学者肌な人に向いてる仕事16選

あなたは学者肌ですか?そうであれば、自分に合った仕事がまだ見つかっていないので、いかに早く反応するものを作るかを考えます。しかし、世の中には学者肌であることを利用した企業がたくさん存在しています。自分に合った仕事を見つけて活躍するためには、自分の性質をよく理解し、それを心地よく感じる職場を見つけることが大切です。このページでは、奨学生の肌に合った仕事を紹介します。

大学生の場合、よく職場選びが悩まれる年代です。今の職場には向いていないと思うことがあったりします。そんな人のために一番おすすめしたいのは学者肌でありたい職場選びです。大学生というのは、帰路の公共バスが予想される時

学者肌に合っている仕事――。私たちは実在するかと思われますが、学者肌のことを話題にしたことがありません。私は学生時代の頃から非常に考える器の大きな人間だったと思います。テストで出来なくても、「必ず合格する!」と信

多くの人は、自分にぴったりの仕事はあまりないと思っているかもしれません。そのため、就職活動がうまくいかないと、「自分はどこにも溶け込めない」と感じてしまうかもしれません。しかし、普通の人よりも知能が高く、問題解決能力の高い社員がいることで、多くの企業が利益を得ています。自分のことをよく理解した上で、自分の能力を最大限に活かせる仕事を探してみてください。今回の記事では、学者の気質にぴったりの仕事をいくつかご紹介します。

学者コンプレックスのある人におすすめの仕事はたくさんあります。これらの仕事では、多くの場合、即戦力が求められます。そのため、自分の性格に合った仕事を探しているのではないでしょうか。学者を優遇する会社はたくさんあるので、そのような場所を探すのに苦労するかもしれません。自分が輝ける場所を見つけるために最も重要なことは、自分の性質を知り、それに合った職場を見つけることです。このページでは、学者にコンプレックスを持っている人におすすめの仕事をいくつか紹介します。

どんな仕事がアカデミアの肌に一番合うのか、考えたことはありますか?私は、自分の個性に合った仕事が見つからず、少し迷いを感じたことがあります。しかし、世の中にはAcadeの特徴に合った会社がたくさんあります…
そんな時、「今、私に合ってる仕事ってどんな仕事?」と思いますよね。

学者の肌の特徴 – 学者の肌に合う仕事とは?話題にしたことはありませんが、学者肌は本当に存在するのかについてお話します。私は子供の頃から思考能力が非常に高い人間だったと思います。試験でできなくても、「きっと合格する」と言ってわかっていました。

これらは、学者の太ももを持つ人にとって理想的だと思われる仕事です。実際にそのような仕事があるかどうかはわかりませんが、記事の中で学者の太ももを話題にしたことはありません。私は学生時代、とても気が強かったと思います。うまくできないテストがあって、”絶対に合格してやる!”と言っていました。

博士肌の人にはどんな仕事が向いているのか、という話はまだしていないはずですが。私は学生時代、人としてかなり頭が良かったのではないかと思っています。テストで悪い点を取っても、「絶対に成功する」と言い聞かせていました。
学者のように肌の柔らかい人の話を聞いたことがあります。実際にはそんな人はいないと思いますが、話題にしたことはありません。私は自分のことをとても頭がいいと思っています。

大学院生の肌タイプとは?今までにない話題のように思われるかもしれませんが、私は自分のことをとても高く評価する人間だと思っています。学生時代は、たとえ試験に落ちても「私は絶対に成功する!」と信じていました。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

学者肌な人に向いてる仕事【解説付き】

学者肌な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 生物学者
  • 火山学者
  • 地震学者
  • 地質学者
  • 考古学者
  • 物理学者
  • 化学者
  • 医学者
  • エコノミスト(経済学者)
  • 気象庁職員
  • 海洋研究開発機構職員
  • 大学教員
  • 学芸員
  • ライター
  • 編集者
  • コンサルタント

数多く存在する様々な学者に向いてる可能性がありますが現実的には学者として生計を立てるのは難しいため、学者として知識の探求を行いながら生計を立てるために向いている仕事も候補に入れておきました。

生物学者

生物学者とは、文字どおり、生物に関する研究を行う研究者のことだ。
地球には数百万種もの生物がいるとされており、それぞれの種ごとに研究者がいるといってもいいほどだ。
微生物学・植物学・動物学・昆虫学・遺伝学などを筆頭に、生物学者の研究分野は限りなく広い。
生物学の知識を活用して、例えばバイオテクノロジーや免疫などの分野に進んでバイオ技術者として活躍する人も多い。
その一方で、生物学者の中には、深海生物を専門とする深海生物研究者や太古に生きていた恐竜などの古生物を専門にする古生物研究者・恐竜研究者、あるいは地球に限らず、広く宇宙の生命について研究する宇宙生物研究者もいる。
いずれも真にアカデミックな分野のために働く場は大学や研究機関に限られるが、生命の神秘に迫る面白い研究だといえるし、その中から新しい発見があるかもしれないだけに、ロマンのある仕事だとも言える。

火山学者

火山学には火山地質学、火山物理学、火山化学などの分野があり、それを専門に研究している人を火山学者と呼んでいる。
噴火している火山に足を運んで観測するなど、危険の伴う仕事だが、その成果で多くの命が救われるケースもあるだけにその役割は重要だ。
火山学者になるには、火山を専門にした研究室のある大学・大学院へ進学し、火山学の専門知識を学びながら、大学の研究機関や国の研究機関などの研究員になる道を探し出すのが一般的だ。
日本火山学会のホームページで、様々な情報を発信している。
チェックしてみるといいだろう 。

地震学者

地震学者の仕事は、地震計など各種計測機器を用いた観測を行い、得られたデータをもとに地震に関する現象を解析することだ。
基礎となる物理学と地学に加え、数学の知識やパソコンの技術、さらには重要な研究成果を論文として国外で発表したり、海外研究者との交流も多いことから英語力も不可欠。
まずは理科系の大学・大学院に進学して地学もしくは物理学を学び、その後、本格的な地震学の研究職へ就くのが一般的である。
2011年の東日本大震災では、津波による大きな被害が出た。
津波のメカニズムを解明し、その予知をするのも地震学者の大きな使命となっている。
地震学を学べる大学については、日本地震学会のホームページのリンクから確認できる。

地質学者

地球の磁場の中には30数億年前から今日に至るまで地球で起きた様々な自然現象が堆積構造や鉱物、化石として残されている。
そうした地層自体に着目し、時代ごとの自然環境や生物の変遷の歴史を明らかにしようとするのが地質学者の仕事だ。
日本で地質学研究を行っている代表的な研究機関には、東京大学、京都大学、大阪大学、愛媛大学、高知大学、信州大学、千葉大学などの国立大学や、国立科学博物館、産業技術総合研究所、地質調査総合センターなどがあります。
こうした研究機関の研究者になるには、博士号の取得や過去の研究実績が必要だったり、国家公務員試験に合格したりすることが前提となることもある。そのため、最低でも大学院で地質学や堆積学を専攻し、地層学はもちろん、古生態学・鉱物学などの地質研究に必要な知識と研究能力を習得しておく必要がある。

考古学者

考古学とは、遺跡や遺構、遺物などから、過去の文化や当時の環境とそこでの人類の生活様式などを研究する学問です。考古学者は発掘された実物から過去を検証しようとするのが仕事となります。アウトドアでの活動が基本となるのが、文献を中心に研究する歴史学との明確な違いとなります。考古学者は、大学教員のほかに博物館や埋蔵文化財センターの学芸員から、都道府県や市町村の教育委員会の埋没文化財担当職員までと幅広く存在します。また、近年は沈没船や海底に沈んだ都市遺跡を調査する海洋考古学者の存在も注目されています。海外の発掘調査を行なうことも多くなっているため、英語はもちろん、現地の言葉も使えなければなりません。さらに、発掘のためのスポンサーを見つける営業力やバイタリティーが不可欠となります。

考古学者になるためには、まずは考古学の著名な教授や講師がいて、できれば考古学研究室もある大学に入学しましょう。さらに大学院へ進学して、大学教授や博物館などの学芸員になるのが一般的です。なお、日本の考古学を代表とする組織として1948年に『日本考古学協会』が設立されており、春の総会および秋の大会、研究発表会、シンポジウムや講演会の開催、機関紙「日本考古学」の発行、埋蔵文化財の保護、関連学術団体との連携と協力、国際交流などを推進しています。同協会のサイトには考古学関連の講座を持つ大学の一覧も掲載されてるので、進学の際の参考にすると良いでしょう。

物理学者

物理学とは、元素の成り立ちから宇宙の仕組みに至る自然界の現象を観察して、その法則を明らかにする自然科学分野の学問です。ガリレオやニュートンに始まったとされ、それらを研究する人を物理学者と呼んでいます。日本の基礎物理学のレベルは世界的にも高いとされ、ノーベル物理学賞を取った日本人も多くいます。

物理学が扱う分野は、電磁気学や熱力学、量子力学や解析力学、統計力学や相対性理論、流体力学や工学力学、光学や素粒子物理学、宇宙物理学など実にさまざまです。ただ、それぞれの分野の研究は重なり合う部分が多く、境界線も曖昧となっているため、自然科学の基礎研究の諸分野を総称して理学と呼ぶこともある。

その一方で、主として研究している分野によって、物理学者のほかに、理学者や工学者、地球物理学者や宇宙物理学者、天文物理学者や数理物理学者などと呼び分けることもあります。

物理学者になるには、大学の関連学部卒業後、大学院の修士課程と博士課程の研究生活を経たのち、研究職のポストを探すという流れですが、プロの研究者として生活できるようになる人は限られています。

化学者

化学者は、大学で物理化学・有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・合成化学・理論化学などのコースを学んで、大学や研究機関、あるいは企業で働いてる人が多い。
ノーベル化学賞を受賞した日本人化学者には、福井謙一(1981年受賞)、白川英樹(2000年受賞)、野依良治(2001年受賞)、田中耕一(2002年受賞)、下村脩(2008年受賞)、根岸英一(2010年受賞)、鈴木章(2010年受賞)などがいる。
福井謙一は主としてコンピューターを駆使してフロンティア軌道論という理論を打ち立てたが、彼のような研究者は理論化学者(計算化学者)と呼ばれる。
田中耕一は、実際に化学物質を調べることでタンパク質などの同定(化学構造を調べ上げること)をする新しい方法を発見したが、分析化学者と呼ばれる。
また、電気の通るプラスチックを作った白川英樹や、キラルと呼ばれるタイプの化合物の合成に成功した野依良治は合成化学者、クラゲが光る仕組みを解明した下村脩は生物学者とも呼ばれる。

医学者

生命現象を機能の側面から研究するのが生理学者、人体の構造や機能、疾病について研究し、疾病を診療・治療・予防する方法を開発するのが医学者の仕事だが、両者の研究は重なる部分が多い。
日本でノーベル生理学・医学賞を取ったのは、様々な抗体を生成する遺伝的原理の解明をした利根川進む(1987年受賞)でしょう、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製に成功した山中伸弥(2012年受賞)、線虫による感染症の治療法を発見した大村智(2015年受賞)、細胞のオートファジー(自食作用)の仕組みを解明した大隈良典(2016年受賞)の四人だ。

エコノミスト(経済学者)

エコノミストとは、経済学者や経済研究者、経済問題の専門家を指す。
過去から今日までの国内外の経済を熟知し、現在の経済情勢を分析して今後の動向を見据え、その高度な視点から運用戦略などを提言することが主な仕事となる。
新聞社やテレビ局、通信社といったメディアから依頼を受け、経済問題についての評論・解説なども行う。
大学で経済と金融の幅広い知識を身に付け、さらに大学院へ進学して経済学を専門的に学びながら、国内外の経済情勢の動きを常に把握できるように専門的なトレーニングを積んでいく。
その上で大学に残って研究を続けながら経済研究者や経済学者となるか、大学院を修了して官庁や民間の経済研究所などに就職して、エコノミストになるのが一般的な方法である。

気象庁職員

気象庁は、国土交通省の外局として日本の気象業務を統括する官庁だ。
主に国内の気象や地磁気などを観測し、そのデータを収集して国内外の資料とともに解析して必要な方面へ配布するほか、台風などの異常気象や地震・津波、火山活動の予報や警報などを発令するのが、気象庁職員の主な仕事となる。
また、民間のさまざまな気象業務を支援するほかに、国際的な業務も行っている。
東京の気象庁(本庁)を中枢機関として、札幌・仙台・東京・大阪・福岡の各管区気象台および沖縄気象台があり、さらに地方気象台や航空地方気象台、航空測候所などがある。
気象大学校を受験して合格するのが1つの手段。
気象大学校入学が気象庁採用と同義であり、卒業後に気象庁の各機関へ配属される仕組みになっている。
それ以外には、国家公務員試験の「総合職(院卒者・大卒程度)」もしくは「一般職(大卒程度)」に合格し、気象庁が実施する面接試験後、採用が決まる場合もある。
総合職は工学、数理科学・物理・地球科学、および化学・生物・薬学の試験区分から採用され、キャリア組として気象庁の幹部となることが期待される。
配属先は気象庁本庁各部となり、全国管理業務や予報・観測・地震火山・海洋気象などの現場業務に携わることになる。
また、世界気象機関(WMO)などの国際機関への派遣、ほかの省庁への出向、研究機関へ配置されることもある。
一方、一般職の技術系は行政、物理、電気・電子・情報、および化学の試験区分から採用される。
採用されると、全国の地方気象台などへ配属され、予報・観測などの業務に従事することになる。
なお「行政」区分での採用の場合は、総務・人事・会計のほか、企画調整などの業務に携わる。

海洋研究開発機構職員

海洋研究開発機構(JAMSTEC:Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology)は、文部科学省が所管する国立研究開発法人である。
同機構は地球深部探査船「ちきゅう」、深海調査研究船「かいれい」、有人潜水調査船「しんかい6500」、海洋地球研究船「みらい」などを保有し、広く世界の海で海洋資源調査や海洋生物の調査・研究、あるいは気候変動や地震などの分野の研究を行い、数々の実績を上げている。
海洋研究開発機構職員は、そこで海洋に関する基盤的研究開発や学術研究に関する協力業務を総合的に行うのが仕事だ。
同機構の研究分野は実に多岐にわたっており、実際、海に出てさまざまな研究活動をしている一方で、例えば、スーパーコンピューター「地球シュミレーター」で地球温暖化や地球内部変動についての研究も行なっている。
同機構の仕事の幅は、ホームページで研究・開発体制を見ればわかるだろう。
海洋研究開発機構職員の採用は、研究系職員、技術系職員、事務系職員、新卒職員など多岐にわたるが、特に研究系、技術系の職員には専門的な知識が求められるため、大学、さらには大学院で海洋学や海洋工学分野の専門知識や技術を身につけることが前提となっている。
正規職員として働くには、JAMSTECの採用試験にパスする必要があるが、関連企業に就職するという手もある。
例えば、6500mという深海まで先行できる有人潜水調査船の運航は日本海洋事業という会社に委託されており、同社の社員が潜水調査船パイロットして活躍している。
パイロットの任務は、有人潜水調査船を操縦して、研究者を目的の深海まで連れて行き、無事に帰ってくることだ。
また、JAMSTECは、必要に応じて、高い能力を持ったプロを出向契約社員として募集することもある。

大学教員

大学教員は大学や短大で専門分野を学生に指導しながら、自らの専門分野の研究を進めて論文にまとめ、学会などに発表するのが仕事です。学生に教えるということと共に、自分の専門分野の研究とその発表も大きな比重を占めており、自らの実績として評価の対象となります。

大学教員になるには、大学院に進学して専門課程 を修了したあと、博士課程を経て大学の助手になる道が一般的です。その後、研究や論文の実績が認められることで、助教から講師、准教授、教授と地位が上がっていきます。ただ、近年は少子化の影響を受けて、大学自体が減少傾向にあり、大学教員のポストも減り続けており、博士号を取っても大学教員として残ることは難しくなっています。

学芸員

学芸員は、博物館や美術館、動物園といった文化施設において、資料の収集と保管と展示、調査研究のほか、イベントや特別展の企画と運営、施設利用者に対する資料の解説、さらに講演活動までと業務は多岐にわたります。

博物館に関する科目がある大学や短大で、該当する科目の単位を取得して卒業することで文部科学省認定による学芸員の資格が取得できます。そのほかには、資格認定試験に合格すること、論文などの審査で認められることでも資格を取得することもできます。なお、試験合格による取得の場合、実務経験がないと学芸員補として1年以上従事しなければなりません。

ライター

編集者

編集者が扱う出版物としては、辞書や絵本、文芸書、趣味や実用書、漫画や大衆誌、専門誌や写真集などがある。企画が通れば、作家やライター、漫画家に原稿を依頼し、でき上がった作品を取りまとめ、印刷所に印刷してもらうために原稿をまとめたデータの入稿手続きや校正作業を行なうのが仕事です。

書籍の制作も今ではすっかりIT化が進んでおり、作家やライターのほとんどはパソコンで原稿を書くようになっているため、編集者もパソコンのワープロ機能を使いこなせなければなりません。また、誌面をデザインし、レイアウトする作業もパソコン上で行なうDTP(Desktop publishing) 作業と呼ばれており、理解が必要となります。くわえて、紙媒体としての出版のほか電子出版も増えており、それに対応する知識や能力が必要となります。多くの読者に読まれる本をつくるという点では編集者の本質に変わりはありませんが、時代とともに求められるスキルは変わりつつあります。

編集者になるには、出版社や編集プロダクションに入社しましょう。企業によっては、ライターを兼任し、自分で取材をして原稿を書く場合もあります。経験を積んだ後、フリーランスの編集者として働く人も多くいます。

コンサルタント

学者肌な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは学者肌な人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

専門知識や研究が評価される仕事を選ぶ

学者肌な人が自分の適性を活かすためには、専門知識が生かせる仕事、または研究内容が評価される仕事を選ぶことが大事です。理系であれば専門学者はともかく、メーカーの開発・研究に携わるというキャリアが広く知られています。

文系であれば、専門分野の研究や勉強を日々の仕事に活かすコンサル的な働き方が多いです。
ただ、どの仕事も最終学歴大卒以上が条件の場合が多いため、学歴が大卒未満の場合は地道に未経験からでも該当職種に就けそうな求人を探していくといいでしょう。

最初から学者一本に絞ったキャリア形成はしないこと

当記事では多くの学者業を紹介していますが、学者一本で生計を立てるのは至難の業で、多くの著名な学者も副業で学者として成果を出していたり、長い下積み期間があるものです。

ですので、根っからの学者肌で高い専門知識や学歴があるとしても、最初から学者を目指すのは現実的ではありません。まずは仕事でも専門知識が活かせる環境で勉強・研究も並行して行っていくといいでしょう。

職種によっては日々の研究そのものが仕事になることもあるので、意外と並行できる環境もあるものです。

とくに「企業自体が研究や分析業務を担当している」「研究や分析成果を定期的に発表しないといけない仕事」であれば、仕事の時間も研究に充てやすい環境だと予想できるので、学者肌の人にとっては理想の職場環境になるかもしれません。

高度な専門知識や興味関心の真価を評価してくれる人と深く関わる

学者肌が適性を発揮するためには、高度な専門知識や特定の分野への強い興味・関心を評価してくれる人物と関わる事が大事です。

ですが、世の中にはそこまで専門知識が高い人ばかりではなく、特定の分野への強い興味・関心も中々理解されにくいものです。そのため、学者肌の人が合わない職場を選んでしまうと過小評価されてしまい適性が発揮できない恐れがあります。

ですので、以下のような点に着目して仕事を選んでみるといいでしょう。

  • 高い学歴を持つ人が集まりやすい職場
  • 本職と兼任して学会に所属していたり研究を行っている人のいる職場
  • 仕事内容自体に調査・研究・分析を含む仕事

この条件のいずれかを満たす企業であれば、学者肌の人が適性を発揮でき、人脈の面でも刺激になることでしょう。

逆に、安易に専門性の必要ない単純作業が主な仕事を選んでしまうと、専門知識を活かせないどころか、過小評価されてしまい仕事に対して消極的になってしまう恐れもあります。

いずれにしても、覚えておいて欲しいことは高い専門性や探究心を持つ人は少数派で理解されにくいので、自分の個性や適性をよく理解してくれる人のアドバイスをしっかりと参考にすることが大事ということです。

仮に、読者が東大卒の高い知識・教養があったとしても、東大生の価値や能力の活かし方がわからない職場では不当な取り扱いを受けることもあり得るのです。
「適材適所」という言葉を信じて、自身の適性が活かせる環境を根気強く探しましょう。

自分の興味・関心のあるテーマは副業・趣味・ボランティアで追求する

学者肌な人にとって避けられないのが「仕事の範囲でどこまで研究・勉強を行い、どこから仕事外で行うか?」という問題です。

著名な学者のみならず多くの実業家の経歴を見ても、本当にやりたいことや仕事の中で見つけた課題は副業やボランティアから始めて仕事につなげることが大半ですので、仕事一本に固執しない考え方は大事でしょう。

幸い、近年では企業の副業解禁に伴い、組織や雇用形態に縛られない「パラレルワーカー」なども登場しているので、本業で経験を積みながら柔軟な働き方を取り入れてみるのもいいでしょう。

※パラレルワーカー~本業だけに依存せず、複数の仕事やキャリアを持つ労働者のこと。

学者肌な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました