学者肌な人に向いてる仕事16選

あなたは学者肌ですか?そうであれば、自分に合った仕事がまだ見つかっていないので、いかに早く反応するものを作るかを考えます。しかし、世の中には学者肌であることを利用した企業がたくさん存在しています。自分に合った仕事を見つけて活躍するためには、自分の性質をよく理解し、それを心地よく感じる職場を見つけることが大切です。このページでは、奨学生の肌に合った仕事を紹介します。

大学生の場合、よく職場選びが悩まれる年代です。今の職場には向いていないと思うことがあったりします。そんな人のために一番おすすめしたいのは学者肌でありたい職場選びです。大学生というのは、帰路の公共バスが予想される時

学者肌に合っている仕事――。私たちは実在するかと思われますが、学者肌のことを話題にしたことがありません。私は学生時代の頃から非常に考える器の大きな人間だったと思います。テストで出来なくても、「必ず合格する!」と信

多くの人は、自分にぴったりの仕事はあまりないと思っているかもしれません。そのため、就職活動がうまくいかないと、「自分はどこにも溶け込めない」と感じてしまうかもしれません。しかし、普通の人よりも知能が高く、問題解決能力の高い社員がいることで、多くの企業が利益を得ています。自分のことをよく理解した上で、自分の能力を最大限に活かせる仕事を探してみてください。今回の記事では、学者の気質にぴったりの仕事をいくつかご紹介します。

学者コンプレックスのある人におすすめの仕事はたくさんあります。これらの仕事では、多くの場合、即戦力が求められます。そのため、自分の性格に合った仕事を探しているのではないでしょうか。学者を優遇する会社はたくさんあるので、そのような場所を探すのに苦労するかもしれません。自分が輝ける場所を見つけるために最も重要なことは、自分の性質を知り、それに合った職場を見つけることです。このページでは、学者にコンプレックスを持っている人におすすめの仕事をいくつか紹介します。

どんな仕事がアカデミアの肌に一番合うのか、考えたことはありますか?私は、自分の個性に合った仕事が見つからず、少し迷いを感じたことがあります。しかし、世の中にはAcadeの特徴に合った会社がたくさんあります…
そんな時、「今、私に合ってる仕事ってどんな仕事?」と思いますよね。

学者の肌の特徴 – 学者の肌に合う仕事とは?話題にしたことはありませんが、学者肌は本当に存在するのかについてお話します。私は子供の頃から思考能力が非常に高い人間だったと思います。試験でできなくても、「きっと合格する」と言ってわかっていました。

これらは、学者の太ももを持つ人にとって理想的だと思われる仕事です。実際にそのような仕事があるかどうかはわかりませんが、記事の中で学者の太ももを話題にしたことはありません。私は学生時代、とても気が強かったと思います。うまくできないテストがあって、”絶対に合格してやる!”と言っていました。

博士肌の人にはどんな仕事が向いているのか、という話はまだしていないはずですが。私は学生時代、人としてかなり頭が良かったのではないかと思っています。テストで悪い点を取っても、「絶対に成功する」と言い聞かせていました。
学者のように肌の柔らかい人の話を聞いたことがあります。実際にはそんな人はいないと思いますが、話題にしたことはありません。私は自分のことをとても頭がいいと思っています。

大学院生の肌タイプとは?今までにない話題のように思われるかもしれませんが、私は自分のことをとても高く評価する人間だと思っています。学生時代は、たとえ試験に落ちても「私は絶対に成功する!」と信じていました。

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

学者肌な人に向いてる仕事【解説付き】

学者肌な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 生物学者
  • 火山学者
  • 地震学者
  • 地質学者
  • 考古学者
  • 物理学者
  • 化学者
  • 医学者
  • エコノミスト(経済学者)
  • 気象庁職員
  • 海洋研究開発機構職員
  • 大学教員
  • 学芸員
  • ライター
  • 編集者
  • コンサルタント

数多く存在する様々な学者に向いてる可能性がありますが現実的には学者として生計を立てるのは難しいため、学者として知識の探求を行いながら生計を立てるために向いている仕事も候補に入れておきました。

学者肌な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは学者肌な人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

専門知識や研究が評価される仕事を選ぶ

学者肌な人が自分の適性を活かすためには、専門知識が生かせる仕事、または研究内容が評価される仕事を選ぶことが大事です。理系であれば専門学者はともかく、メーカーの開発・研究に携わるというキャリアが広く知られています。

文系であれば、専門分野の研究や勉強を日々の仕事に活かすコンサル的な働き方が多いです。
ただ、どの仕事も最終学歴大卒以上が条件の場合が多いため、学歴が大卒未満の場合は地道に未経験からでも該当職種に就けそうな求人を探していくといいでしょう。

最初から学者一本に絞ったキャリア形成はしないこと

当記事では多くの学者業を紹介していますが、学者一本で生計を立てるのは至難の業で、多くの著名な学者も副業で学者として成果を出していたり、長い下積み期間があるものです。

ですので、根っからの学者肌で高い専門知識や学歴があるとしても、最初から学者を目指すのは現実的ではありません。まずは仕事でも専門知識が活かせる環境で勉強・研究も並行して行っていくといいでしょう。

職種によっては日々の研究そのものが仕事になることもあるので、意外と並行できる環境もあるものです。

とくに「企業自体が研究や分析業務を担当している」「研究や分析成果を定期的に発表しないといけない仕事」であれば、仕事の時間も研究に充てやすい環境だと予想できるので、学者肌の人にとっては理想の職場環境になるかもしれません。

高度な専門知識や興味関心の真価を評価してくれる人と深く関わる

学者肌が適性を発揮するためには、高度な専門知識や特定の分野への強い興味・関心を評価してくれる人物と関わる事が大事です。

ですが、世の中にはそこまで専門知識が高い人ばかりではなく、特定の分野への強い興味・関心も中々理解されにくいものです。そのため、学者肌の人が合わない職場を選んでしまうと過小評価されてしまい適性が発揮できない恐れがあります。

ですので、以下のような点に着目して仕事を選んでみるといいでしょう。

  • 高い学歴を持つ人が集まりやすい職場
  • 本職と兼任して学会に所属していたり研究を行っている人のいる職場
  • 仕事内容自体に調査・研究・分析を含む仕事

この条件のいずれかを満たす企業であれば、学者肌の人が適性を発揮でき、人脈の面でも刺激になることでしょう。

逆に、安易に専門性の必要ない単純作業が主な仕事を選んでしまうと、専門知識を活かせないどころか、過小評価されてしまい仕事に対して消極的になってしまう恐れもあります。

いずれにしても、覚えておいて欲しいことは高い専門性や探究心を持つ人は少数派で理解されにくいので、自分の個性や適性をよく理解してくれる人のアドバイスをしっかりと参考にすることが大事ということです。

仮に、読者が東大卒の高い知識・教養があったとしても、東大生の価値や能力の活かし方がわからない職場では不当な取り扱いを受けることもあり得るのです。
「適材適所」という言葉を信じて、自身の適性が活かせる環境を根気強く探しましょう。

自分の興味・関心のあるテーマは副業・趣味・ボランティアで追求する

学者肌な人にとって避けられないのが「仕事の範囲でどこまで研究・勉強を行い、どこから仕事外で行うか?」という問題です。

著名な学者のみならず多くの実業家の経歴を見ても、本当にやりたいことや仕事の中で見つけた課題は副業やボランティアから始めて仕事につなげることが大半ですので、仕事一本に固執しない考え方は大事でしょう。

幸い、近年では企業の副業解禁に伴い、組織や雇用形態に縛られない「パラレルワーカー」なども登場しているので、本業で経験を積みながら柔軟な働き方を取り入れてみるのもいいでしょう。

※パラレルワーカー~本業だけに依存せず、複数の仕事やキャリアを持つ労働者のこと。

学者肌な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました