仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

フリーターで何が悪い!と思っている人に伝えておきたいこと。

「フリーターの何が悪い!!!」

そう悩んでいませんか?

結論から言えば、別に何も悪くはありません。

フリーターは犯罪ではありませんし、働いているだけニートよりかはマシです。

ただ、世間ではやはり「え?まだフリーターやってんの?」「いい歳してフリーターなんて…」という風潮があります。

もし、そういった世間体に負けて「正社員にならなくちゃ…」「そろそろマジメに将来について考えなければ…」と少しでも焦りがあるフリーターの方は、最後まで読んでください。

フリーターの何がいけない?

フリーターの何がいけないのでしょうか?

冒頭にも挙げた通り「犯罪ではないので、別に何も悪くはない」です。

ただし、社会的責任を負って働いている正社員からすれば、以下のような目で悪く見られていることは、覚えておきたいものです。

根本的に「努力」していないから

フリーターの何が悪いかと言えば、根本的な努力をしていないからでしょう。

フリーターの仕事はすべて「受け身」で行えます。

そのため、自発的な努力は一切必要とされません。

今や正社員でも安定しない時代になっています。

一般的な正社員ですら、以下のような努力を常日頃から行っています。

  • 業界・時代の変化に対応して常にスキルを身につけている
  • 資格取得など、常日頃から仕事に関する勉強を行っている
  • 副業で収入源を得るためにビジネス展開している

なぜかと言うと、正社員は昇給・出世に関してシビアな査定があるので、上司や経営者から厳しく指導されるからです。

しかし、フリーターはどうでしょうか?

仕事で手を抜いて「辞めればいいや…」「嫌になったら次を探せばいいや…」「正社員じゃないからそこまでしなくていいや…」と努力しなくても、うるさく言われない立場です。

仮にあなたが「フリーターだけど正社員並の当事者意識を持って、会社の経営に関わる大きな仕事にも積極的に挑戦している」ぐらいの向上心のあるフリーターであれば、今の会社で正社員を目指すことだって出来ます。

また、フリーターの仕事を「金のため」と割り切って、夢の実現のために他の部分で努力していたり、あるいは就職活動も並行しておけば、その努力は何かにつながることでしょう。

そのどちらも出来ていなければ「お前はフリーターだから悪い!」と言われても、仕方のないことでしょう。

将来のことをあまり考えていないから

フリーターの何が悪いかで言えば、将来のことをあまり真剣に考えていないからでしょう。

新卒採用入社の切符を逃した時点で、正社員になるためのハードルはグッと上がります。

最近では「既卒・第二新卒(卒業3年以内の人)」や、20代の若手であればチャンスはあります。

しかし、それでも20代後半以降は中途採用として正社員として雇ってもらうのは厳しくなります。

また、30代以降は絶望的となり、非正規社員として待遇も悪く、いつ解雇されるかわからない不安の中で働かなければいけません。

これには法律関連や企業の暗黙の了解など”大人の事情”が複雑に絡んでいます。

少なからず「自分はやれば出来る」「その気になればフリーターから正社員になれる」という考えでなんとなくフリーターを続けていては、取り返しのつかないことになることは覚えておきたいものです。

収入が低いから

フリーターが悪い理由は、単純に収入が低いからでしょう。

世の中、決してお金がすべてではありませんが、最低限の暮らしや社会人としての責任を追う以上、お金は必要です。

それも社会人ともなれば、

  • 飲み会、ギフトなどの付き合いに関する出費
  • 勉強・自己学習に関する出費
  • 健康管理に関する出費
  • 冠婚葬祭に関しての急な出費
  • 子育てなどの出費
  • 親の介護に関する出費

…など「他人のための出費」が多くなりがちです。

決して「自分だけが生活できればいいや…」という考えだけではいられなくなるのです。

そういった「何かあった時、1人の大人として対応できる経済的な余裕」を持つためにも、フリーター程度の収入で満足していては、本当に何かあった時に痛い目を見るのです。

社会的信用が得られないから

フリーターの何がいけないかと言うと、社会的信用が得られないからでしょう。

具体的には、以下の通り。

  • マイホームローンなどの融資を受けられない
  • 正社員としての実績やコネがないので、起業の支援も受けにくい
  • 転職でも不利になりやすい

たとえ、フリーターとして正社員並の責任のある仕事をしていても、フリーターというだけで容赦なく信用されないことが、社会ではよくあります。

人材会社の運営する転職エージェントでも、フリーターでもサポートは受けられますが、選べる仕事は未経験者でも出来る仕事で、年齢の割には合わない仕事ばかりです。

こういった現実を受け止めた上で「それでも一生フリーターを続ける!」という覚悟があれば、別にその生き方を否定はしません。

ですが、少しでも「このままじゃダメだ…」「フリーターのままだと将来が見えない…」と思っているのであれば、どこかで覚悟を決めて決断しなければならない時が訪れます。

世間体が悪い

フリーターの何がいけないかと言うと、世間体が悪いからでしょう。

とくに40代以降の年上世代や新卒採用後に順調にキャリアコースを歩んでいる人であれば「フリーターは全員怠けているだけだ」という偏見を持っているので、そういう目で見られがちです。

ただし、今の日本では非正規雇用も増えているので、正社員だけが正しい生き方というわけではなく、場合によっては「契約社員」「派遣社員」を選ぶ必要も出てきます。

ただ、まだまだ日本の労働環境では「正社員の方がいい思いを出来る」のは間違いないので、20代の若いフリーターの方で少しでも正社員になりたい気持ちがあるのであれば、挑戦しておくに越したことはないでしょう。

少なからず、正社員になるための努力をした上でフリーターになった人とそうでない人では、仕事に対する意識や考え方も変わってきます。

フリーターは社会人ではない…?

フリーターと言えば、収入があるにも関わらず、なぜか「社会人ではない」という扱いを受けます。

別に「フリーターは社会人ではない」というわけではありませんが、世間的にはやはり「フリーターは正社員にもならないで、遊んでいるプータロー」という目で見られます。

もちろん、あなたが掛け持ちバイトで収入を得ていて、一人暮らししているのであれば、そんなことは気にする必要はありません。

しかし、実家暮らしで中途半端に働いているだけのフリーターであれば、考え直すべきことはたくさんあるでしょう。

フリーターで生きていける?フリーターは終わってる?

「フリーターが悪くない!」と思っている方で「フリーターの収入でも生きていけるじゃないか!」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、以下の画像のように、正社員とフリーターでは生涯年収に何倍もの差が生じる事実は知っておきたいです。

出典:ハタラクティブ

単純に生涯年収が低いため、生きていけるにしても生活水準は非常に低いものとなります。

また、以下のような要素も考えると「フリーターの将来性は非常に低く、不安なもの」ともなるのです。

フリーターの将来性が不安定となる要素

  • 社会的信用がないのでローンが組めない(マイホーム、子育て関連の融資が受けられない)
  • 厚生年金に加入していないため、将来の年金受取り額が正社員の半額以下となる
  • 社員と比べて重要な仕事を任せられないため、社会人としての一般的な経験が身につかない
  • スキルや経験が身につかないため、給料も上がらない・出世もできない
  • 保険に未加入の場合、万が一働けなくなった場合に一切収入がなくなる

もちろん、あなたが、

「将来がまったく不安じゃない!」
「親が死んでも葬儀の資金を出せるし、相続税も支払える!」
「自分は絶対に健康面で衰えないで、生涯現役フリーターとしてやっていける!」

…という絶対的な自信を持っていて、貯金も健康管理もしっかり出来ているのであれば、フリーターでも問題はないでしょう。

ですが万が一、事故にでも遭って働けなくなったり、急な出費が必要になった場合の貯金があなければ、フリーターとして余裕を持って働ける状態は維持できません。

また、現実的に「結婚して子育てする」と考えた場合、フリーターの収入では子供をいい大学に行かせることすら困難です。

女性の方でも、今や「共働き世帯」が増えているほど、若い正社員男性の収入も不安定なご時世です。

国が憲法で定めている「最低限の文化的生活」は営めるという意味では「フリーターでも生きていける」のは間違いないですが、それ以上の生活をフリーターが求めるのは非常に難しいと言えるでしょう。

「フリーターのままじゃダメだ…」と思ったら行動しておくことも大事

この記事を最後までお読み頂いた方で「フリーターの何が悪い?」と悩んでいる方は、おそらく心のどこかで「フリーターのままじゃダメだ…」とも思っているのではないでしょうか。

そうであれば、しっかり就職して正社員になることを考えておくと、損はないでしょう。

何も「絶対に正社員になれ!」「フリーターなんてすぐに辞めて無理にでも正社員になれ!」と言いたいわけではありません。

ただ「このままじゃダメだ…」と思ったら、考えたり調べたりするだけでなく、行動してみて自分の目で確かめ、自分の意志で考えて決断することも大事だと言うことです。

人間、急に変わることも成長することも出来ませんが「今のままじゃダメだ…」と思って悩んで行動すれば、確実に何かは変わっていきます。

しっかりと「正社員になるべきか?」と考えて行動してみた上で、フリーターになったのであれば、誰もその生き方に文句を言う権利はありません。

ですが、心の片隅で「自分も何か行動しなければ…」「変わらなきゃダメだ…」と思っているのであれば、焦りすぎず、かと言ってダラダラし過ぎず、考えて行動する余裕があるうちに動き始めましょう。

フリーターから正社員を目指すなら就職支援サポートを使っておこう

20代のフリーターの方で正社員を目指したい方は、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスを活用しておくことをオススメします。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3社です。

オススメNo.1!

いい就職ドットコム

→解説記事はこちら

  • 中堅企業の紹介多め
  • 正社員求人限定
  • ブラック企業徹底排除
  • サイト登録式で求人情報閲覧可能
  • カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
  • 創業者に既卒経験ありで利用者目線
  • 2001年からの長い運営実績のある老舗
効率NO.1!

ハタクティブ

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 書類選考なしで面接可能
  • 全国に面談拠点あり
  • 電話面談・Skype面談対応
  • 契約・派遣社員の求人あり
DYM就職

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 全国に面談拠点あり
  • 最短1週間の内定実績あり
  • 中堅~ベンチャー企業多め
  • 一部、上場企業の求人も

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

就職Shop

あのリクルートの手がける既卒・第二新卒向けの就職支援サービスが「就職Shop」です。

就職Shopの特徴

  • 求人数最多
  • 人柄重視の小さめの企業の紹介多数
  • ただし、拠点での面談参加は必須

リクルートらしく、圧倒的求人量はあるものの、面談参加重視な点で、やや効率性には欠ける印象。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。