心配性な人に向いてる仕事10選【安全管理や厳重なチェックが必要な仕事がオススメ】

心配性な人にとって、この世にはリスクの大きい仕事やプレッシャーのかかる仕事が多いと感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中には心配性な性質を活かせる仕事はたくさんあります。たとえば、弁護士や税理士は顧客を守るために心配性な気質が活きる場面もありますし、警察官や自衛官といった公務員も安定した組織で働ける上に未然に事故や犯罪を防止する意識が求められるため、心配性の性質が活きるかもしれません。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、心配性な人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

心配性な人に向いてる仕事【解説付き】

心配性な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 自動車製造工
  • 薬剤師
  • 警察官
  • 自衛官
  • 弁護士
  • 税理士
  • 心理カウンセラー
  • 国家公務員
  • 証券アナリスト
  • 警備員

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

自動車製造工

1台につき2万点以上といわれる部品を組み立てて自動車を完成させるのが自動車製造工の仕事です。

専門学校などで自動車の基本的な構造や 関連する技術についての知識を学んでおけば就職に有利ですが、大手自動車メーカーが出している期間工の求人であれば、未経験・年齢不問で働けることもあります。

自動車が故障してしまっては重大な事故に繋がりますので、心配性な人に向いている職業といえるでしょう。

薬剤師

薬剤師の仕事は、薬の専門家として処方箋に基づいて医薬品を調剤するのをはじめ、安全上必要な情報を患者や消費者に伝えたり、飲みかたの指導をしたりすることが仕事です。また、「お薬手帳」から患者が服用している薬を確認し、飲み合わせによる副作用などを防ぐことも重要な役目です。

薬剤師になるには厚生労働省の薬剤師国家試験に合格し、薬剤師としての資格が必要となります。受験資格は薬科大学か大学の薬学部で6年間学び、卒業することによって得られます。勤務先は病院の薬局やドラッグストア、調剤薬局のほか、民間の製薬会社や大学の研究機関で新薬の開発に携わったり、公務員となって保健所などで食品衛生監視員として働いている人や厚生労働省の麻薬取締官として活躍してる人もいます。

患者さんの気持ちに寄り添ってアドバイスができるような、心配性な人に向いている職業といえるでしょう。

警察官

人々の暮らしの安全を支えるために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪や交通の取り締まりなどを行なうのが警察官の任務です。警察官の職種は以下のように大きく6つに分けることができます。

まず『地域警察』は交番や駐在所で24時間、交替制勤務で管轄地域の 安全と治安を守るのが仕事です。パトロールや巡回連絡、地理案内、遺失・拾得 届の取り扱い等、地域警察の任務は多岐にわたります。警察学校を卒業した警察官の大半が交番や駐在所で初めて任務を遂行します。次に『交通警察』ですが、交通事故死亡者数を減少させることが交通警察の最大の目標となっています。交通取り締まりを中心に、交通ルールの重要性をドライバーや子どもたちに指導するなど、安全教育にも力を注いでいます。そして『刑事警察』は事件発生とともに現場に急行し、鑑識係員とともに綿密な現場検証を行ないます。証拠資料を収集し、同時に被害者や目撃者 等の話を聞き取り、有形・無形の証拠をひとつひとつ積み重ねた結果、 犯人を割り出して検挙するのです。
そのほか『生活安全警察』は、ひったくりや空き巣、振り込め詐欺、わいせつ物や賭博事犯、危険物やゴミの不法投棄といった公害問題事犯の取り締まりなど、生活安全警察の活動範囲が非常に広くなっています。そして『組織犯罪対策暴力団』は、来日外国人犯罪組織、薬物・銃器の密輸、密売グループ等の犯罪組織を取り締まっています。最後に『警備警察』は、デモの整理や、違反行為が発生した際の事態の収拾、暴徒の鎮圧にあたっています。いずれにせよ、正義感や責任感が強く、体力のある人が警察官に向いており、近年は女性警察官の活躍も求められており、刑事課などに配属される人も増えています。

警察官になるには、各都道府県で行なわれる警察官採用試験に合格する必要があります。試験はI類、I類とIII類に区分され、それぞれに年齢や学歴の制限があります。また、身長や体重、視力などの基準も満たしていなければならないので、受験資格をよく確認してから応募しましょう。採用後は警察学校で研修を受けることになります。

暮らしの安全を守るのが業務なので、心配性な人に向いている職業といえるでしょう。

自衛官

自衛官という仕事をご存知の方も多いかと思いますが、公務員として国を守るために日頃から訓練を行ったり海上の警備に励む仕事です。自衛隊は「陸上自衛官」「海上自衛官」「航空自衛官」に分かれ、そのいずれかに配置されることになります。

自衛官の仕事というと難しいイメージがありますが、最近では年齢制限が35歳までとなっており、一般曹候補生としては未経験からでも就職しやすくなっています。また、自衛官は大きな組織で典型的な訓練以外にも後方支援や一般職相当の仕事も大量にあるため、誰でも活躍できる職業です。

ただし、寮暮らしの必要があったり、集団生活の中で規則正しい生活を送るなど、最低限の規律を守る必要がある点には注意が必要です。

被災地支援なども業務のひとつですので、心配性な人にも向いている職業だといえるでしょう。

弁護士

弁護士の使命は人権や正義を守ることです。弁護士法にも「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とあります。 弁護士はこの使命に基づいて誠実に職務を行なう責任を背負っているのです。弁護士が関わる事件は、民事事件と刑事事件に大きく分けられます。民事事件とは、金銭の貸し借りや結婚や離婚の問題、遺産相続などでの当事者同士の争いごとを指します。一方、刑事事件とは、傷害や殺人などの罪を犯したとして警察に逮捕されたり、裁判にかけられたりする場合のことで、検察官が加害者を逮捕し起訴して、処罰を求めるケースです。またそれ以外に家事事件(家庭内でのトラブル)や少年事件、行政事件なども扱っています。

弁護士になるには法科大学院で学ぶか、司法試験予備試験に合格して司法試験を受けましょう。合格後は司法研修所で研修を受けることになります。

相談者の立場を考えて権利を守るため、心配性な人にも向いている職業だといえるでしょう。

税理士

税理士は、税務代理、税務書類の作成、税務相談などを行なう仕事で、税務に関するプロフェッショナルと言えます。場合によっては財務や会計に関する問題点を指摘するなど、経営改善の方法をアドバイスすることもあります。税務の仕事は、細かい数字のチェックや記載漏れ、会計上のミスを見抜く能力が求められます。
税理士になるためには、国家資格である税理士試験か税理士資格が与えられる弁護士、または公認会計士資格に合格する必要があるため、それなりに難易度の高い仕事だといえるでしょう。
税理士資格取得後は、税理士事務所などに就職して実務経験を積み、それから独立して個人事務所を開業する人が多いようです。また、税務署に一定期間以上勤務すると、試験の特定科目が免除される規定があるため、資格取得を目指すために税務署に務めるのもよいでしょう。

計算ミスなどがないか細かくチェックする業務のため、心配性な人にも向いている職業だといえるでしょう。

心理カウンセラー

心理カウンセラーは適応障害で苦しんでいる人や、不登校や出社拒否、家庭内暴力や職場の人間関係の問題などで悩んでる人たちの心を癒やし、精神的自立を助ける仕事です。

心理テストなどで心理や性格を判定したり、心理療法を実施して心の健康回復を支援するなど、相談の内容や対象者によって、さまざまなカウンセリングを施します。さらに、相談者の言動や行動を細かく観察しながら、その回復や解決の糸口を探します。

主に活動する場所は、病院の精神科や児童相談所、心身障害児施設などになります。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラーのうちいずれかの資格を持っていると良いでしょう。

悩んでいる人に寄り添ってカウンセリングする業務のため、心配性な人にも向いている職業だといえるでしょう。

国家公務員

公務員とは日本の国の機関に勤務する者で、国家公務員の仕事は総合職、一般職、専門職の3つに大きくわかれています。総合職試験合格者は「キャリア」と呼ばれる将来の幹部候補生です。入省後、間もない時期から高度な仕事を担当することも多く、3~4年で重要な政策の立案や実行などにも携わることになります。それに対して、一般職(大卒程度試験)を突破した人は、各省庁の中堅幹部職員となって事務や調査のほか、技術的などに携わることになります。また、一般職(高卒者試験や社会人試験)は、各省庁で初級職員として各種一般事務や調査や技術的業務などを行ないます。基本的に採用された地域で勤務します。

国家公務員の受験資格は、総合職(院卒)が30歳未満、総合職(大卒)および一般職(大卒程度)が21歳以上30才未満、一般職(高卒)は17~20歳未満となっています。誰でも受験することができますが、総合職(院卒者試験)は大学院卒業程度、総合職(大卒程度試験)および一般職(大卒程度試験)は大学卒業あるいは短大または高等専門学校卒業程度、一般職(高卒程度)では高校卒業程度の学力が求められます。
試験は筆記試験と面接試験があります。筆記試験で高得点を取ることはもちろんですが、面接試験でも高い評価を得ることが必要です。筆記試験では広範囲な分野が出題されるため、出題数の多い科目や頻出度が高い問題などを過去問から絞り込んで勉強しましょう。また、面接試験対策も考え、専門の予備校や大学の特別講座などで試験対策を学んでおくと良いでしょう。

国政に係わるためミスができない業務ですから、心配性な人にも向いている職業だといえるでしょう。

証券アナリスト

証券アナリストは、経済や金融に関する様々なデータを集め、その動向を調査や分析をして、有望視される株や債券の情報を個人投資家や機関投資家に提供したり、売買のタイミングをアドバイスしたりするのが仕事です。しかし、入手した情報を一部の顧客だけに流すという不祥事が起きたことから、2016年7月には日本証券業協会によってアナリストによる取材や情報伝達についての「ガイドライン」が作られ、その役割を見直す動きもあります。

証券アナリストは、証券会社の調査部門に所属して株式や証券などの調査や分析を行なうリサーチアナリストと投資信託・投資顧問・信託銀行などに所属してさまざまな条件を組み合わせて効率よく運用するポートフォリオ・マネージャーとに大別されます。
活躍の場は、証券会社・銀行などの金融界にとどまらず、一般企業の財務・IR(企業の投資家向け広報活動)部門などにも広がっている。主な資格に「日本証券アナリスト協会」が認定する「証券アナリスト」があり、受験者には学生や女性が多いことも特徴のひとつといえる。

証券会社や証券を扱う金融機関に就職して証券投資実務経験を積んでから、産業や企業の調査をもとに個別証券の分析や評価を行なう調査部門などに所属し、その後、アナリストとなるケースが多いです。証券アナリストの講座ならびに資格試験を受けておくと、関係部門への転属に有利となります。

資格試験は証券アナリストとして必要な専門知識や分析技術の習得を目的としており、1次と2次があります。受験や受講にとくに制限はありませんが、ある程度の経験や知識が必要となっているため、学生のうちに「日本証券アナリスト協会」が開講している初心者向けの「証券アナリスト基礎講座」「証券分析のための数学入門講座」などを受講しておくとよいでしょう。この職業で分析するデータや扱う資料はとにかく膨大な量で、政府の経済、金融の担当者や企業の経営者に直接インタビューすることもあるため、情報分析力、情報収集力、取材力、さらに法を守る姿勢が求められます。

法はもちろん「ガイドライン」を守って行なう業務のため、心配性な人にも目指すことができる職業かもしれません。

警備員(ガードマン)

警備員の仕事は事件の発生を警戒・防止することで「ガードマン」とも呼ばれます。

一般家庭のホームセキュリティの普及、ATMへの現金運搬業務、大規模イベントにおける警備の需要など、人々の安全と財産を守る産業として警備業が定着してきているため、人手の需要も増えています。

警備員として働けば日給1万円に達することもあり、給料も決して低くはないと言えます。

警備員になるには、警備会社に入社するのが一般的ですので、警備会社の求人を見つけて応募してみましょう。

人や貴重品を守る重大な業務のため、心配性な人にも向いている職業だといえるでしょう。

心配性な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に、自分に向いている仕事が見つかる転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました