ニートはアルバイトで働くべきではない。素直に正社員としてスタートした方がいいことを知っておこう!

「ニートはまずはアルバイトとして働くべき!」

そんな声も多いですが、私は断固反対です。

実際、ニートからフリーターに華麗に転身するも、そのままダラダラフリーターとして過ごしてしまった反省があるからこそ、言えることです。

まあ、就職口の狭くなる30代以降なら「なんでもいいから働いて稼げ!」という主張も通るのでしょうが、そうでない20代ニートの方は、素直に正社員(あるいは契約社員)を目指すべきです。

今では「既卒・第二新卒」という言葉もあるとおり、20代前半の方なら無職やニートでもハンデになりません。

新卒ほどではありませんが、正社員の間口は意外と広いのです。

関連:既卒・第二新卒が企業に歓迎される理由「若ければチャンスはある」は本当なのか?その真相に迫る!

20代後半から35歳までなら、ギリギリセーフでチャンスはあるという感じですね。

私も20代後半になってから正社員として採用されることになりましたが「20代前半に素直に正社員になっておけばよかった…」という後悔がある反面で「20代後半の経歴なしでも十分チャンスはある!」とも感じました。

今やどこの業界も若手不足で、実際問題、企業側としても「人を選んでいられない」という側面もあるんですよね。

そういった事実や転職市場の状況を知らずに、安易にフリーターの道を選んでしまうのは、若いニートの方には、正直もったいないし、貴重な若い期間を潰してしまう結果にしかならないと感じました。

というわけで、私の反省も兼ねて「ニートがまずはアルバイトとして働くべきではない理由」を紹介していきましょう。

アルバイトで働くとそこで満足してしまう可能性がある

ニートがアルバイトで働くべきでない理由は「アルバイトで働くとそこで満足してしまう」という可能性があるからです。

最近では、雇用の二極化が激しく、バイトも結構大変な仕事が多いんですよ。

コンビニバイトですら業務量は多岐に渡りますし、小売なんかもバイトリーダークラスになると現場を統率する仕事を任せられますからね。

アルバイトの負荷が多い仕事ですと、それなりに「仕事している感覚」っていうのは、得られちゃうんですよ。

これが、結構まずいんです。

実家暮らしのニートの方で、月10万以上ももらえるとなると、これがまたなかなか大きな収入のように感じちゃうから、さらに「アルバイトでもいいや…」って思っちゃう。

もうね、アルバイトでこの精神状態になると「あれ、普通に正社員として働いてたほうがよくなかった?」と思ってしまうわけですね。

そもそも、ニートにアルバイトしながら職を探す余裕はない

そもそも、ニートがアルバイトしながら正社員を目指すのは、結構ハードル高いんです。

とくに、就活の際に、学業と就活を両立できなかったような人は、確実に無理だと考えてもいいです。

もともと、ニートしているような人は、そんなに仕事に対する目的意識も高くはないと思うんですが、実際問題、仕事に対する意識が高くない人って社会人にもかなり多いんですよ

ほどほどに仕事片付けて、帰って飲んで寝ての繰り返し…。

上司の理不尽な命令や、無慈悲な転勤命令はあるかもしれないけど、それも「金もらって生活できりゃあいいや」ということを考えれば、大した問題でもない。

別にそれは悪いことではなく、普通のことです。

だからこそ、大企業も公務員も「ほどほどに頑張ってくれる人材」にそれなりの地位と給料を与える…というわけですね。

その証拠に、アベノミクス政権で「副業解禁」されて、正社員でも副業出来るようになりましたが、掛け持ちしている人ってごく少数ですからね。

それなりに生活できて、それなりに金ももらえる」なんて環境が与えられると、もうそこから必死に頑張ろうなんて思わないのは、当然の心理なんです。

ニートがアルバイトをしてしまうと、そういうリスクも潜んでいるわけですね。

アルバイトは経歴として評価されにくい

また、アルバイトは経歴として評価されにくいというデメリットがあります。

アルバイトの仕事なんてどんなに忙しくて頑張っていようが、本人の努力関係なしに「しょせんはアルバイト」としてしか見られません。

正社員としてダラダラ仕事しているような人でも、実績や責任ある仕事を任せられた実績があれば、それだけで評価されます。

極端な話、

  • アルバイト掛け持ちで毎日忙しく働いたフリーター
  • 正社員で手を抜きながらダラダラ働いてきた正社員

…であれば、圧倒的に後者のほうが評価されます。

というのも、面接じゃダラダラ働いていた正社員だろうが、見抜けないからですね。

そして、仮にダラダラ働いていたような正社員であっても、実際には大きな仕事にも関わっているので、それなりに成長はしているはずなんです。

同じ働いた時間であっても、アルバイトと正社員では、単に時給だけでなく「社会的な価値」ですら差が開くわけですね。

これは実際に年齢を重ねて、周りとの違いを実感していかなければ、身にしみてわからない事実です。

アルバイトからの正社員採用は厳しいことを知っておこう

ニートにアルバイトを薦める方に「アルバイトから正社員になればいい」と無責任に言う方がいますが、実際問題これはかなり厳しいです。

というのも、大きな企業ほど社内のシステムがしっかりしていて、アルバイトはアルバイトで使い潰せるように組織がしっかりしているからですね。

もちろん、可能性はゼロではありません。

私もフリーター時代、大手チェーン店で正社員になる道も考えました。

しかし、フリーターから正社員になるのは、かなり茨の道と感じました。

新卒採用の本社勤めの正社員。
中途採用のマネージャークラス。
バイトからの成り上がり社員。

大きな組織ほど、採用された入り口で、どうしようもない地位の差もありますからね。

もちろん、20代後半以降になると仕事を選んでいられないのも事実ですし、他人とはキャリアで覆しようのない差が生じるのも仕方ありません。

今後の人生をアルバイトで入った企業に捧げると考えた時に、本社のキャリア組と現場上がりの仕事での差別に悩みながら働くことになるのだと考えると、私はどこかで折れてしまうと考えました。

そこを割り切れるのであれば、アルバイトから正社員としての道を考えるのも、ありです。

しかし、割り切れないのであれば、最初から正社員として採用してくれる会社を選んだほうがマシです。

ニートは素直に正社員として飛び込むべき!

こういった私の反省から踏まえて、言っておきます。

若いニートの方は、うじうじ悩んでいる暇があるなら、思い切って正社員になるべきです。

私もフリーター経験を経て、その後本気で転職活動を行い正社員になれましたが、正社員で得られる経験値は段違いです。

そして、アルバイトと正社員の違いというと、責任が重たくなるだけであり、仕事の量はあまり変わらない…とも感じました。

もちろん、その”責任”の部分に価値があるわけです。

アルバイトなんて、いくら責任や使命感を持って仕事しようが、正社員のソレにはかないませんからね。

ただし、キツさで言えばアルバイトはアルバイトなりのキツさ、正社員では正社員なりのキツさというものがあります。

同じ”仕事”であれば、最初から正社員を目指して、経験値も経歴も積んだほうが、今後の人生のためにもなります。

目的意識がないなら、正社員になってしまった方が精神的には”楽”

私が正社員として勤めてわかったことは「正社員になると精神的に”楽”」ということですね。

アルバイトの頃のように将来に悩むこともなくなれば、社会保障なども企業が請け負ってくれます。

そして、仕事が出来るようになれば、成長や経験している達成感も得られますからね。

一方で、アルバイトは何の変わり映えもない仕事を続けるだけで、成長している感覚も得られません。

ニートとしてダラダラ生きているような人は、本来は正社員として適度に頑張って生きるほうが、絶対に”楽”なんですよ。

最初はキツく辛いかもしれませんが、社会人として一人前になれば、それなりに精神も暮らしも安定します。

ですので、若いニートの方は「アルバイトから地道に社会復帰…」なんてことは考えず、正社員という”スタートライン”を目標に、頑張ってみてください。

本当に「チャンスがあるのは若いうちだけ」と年々感じてきますからね。

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ