優柔不断な人に向いてる仕事13選

優柔不断な人にとって、この世には決断力が必要な仕事や悩む時間が与えられない仕事が多いと感じ、また、仕事選び自体にも決断力が必要になってくるため、仕事について考えること自体が強いストレスだと感じているかもしれません。

ですが、優柔不断な性格でもこなせる仕事もたくさんあります。たとえば、整備士や技術者の仕事は社内マニュアルがしっかりしていて複雑な判断が必要ないため、優柔不断でもこなせる可能性が高いと言えるでしょう。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、優柔不断な人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

優柔不断な人に向いてる仕事【解説付き】

優柔不断な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 自動車整備士
  • 溶接工
  • 造船技術者
  • 農業技術者
  • 物理学者
  • インフラエンジニア
  • 公害防止管理者
  • 鉄道職員
  • 動物園職員
  • グラウンドキーパー
  • CGクリエイター
  • 精神保健福祉士
  • キャリアカウンセラー

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

自動車整備士

自動車が安全で快適な走行ができるよう、専門の知識と技術で点 検・整備を行なうのが自動車整備士の仕事だ。
つくる
必要とされる知識や技術は現場でも学べるが、自動車整備 士の資格があれば就職には有利。
工場などに就職後、働きながら必要とされる知識や技術を身に付 けることもできるが、自動車整備工場には国土交通大臣が実施する 自動車整備士(1~3級)の有資格者を必ず置かなくてはならないと いう規定があるため、この資格を持っていれば就職には有利だろう。

Let’s検索
国土交通省>政策・仕事>自動車>自動車整備士になるには

関連ジョブ
レーシングカーメカニック
航空整備士

溶接工

工場や建設現場において、接合部を一時的に溶かして部品同士を 接合させる技術が溶接。その仕事の専門家が溶接工である。機械な どを生産する工場や船舶をつくる造船所、鉄骨を組み上げる建設現 場などで活躍することになる。
つくる
国家資格をはじめとして溶接技法の違いに合わせたさまざ まな資格があるので取得しておきたい。
溶接の技術には、接合する素材の種類や溶接に使用する機材によ ってさまざまな種類があるが、よく使われているのが主に金属部品 の溶接に使われるアーク溶接とガス溶接である。これらの技術につ いては、労働技能講習協会が講習会などを行なっているので、講習 を受けて修了証を手に入れておくのもいいだろう。

Let’s検索
労働技能講習協会>ガス溶接技能講習

造船技術者

客船や貨物船、漁船といった船舶を設計したり、造船の作業が工 程どおりに進められるように現場の指導や監督を行なうのが造船技 術者である。発注主と相談して使用目的や要望に沿った基本プラン を作成。決定されたプランをもとに、各パートを担当する技術者が、 船の構造、あるいは設備などについての設計を進めていく。
つくる
大学で船舶関連の専門的知識を学んで、造船会社への就職 を目指そう。
造船に関する教育コースが設けられている大学には、大阪大学・ 九州大学・東海大学・東京大学などがあり、そこで専門知識を学ん で、造船会社へ就職を目指そう。また、工業高校、高専、大学など で電気工学や機械工学などを学んで就職を目指すことも可能。

Let’s 検索
日本船舶海洋工学会>まずは造船系の大学へ行こう!

関連ジョブ
船長・船員

農業技術者

農業分野で専門知識を学び、自然科学や社会科学の知識や技術を活用して、研究・技術開発・技術の普及などを行うのが、農業技術者の役割です。
たとえば、農業試験場では、よりおいしく、病気や害虫に強く、収穫量の多い品種をつくるために様々な改良・研究が日夜続けられていますが、それも農業技術者の典型的な仕事のひとつです。
農業技術者が活躍している分野は幅広く、国や都道府県の研究機関をはじめ、農協や種苗会社、農薬・肥料会社、食品会社などでの商品開発や品質管理、建設会社で農地土木にあたる、貿易商社で農産物の輸出入業務を行ったりもしています。

物理学者

物理学とは、元素の成り立ちから宇宙の仕組みに至る自然界の現象を観察して、その法則を明らかにする自然科学分野の学問だ。
ガリレオやニュートンに始まったとされるが、それら研究者を物理学者と呼んでいる。
物理学が扱う分野は、電磁気学・熱力学・量子力学・解析力学・統計力学・相対性理論・流体力学・工学力学・光学・素粒子物理学・宇宙物理学など実に様々だ。
しかし、それぞれの分野の研究は重なり合う部分が多く、境界線も曖昧だ。
そのため、自然科学の基礎研究の諸分野を総称して理学と呼ぶこともあるし、その一方で、主として研究している分野によって、物理学者のほかに、理学者、工学者、地球物理学者、宇宙物理学者、天文物理学者、数理物理学者などと呼び分けることもある。
大学の関連学部卒業後、大学院の修士課程と博士課程の研究生活を経たのち、研究職のポストを探すの一般的だが、プロの研究者として生活できるようになる人は限られている。

インフラエンジニア

公害防止管理者

工場など公害発生施設で大気汚染、水質汚濁、騒音・振動公害な どの防止・管理にあたるのが、公害防止管理者の仕事だ。
公害防止管理者は、製造業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業 の公害発生施設の運転、維持・管理、燃料・原材料の検査などを行 なう役割を担っている。
実務経験を積み、資格認定講習を受講するか、国家試験に 合格して資格を取得しよう。
公害防止管理者は環境省が認定する国家資格で、産業環境管理協 会が実施する公害防止管理者等資格認定講習を受講するか、公害防 止管理者等国家試験を受験して取得することができる。地域住民と の折衝の際には工場側の代表となることが多く、実際に職務にあた るときには、事態の収拾を図るべく交渉を行なわなければならず、 高いコミュニケーション能力が要求される仕事といえる。

Let’s 検索
産業環境管理協会>公害防止管理者>国家試験・資格認定講習

鉄道職員

鉄道職員として働きたいなら、JR グループ7社と主要鉄道会社 15 社に東京メトロを加えた大手 16 社が主な就職先となる。仕事 は、事務系のほかに、車掌、運輸・運転職、車両検修職、電気・保 線などの技術職がある。
その中でも鉄道運転士は人気の職種だ、車掌と協力して、乗客を 安全で快適に目的地まで運ぶのが使命。信号や制限速度を守り、車 内の混み具合や天気の状況などを確認しながら、電車を予定時刻ど おりに運転する。
鉄道会社へ就職し、駅係員、車掌として経験を積んだ上で、 動力車操縦者運転免許を取得して鉄道運転士を目指そう。
人気の鉄道運転士になるには鉄道会社に就職することを目指そう。 しかし、鉄道会社に入社したからといって、すぐに希望する運転士 になれるわけではない。運転士になるためには、車両に関する知識 を身に付けたり、作業上の安全に関することなど、さまざまなこと を覚えなければならない。そのため、まずは駅係員と車掌の仕事を 経験して試験を受けて運転士見習いとなり、国の認定を受けている 動力車操縦者養成所(各社の訓練・研修センター)で指導を受け、 最後に試験に合格してはじめて、国から動力車操縦者運転免許がも らえ、運転士の仕事ができるようになる。
試験においては、いろいろな場面の中で、平常心で運転をできる かが試される。ほかにも車両故障、異常時の対処法などの試験があ る。一人前の運転士になった後も、定期的に訓練や教育を受ける必 要がある。
鉄道の運転士には、電車・気動車運転士のほか、電気機関車を運 転する電気機関士やディーゼル機関車を運転する機関士などの職が ある。動力車操縦者運転免許は、運転する車両の種類に応じて、蒸 気機関車運転免許、電気車運転免許、新幹線電気車運転免許という ように分類されている。

Let’s 検索
日本民営鉄道協会>鉄道豆知識>鉄道用語辞典・た行>電車の運転免許

関連ジョブ
時計技術者
トラック運転手
不動産デベロッパー

動物園職員

動物飼育員とは全国で160ほど存在する動物園で働く仕事です。主な仕事内容は動物の世話や施設の維持管理、来園者へのサービス、飼育動物の繁殖の研究などになります。
動物の世話は1日たりとも欠かすことができないため、休日はシフトによって交代で仕事することになります。また、担当している動物に傷病が発生したり、人工保育が必要な時は、夜間や早朝の勤務となる場合や、休日を返上して働かなければならないこともあります。

グラウンドキーパー

プロ野球をはじめとした野球場や、サッカー場のグランド整備を仕事をしている人たちのことをグランドキーパーという
グラウンドに使う特別な土の調達や天然芝の育成管理したり、人工芝の保護管理したりと、選手が全力でプレーできるように、常にグランドを万全の状態に維持する
民間の造園会社などに整備を委託しているケースが大半を占めている
球場や競技場を運営・管理している会社や球団、自治体に委託先を教えてもらい、採用状況を問い合わせて就職を考えよう
ゴルフ場やサッカー場などで主に芝生のメンテナンスをする人はグリーンキーパーと呼ばれている

CGクリエイター

通常のアニメーションは、手描きのセル画を何枚も描くことで動画を作成しますが、近年ではCG(コンピューターグラフィックス)によって映像が作成されることも増えています。

2016年に登場したバーチャルYouTuber「キズナアイ」も、CGアニメーションの技術を活用して作られたコンテンツです。

【自己紹介】はじめまして!キズナアイですლ(´ڡ`ლ)

プロの現場のCG制作では「Maya」というソフトが使われていたり、3Dポリゴンを動かす技術として「Unity」というプログラミング言語が使われています。

近年では、

  • 3D技術の進化によるハイクオリティ化
  • ゲームのグラフィック向上
  • アニメでの3D利用の増加

など、CGクリエイターとしてスキルを極めることで、仕事の選択肢も増えやすくなっています。

精神保健福祉士

21世紀は”心の時代”といわれ、心に問題を抱えた人が急増している。そんな中、日本は、たまたま心の病を負い、さまざまな障害を抱えている人に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みが遅れていると指摘されていた。
そこで、国民の精神保健維持のためにさまざまな施策がとられるようになったが、その1つとして精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)などの仕事に就く人のための国家資格である精神保健福祉士が誕生したのは1997年のことである。
精神保健福祉士は、精神的な障害のある人が日常生活をスムーズに営めるように支援したり、社会参加に向けた支援活動を行ったりすることが仕事となる。
精神保健福祉士は、社会福祉学を学んだ上で、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を行なう。その先にあるのは、その人らしいライフスタイルの獲得だ。精神保健福祉士の資格を得るには、社会福祉振興試験センターが実施する精神保健福祉士国家試験を突破しなければならない。受験資格を得るには、福祉系大学・短大や一般大学、短大で必要な指定科目を履修していることが条件となっているが、コースによっては実務経験を積んだり、養成施設などに通う必要もある。
勤務先は、精神科病院や総合病院の精神科、メンタルクリニックなどの医療機関、保健所、精神保健福祉センター、市町村の保健センターなどの行政機関、精神障害者福祉ホーム、精神障害者社会復帰施設など精神障害施設が中心。
さらに、高ストレス社会といわれる現代にあって、教育現場のメンタルヘルスに関する相談援助を行なうスクールソーシャルワーカーとして活躍してる人もいるし、職場でのストレスやうつ病対策、職場復帰のための支援などを行う企業内のカウンセラーとして活動している人もいる。

キャリアカウンセラー

個人のキャリアアップや職業選択について、個人の能力や価値観、興味をもとに、専門的な立場からアドバイスするのがキャリアカウンセラーの仕事。また、突如解雇され自信喪失に陥ってる人や、引きこもりから立ち直ったばかり人に対して、就職についてのカウンセリングをすることもある。相手の話をよく聞き、適切な助言を与えていくことが求められる。
キャリアカウンセラーの就職先には、人材派遣会社やハローワーク、就職支援センターなどがある。その他、教育機関の進路指導担当者になるなどの道もある。
キャリアカウンセラーになるためには、民間の養成機関が開講しているキャリアカウンセラー養成講座を受講し、修了後に資格認定試験に合格する必要がある。
各講座とも、独自のカリキュラムを用意し談義を行なっているが、どの講座も、相談者への自己理解支援や職業理解支援の方法、就職面接指導の仕方、労働法規についての講義などが主な内容となっている。
また同時に、キャリアカウンセリング理論やメンタルヘルスなどについても学んでいく。
現在、厚生労働省では、すべての人が能力を高め、自分に適した仕事に就けるようになることを目指して、真に相談に乗る能力を有した人材の養成に力を入れており、2016年4月からキャリアコンサルタントという国家資格試験を新設し、国の基準に達しているとみなされる養成機関が実施する講習課程を修了した者に受験資格を与えている。
まずは厚生労働省のホームページで養成機関についての詳細を調べ、その中から自分に合った養成講座を選択し、受講してみるといいだろう。

優柔不断な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました