理のない異業種転職が可能となります。

また、Worx(ワークス)で紹介する職業には、IT/WEB系など将来性が高く、需要の高いIT系スキルと知識も身につくため、今のキャリアから抜け出したい人には大きな可能性があると言えます。

WorXなら半年~1年ほどの

余裕を持った転職計画となるため

適職探しをしている人にピッタリです

Worx(ワークス)では、スキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、とくにIT/WEB系の職種に興味がある人はこの機会に相談してみるといいでしょう。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました